PASPY110万枚発行!全国相互利用は「将来導入」へ

mypaspy.jpg

2008年に県内で利用が始まった交通ICカード「PASPY」の発行枚数が2012年末で110万枚を超えたそうです。
 
【中国新聞】:パスピー発行110万枚突破 (以下転載)

 バスや路面電車の運賃を支払うICカード「PASPY(パスピー)」の発行枚数が昨年末で110万枚を超えた。広島電鉄(広島市中区)など9社でつくる運営協議会は、病院の診察券や学生証と一体化するなど、カードの使い道を広げる。
 
 協議会によると、2008年1月の導入から昨年12月末までのパスピーの発行枚数は111万2109枚。1年間で20万1989枚増えた。
 
 昨年の月間平均利用件数は、過去最多の860万9679件。前年より52万8904件多く、月間利用料も前年比6%増の15億3933万円だった。4月に広電が呉市交通局のバス事業を引き継ぎ、利用が広がった。
 
 協議会は昨年10月、地域の企業でつくるICカードの活用を考える「ひろしま地域カード連携コンソーシアム」に加盟した。コンソーシアムを通じてICカードの活用に前向きな病院や大学、企業に、診察券や学生証、社員証との一体化を提案する。
 
 協議会の倉本勇治会長は「パスピーの使い道が広がれば、公共交通の利用が増える。積極的に二次利用やエリア拡大を検討する」と強調する。
 
 運賃支払い以外の活用は、J1サンフレッチェ広島の年間パスや、銀行のキャッシュカードとの一体化などの例がある。ただ、導入側にも専用のシステムを設置する必要がある。
 
 3月から全国の主な私鉄が始めるJRとのカードの相互利用は、採算が合わないため今回は見送ったが「将来は導入したい」としている。

広島県の人口はおよそ284万人なので、単純計算ですが県民の3人に一人以上は持っている割合になりますね。
広島市に限定すればもう少し多いかもしれません。
利用のたびに運賃が1割引きになるというお得さもあり、広電などに乗ればほとんどの人が使っている印象ですね。
 
 
さて気になる全国交通系ICカードの相互利用については最後の行にこのように書いてありますね。
>採算が合わないため今回は見送ったが「将来は導入したい」
とのことで、全国相互利用への意欲はあるようで少し安心しました。
昨年末の記事で相互利用に関することを書きましたが、“暗号方式が違うため完全な相互利用はできない”といったコメントをいただきました。(返信が出来ていなくてすみません。)
仮に導入できたとしても「ICOCAやSuica・PASMO等でPASPYエリアの利用」はできても、「PASPYを使ってJRや首都圏の地下鉄に乗る」ということはできない(可能性がある)、と言うことは頭においておきたいです。
 
いずれにしろ導入するにはシステムの更新などかなりの費用がかかるものと思われます。
それでも導入するためにはやはり学生証や社員証に組み込むなどして、広島での強固な地盤を作ることが必要ですね。
無理やり外の取り決めに合わせても、採算が合わずに収益が減ってしまえば本当に意味が無いです。
先ほどリンクを貼ったところの記事のコメント(むーばすさん)で、
香川県では市役所の職員証、学生証、商店街での利用などが既に図られているようです。
広島は少し出遅れてしまっていますが、今後は是非この話に進展があるよう願いたいですね。

スポンサードリンク


 

7 comments

  1. MHMAS Reply

    大学での学生証と合わせるのなら、広島修道大学なんかは学生証が非接触のICカードですし、統合するのにちょうどいいかもしれないですね~
    修大卒は、広島市周辺の中小企業社長や大手企業の中堅どころに多く居ますし、こういう時に積極的に参加して欲しいですね~

  2. むーばす Reply

    ICカード乗車券「イルカ」と香川大学の学生証との合体は、国立大学では当時、
    初めての試みだったそうです。髙松には他にめぼしい大学がないので、その先は
    進んでいませんが、市役所の他に現在では県庁で生協や食堂で使えます。
     
    また昨年より地元の百十四銀行とのコラボによりキャッシュカード・クレジットカード
    機能一体型の「サリュカ」が誕生し、かなりテレビCMなどでもPRしているため、人気だ
    そうです。
    http://www.114bank.co.jp/personal/search/salutca.html
     
