広大跡地、土地交換計画が白紙に。

大規模未利用地となっている中区千田町の広島大学本部跡地の再開発計画で、
市所有の土地と、旧理学部1号館を含む国立大学財務・経営センター所有の土地の交換を行う、という計画が白紙になりました。
広島市が1号館などを引き取り民間事業者の開発を促す計画でしたが、
センターが売却する土地の民間ニーズが低い事や防災上の観点から市が所有する公園が必要であると住民が要望したため断念したようです。
【中国新聞】:「知の拠点」構想が暗礁に (以下転載)

 広島市などが進める中区の広島大本部跡地(11ヘクタール)の再開発で、市と国立大学財務・経営センター(千葉市)がそれぞれ跡地内に所有する土地を交換し、民間が参入しやすい用地を生み出す計画を白紙にすることが11日、分かった。用地売却の見通しが立たないことなどが理由。土地交換の頓挫で、市中心部に位置する未利用公有地の再開発は仕切り直しを迫られる。
 
 市と広島大の「知の拠点」構想に基づき2009年度末に決定した現計画は、センターが所有する被爆建物の旧理学部1号館を含む敷地(4ヘクタール)の一部を市東千田公園(3ヘクタール)の一部と交換。その後、センターの土地を購入する民間事業者を公募する内容だった。
 
 土地交換は、1号館を市が引き取って土地の形状を整え、マンションや商業・オフィスビルの建設を促すのが目的。1号館は市が保存活用を検討する。
 
 だが、交換後にセンターが売却する国道2号沿いの敷地は周辺で渋滞が起きやすいことから交通面や環境面の課題を指摘する事業者が多く、ニーズは低調という。
 
 また、地元の4町内会と2商店街が「防災上の観点から必要」と公園存続を市に要望。これらを考慮し、市とセンターは土地交換を断念するとみられる。
 
 打開策として市は、1号館と敷地の一部を購入する方向で調整する。だがセンターの提示額と市の購入希望額の開きは大きく、合意に至るかは流動的だ。市都市機能調整部は「近く今後の方向性を示す。現時点でコメントできない」とする。
 
 「知の拠点」構想で広島大は跡地内の東千田キャンパス(2ヘクタール)で、構想の中核となる知的人材育成センターの建設を検討する。

昨年9月、
広島大学は自身が所有する東千田キャンパスに2015年春にも「知的人材育成センター」を開設する方向で昨年動き始めましたが、
こちらも資金調達に目処が立っておらず確定ではありません。
残念ですがここは本当に難航しています。
 
民間事業者が参入しやすいように土地交換を計画していたのに、その交換後の土地の民間のニーズが低いのであれば、計画が根本的に間違っていたということになりかねません。
これを受け止めてもう一度一から考えてみるのもいいのではないでしょうか。
どちらにしろ広島市がお金を払うことに変わりないですが、東広島から一部の学部だけでも、千田町に戻ってこないものでしょうかね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

13 件のコメント

  1. タミー 返信

    広島のカルチェラタンは、千田にこだわる必要はないと思います。
    出て行った、死んだ子供の年を数えても仕方ないし、むしろ県と国が後押ししている東広島西条学派に対抗出来る学派を育てるべきだと思います。それには広島商工会議所が後押しして設立された浅野の藩校をルーツとした広島修道大学と広島市立大学とがある大塚駅付近をカルチェラン風に藩校からの歴史を加味した学生街を創造し、広域公園にパリの大学都市のような世界各国から学生が滞在し学べる為の施設を建設して、西風新都学派を育てるべきだと思います。そして、東広島西条学派と切磋琢磨し若者の新しい文化を育てるという構図の方がより現実的かもしれません。
     
