本通電停のリニューアルが完了!

交通ネタが続いていますがどうせならこちらも紹介しておきます。
 
昨年9月に着手した広島電鉄本通電停のバリアフリー化工事が昨年末完了していました!
【広島電鉄】:宇品線本通電停について 12/20(PDF)
昨日見に行った時の様子です。
201301hondori-1.jpg
PDFのお知らせにもあるように腰下の壁には歴代の広電車両が紹介されてます。
電停自体のデザインは紙屋町電停と全く同じ物のように見えます。
市役所前電停のような床まで続くガラス部と広告が交互に連なるデザインが個人的に好きなのですが。。
 
しかしそれでもスロープが緩やかになり幅も広くなって綺麗になりました。
201301hondori-2.jpg
 
201301hondori-3.jpg
 
ただ、これが気になります…。
201301hondori-4.jpg
電車の接近表示です。
てっきりこれを期に紙屋町電停のようなLEDの電光掲示板がつくかと思っていたのですがご覧のとおり古めかしいままです。。
利用者も多いはずですし今後取り付けられることを期待したいです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 匿名 返信

    直接アストラム駅に通じる地下階段があるといいなと思っていたんですが、なさそうですね。。

  2. カナデ 返信

    おお、ついに完成しましたか。繁華街の主要駅の1つですから、相応しい姿に生まれ変わって何よりです。
    LED表示機に関しては、鷹野橋方面には必要ないと思います。複数系統が乗り入れているとは言え、いずれも宇品線の中で完結するので。
    逆に紙屋町東西方面のホームは系統がバラけるので、表示機はあった方がいいと思います。

  3. 匿名 返信

    広電のサービス向上計画によるとLedの電工掲示板は3月頃までにつけるみたいです。

  4. 田中 返信

    デザイン的に屋根を支えてる斜めの支柱が気になりますね~
    市役所前駅は、支柱無くてスッキリしてるのですが・・・

  5. おもっち 返信

    本通り横断歩道で死亡事故が起きれば、歩行者も広電も市も県も目が覚めるでしょう…たぶん。最後まで覚めないのが歩行者でしょうね。歩行者に自覚がまったく無いのが現状だから、遮断機と地下街直階段を絶対に設置するべきだ!!

  6. 牛蛙 返信

    女学院前駅でホームの延長工事が始まっていました。
    3両編成の小型超低床型新車両の乗り入れに備えているのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。