芝生軌道もいいけど…

広島市は広島電鉄と協力して都心部の一部の軌道を緑化する社会実験を実施することを明らかにしました。
路面電車軌道を緑化 広島市

 広島市は、広島電鉄(中区)と共同で路面電車の軌道敷の緑化に本格的に乗り出す方針を固めた。2011年度は、都心の一部を緑化する社会実験の実施を目指す。放射熱によるヒートアイランド現象を抑制するのに加え、都市景観への配慮をアピールする狙いもある。
 
 市は都心部に数十メートル規模で軌道緑化するよう広電と協議に入った。市民や観光客へのPR効果も考慮し具体的な場所を選定する。社会実験に向けて市は、広電や市造園建設業協会と連携。09年秋から1年間、市植物公園(佐伯区)に芝生を植えて、気候や交通事情に適した芝生の種類などを調べてきた。
 
 芝生による軌道緑化は既に、広電が独自に南区の海岸通―広島港電停間の2カ所の計252メートルで実施している。03、08の両年に広島港や広島南道路の整備に伴い軌道を変更する際、騒音・振動軽減策として進めた。
 
 最大の課題はコスト面とされる。先進地の鹿児島市では、市内電車全路線のうち約半分の5キロを緑化したが、基盤整備や植え付け費用が1メートル当たり約20万円。鹿児島と同じ方法で広電市内線全19キロを緑化すると、費用は約38億円かかる。これとは別に散水や芝刈りなどの維持管理費も必要となる。

 
これはいいことですね。
「都心部に数十メートル規模で」とありますがこれは、
「数十メートル単位のものをいくつも設ける」という認識でいいのでしょうか。
まあ数十メートルだけってことは無いですよね。
どちらにしろこれが進んでくれたら本当に嬉しいです。
宇品のように軌道の緑化に伴ってセンターポール化もしてくれたら、本当に景観が良くなると思います。
 
記事にもありますが、鹿児島市電の芝生軌道は本当に美しいです。
夜間はライトアップなんかもあったりして、羨ましいですね。
 
宇品海岸通りが一部芝生軌道になりました。完成した当初は鹿児島にも負けずを取らず綺麗でしたが、
最近は油で黒ずんでいたり枯れて茶色くなっていたり…と、管理はやはり大変なようです。
(最近見に行ってないので確認はしていません。そうでもないようでしたらご指摘お願いしますm_ _m)
 
街の景観やヒートアイランド対策はもちろん大事なことですが、
そのことに数十億円もかける前に広島市・広島電鉄にとってやるべきことは他にもっとあるのではないでしょうか。
駅前大橋線しかり、土橋から西広島までのクランク解消(緑大橋掛け替え)などです。
特に今は駅前大橋線ですね。
僕もしつこいですが(笑)、乗り入れは高架にすべきと思いますけどねぇ。
あれから少し考えましたが、比治山通りの5号線分岐までに下ろさなくてはならないから勾配の問題が出てくるわけです。
稲荷町交差点までゆっくり下ろして5号線はそこで左折というパターンは無理でしょうか。
実現可能性は十分あると思います。もちろん5号線にとって遠回りにはなってしまいますが。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

2 件のコメント

  1. とおりすがり 返信

    思うんですけどね、
    天然芝生は綺麗ですけど、
    模造の芝生、要するにプラスティックかなにかで作った芝生じゃだめなんですかね?

  2. HIROTO 返信

    >とおりすがりさん
    いわゆる人工芝ですよね。実は僕も考えてました(笑)
    温暖化対策にはならないので本末転倒なような気はしますが、検討くらいはしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。