新型車両テスト専用ラッピングとミシュラン広島

広島電鉄は来年2月14日に営業運転を開始する3連接の新型超低床車両に関して
年明けの1月初旬から順次、準備走行を始めることを明らかにしました。
またこの準備走行の間は、専用のフルラッピングを施して走行するようです。
広島電鉄公式サイト】:新型車両ラッピングについて 12/20(PDFです)
この度導入される新型車両はこれまでの5連接より短い3連接の車両。
車両型式は「1000型」、愛称は「ピッコロ」と「ピッコラ」というものになります。
1001号は1月初旬に、1002号も1月末には車庫に搬入されるようです。
 
hiroden1000.jpg
新型車両、フルラッピングのイメージ図(広島電鉄公式サイト上記PDFより)
 
 
先に投入される1001号は上は鮮やかな緑色。
側面には製造元である近畿車輛・三菱重工・東洋電機の3社のロゴがありますね。
コメントを頂いているカナデさんのブログ、
天神川総合車両所・梨羽車輌製作所』から広電1000形、姿現すのエントリーには、
実際に三原の三菱重工の試運転場で試験走行する1001号を見ることができます。
 
また1002号はアンデルセンの全面ラッピングです。
広島電鉄とアンデルセンがコラボして新商品を作るなどの企画も用意されているようですね。
 
 
 
新型車両とどのような関係があるのかは分かりませんが(笑)、
広島電鉄系列の㈱広電宮島ガーデンは、廿日市市の観光友好都市であるフランスはモンサンミッシェル市とコラボし、
それぞれの名産である林檎ともみじ饅頭をコラボした新たな銘菓を販売するそうです。
背景には2013年春に発売される「ミシュランガイド広島2013特別版」の発刊があるようですね。
【広島経済新聞】:「ミシュランガイド広島」来春発行へ-昨年秋から調査進める
国内限定での発売とはいえ、中四国初の発売となり非常に光栄ですね。
広島は海外からのお客さんが多いですから、広島版こそ海外でも発売していただきたいです。

スポンサードリンク


 

2 comments

  1. むーばす Reply

    おしゃれなラッピング車両が登場すれば、街並みも華やぐことでしょう。
    中・高と江波線の電車を良く利用していた身にとっては、ついに江波線
    も様変わりするのかと、少々感傷にふけってしまいます。
    広電は輸送力アップで都市内交通として更なる利用を促し、基幹交通と
    しての役割を果たしていってもらいたいものです。

  2. 元鉄 Reply

    カナデさんのブログでラッピング車両の画像を見ましたが、緑色の方の車両なかなか
     
    きれいな配色で気に入りました。MAXの微妙な配色の塗装も可能なら広電に見直して
     
    欲しいですね。前照灯のデザインが少しだけ違うだけで、ほとんどデザインが同じ
     
    MAXも塗装を塗り替え(ラッピング)すればもう少しましになるかもしれません。
     
    最近、間近でMAXを見る機会があったのですが、前面フロントガラスの下とライトの間の
     
    黒色の(半月型部分)はただの塗装だったんですね。この部分を1000系の様な塗り分けに
     
    すればMAXの顔もシャープになると思うんですが。。
     
     
     
    黒い部分はただの塗装だったんですね。今まで気づきませんでした。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。