【他都市探訪】 北九州市(小倉駅中心)

広島市では路面電車の駅前大橋線が計画され、広島駅への新たな乗り入れ方法として高架と地下で検討が進んでいます。
事業者である広島電鉄の社長交代により、利便性・費用面で優れる高架案で建設される公算が高くなっています。
JR西日本広島支社の杉木支社長の発言で、高架の場合は駅ビルの建て替えの可能性まで浮上しました。
そこで、駅ビルに電車が直角に突っ込む形で思い浮かぶのが、北九州の小倉駅です。
実は2年前の冬にある用で北九州に日帰りで行って来ました。
こちらで紹介するタイミングもなく、お蔵入りしかけていた画像達をこの機会ですので紹介して感想などを書いてみようと思います。
第一目的ではなかったので駅周辺とプラスαの写真しか無いのですがご了承下さい。。
 
 
では早速、小倉駅南口です。
kita-kyusyu_kokura-5.jpg
これですね!なんと言っても。これが見たかったです!
上層階は小倉ステーションホテル、中層階から下が商業施設などが入る建物となっており、
モノレールが入線する中央部は大きな開口になっています。
 
kita-kyusyu_kokura-6.jpg
迫力あります。
小倉駅南口はペデストリアンデッキも充実しており、現在撮影している場所はデッキ上の2階レベル。在来線ホームも2階です。
南北自由通路及び在来線改札口と跨線橋はもうひとつ上がった3階に、
モノレールは更に一つ上で、新幹線と同レベルの4階に乗り入れます。
在来線が地上ではないのは知りませんでした。
ということでかなり高い位置をモノレールが走ります。
 
 
階段を登り自由通路を見渡してみます。
kita-kyusyu_kokura-7.jpg
この画像の奥の右側がJR在来線の改札口になります。そこから先は岡山駅のような典型的な橋上駅舎の構造。(実際は高架駅なのですが)
モノレールが発車を待っている状態ですが、非日常というか凄く新鮮な画ですね。
ここは駅ビルの中だと思うとつくづく小倉駅の規模の大きさ・結節点としての凄さというものを感じます。
ここで小倉駅駅ビル「小倉ターミナルビル」の概要を簡単にまとめてみると、
この駅ビルは小倉駅として4代目の駅ビルで完成は1998年3月。
地上14階・地下3階建て。
8階以下は商業施設の「アミュプラザ小倉」、それより上は「ステーションホテル小倉」が入居。
広島駅とは異なり在来線(3ホーム分)上空まで奥行きのあるビルとなっています。
北九州都市モノレールの小倉駅は、開業当初は一つ先の「(現)平和通駅」であったが、
駅ビルの建て替えと同時に小倉駅まで延伸開業し、現在の直接突き刺さる形になった経緯があります。
 
 
この自由通路から振り返ってモノレールが伸びる南側を見てみると、
kita-kyusyu_kokura-8.jpg
中心駅からまっすぐ市街地へ向かうモノレールにも感心させられますが、ペデストリアンデッキもかなりのものです。
東西の商業施設と人工地盤で繋がり多くの人が往来していました。
(後に北口のデッキに更に驚かされる訳ですが・・・)
 
 
新幹線でここまで来ましたが、在来線の切符を買ってホームに入ってみます。
kita-kyusyu_kokura-2.jpg
まあ当然なのですが駅ビルの直下はこの通り暗いです。
岡山駅でもそうでしたが、上の人工地盤を支える支柱は大きいものではなく1m四方の柱が何本も並ぶような形が一般的なようです。
広島橋上駅工事でホームに大きな穴が開きましたが、あの大きさの支柱がドンと建てられるわけではないかもしれません。
 
東側に少し離れたところから。
kita-kyusyu_kokura-1.jpg
駅ビルの奥行きがよくわかると思います。
 
 
ここからひと駅の西小倉駅まで行ったのですが、それは後ほど。
先に小倉駅北口の写真を載せておきます。
 
自由通路を進むと北口にも巨大なペデストリアンデッキがあるんですね。
kita-kyusyu_kokura-14.jpg
画像中央の少し右が自由通路の出口。左上を通るのが新幹線です。
 
