広電、連節バス導入検討。西風新都へ

一歩話題に乗り遅れましたが昨日の中国新聞から。
広島電鉄は中区のバスセンターと西風新都を結ぶバス路線で連節バスを導入する検討を始めたそうです。
中国新聞:団地族輸送に連節バス導入へ

 広島電鉄(広島市中区)は、広島市安佐南区の「ひろしま西風新都」内にある住宅団地と中区中心部を結ぶバス路線に、連節バスを導入する検討を始めた。バスが大型のため発着場所の確保などが必要で、2015年度の運行を目指す。
 
 導入を目指すのは長さ18メートル、定員120人程度の2台を連結したようなバス。定員も通常のバスの約2倍で、運転手を増やさずに多くの乗客を運べる。
 
 住宅団地「セントラルシティこころ」などと広島バスセンター(中区)を結ぶ「西風新都線」に導入予定。まず数台を走らせ拡大を検討する。
 
 住宅分譲が進み、同路線の乗客は年6~10%のペースで増加。1日約7千人が使う。バスカンパニーの岡本繁取締役は「混雑を効率よく解消できる」と説明する。
 
 ただ、車両が大きいため広島バスセンターに発着できず、別の停車場所が必要。他の一部の停留所も改修が求められる。広電は市、県警、中国運輸局と調整をしている。市都市交通部は「バス停の長さや曲がる時の安全性など、課題を整理する必要がある」と話す。
 
 全国では千葉市幕張地区などに導入例がある。
 
(上記サイトより転載)

乗車人員が倍ありますから、ラッシュ時は特に効率が良くなりますね。
しかし正直な所本当に導入するとは思っていませんでした。。
連節バスは通常のバスと比べて2倍くらいの長さがあり、走らせるには国の特例認可が必要だったはずです。
国内で導入している都市も少なく車体費やその維持費もかなり高いのではないかなと思います。
バスセンターに入らないとのことで、専用のバス停を近くに再整備しないといけないし、導入にあたってのハードルはかなり高いです。
それこそ、ドイツから輸入したグリーンムーバーのような存在にならないか少し心配なのです。
 
しかしうまいこと運用できれば中心部と西風新都を結ぶ路線で「輸送力」面での課題解決につながります。
私は従来からアストラムライン西風新都線延伸に反対でございますから、
今回のように高速4号線を軸にした輸送機関の強化での解決を目指していってほしいです。
もちろん西風新都だけでなく必要なところに導入することで輸送力の改善を図っていけたらいいですね。
 
しかしそれは鉄道が走っていない郊外への話であって、
中心部内の交通はあくまでも路面電車のLRT化とアストラムの南下延伸が必要だと思っています。

スポンサードリンク


 

7 comments

  1. 名無し Reply

    環状交通網の整備が出来ていないと街は衰退していくのだと思います。

  2. こびー Reply

    ご無沙汰してます。
     
    中国新聞に載ってる写真のバスに毎朝乗ってました。
    とにかくよく揺れるのと、座席も固く乗り心地は良く無かったです。
    外国産だからでしょうか?
     
    バスセンター~西風新都間はいいかもしれないですね。
    広電バスカラーではなく、オシャレなバスにして欲しいもんです。

  3. jk Reply

    あの基幹ルートで、一日7000人なんですね。他都市で赤字に苦しむ
    地下鉄ですら一日の利用客数5万人弱(神戸)から7万人弱(福岡)と
    比べ、こんなに差があるものかと思います。修道大や市立大方面も
    あわせると4号線を通過するバスルート利用者はもっと多いので
    しょうが…
     
    バスルートを都心ダイレクト型からフィーダー輸送に転換した地方
    都市は軒並みバス利用客数を減らしており、広島のバスも10年で2割
    減(札幌・仙台がほぼ同様の推移)と大変厳しい状況です。
    そのなかで年率6%~10%の増加は驚異的な伸びだと思います。是非
    連接バス導入を成功させ、BRTの先進事例として欲しいですね。

  4. おもっち Reply

    乗ってみたいです。イオンモール西風新都であるコンサートのときに利用してみよう。ドイツから輸入していた路面電車が2種類あったと思いますが、レストラン化されたドルトムント市電とハノーファー市電だったと記憶していますが、ハノーファー市電はどうなってますかね?レストラン化かカフェ化しても良いのではないかな。

  5. むーばす Reply

    ちょうど十数年前、千葉県幕張で働いていた時期があり、JR幕張駅からJR海浜幕張駅(一部マリンスタジアム)までの区間を、連接バスが主に通勤時間帯やマリンでのロッテ戦の観客輸送で活躍していました。私も良く利用させてもらっていましたが、乗車時は整列乗車でバスの外側に料金箱を置き、そこを通ってバスに乗り込むスタイルでした。鉄道の自動改札のような感じで、とてもスムーズに乗車できました。バス停には何台も待機しており、一台がいっぱいになったらすぐに発車し、次のバスに乗り込むといったスタイルです。駅前の狭い曲がり角もスピードを落とすことなく回転していく姿は、迫力があります。車庫でのバック以外は運転はさほど難しくないとのことでした。紙屋町か八丁堀側の乗降場を整備すれば、すぐに導入可能ではないかと思います。
    これでアストラムの西広島ルートは確実になくなりますね。広電は先手を打ったのでしょう。

  6. JIN Reply

    これを機にバスセンター改修または建て替えしないんすかね
    後、専用車道とかないと結構邪魔そう

  7. タミー Reply

    連接バス導入は、ラッシュ時には、専用線または優勢レーンを設けないと、渋滞に拍車をかける結果を招きかねないように思われます。
     
    私は、アストラムラインの延伸には、条件付きで賛成の立場をとります。
     
    西広島から更に本通りまで延伸して完全な環状線とすることです。
     
    白島新駅が出来てもラッシュ時に郊外から来る列車は超満員で、JRからの本通り方面の乗り換えは不可能で短区間の折り返し運転をせざるを得ないと思います。
    西広島駅から白島新駅の折り返し運転であれば、内回り、外回りの環状運転と併用で両駅での乗り換えが可能となりラッシュの緩和を図れると考えるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。