広島市、南道路出口の海島博跡地を売却へ

本日はこちらの記事も更新しています。
マツダスタジアム周辺集客施設 Vol.6 外観は完成。オープン間近!


広島市はかつて「海と島の博覧会・ひろしま(1989)」の会場となった西区扇2丁目の市有地を民間へ売却することを明らかにしました。
予定価格は33億9000万円とし、売却益はJR広島駅南口の再開発に充てる方針です。
【中国新聞】:海島博跡地を売却へ 広島 (以下転載)

 広島市は、西区扇2丁目にある市有地5・5ヘクタールを一般競争入札で民間に売り出す。1989年7~10月に開かれた「海と島の博覧会・ひろしま(海島博)」のメーン会場の跡地の一部で、予定価格は33億9千万円。売却益はJR広島駅南口(南区)の再開発などの事業費に充てる方針でいる。
 
 商工センターや市中央卸売市場に近い売却地は現在、市が多目的広場として管理する。東半分はサッカーグラウンドで地元住民たちが利用しており、残りは遊休地。北側を走る市道に接続する形で、2013年度開通の広島南道路の出入り口ができる予定だ。
 
 売却地は11年度まで、市の下水処理施設「西部水資源再生センター」の用地だった。1970年代に市が一帯を埋め立てた西部開発事業の一環で、31・8ヘクタールをセンター用地に割り当てた。一部は海島博のメーン会場として利用。その後はセンターを拡張する一方、未利用地をサーカスなどイベントの会場として貸し出してきた。
 
 下水の処理技術が進んで施設のコンパクト化が可能となり、11年度にセンター用地を26・3ヘクタールに縮小。残る5・5ヘクタールは行政の利用希望がなかったため、民間への売却を決めた。

中国新聞のサイトにもありますが、場所は商工センターの東の起点となる西区扇の埋立地。

より大きな地図で 広島市が売却する5.5haの市有地 を表示
 
敷地のすぐ北側には、つい先日現地レポを紹介した広島南道路の西部出口が面しています。
広島高速3号線(広島南道路) 西部地区 2013.03
 
車がメーンにはなりますが東からも西からもアクセスがしやすい場所になります。
こういうところにコストコが出店してくれればピッタリだったのですが。。(笑)
しかしもう一つぴったりお似合いなお店があります。
コメントでも皆様方おっしゃっていました。
スウェーデン発祥の家具販売店IKEAです。
先ほども書きましたが来年度の開通を予定する広島南道路で、マイカーでは東西どちらも利便性の高い場所となります。
草津沼田道路の出口も近いので西風新都方面からのアクセスも容易です。
商工センターという土地柄を見ても倉庫型の店舗はよく似合いますし、わたくし個人的にも是非来ていただきたいですね。
 
イケア・ジャパンは過去の報道で”平成32年までに国内13店舗に拡大する”と明かしていました。
現在営業している国内のイケアは仙台のミニ店舗も合わせて7店舗。
今後オープンする予定の立川(2014年)と愛知県の長久手(2015年)も合わせると9店舗となります。
残る4店舗がどこになるのか、ということですね。
仙台以北にはまだない様なので札幌あたりにはできそうです。
 
しかし我々広島の人にとって厳しいニュースもあります。
これも過去の報道でソースを示すことはできないのですが、(検索すれば個人blog等出てきます)
昨年4月にオープンしたIKEA福岡新宮店。
見込まれる集客圏が「九州全域と広島県以西」とされていたことです。
確かに車で2時間ちょっとくらいでしょうか。十分な商圏となるのかもしれませんね。
…ですが、1年前の報道ですし今後方針が変わる可能性ももちろんあります。
 
この海島博跡地に限らずとも、西飛行場跡地も含めて、将来のの出店に期待をしておきたいです。
売却先がどこになるのか、続報を待ちたいですね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 返信

    愛知にも出店なので、残りは広島と札幌ぐらいでしょう大きな商圏は。
    あと京都とか?
    IKEA自身にも、広島市民から出店要望はかなりきていると言ってたので、間違いなくいつかはくると思いますよ

  2. hiroshima city 返信

    IDC大塚家具でもいいですけどね
    まあとにかく空いた土地には何か商業施設がほしいです

  3. _ 返信

    二葉の里の再開発、国有地の売却先は6月に決まるようですね
    住宅用地を想定とのことです
    どこが入札するのか楽しみです

  4. タミー 返信

    市所有の土地を民間に売却し、その売却益を、再開発の資金にあてるとなると、再開発が両方で進み加速しますね。
     
    先月末で広電のマダムジョイが三井ららぽーとアルパークから撤退した後に長崎屋のスパークが新たに出店するそうですね。
    それに伴い、天満屋も1F食品売り場を改装するとのことです。
     
    やっぱり、広電は、売却した石内のイオンの土地の件もあり、イオン・三菱商事寄りということでしょうか?
     
    天満屋は岡山表町本店の隣のイズミ所有のビルで各地でイオンと激しく競合しているイズミと共同でロフトのフランチャイズのロッツを経営しており、今回の百貨店の増床や駐車場の充実などにより岡山駅前の林原跡地に進出するイオンに対抗の構えです。倉敷では三井アウトレットとアリオ(イトーヨーカ堂)が同居しており、天満屋も駅前の三越撤退跡に移転してイオンモール倉敷に対抗しています。
    最近の三菱・イオン・ローソンVS三井・イトーヨーカ堂・セブンイレブンの構図に天満屋とイズミが三井寄り、広電が三菱寄りのイメージがあります。
     
    今回の動きを見ていると、心情的にはアルパークを応援したい気がします。

  5. タミー 返信

    広電のマダムジョイが撤退した後すぐに長崎屋のスパークが入るとは、広島の流通業の層の厚みを実感しますね。
    同じ商工センター内には、ヤマニシ(イズミ)やアスティ(フジ)といった大手スパーの起源であるアパレル卸売企業も的場から移転しており、この2社はまさに勝ち組だなと実感します。
    地図を見て気付いたのですが、イズミの山西会長のコレクションを泉美術館として一般公開しているんですね。
     
    中心部が店舗の出入りで活性化している様子なので、郊外でも活性化されることに期待します。
     
    商工センター内には、オタフクソース、あじかん、島屋、大田鋼管など食品、鋼材他多数の地場企業の本社、工場があり就業人口も多いので(もちろん地場企業だけではないですが)、今回市が売り出す土地についても商業施設を含めて色々考えられると思います。

  6. やまちゃん 返信

    中国新聞に書いてあったのですが、ゆめタウンが出店するそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。