広島市2013年度予算発表、広島の玄関口に重点

大変遅くなりました。申し訳ありません。
 
広島市は7日、2013年度の当初予算案を発表しました。
【広島市】:平成25年度当初予算(案)
【読売新聞】:広島市13年度一般会計当初予算案 2年連続減5697億円
 
全体では昨年度比3.2%減の5697億2600万円。
 
予算案のリンクの建設関係の資料(PDF)から主なものををまとめてみます。
 
●広島大学本部跡地の有効活用の促進 52万6千円
関係機関との協議その他
 
広島駅南口周辺地区市街地再開発事業(B,Cブロック)の推進 30億3810万円
Bブロックは13年度本体着工。
Cブロックは13年度中の権利変換計画認可、建物解体、本体着工。
 
広島駅新幹線口地区整備の推進 2億7990万円
二葉の里土地区画整理は13年度完了。
 
●旧広島市民球場跡地の活用 57万7000円
関係機関との協議その他
 
●西広島駅北口地区のまちづくり推進 5315万円
己斐石内線の暫定整備、用地取得等
 
●西風新都の都市づくりの推進 6億5653万円
ひろしま西風新都都市づくりの全体計画の見直しなど。
 
●京橋会館の更新 2億7016万円
13年度完成へ
 
●公共交通機関の機能強化と利用促進 7億2487万円
広島駅南口広場の再整備等に係る検討に900万円(地形測量等)
・JR可部線の輸送改善事業の推進 2億3403万円
    横川駅配線変更工事に1億4980万円、電化延伸区間の工事に8300万円など。
・路面電車のLRT化の推進 6750万円
    低床路面電車車両購入補助(1編成分)など。
・公共交通体系づくりの基本計画の策定 1200万円
    アストラムラインの延伸計画の見直しなど
 
●白島新駅の整備 8億1890万円
建設工事の推進
 
●広島高速道路の整備 47億2240万円
 
広島駅自由通路等整備の推進 13億6540万円
13年度は自由通路整備工事、北口ペデストリアンデッキ整備工事、北口広場再整備の実施設計
 
●西広島駅周辺地区交通結節点整備 4900万円
13年度は北口アクセス道路及び北口広場実施設計、南北自由通路基本設計など。
14年度以降、南北自由通路実施設計と用地取得、工事等。
 
●道路・橋梁整備
広島市民球場(マツダスタジアム)への歩行者用道路整備 1億100万円
 
 
本当に主なものだけをまとめてみました。
詳しくご覧になりたい方は上のPDFをお読み下さい。
 
こうしてみてみると広島駅周辺にかなり重点が置かれた予算配分ですね。
青字が広島駅周辺に関する予算です。
Bブロックは昨年末解体が始まり、3月末までに解体工事を終えます。来年度本格着工です。
気になるCブロックは、昨年まで”今年度中の権利変換計画の認可”を予定していたのですが、来年度にずれ込む形となってしまいました。
背景にあるのは以前から言われている再開発事業者と地権者との対立です。
以前の記事でCブロックの内情に精通している”研究者さん”に教えて頂きましたが、再開発後も商売を続けたい人にとっての必要な説明が再開発事業者側からほとんどなされていない状況だそうです。
地区内でボーリング調査。一方事業者と住民との間で衝突も
両者が折り合える形での早期解決を希望します。
来年度、権利変換計画認可から着工まで予定に入っていますが、「2014年3月」に着工したのでは2016年3月末の完成には間に合いませんから、遅くても夏頃までには解決していてほしいというのが願望です。
 
北口のペデストリアンデッキも来年度から整備が始まるようでなによりです。
 
二葉の里地区は都市再生機構URによる土地区画整理が来年度すべて完了し民間へ売却されますね。
一部は今年度末の3月にも売却される予定です。
いよいよ本格的な街づくりが始まりますね。
 
