広電駅前通り線 検討始る

少し前の話になりますが、8月31日に市役所にて
広島駅南口広場の再整備に関する検討委員会の初会合が開かれ、
主に広島電鉄の駅前大橋線について議論されました。
 
最近の中国新聞によると
路面電車のホームやバス停、タクシープールが駅舎と離れており狭いこと、
そこへ歩行者やタクシーを待つ人、自転車が混在し危険、
駅舎から電亭・バス停・タクシーまでが遠く、屋根もないこと
南口広場のスペース不足
など課題を挙げ、
乗り継ぎの利便性向上、バリアフリー、そして広場の狭さを解消するには
広電駅前大橋線の地下化及び高架化する方法もあるとの意見も出たそうです。
 
 
ようやく一歩ずつですが動き始めたような感じですね。
計画が表に出てもう何年も建っているのにまだこの段階の議論か。。。とは思いますが
これから堅実に早急に事業を計画、実施してほしいものです。
 
さて、こうして改めてみてみるとこのルート変更にあたって、
乗り越えなくてはならない課題が結構あるものですね。。
歩行者と自動車、電車の分離の解消法として
広電を地下または高架で広島駅につなげるという提案について
以前からこの構想はありましたが、事業費・工期が莫大になり過ぎないでしょうか。
 
 
私の以前からあった考えは、
あの、南口を出てすぐ正面にある地下への入り口にフタをするような形で地盤を作り
その上へ新たなターミナルを造ります。
そうすればバス停、タクシー乗り場のレイアウト変更を最小に抑えることができると思うのですが。
 
いや、改めて考えてみるとフタをするために階段をつぶして柱の基礎を立てなければいけなかったり、
代わりの地下への入り口を新たに掘ったりと、余計にお金かかりそうな感じです。。。
 
 
自分でも何が言いたいのか分からなくなってきましたが、
地下は特にお金がかかりますし、将来広島駅の自由通路化もあることから
高架化にするのがいいのではないでしょうか。
橋上化された広島駅とノンステップで直接行き来できるようになればかなり便利になります。
 
橋上化され自由通路ができる広島駅、北口には新たなタウンも生まれつつある中、
この計画は何としても早急に実現しなければならないものだと思います。
駅本体の改修もあるので開通目標が17年度なのはしょうがないですが、
また延期なんかにはならないよう、
行政がリーダーシップをとって周辺住民への説明をしっかりやっていただきたいですね。

スポンサードリンク


 

12 comments

  1. 通りすがり Reply

    Cブロック~自由通路と2階部分に人口地盤を作るわけだから、そこに接続するのが一番自然なように思います。

  2. tukonatu Reply

     広島駅自体が橋上化するのだから「市民の乗り物」としては高架化の方が良いと思いますが地下には広場があるからこれと直結させるというのもあるかもしれません。
     
     ただ,地下化となると高架化よりコストがかかるのではないでしょうか?アストラムラインの延伸もできていないわけですし、川の多い広島の地形からしてどこから水がふきだしてくるやら・・・

  3. 匿名 Reply

    高架化案がいいです。
    やはり地下はお金がかかり過ぎるし、BやC前のペデストリアンデッキとの行き来を考えるとこれがいいと思われ。電車からの眺めもいいだろうし。
     
    ぺデでついでにBと福屋も接続して欲しいな。
    降りたり登ったりせずに、高架の駅からフラットに福屋へ向かえるのが目でわかれば福屋の客もいくらか増えると思うし。
    現在は駅から出ても地下から行かないといけないし、何か遠く見えて、行ってみようという気にならないんだよね・・・

  4. HIROTO Reply

    >通りすがりさん
    コメントありがとうございます。
    なるほど~。一体的な賑わいが生まれそうでいいですね!
    Cブロックのにぎわい施設との相乗効果を期待したいです。

  5. HIROTO Reply

    >tukunatuさん
    確かにアストラム駅用の広い広場に、というのも考えられますね。
    地下は車の妨げにもならずレイアウト変更もほぼ無しでできそうですが、
    おっしゃるようにコストが一番の問題ですよね。
    地下水という問題も広島にはつきまといますし。。。

  6. HIROTO Reply

    >3番コメントさん
    ありがとうございます。
    そうですね。広島駅が橋上化する以上、B,Cとのデッキでの接続もあり得ますし、
    行き来できたら便利になりそうです。
    確かにエールエールは行く手段が地下しかないのでBとの接続はあってもいいですね。
    工期を分けてでも将来接続してほしいです。

  7. tukonatu Reply

     今日の朝刊の地域面に出ていましたね。構想は地上・地下・高架の3通りのようですね。地上というのが一番コスト的には安いのでしょうかね?
     ただ、これからの南口開発を考えると高架の方がいいと思うのですが。

  8. むーばす Reply

     新聞を見られない立場では、地下はわかりますが地上や高架がどんな構想なのかよくわかりませんが、せっかく北口に再開発で新しい街の顔が出来るのですから、高架か地下構造でそのまま北口のターミナルに直結をするようにしたら、交通体系も更に充実をすると思うのですが、いかがでしょう。

  9. HIROTO Reply

    >tukonatuさん
    コメント感謝です!
    ありましたね。広電側が直接地下、高架案を提案するのは意外でした。
    市に働きかけて立体化も十分検討されてほしいです。
    レールを敷くだけの地上案はコストと工期がかからずいいのでしょうが、
    おっしゃる通り再開発を考えると、(高架・地下含めた)立体化にするべきですよね。

  10. HIROTO Reply

    >むーばすさん
    コメントありがとうございます。
    北口まで延伸できたらかなり便利ですし、両地区の回遊性もアップしますね。
    しかし、やはりどうしても費用がかかり過ぎるのではないでしょうか。
     
    ですが、具体的にはまだ広場のどの位置に乗り入れるのかなどは全く決まっていません。
    広島市は一体的な再開発がこれまであまりなされなかったですが、
    これを機に親身に検討しても十二分にいいと思います!

  11. HS-Metro Reply

    遅レス失礼します。
    ドイツのフライブルグという町で、駅の2FにLRTが乗り入れている事例があります。
    http://homepage1.nifty.com/wanpaku/lrt/Freiburg/Freiburg_station.htm
     
    まさしく、こんな風になると理想的でしょうね・・・。
    欧州(特に独・仏・墺など)では、駅や都心付近で路面電車を地下化・高架化
    するのは地方都市でも当たり前に行われるようになってきました。
     
    広島も地盤問題などの課題はありますが、
    広電ほど利用密度の高い路線は欧州でも珍しいぐらいであり、
    その本線が未だまったく速達化が図られていないのは残念な気がします。
    それだけに期待も大きいです。

  12. HIROTO Reply

    >HS-Metroさん
    返信遅れました。申し訳ありません。
    コメントありがとうございます。
     
    やはりフライブルクはLRT先進都市ですね。素晴らしいです。
    ぜひ広島でも(と言うより日本も)、欧州のような公共交通体系を整えてほしいです。
    おっしゃるように広電はかなりの運行密度ですので、
    広電が日本の大規模LRTの先駆けになれるように今回の乗り入れ計画に期待したいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。