この先。
kita-kyusyu_kokura-9.jpg
これには驚かされました。幅は広い上に両側に屋根付きの動く歩道まで完備されています。
 
kita-kyusyu_kokura-10.jpg
これが200m以上も北に向かって続いています。彼方先に小倉駅…。
今の広島駅と比べると全く勝負にならないですね。。
一応改良される広島駅北口にも3本ペデストリアンデッキが建設されますが、おそらく動く歩道までは付けないでしょう。
このデッキの下には自家用車駐車場やバスターミナルがあったり、リーガロイヤルホテルに直結していたりするようです。
 
kita-kyusyu_kokura-12.jpg
リーガロイヤルホテル小倉(高さ132m、地上30階建て)
 
この辺りの点は広島橋上駅と近いイメージですね。
 
 
デッキの突き当りにはこのようなちょっとした広場があります。
kita-kyusyu_kokura-13.jpg
奥に工場の煙突が見えます。北九州らしい光景です。
 
ここから右に進むと「西日本総合展示場」と直結します。
kita-kyusyu_kokura-11.jpg
流通センターなどを含む「アジア太平洋インポートマート」とも合わせて、大規模なコンベンション施設になっているようです。
このような施設が駅と直結しているというのは羨ましいですね。
 
ちなみにこの西日本総合展示場の北東の敷地に、
Jリーグ2部ギラヴァンツ北九州の新たな本拠地となるサッカー専用スタジアムの建設が予定されているようです。
16年春の完成を見込んでいるとのこと。収容人数は2万人。
 
 
 
小倉駅とその周辺の様子は以上です。
本当に少しだけですが、小倉駅から道のりにして1キロくらいでしょうか。小倉城の周辺まで足を伸ばしました。
まずは先ほど在来線で移動したと書いた、西小倉駅周辺です。
kita-kyusyu_kokura-3.jpg
小倉から西小倉までは非常に短い区間です。駅を出て東側の小倉駅方面を見た様子です。
左に見える超高層ビルは「小倉D.C.タワーレジデンス」。調べてみると145.7m、地上41階建ての超高層マンションです。
スッキリしたデザインですね。
右側は手前の白いビルが西日本工業大学の小倉キャンパス。奥の黄色っぽいものが「リバーウォーク北九州」という大型商業施設になります。2つが連なって、長さ数百メートルの壁になっている光景は迫力ありました(笑)こんな壁見たことありません(笑)
リバーウォーク北九州内にはショッピングはもちろん、シネコンや芸術劇場なども入居しており巨大な施設です。
 
リバーウォーク北九州の東の端。
kita-kyusyu_kokura-4.jpg
凄い・・・。
広島も真似しろとは言いませんが、こういう遊び心がある建物が広島にも欲しいと思うようになりました。
 
 
リバーウォーク北九州南側に広がる勝山公園にも立ち寄りました。
kita-kyusyu_kokura-16.jpg
小倉城を撮りたかったのですが、後ろの建物のインパクトが…(笑)
お城とマッチしない感じが新鮮でした!
 
 
勝山公園南側から東の方を向くとそびえ立つ「小倉タワー」。
kita-kyusyu_kokura-17.jpg
写りは悪いですが、カッコイイ!100.8m地上28階建ての分譲マンションです。
形といい色使いといいこのデザインは気に入りました。
さり気なく写っている手前の橋の照明の形も独特ですね。歩いていて面白い!
 
 
その橋を渡りまして左へ曲がり小倉駅方面へ戻ります。
ここからも柴川越しにリバーウォーク北九州がよく見えました。
kita-kyusyu_kokura-18.jpg
 
ここから小倉駅までの一帯は商店街や小さなお店が密集していました。
 
 
徒歩で小倉駅まで戻り、用もないのに北九州モノレールに乗車。
kita-kyusyu_kokura-15.jpg
2駅だけ乗ってすぐ戻りました(笑)
ラッピングを施した車両が多かったです。
 
 
 
写真は以上です。
個人的に北九州は大昔にスペースワールドに行ったきりで、小倉駅周辺は初めて訪れました。
言わずと知れた鉄鋼業の街であり道路や交通をはじめインフラ整備は眼を見張るものがありますね。特に北九州都市高速道路など。
なにより小倉駅を中心として繁華街がコンパクトにまとまっているのは住みやすいだろうなと思いました。
地図を見る限りですが、住宅もモノレール沿線を中心に発展をしているなと。
 