南口広場は再整備に必要な地形測量のため900万円が計上されました。
路面電車の乗り入れ方法を決める結論は来年度中へ先延ばしされています。実施設計等は来年度からになりそうですね。
 
 
跡地について、
一番上の広大跡地の活用の予算は52万円でした。
昨年、市と国立大学財務経営センターとの間で計画していた土地交換計画が白紙になり、残念ながら停滞が続きそうです。
 
旧広島市民球場跡地利用には57万円が計上されました。
新聞によると活用策決定がまだなので(3月末)最小限の予算に抑えられたそうです。
活用策が決まれば6月以降、補正予算案に図面設計などの経費が盛り込まれるとみられます。
 
西飛行場跡地については予算計上はされませんでした。
活用のビジョンは今年度末までにまとめられる予定です。
 
 
交通に関してはいくつか興味深いものがありました。
JR可部線に関して延伸の費用もありますが、横川駅の配線変更の工事が含まれています。
この工事によって横川駅への可部線の上下線同時進入が可能になります。
yokogawa-haisen.png
(広島市、JR可部線活性化連携計画より)
 
超低床車両導入のための補助も計上されていますね。
1編成分だけの補助ですが、来年度もさらなる超低床車両導入を期待したいです。
それから西広島駅では、南北自由通路の基本設計や、北口広場整備、己斐石内線(道路)の暫定整備費用が計上されました。
 
西風新都の推進に6億5000万円が計上されていますが、計画全体の見直しが今年6月にもまとまります。
アストラムライン西風新都線に関する内容も含まれているので注目したいです。
全体での延伸計画の見直しもされるようなので、当初の延伸計画は一旦白紙にして、本通から先の延伸もぜひ検討していただきたいです。
 
 
 
非常に長くなりましたが街づくりに関して、跡地計画に不安はあるものの駅周辺の整備など希望が持てるものとなっているのではないでしょうか。
松井市長は記者会見で「世界に誇れるまちの実現に向けた取り組みを加速させる」と語っています。
来年度も進行中の再開発と新たな動きに注目していきます。

スポンサードリンク


 

12 comments

  1. 匿名 Reply

    更新お疲れ様です。
    広島駅周辺の再開発に重点を置いた予算配分で「活力にあふれにぎわいのあるまち」「まちの姿が目に見えて変わっていきます」などの市のコメントにも大変好感が持てます。
     
    ここのところの急速な円安、輸出関連株を中心とした株価高騰で資産が急増していますが、広島は特に昨年の増資から2倍以上に高騰しているマツダへの出資で資産が急増しており今年は、民間レベルでも、再開発への投資が大きく期待できそうです。
     
    フォードから独立して5期目でようやく収益体制の基盤が整ったところに急速な円安が重なり、市場が高く評価しているようです。独立に際して広島の地域から多くの支援を受けていたので、急速な円高の中でも他社のような国内を切り捨て・海外への脱出がままならず、国内維持を最大限保った上の海外展開であった為、急速な円安の恩恵も他社に比較して大きくなっているようです。
    義理堅く地域に残って、特に前期は大きな赤字に苦しみ増資等で地域から強い支援を受けて超円高を乗り越えて、その増資の株価が倍増ですからまさにドラマチックです。
     
    これからの、目に見える変化に、大いに期待します♪

  2. カナデ Reply

    横川駅の配線変更は可部線延伸に併せて構想されていたのは知っていましたが、これまで具体化に向けた進展が何一つ聞こえてこなかったので、そのまま構想に終わるものと思っていただけに驚かされました。
    実現すれば可部線の同時発着が可能になるので、白島や広島を目前にして上り列車が何分間も横川で待ち合わせを食らうこともなくなりそうですね。本数の多いラッシュ時に威力を発揮しそうです。

  3. むーばす Reply

    千田町の広大跡地に動きがあったようですね。
    http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201302090046.html
     