    以前はJR四国はじめ、伊予鉄道や土佐電鉄との共通ICカードの導入も検討されたことが
    ありますが、当地では一番ICカード乗車券の導入が遅れているのがJR四国のため、いまだ
    実現はしておりません。JR四国はようやく髙松駅や坂出駅で「ICOCA」が使えるように
    なったのみです。

  3. syunji Reply

    おのみちバスや面白い所で瀬野のスカイレール、
    完全に広島都市圏寄りの岩国市交通局、県内高速バスなどへの導入が希望ですね。

  4. JUN Reply

    そごう広島店の今後の建て替え、検討についての質問の返答がきました。
     
    ○○ ◎◎ 様
     
    平素は格別のお引き立てを賜りまして、誠にありがとうございます。
     
    お問い合わせいただきました件につきまして、回答させていただき ます。
     
    当建物は、3階にバスセンター機能が入る西日本一の スケール感を誇る建物として、1974年10月にオープンし、以 来39年経過しようとしております。
     
    一方の特徴である、鯉のうろこをモチーフにした広島色の濃いデザ インは、地域のみなさまにも広く浸透しており、都心のランドマー クとして認識しております。
     
    従いまして、現時点では建物の建て替えをする予定はなく、更に維持向上を図ってまいる方向でございます。
     
    具体例では、建物躯体の耐震補強、外壁面、東南面シンボルタワーの改修を行っており、設備ではお客さまエレベーター の改修等、 安全安心面、利便性向上の継続的改善を図っております。
     
    今期は、バリアフリー環境の改善を目的としたバリア フリートイレ 増設を計画しております。
     
    今後、旧市民球場跡地問題をはじめ、まちづくりも動 きはじめてい ますが、私どもは「すべてお客様が快適で楽しんでいただける施設 環境づくり」に向けて、弛まぬ努力を重ねてまいる所存でございます。
     
    今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。
     
    そごう広島店総務部 施設管理担当 田村 和夫
    ------------------------ ------ 株式会社 そごう・西武

  5. のーてんき Reply

    この手のICカードって紛失さえしなければ、半永久的に使えるはずなのに、
    110万枚も発行されているんですね。
    個人的にはちょっと意外に感じました。広島県民ってそんなに公共機関を使うのでしょうか?
    まあ、サンフレPASPYや、ひろぎんPASPYもあるから、
    ほとんど使っていないけど持っているって人もいるんでしょうね。
     
    この前、出張で松江市に行ったときにバスに乗りましたが、
    意外とバスカードを利用している人が多いと感じました。
    (一時期、広島のバスカードが松江で使えるという噂もありましたが)
     
    広島県、島根県、山口県はなにかと交流が多い県ですので、
    松江市交通局、石見交通、一畑電鉄&バス、岩国市交通局、防長交通、錦川鉄道あたりも
    PASPYが使えるといいと思いますが、
    設置費や維持費の問題、割引率の設定やらで
    地方交通機関同士で調整することは現状では難しいんでしょうね。

  6. 清盛くん Reply

    広島電鉄は、運賃収受のICカード化推進とあわせ、
    「信用乗車制度」
    ~ワンマン運行列車では、IC乗車券を持っている乗客は、
    どの乗降口からでも乗り降りできる。
    手持ちのICカードを乗り降りの都度、
    車内のドア付近に設置した精算機にタッチする~
    の導入を目指しているようですが、
    現実にはまだまだ、検証期間が不足しているらしく、
    本格実施時期がいつになるのかは、不透明のようです。
    このICカードの機能を活用した、
    広電が検討中のものと同じ方法の「信用乗車制度」は、
    JR西日本で、
    列車のワンマン化や駅員無配置化が行き着くところまでいった、
    輸送密度1000人~4000人程度の路線や区間、
    広島県内なら、呉線の広~竹原~三原間、
    芸備線の広島~三次間、福塩線の福山~府中間で、
    導入が考えられでもおかしくないのですが、
    普通鉄道での信用乗車制度の実施には、
    広電以上に高いハードルが待ち受けているんでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。