広島とも絡めて最後に触れておきたいのはやはり小倉駅、駅の構造です。
最初の方でも書きましたが、この独特なモノレールの乗り入れは駅ビルの建て替えを期に同時進行で実現されたようです。
あんな大開口の構造ですから当然といえば当然でしょうね。
そのおかげで在来線・新幹線・モノレールのそれぞれの改札はすべて3階の自由通路・商業施設レベルに集積するという非常に利便性の高い構造となりました。
広島も同じようにして路面電車が高架構造で駅に乗り入れる検討を行なっています。
橋上駅化工事が進む中、なんとしても駅ビルも建て替えて全てを繋げない手はないです。
しかも広島の場合は路面電車の乗り場まで自由通路と同じになりますから、バリアフリーの観点でも優れたものになり得ます。
広電の新型車両もこれから増備されていくことと思います。
広島駅と紙屋町・八丁堀とをとにかく不便なく短時間でスムーズに繋げること。
これを追求し、駅と中心部が一体となってさらなる発展を期待したいものです。

スポンサードリンク


 

15 comments

  1. 匿名 Reply

    昔下関にいたんで小倉よくいきました。
    やっぱ久々に見ても嫌な気持ちがよみがえりますね。
    ほんとに醜い。
    こんな汚ならしい景色に広島の玄関がなると思うと憂鬱になりますね。
    少しでもましにしてもらいたいものですね。

  2. タミー Reply

    レポートお疲れ様です。
     
    北九州市は、かつての四大工業地帯として、集積された「物づくり日本」の技術が、安川電機やTOTO,ゼンリン等の非常に特徴のある企業が健在しており、日本復活の鍵を握っている街として非常に注目しています。
     
    鉄鋼が下火になって、工業都市から商業にも力を注ぐようになり、その成果も顕著になってきましたね。
     
    小倉駅のユニークな構造は、今色々検討されている広島駅再開発事業にとって、非常に参考となり、正直なところ、申し訳ありませんが、良い点については盗作?いや、改良してその進化したバージョンで広島の表玄関にさせて貰いたいと思っています。
     
    北九州市一帯は、一地方ではなく、国家的規模の非常に地力のある地域なので、再び「物づくり日本」を牽引してくれることを期待しています。

  3. jun Reply

    小倉駅は、直接乗り入れがいかに、周辺を人の流れのない寂しい場所にしてしまうかの
    見本と考えることが大切と思います。
     
    今の広島駅前で路面電車への人の流れがない状態です。

  4. JUN Reply

    広電駅前大橋線だと北九州モノレールよりも幅も奥行きも倍以上必要になるみたいです
    建て替えの前に今のASSEの前方、南口広場に新ビル建設してからASSE建て替えという流れだと思います

  5. カナデ Reply

    小倉駅は何度か降り立ったことがあり、駅舎は立派で広島駅も最終的には似たような形になるのかと思いますが、思いの外周辺は閑散としてるんですよねぇ。名前は忘れましたがペデで直結している駅北東の商業施設はビックリするほど空っぽでした…。

  6. カッツー Reply

    広島駅の場合路面電車なので、南口手前に広げる予定のペデストリアンデッキを東西に行き来する人をいかに邪魔しないで路面電車が広島駅の中に突っ込む構造にするのかが気に
    なります。仮に現在の広島東郵便局が建て替えになってペデストリアンデッキを東西に行き来する人が増えたなら、この問題はより重要になってくると思います。
    ちなみにヒロデンの新しい広島駅ターミナルは、駅中でターミナルの雰囲気をより出すために、3階部分は大きな吹き抜けにして、宇品港のような感じにしてもらいたいです。

  7. あたる Reply

    ぼくは福岡市らへんに住んでるので、八幡黒崎は行っても、門司小倉へはあまり行かないのでよくわかりませんが…。
     
    単純に小倉駅…めっちゃカッコいい…と思います♪
     
    都市高の真下に都市高の高架柱を共用?して走るモノレールとかも…カッコいい…!
     
    街自体もすごくコンパクト。
    都市高モノレールの真下のバイパス走ってたら、ものの20分で田園風景になったり…。
    広島の今後の都市開発の良いお手本になる街だと思います!

