パルコ本館西側のビルが解体

今年の4月に、中区のパルコ本館のすぐ西側にある雑居ビルが解体されると初めて記事を書きました。
パルコ前のビル3棟が解体へ
アートの展示が終わったあとも「閉店処分」という形で先月あたりまで建物は残っていたのですが、
先週訪ねてみると、ここまで解体が進んでいました。
 
201212-parcoside2.jpg
 
201212-parcoside1.jpg
 
敷地としては結構狭いのですが、広島の繁華街のまさに中心となるこの場所、
来年には付近にH&Mとゼロゲート広島が進出します。
こちらも新たなテナントの出店を期待したいですね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

2 件のコメント

  1. タミー 返信

    リポートお疲れ様です
     
    昨日、現場を見に行きました。
     
    かつては、毎日そこを通ってたのに何があったかさっぱり思い出せなくて…
     
    周辺の様相も劇的に変化してて、驚くばかりです。
     
    パルコの存在の影響力って凄いですね!
    お好み村なども、観光地化されており、また、ドン・キホーテがあんなにセンス良いとは正直予想外でした
    宝塚プラザの建て替えも順調そうでこれも楽しみです♪
    この現場のように様々な場所で様々な人たちが、建物などを新しくしていくんですね。それらの積み重ねが、街の進化を底上げしているんですね。
    パルコはまさにその核となっていると言って良いと思います♪
    アクセス悪いのに?目的地まで歩いたリするのが逆に魅力的なのかも?
    街を歩くワクワク感ですかね♪
    リポート楽しみしています。頑張って下さい

  2. むーばす 返信

    この周辺は紙屋町の地下街との対比で、最も八丁堀らしい場所になっています。
    私が広島に住んでいたころは並木通りがお洒落なストリートとして脚光を浴びて
    いる時期で、ちょうど入り口に当たる場所がここでした。
    当時とは格段に重要なスポットとなった今、どんなショップが来るかはかなり
    重要な意味を持つと思います。
    ぜひ中四国初のショップができないですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。