広島西飛行場の廃港は11月15日に

2010年10月に定期航空路線が廃止になった広島西飛行場が、今年の11月15日に廃港され完全ヘリポート化されることがわかりました。
中国新聞:広島西飛行場は11月15日廃港

 広島県は3日、県営広島西飛行場(広島市西区)を11月15日に廃港にして広島ヘリポートの運用を始めると、国土交通省大阪航空局に届け出た。1961年9月に開港した西飛行場は51年の歴史に幕を下ろす。国交省によると、定期路線が開設されていた空港の廃港は全国で初めて。
 
 西飛行場は現在、定期路線はなく、民間の小型飛行機9機が駐機している。県は11月15日午前0時に西飛行場を廃港にすると同時に、県と広島市で共同運営する広島ヘリポートに衣替えする。
 
 西飛行場の廃港・ヘリポート化は、湯崎英彦知事と広島市の松井一実市長が昨年5月のトップ会談で合意。ことし6月から、アスファルト舗装のやり替えや夜間用の航空灯設置、ヘリが止まる14機分のエプロン(駐機場)の表示などの工事を1億5千万円かけて進めていた。
 
 工事はほぼ完成し、8月末に大阪航空局の検査に合格したため、廃港・ヘリポート化の日程を決めた。ヘリポートには県警や広島市消防局などの15機が駐機する予定。
(2012年9月4日付け中国新聞より)

ヘリポート化するための工事が既にほぼ完成していることは知りませんでした。
駐機場は14機分もあるようで、十分な数が用意されることになりますね。
11月15日、正式にヘリポート化されれば本格的に跡地利用について検討が進んでいくと思われます。
 
サッカー専用スタジアム建設の候補地の一つとしてこの西飛行場跡地の名前も上がっていますが、
交通のアクセスが路線バスかマイカーしか無いことを考えると、あまりふさわしくないように思います。
そもそも敷地が細長すぎて3万人規模のスタジアムは難しいのでは・・・?
 
来年度、広島高速3号線が開通すると一気に広い範囲の東西から人が呼べるようになります。
車の来客がメインで広域から集客できるものといえば、それこそコストコなどが最適だったんでしょうね。。
同じようなタイプのお店として、家具のIKEAなんかもいいですね。願望ですが…
 
まずは広島市には空港の入り口からマリーナホップ辺りまでの細く曲がりくねった道を何とかしてもらいたいですね。

スポンサードリンク


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。