120万冊の丸善&ジュンク堂がオープン

中区の天満屋広島八丁堀店の7階と8階の2フロアにわたり、
丸善とジュンク堂の共同書店「MARUZEN&ジュンク堂書店広島店」が9日、オープンしました。
120万冊をそろえ、中四国最大級の蔵書数だそうです。
中国地方最大の大型書店開店
 
この「MARUZEN&ジュンク堂書店」は渋谷の1号店に続いて全国で2店舗目のオープンとのことで喜ばしいですね。
福屋駅前店のジュンク堂や、ソレイユの「フタバ図書テラ」をも凌ぐ蔵書数…
すさまじい数で想像がつかないですね(笑)
まだ行ったこと無いので近いうちに行ってみたいです。
そごうの紀伊国屋などはまともに影響受けてしまいそうですね。。
ですがお互い競い合うことで中心部へ魅力的なお店が増えて、
賑わいを取り戻していってほしいものです。

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。