軌道緑化の工事始まる

今朝の中国新聞にも載っていましたが、広島電鉄の原爆ドーム付近の軌道を緑化する工事が始まっています。
13年春に市民球場跡地他で開催される全国菓子博覧会を盛り上げるのが狙いで、
原爆ドーム前電停付近の約40mは来月末(3月末)にも完了します。
12年度は東西にさらに計70m広げる予定です。
中国新聞:広電軌道敷、緑化工事進む
 
これは一昨日の様子。
201202hiroden-11.jpg
 
201202hiroden-12.jpg
 
宇品地区では2ヶ所に導入されていますが、都心部では初めての芝生軌道になりますね。
中国新聞のサイトに工事をしている画像がありますが、着々と進んでいるようです。
菓子博だけではなくて、原爆ドームの前ということで国内外の観光客もよく利用される電停です。
環境にも配慮して見た目にも美しい街とアピールが出来ればいいですね。
 
とはいいつつも、個人的に軌道緑化にそこまで深い思い入れはありません。
この緑化事業が決まった時にも一度書いたのですが、
私は上空に張り巡らされた”クモの巣”を先に何とかして欲しいと思っています。
 
2011年09月07日:旧球場前を芝生軌道に
この記事で紹介しているフランス・パリのトラムの写真です。Jean (tarkastad)氏による撮影。
(ページ内をよく見ると「Share」のボタンからHTMLを貼り付けられるようになっていたので直接掲載します。)
Paris (T3)
こういう方式なら線路と線路の幅を広げる工事をしなくても、センターポール化と同じ効果が得られます。
 
 
今回はMAKOTOさんという方のLRTと路面電車のページを参考にさせていただこうと思います。
センターリザベーション・サイドリザベーションの項目では、都電荒川線での植え込みによる軌道と車線の分離が紹介されています。
植え込みまではいかなくても幅が少し広い縁石などで軌道を区切り、そのスペースに架線柱を設置していけば
上のパリのようなスマートな架線方式も実現できるのではないでしょうか。
軌道と車線にある程度スペースがあることで、
交差点で電車に気づかず右折しようとする車も減るのではないかと思います。
 
同じページなのですが、インファンド工法というのも注目したいです。
広島では元宇品口から広島港までのほんの一部分でしか導入されていませんが、
路面とレールの周囲を樹脂で固定するという工法です。
防音・防振に非常に効果があります。これこそ都心部にいち早く導入するべきだと思うんですけどね。
 
 
広島電鉄は車両は新しくてもこういうところが他県より遅れています。
安全性、景観、乗り心地の向上、こういうところにもっと力を注いで欲しいです。
軌道と車線の分離センターリザベーション、サイドリザベーションは
電車のスムーズな運行にも大きく寄与しますから、積極的に改善してLRTを目指して欲しいですね。
 
 
緑化工事が始まったというだけで、こんなに長く書くつもりは最初なかったのですが、ついつい・・・w
工事の完成は意外に早い来月末ということで楽しみにしたいですね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. GK 返信

    更新お疲れ様です。
     
    中国新聞の記事にあまり工法の詳細がないので何とも言えませんが、どうもインファンドではなくて従来のバラスト軌道+芝生路盤になりそうな気がします。
     
    広電は線路側の管理がおざなりになっているという点に関しては同意します。
    信用乗車の記事で『今でさえ低床・高床ともに結構揺れるのに』とおっしゃっていましたが、実際のところは揺れるところは揺れるけれどそれ以外はそうでもないんですよね。おそらく60kmで走れなくなるギリギリまで保守作業を引き延ばしているのでしょう。
    年始早々2度の架線切断で厳重注意を受けたのも記憶に新しいですし、どうも広電は力を入れるところを間違えているような気がしてなりません。
     
    パリのトラムを例にした記述、確かに片持ち式の架線柱は魅力的ですし、縁石で半専用軌道化すれば定時性も保てて芝生も痛まずいいことずくめなのですが、ちょっとパリを持ちあげすぎな気がします。悪くいうならパリにかぶれているといいますか…
    http://www.geocities.jp/tabinosyasoukara/paristramt3/parist3.htm
    ここを見るとパリにも"クモの巣"部分はあるんですよ。この片持ち式架線柱とどちらが多いのかはこれだけでは分かりませんが。
    逆にこの程度の枚数の写真で広電を紹介するなら広島港近辺と相生橋を中心に撮影すれば『広電もセンターポールを採用していてすっきりした景観だな』と思わせることも可能なんですよね…

  2. HIROTO 返信

    >GKさん
    海岸通り~元宇品口間もバラスト軌道の緑化で済ませてしまってますからあまり期待はできませんね。
     
    毎日乗っているわけではなかったのでそう書いてしまいました。。
    保守作業が行われた箇所の揺れはそうでもないんですね。将来70km/h運転をするならばすべての箇所でしっかり整備しなければ実現できないですね。
     
    パリのトラムは架線柱始め道路と軌道の区別がしっかりしていて素晴らしいなと思って紹介しました。
    でも確かに私の中で"パリかぶれ"な部分はあるかもしれません(笑)車両もカッコいいですしね。。
    おっしゃるように広島港周辺は半専用軌道でセンターポール式、景観はすっきりしています。(芝生は枯れていますが…)
    都心部にも増えて行って欲しいですね。

  3. h-team 返信

    HIROTO様、GK様 かなり遅いコメントですが、初めまして。
     
    路面電車のメリットに「軌道敷を緊急車両の走行路として使える」事が一つ上げられます。
    緊急車両の通行を考えると、全区間を縁石で囲うと問題があります。
     
    銀山町付近~紙屋町東間ではラッシュ時車道側は身動きが取れなくなる場合が多々あります。
    毎日乗っていることがあれば分かるのですが、パトカー、救急車が軌道敷を走行することが
    結構な頻度であります。軌道敷があるお陰でなんとか通過できるのです。
     
    今回緑化された周辺は詰まることがまずないので問題ありませんが、ラッシュ時に一般車と
    バスが輻輳する前途の区間においては緊急車両の走行と大規模災害等に備える点から見ると
    あまり好ましくないのではと思われます。
    駅前大橋線を高架案にした場合は、可能なら緑化を是非やっていただきたいですね。

  4. 鯉党α 返信

    >h-teamさん
    初めまして。遅くなりました。申し訳ありません。
    やはり緊急車両が問題になりますよね。完全に縁石や段差で区切るのは駅前線など限られた部分になりそうです。
    いっそのことサイドリザベーションにしたほうがどちらにとってもいいことなのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。