    長年、棚ざらしになっていたこの土地が有効活用されると
    市街地の活性化やカルチェラタン勃興につながります。
     
    一号館の活用法は何ができるのか、想像できませんが、
    博物館的な施設が出来ればいいと思います。
     
    しかし民間に払い下げられる残りの土地がまた以前の
    ような様々な縛りがあるなら、コンペの応募があるか
    どうか、少し疑問です。いっそうのことどこか県外でも
    いいので名のある大学が、『広島キャンパス』という
    格好で購入してもらえないでしょうか。期待します。

  4. 清盛くん Reply

    広島から北に延びるJR線は、
    可部線と芸備線がありますが、
    可部線が、河戸延伸が具体化するなど、新たな発展が約束されたのに対し、
    芸備線は、高陽ニュータウンのオールドタウン化などもあり、
    広島市内区間でさえも今後、旅客運輸成績が落ち続ける事が懸念されます。
    可部線と芸備線の落差が、今後ますます広がる事になりそうですね。

  5. りゅうのすけ Reply

    提示されていた建設関係の資料をチョイと読んでみましたが、西風新都環状線(外環状線)の整備もやるみたいですね。
    と言うか、西風新都関連の予算が大きいのは道路整備が原因。
    石内東工区は多分、石内南地区から石内東地区へ繋がる部分の事かと。
    具体的には運転免許センター東口交差点を跨ぐ橋梁工事でしょうね。
     
    善當寺工区の暫定整備は西風館と安佐南工場建替で地元と約束した話の実行だとするなら、沼田運動広場までの整備かと。
    場所的に安佐南工場へ搬入する、ごみ収集車程度しか走りませんので対面通行で整備する可能性もあります。
    先行整備で造って放置状態だった橋脚も日の目を見るときが近いのか・・・?
     
    梶毛南工区は石内上地区(石内北流通地区)から石内北地区(梶毛東工業地区)への接続道路ですね。
    梶毛南流通地区の計画を見直す事で道路整備を先行させる形になりそうです。
    西風新都の道路ネットワークの整備は急を要すると思っていますので、実際に手を付ける石内東工区は兎も角、善當寺工区や梶毛南工区は早急に手を付けて貰いたい物です。
     
    西広島駅北口の整備も本腰を入れると思って良いのかなぁ・・・
    あの辺りもいい加減老朽化してますので、話が積極的に進むと良いのですが。
    来年以降の話の進展に期待です。

  6. 鯉党α Reply

    >1さん
    ありがとうございます。
    おっしゃるように松井市長のコメントや景気回復による民間投資により、今年は更に街づくりには期待ができる年になりそうですね。
    特にマツダは国内生産にこだわり円高でも企業として利益がでる体質へと改善する努力が実ってきたところにこの円安ですから、これからも頑張って欲しいです。
     
     
    >カナデさん
    確かに具体的なことが無かったですよね。白島新駅ができたあとの不意なダイヤの乱れの対応にも役割を果たしそうですね。
     
     
    >むーばすさん
    おお、見逃してました。ありがとうございます。
    一号館を無償取得ですか。活用はおっしゃるように博物館のような共用施設がいいですね。
    他の大学の「広島キャンパス」には賛成です。とにかく中心部に毎日若者が集まるものが欲しいです。知の拠点の考えにも合致しますし。
     
     
    >清盛くん さん
    可部線の利用客が伸びる一方芸備線は厳しい状態ですね。
    可部線が走る安佐南/北区はアストラムと国道で区全体が人口も増え発展しました。芸備線沿線は山が多いですし、道路も少ないので劇的な改善は難しく思います。
     
     
    >りゅうのすけさん
    なるほど。暫定的にでも西風新都内道路のネットワーク化が進みそうですね。住宅開発もですが産業誘致に大いに今後期待したいです。
    西広島の老朽化は酷いものですよね。。未だにエレベーターもないし北口は放置の状態ですし。動く兆しは見られるので期待したいですね。