    今の広島に、カルチェラタンがないというのが広島の大きな問題の一つだと私は考えています。

  2. むーばす 返信

     本当にこの土地だけは、立地的にはとても良いのに、なかなか活用策が見いだせ
    ないまま時間だけが過ぎてきました。タミーさんの言われる西風新都への
    カルチェラタン育成策は面白い発想だと思いますが、やはり郊外に出来た
    キャンパスは、どの大学もキャンパスは綺麗でも、何か猥雑なエネルギーと
    いうものを感じることがありません。
     
     やはり昔からの歴史と伝統、そこに地元の商店街などとの長い時間を掛けた結びつきが
    あってこそなのだと思います。
     
     福岡市は九州大学が郊外に移転をしましたので、それまでの学生街がどうなったのか
    興味があるところですが、あの街はそれ以外にも多くのマンモス大学や単科大がある
    ため、そこまでの目に見える影響はないのかもしれません。
     
     それに比べると、広島市は都心部にめぼしい大学が他にないため、やはりもう一度
    あの場所に、大学をという声が起こるのも、仕方のないところかと。
     
     理想は松山市のように愛媛大学と松山大学がまちなかに並んだキャンパスを持つよう
    な環境が理想です。
     
     前々から思っていましたが、“知の拠点”構想という名称自体、良く意味が分からない
    人が多いのではないでしょうか。タミーさんの書かれているように、『ヒロシマ』には
    世界の学生が集まって来やすい素地はあると思いますので、その受け皿づくりをどこか
    が、積極的に行って、あの場所を活性化のシンボルにしてもらいたいと思います。
    こそ

  3. bobu 返信

    旧理学部1号館をそもそも残す必要があるのか。
    被爆建物とか言いながら、被爆後ほとんどの箇所を修復している。
    ぜんぜん被爆時の状況は残されていない。
    見た目のおどろおどろしさが、被爆建物っぽく見えるだけなのに・・・。
    あれが土地開発にネックになっていることを、広島市は気づいているはずなのに。
    とにかくあのお化け屋敷を早く解体してほしい。

  4. カナデ 返信

    う~ん広大跡地は一進一退ですねぇ…。しかもよりによって公園として整備しろとは。
    公園として単品で整備するのではなく、知的人材センターの校庭として避難スペースのを確保するという風にはできないんでしょうか…?
     
    話は全然違いますが、今日また関西から223系がやってきました。今は下関にいますが、25日から再び広島で試運転が始まります。

  5. 浜野タタミ 返信

    国道2号線の交通量を見れば、大規模な商業施設を作ろうにも交通がパンクするのは明らかですから、事業者が躊躇するのは当たり前ですよね。
    仮に2号線の高架バイパスが出来ていたら…
    仮にアストラムなり地下鉄最寄り駅の一つでもあれば…
    等と考えてしまいますが、仕方のないことでしたね。

  6. チャックン 返信

    僕も、むーばすさんの意見に賛成です。広島東宝ビル建設の項目にも書きましたが、広島は、市内中心部に大学が少ないと思います。そもそも、何故、広大を東広島市に移転させたのか、分かりません。あーすることで、確かに東広島市は人が増えて発展しましたが、学生にとっては不便だと思います。それに、広島は、広大だけでなく、空港,宮島,呉,尾道,福山,アルパーク,ソレイユ,イオンモール,マリーナホップ,などと、様々なものがバラバラに位置しています。交通機関も貧弱です。そのため、アクセスしにくいと思います。これでは、中心部から活気が失われるのも、うなづけます。出来る限り中心部に集中させた方が、アクセスしやすいと思います。京都は、府内人口も市内人口も、広島と同じくらいですが、市内中心部に大学が多く、学生の街と言われています。交通機関も発達していて、便利で、学生どうしの交流が盛んです。見本になる良い都市だと思います。

