(仮称)広島東宝ビル建設工事 Vol.1 タワークレーン

現地の建築お知らせ看板では着工は5月と記されておりました。
現地の写真を使ったレポは実は4月以来やっていなかったので、いまさらながらVol.1、第1回目のレポートです。
 
 
宝塚会館の跡地に建設中の当ビルは地下1階・地上14階・塔屋2階、高さ56.0mの複合ビルです。
1~3階までにはファッションビルのパルコの新業態「広島ゼロゲート」が、
4~14階は藤田観光のワシントンホテルが開業予定です。
先日の中国新聞の記事によると広島ワシントンホテルの開業日は2013年10月10日に決まったとのことでした。
早いものですね。
 
 
さて付近ではドン・キホーテのオープンがあったりと、何回も通りかかってはいたのですがなかなか地上部が現れませんでした。
コメントにて鉄骨が組まれ始めたと教えていただき、これはと思って先週撮って来ました。
 
201212tohobuid-1.jpg
顔をのぞかせるタワークレーン。
 
 
そして全景です。
201212tohobuid-9.jpg
なんともう歩道のアーケードの上からひとフロア以上見えるくらいまで出来上がっています!
 
 
201212tohobuid-3.jpg
 
201212tohobuid-2.jpg
 
 
ここまでは建物東側の中央通り側からのアングル。
続いて西側のアリスガーデンへ向かいます。
 
201212tohobuid-6.jpg
鉄骨むき出し!これはなかなかの迫力です。
 
201212tohobuid-5.jpg
 
201212tohobuid-4.jpg
 
201212tohobuid-7.jpg
3階辺りまで鉄骨が組まれているようです。
よく見ると3階と思われるフロアの鉄骨が斜めに傾いています。デザイン的な要素でしょうか。
 
 
最後にパルコ本館と新館の間から。突き当りはドンキホーテです。
201212tohobuid-8.jpg
今年はヤマダ電機が移転したあとにドンキホーテが広島の都心部で初めて出店しました。
来年はまた8月にH&Mのオープンと10月のゼロゲート完成が控えています。
まさにこれを起爆剤として八丁堀のみならず、中心部全体が復権していくことを願いたいです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

8 件のコメント

  1. 返信

    ずっと変化なしだったけど、鎖骨が見えてからは早いですね。ここからの変化が楽しいんですよね。パルコ前のアートビルもほぼ解体が終わってましたし、こちらは一体何になるんでしょうかね。

  2. bob 返信

    マジですか!!アーバンタワーの前に26階マンションとは凄いねこの頃の広島の勢いは!

  3. 鯉党α 返信

    >ぽさん
    パルコ前の小さなビル、だいぶ解体されてましたね。どういう位置づけの建物ができるのか非常に気になります。。
     
     
    >2さん、止まり木さん、bobさん
    私も初めて知りました。高さは90mだそうですね。リーマンショックによる冷え込みの反動は凄いですね。広島もまだまだ終わってないです!

  4. おもっち 返信

    86年4月中旬から87年3月末日まで宝塚劇場でアルバイトしてました。当時は3階の宝塚劇場と地階の東宝劇場の2館体制でした。劇場は大阪市に本社がある東宝関西興行(株)の所有で運営を東宝(株)の完全子会社である新天地(株)が担当していました。東宝(株)の準直営館でした。そこが閉鎖されて、パルコとホテルになるのは忸怩たる思いです。パルコが広島進出時に本社に、パルコ劇場とシネセゾンの設置要請の手紙を書いたことがあり、広島には映画人口も演劇人口も、最低最悪と罵られて却下されたことがありました。仕方ないと言えばそれまでだけどね。

  5. 鯉党α 返信

    >おもっちさん
    当時の市内の映画館の充実ぶりは今では考えられませんね。建て替わるビルに都市型映画館を、と個人的に望んでいましたがそれもかなわず。。施設がないから映画・演劇文化が低いという悪循環な気もしますね。。
     
     
    >syunjiさん
    本当ですね!ありがとうございます。
    先日現地を見てきたので記事にするときに紹介させて頂きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。