  8. 観光客 Reply

    小倉駅と駅前広場は大規模ですがどこか殺風景な印象を受けます。近代的な都市美と開放感という観点では博多駅 :
    http://www.g-mark.org/award/describe/38048
    や札幌駅 :
    http://www.geocities.jp/sawayan_t/sapporo-photo-gallery/station.html
    に大きく劣っていると思います。もし北九州市が福岡市や札幌市と同格の中心都市であったならば、モノレールではなくて地下鉄が建設されてしていたでしょうか?駅前広場を覆う大規模なペデストリアンデッキも、乗換客(通過客)には便利ですが、街の賑わいと景観をスポイルしている様に見えます。広場を覆う『大規模な』ペデストリアンデッキは、大宮駅前、柏駅前、仙台駅前などを訪れたことがありますが、いずれもあまり良い印象を受けませんでした。デッキ上はともかく、デッキ下の薄暗さと閉塞感が…。
     
    広島駅前広場には既に立派な地下広場と通路がありますので、そちらを部分的に地下街化するなどして有効利用する方が賑わいが生まれると思います。デッキを設ける場合でも例えば建物に沿った空中コリドー的な小規模な物にとどめる方が良いと思います。(30年くらい前の広島駅前の歩道橋のあった垢抜けしない光景は再現しない方が良いと思います)
     
    利便性だけではなく賑わいが感じられ、近代的なLRTともマッチするお洒落な駅ビルと駅前広場を見てみたいですね(^^)。個人的には、札幌駅の様な少しネオクラシカルな(ポストモダン建築と言うのでしょうか?)雰囲気の駅ビルと近未来的なLRTの組み合わせを見てみたいです。是非細部にもこだわった秀逸な設計で、しかも広島でしか見られない様な都市景観を期待しています。
     
    それから、駅前からは離れますが、紙屋町交差点の横断歩道はスクランブルでもよいので復活させるべきと思います。かつては交差点周辺は地上の人の流れが多く、私の様な訪問客には『街がとても賑わっているなあ』と感じられとても良い印象がありました。多分地下街に人を誘導するための横断歩道廃止だった?と思われますが、街全体での賑わい感が失われては結局逆効果ではないかと。東京銀座4丁目交差点の地下も大規模な地下街が広がっていますが、地上の横断歩道は残されており通行人が多く賑やかで良い感じです。

  9. 田中 Reply

    更新ご苦労様です。
    とうとう広島駅ビルも建て替えが現実味を帯びてきましたね~
    南口のペディ、広電の乗り入れ、B・Cブロックとの流動性、郵便局
    これらを総合的に考えて設計して頂きたい・・・
    老築化した郵便局も駅ビルと一体化した流動性を考えると大規模な独立したペディ
    よりも建物の廊下を歩くようなものにすれば、わくわくした楽しさが増してコストも抑えられるような気もします。
    キャナルシティーの様に各階に段差を付け、2F部分の建物の廊下を郵便局からCブロックまで円弧を描くような建物はどうかなと・・・

  10. むーばす Reply

    小倉駅は一度行きましたが、確かに未来都市のような雰囲気で、モノレールがビルを貫く
    姿はかっこいいと思いましたが、駅前の伊勢丹は撤退しましたし、駅周辺への回遊性は
    発揮出来ていないようですね。
     
    「アミュプラザ」で思い出しましたが、現在、22階建ての大分駅ビルを建設中で、
    ちょうど新広島駅ビルもこうあったらいいな的な要素を兼ね備えた、かなり大規模な
    ものを作るようですね。
     
    JR九州は駅ビル事業に積極的で、施設内容もかなり充実しているようなので、ひとつ広島
    のヒントになるのではと思います。
     
    カッツーさんの言われるように、モノレールと違い広島は路面電車なので、ユニバーサル
    な反面、人の導線とかぶりますから、果たしてそれをどう解決するのか、興味があります。

  11. hiroshima city Reply

    JR九州はこのほど、現大分駅跡地を利用した複合商業ビルの概要を発表した。2012年4月より現大分駅の撤去工事に着手し、2015年春に新駅ビルが開業する。
     
    大分県を代表する駅であり、日豊本線に久大本線と豊肥本線が合流するターミナルでもある大分駅では、現在、高架化工事が進められている。2012年春頃に高架化開業し、北口は「府内中央口」に、南口は「上野の森口」に名称変更される。
     