  7. 浜野タタミ 返信

    広大移転に関してですが…
    私も広大出身で、現役時代には市内からJRとバス乗り継いで通学していたので、あまりの田舎さに辟易としていましたし(今の西条駅前さえ全く見違えました)、他県出身の学生等の不満も嫌と言うほど聞きました。
    …が、今三十路を迎えてみて、広大の一部学部のみ千田に戻す、という構想にも、諸手を挙げて賛成、とは言えないな、というのも正直な気持ちなのです。
    広島の町には大いに愛着がありますが、果たして広島の町は、学生が意欲的に学べる知性的な町といえるかしら。
    …こういった点で、よく例に出される京都や岡山と少し差を感じます。
    (同じように学生の多い福岡とは全く差を感じないのはなぜかしら)
     
    東広島の国策統一キャンパスを広島市内に戻そうとするなら、西風でもどこでもいいので、かつての東広島学研都市以上の「知的産業都市」グランドデザインを描くくらいの構想でなければ、結局行き当たりばったりで中途半端、といういつものパターンに終わると思います。

  8. チャックン 返信

    浜野タタミさんへ
    なるほど、そうですか[e:77]なかなか、難しいですね。開発をするにも、色々なことを考えなければなりませんね。
    「学生が意欲的に学べる街」ですか。僕は、詳しいことは、まだ全然分からないのですが、どうすれば、もっと「学生が意欲的に学べる街」になるでしょうか?「単純に、大学や学生の数だけ多くても、良い環境とは言えない」ということでしょうか?その街の歴史なども関係しているのでしょうか?環境面を見てみると、京都や岡山は平地が多く、広島は山が多くて土地が狭いですが。「知的産業都市」グランドデザイン、つまり、「様々な施設が有機的に集合している、しっかりとした設備の総合大学」ということでしょうか?確かに、今の広大のキャンパスはすごいですね[e:257]僕も、少し前にそばを通りました。大学構内が、まるで1つの街のように建物が立ち並んでいました(笑)

  9. じゃんがじゃんが 返信

    現役広大生です。
    広島市から移転した広大が平和学をアピールするのを聞くとそらぞらしく、移転によって一つのアイデンティティを失ったように感じます。国際協力研究科を持っているし、放射能研究もしているし、広島市に立地することは重要な意味を持っていたように思います。広島県の均衡ある発展()の犠牲になったとしか思えません。
    それに貧乏学生からすると平和記念資料館に行こう、美術館に行こう、講演会に行こうなどと思うと交通費と所要時間がちょっとした壁です。そもそも各種公演で広島飛ばしが定着している時点で幅広い経験をするには微妙な都市ですが。せめて東千田を高層化して集約してくれれば良かったのに…
    私学は都心回帰がすすんでますが国立ではむづかしいでしょうね。

  10. 観光客 返信

    今年のお正月も、東京から帰省した家族と一緒に愛媛から広島へ観光に出かけました。県内では行く所も無くなって、毎年しまなみ海道を通って車(1人の時は公共交通利用ですが)で広島市へ出かけようかということになります(笑)。私は数年前に働いていた東京から愛媛へ戻りこちらの生活はそれなりに気に入っておりますが、本当はもう少し賑やかな街が好きで、広島市は松山と比べると活気があってとても好きな街です(^^; 。
     
    広島市には午前中に着き、ここで話題になっている広大跡地内の商業施設のベーカリーでスープとコーヒーサービス付きの安価で美味しいブランチをいただき大満足でした(^^)。広大跡地の公園は都市公園としてとても良い雰囲気だと思いますが、広大の学部(の一部)とかを戻すには少し狭過ぎる感じがします。広大のレンガの被爆建物は公園の雰囲気によくマッチしていると思いますので修復して再利用すると良いのではないでしょうか。何よりも現存する数少ない被爆建物ですので残して頂きたいです。旧広島市役所の建物も趣のある建物で被爆建物だったと思いますが、壊されてしまって残念でした。
     