  7. 小五郎 Reply

    JR西に以下の内容で問い合わせをかけました。
    広島駅リニューアル工事について
    二点御聞きしたい事がございます。先ず一点目が竣工時のホームについてです。
    ホームは在来線コンコースから新大阪駅のようにエスカレーターで昇降するようになるのでしょうか?そしてホーム屋根は新大阪駅のようにガラスになるのでしょうか?最近竣工した駅は大体ガラスの為ガラス化を願っています。
    二点目が広島電鉄の接続が高架案で確定した場合広島駅を建て替えると広島支社長が言及しています。もしも建て替えが同時に決定した場合どのような駅になるのでしょうか?希望としては京都駅、及び札幌ドーム・広島市立基町高等学校を設計した原広司氏による設計を心から希望致します。新たなる広島の玄関口として、京阪神地区に次ぐ路線として豪華な物にして頂きたいです。複合施設を備えた(百貨店・ショッピングセンター・フードコート等諸々)ものにして欲しいです。きっぷうりばに新大阪駅のような大型ディスプレイを設置する等といったバリアフリー性の向上をお願いしたいです。是非意見としてご査収頂きます様よろしくお願いいたします。
     
    =================
    個人の意見が満載ですがどのような返事が返ってくるか楽しみですw

  8. カナデ Reply

    小五郎さん
    そういった内容はあまり問い合わせるべきではないと思いますよ。少なくとも現時点では駅ビルのデザインについては「検討中」より先のステップにあるとは思えませんので、明確な返答は期待できません。現時点での案が返答として返ってきたとしても、変更になる可能性が大きいです。

  9. むーばす Reply

    >小五郎さん
     
    大変、魅力的な建設計画なので、少しでも早く何か情報を得たいというお気持ち
    は良くわかります。しかしながらカナデさんも書かれているように、駅ビル構想
    は、広島市や広島電鉄とのかなり複雑な調整が必要な案件になると思います。
    JR西日本だけで、決めていかれる部分も案外まだ少ないとも思いますので、現時点
    では、特に形となるような答えはいただけないと思います。
     
    今のところ決まっているのは、在来線の橋上駅舎化と南北自由通路の新設のみ。
    まずはこの2本の通路が駅ビルとどうつながるか、これに広電電車や市内バスとの
    接続の動線をどう整理するか。
     
    すでに広島駅南口には地下通路が張り巡らされているだけに、市電やバス乗り場の
    移動を考えるだけでも、地下通路の出入口との整合性や新設などクリアしないと
    ならない問題は山ほどあります。
     
    ひとつのイメージはJR九州の小倉駅ビルなのでしょうが、あれも独特なビルの構造
    ですので、駅ビルとしての採算性や通行人と路面電車(モノレール)との動線の
    分離など、単なる箱ホームに隣接して建物を造ればいい、他の駅ビルとは根本的に
    異なる気がします。駅ビルを含めた駅南口広場はJR西日本の所有でしょうから、
    まずJRと南口に乗り入れている民間事業者との協議、そしてお金を補助する広島市
    との協議が終わってからの、駅ビル設計に取りかかれるのではないでしょうか。
     
    何とか少しでもこうした調整がお互いの利害を超えて、早く進んでいくことを願う
    ばかりです。本当は隣のイズミの持ちビル(フタバ図書)や、老朽化した東郵便局
    とも連携した整備計画の策定までいければベストだと思いますが。

  10. 清盛くん Reply

    可部線と芸備線との広がる落差や今後の両線沿線も含めた展望については、
    後日、別の記事で詳しく取り上げてください。

  11. 小五郎 Reply

    カナデさん、むーばすさん
     
    今読み返してみると結構大きい事言ってました...すいません。
    今年度までに決定すると言われているので少し気持ちが焦っていました。

  12. 匿名 Reply

    来年度の広島市の予算案が発表されています。
    新しい事業も垣間見えます。
    ぜひ、今年も記事にして紹介して下さい!http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/0000000000000/1391694451639/index.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。