「エコ+アトリウム」中工場へ行ってきました

広島高速3号線のレポで吉島に訪れたついでに、
前から行ってみたかった広島市環境局中工場へ行ってみました。
 
中工場は2004年に竣工した広島市のごみ焼却施設です。
設計にはニューヨーク現代美術館の設計も手がけた谷口吉生氏が起用されました。
清掃施設とは思えないモダンで美しい建物です。
施設の中にエコリアムというガラスの通路が貫いており、巨大な設備を間近で見ることができます。
エコリアムは「エコロジー」と「アトリウム」を組み合わせた言葉です。
 
 
吉島通りをまっすぐ南へ下ります。歩くと結構な距離でした^^;
201008nakakoujo-1.jpg
 
 
全体です。中央がガラス張りになっています。
201008nakakoujo-2.jpg
 
 
201008nakakoujo-3.jpg
 
 
 
2階のデッキに上がるといよいよ入り口です。
201008nakakoujo-6.jpg
 
この通路の真反対、つまりエコリアムの北側の延長線上には吉島通りが真っすぐ伸びています。
201008nakakoujo-5.jpg
 
彼方には都心部のビル街が見えますね。
これも計算して設計されたそうですよ。
 
 
 
いよいよ中に入ります。
201008nakakoujo-10.jpg
海側からの光がとても美しいですね。
 
 
向こう側から
201008nakakoujo-34.jpg
通路は海からの風が通り抜けて心地よかったです。
 
 
201008nakakoujo-16.jpg
 
 
西側には焼却した時にでるガスを吸収する「ガス吸収塔」
201008nakakoujo-15_20100826222220.jpg
 
 
東側は燃えたごみの灰を高温で溶かしアスファルトなどの資源にする「灰溶融施設」。
201008nakakoujo-18_20100826222220.jpg
このようにどちら側にも樹木が植えられています。
 
 
通路の途中に2か所、脇に入れるところがあり中には施設の案内や上の模型などが展示されています。
201008nakakoujo-36_20100826222219.jpg
 
201008nakakoujo-13_20100826222218.jpg
 
 
通路を抜けると広島湾が広がります。
白い枠がまるで絵画の額縁のようです。
201008nakakoujo-25.jpg
 
 
突き当たりはウッドデッキになっています。
201008nakakoujo-20.jpg
春とか初夏はここで休んだら気持ちがいいでしょうが、
真夏の炎天下のこの日は暑くてしょうがなかったです(笑)
 
 
南側から
201008nakakoujo-26.jpg
どこから見ても美しいですね?。
 
 
この辺で写真は以上です。
自分はここに来るのは初めてで楽しみにしていましたが、
その期待以上に素晴らしかったですね。
目の前にする巨大な設備にただただ見入ってしまいました。
清掃施設を環境に配慮したアトリウムにする、まさに「エコリアム」ですね。
まだ行ったことの無い方、駐車場もありますし一度行ってみる価値はあると思います。

スポンサードリンク


 

2 comments

  1. FN Reply

    とてもゴミ処理施設とは思えない洗練された建築ですね。高層ビルのような巨大建築物ばかりに話題が集まりがちですが、こういった施設にもきちんと目を向けていく必要がありますね。
     
    あと、市のホームページで白島新駅のイメージが公開されていましたがどの案もユニークで面白いものばかりです。もっとシンプルな駅になるのかと思っていたので驚きました。
     
    それと二日ほど前、広島駅北口に高精度放射線治療施設を2014年までに整備するという記事を見ました。詳細は忘れましたが、中国新聞の過去記事一覧で見ることができると思います。

  2. HIROTO Reply

    >FNさん
    ですよね。高層建築もいいですがこの建物にはそれとはまた別の素晴らしさを感じました。
     
    白島新駅の件、初めて知りました!ありがとうございます。
    イメージ図みて、同感です!
    デザインは放っておかれると思ってましたが、なかなか面白いですね。
    両方とも近いうちにまた書きます。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。