本通電停のバリアフリー工事開始!

「9月着工」となっていた広島電鉄本通電停のバリアフリー化工事ですが、
本日訪れてみると石畳が剥がされていたり、注意を促すランプが設置されていたりと、静かに始まっていました!
201210hiroden-1.jpg
今日とっさにスマホ撮りました。画質が悪いです。。
 
電停の長さ・幅・屋根を拡張し、上屋が総ガラス張り化される工事です。
詳しくはこちら。本通電停、バリアフリー化へ
 
 
来年、2013年2月上旬ごろには共用が開始されます。
電停は新しくなりますが線路の石畳はどうするのでしょうね。個人的に石畳は見た目が悪いので
全て引っぺがしてアスファルトかコンクリート化してほしいです。
 
利用者が多い電停ですので現状危険だなと思うことが多々あります。
完成が待たれますね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

1 件のコメント

  1. 元鉄 返信

    同感です!!なぜ広電市内線の軌道敷は石畳なんでしょうね?
     
    中心部でも車が横断する部分はコンクリかアスファルトになっている
     
    ようですが、それ以外は石畳ですよね。。何か理由があるんでしょうか?
     
    線路のメンテ?ただサビ色が汚らしいんですよね。。他都市の軌道敷はここまで
     
    サビ色になっていないので広電ほど印象は悪くないんですが。。
     
    本通り電停前辺りも芝生化すれば印象良くなるんですけどね。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。