    広島市は私大が充実しており、広島市を訪れてみて若い人が少ないという印象はまったくありませんが、学生街、カルチェラタンの様な地区が在ると更に都市の魅力は増すでしょうね。広島市は周辺の山腹に大規模な住宅地がいくつも造成されていますが、それと同じ様なイメージで、市街地や広島湾を眺望する立地で修道大や市立大にも近い位置に土地を造成し、市内の私大や西条の広島大をまとめて移転して学生街を形成するとおもしろいのではないでしょうか?サンフランシスコ湾を見下ろす郊外の高台に在るUCバークレーの様な雰囲気
    http://en.wikipedia.org/wiki/File:CampanileMtTamalpiasSunset-original.jpg
    になるかもしれません。
     
    むーばすさんが言及して下さりましたが、松山市には文京町という学生街があり、周辺には2大学と小中高を含む合計7つの学校と日赤病院が隣接しています。一帯は戦前は練兵場であったためまとまった土地を確保できた模様です。繁華街やビジネス街からは、松山城が在る城山を間にはさんで反対側に位置し静かですが、徒歩で20分程の便利な立地です。この一帯を通ると、確かに学生が多く活気があって良い雰囲気を感じます。この中で学生数が最大の愛媛大は、少し前(~10年くらい前)までは魅力に乏しい大学?であったように思いますが、この数年で建物も内容も一新され良い大学に変貌してきた様に思います。2、3年前に愛媛大博物館で催された恐竜展を見に行ったときにキャンパス内を歩いてみて、以前に比べて随分建物が立派になった印象を受けました。内容面でも、生命科学、宇宙物理、地球物理の研究センターが設けられて、基礎科学分野では中四国地方では唯一の拠点施設(Global COE)に指定されているそうです。地元のニュースでこれらのセンターが紹介されたことがありましたが、職員や学生(留学生)が『繁華街や温泉(道後)が近く、街の雰囲気が気に入ったことがここへ来る決心をした理由の一つだ』(笑)と、話していたのが印象的でした。
     
    結局、例えば筑波大の様な超大規模なキャンパスを造る要求が無いのならば、やはりキャンパスは街の近くにあるのが学生にとっても街にとっても一番良いことではないでしょうか!?とても長文になってしまい失礼しました。

  11. タミー 返信

    私も松山に住んいたことがあるので、城山を市街地が取り囲んで、特に、松山大学、愛媛大学が並ぶ文京地区がある街は良いなと思っていました。
     
    話を、広島に戻しますと、武田山から大茶臼山、鈴ヶ峰までの茶臼山連峰には、多くの学校があり、特に己斐地区などは教育熱心な地域です。将来は市街地が茶臼山連峰を取り囲んでしまうのではないかと思っています。
    修大が移転して39年と半世紀も近付いており、その間西風新都は、広域公園、アストラムライン、市大、高速4号線などができて周辺地区の人口は激増し環境は劇的に変化しています。
    特に、高速4号線の開通は都心との時間的距離を大幅に改善しています。
    広島市と広島商工会議所が中心となって、臼山連峰そのものを若者たちの知的好奇心に応えることが出来る知的生活空間とする街づくりをすべきだと思います。
    単科大学である経大、工大とのアクセスとしてトンネルやアストラムラインの五日市への支線等を検討する価値はあると思います。
     
    広島湾、特に宮島が見える高台は、最高の住宅地として人気がありますが、若い学生達に素晴らしい環境を提供することが、広島市の未来へ展望に繋がる投資だと思います。
     
    また、広域公園周辺はアジア大会で、多くの若い外国人達が集まった場所なのですから、外国人学生達を受け入れる場所として最適ではと思います。
     
    県や国が進める東広島への広大の移転は、同じく旧制文理大学の筑波大学に類似した、国策的な学術都市の建設になっており、広島市の発展という発想とは全く別次元の発想からであり、県や国に協力を求めても、体裁を取り繕うだけだと思います。
     
    広島市と広島商工会議所と何よりも広島市民が、将来広島を背負う若者を育てていかなければいけないと痛感しています。

  12. タミー 返信

    これまで弱かった経済基盤が確立されつつある今だからこそ、若者の育成が未来への投資として重要になっていると思います。
     
    もちろん目の前の多くの課題も、バランス良くこなして行かないけませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。