    これに合わせて駅ビルも改築されることに。現大分駅の撤去工事が行われた後、2013年春より駅ビル工事に着手し、2015年春の開業を予定している。
     
    新駅ビルは、「アミュプラザ小倉」「アミュプラザ長崎」「アミュプラザ鹿児島」「アミュプラザ博多」のような複合商業施設として開発され、店舗面積は「アミュプラザ鹿児島」(約3万1,400平方メートル)とほぼ同じ約3万1,000平方メートルになる予定だ。
     
    ビル内には多彩な専門店やレストラン街、シネマコンプレックスなどが導入されるほか、「大分のランドマーク」となるべく、シンボリックなタワーも設置。タワー部の地上9~19階はホテルとして、地上20~22階と屋上階は温浴施設として使用される。JR九州によれば、「タワー最上階には大分の街並みが一望でき、開放感あふれる露天風呂を設置し、大分の魅力を発信します」とのこと。
     
    広島駅も小倉駅みたいになってほしいですね~理想ですよ そしてこの大分新駅ビルも理想ですかね~とりあえずシネマコンプレックスはほしいですね。

  12. ロマン Reply

    大分駅ビルって随分と高いんですね。
     
    岡山県のJR倉敷駅は、昭和50年代に立派な白壁風の駅ビルに変貌したは良いが、今年から取り壊しに入り、駅機能のみを残すそうですが、もったいないな、と思います。こんなことって他にあるんでしょうか・・・(汗)。
     
    (広島に関係なくて失礼しました・・・)

  13. 鯉党α Reply

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    駅や高架の施設そのものは立派で素晴らしいですが、ご指摘の通り確かにペデストリアンデッキが充実し過ぎているせいでデッキ下が暗かったり、上から見ても景観が詰まりすぎで殺風景になるというのも事実ですね。
    結節点としてまとまり過ぎても波及効果が薄くなってしまうのは難しいところです。駅ビルやホーム上の商業施設は間違いなく賑わうとおもいますが。
    景観の面を考えても、(私が以前主張していた)Bブロックへのデッキは必要ないかもしれません。
    Cや将来の建て替えのための東郵便局への通路は設けるべきだと思います。どちらかと言うと駅ビルの中に。
     
    いいところはもちろん参考にして広電の乗り入れとも検討していただきたいですね。
    広島港のような雰囲気はいいですよね。これぞ結節ターミナルという感じで。
     
     
    >観光客さん
    札幌駅は駅ビルからJRタワーから大丸まで統一して近代を思わせるデザインでいいですよね。
    開放感も感じられました。是非とも見習って貰いたいところですね。
    紙屋町交差点ですが、むしろ横断歩道が電車・自動車の混雑を招くというのが主な理由で地下街が建設されました。
    ですので復活の可能性は残念ながら極めて低いと思われます。周辺の地上の人通りは確かに減ってしまいましたが…。
    私は本通電停のある本通交差点を見て、賑わってるなと感じます!休日は特に、中四国の中心だと実感できる程ではないかと思います。
     
     
    >むーばすさん、hiroshima cityさん、ロマンさん
    大分駅でも駅ビルの建て替えですか!他のJR九州の駅ビルと同じように一つの大きな商業施設となるようですね。
    シネコンも入るのは羨ましい限りです。
    広島もいい意味で真似できるところは参考にしていただきたいですね。

  14. おもっち Reply

    北九州市には何度か行ってますが、すべて門司駅とその周囲だけだから、小倉駅もリバーウォーク北九州も通過しています。北九州市には今秋また行きます。今回は中心部だからリバーウォーク北九州のTjoy北九州や北九州芸術劇場を見てきます。ショッピングモール内にシネコンと文化芸術ホールが併存してるのは羨ましいです。リバーウォーク大分は一度行ってます。ここにもシネコンのTjoyリバーウォーク大分が入居しています。今度の大分駅再開発で新しいシネコンが入居するのはどこなんでしょうね?大分には“大分いいちこグランシアターがあります。新しい県立文化ホールもできるそうです。

  15. 藤本健一 Reply

    私の元々の地元が小倉だった関係で、よく知ってます。
    リバーウォークはその昔、玉屋とダイエーがありました。その前を通る勝山通りは大門から門司まで一方通行でした。
    それに、旦過市場の前の通りも、昔は一方通行で、よく覚えてます。
     
    最近、小倉に仕事で行ったばかりなんで、次は今月の12日あたりに仕事で行きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。