JR西、広島へ車両”新製”を公式に!中期経営計画で

201303hiroshima223.jpg
(広島支社で試運転を行なう223系)

ご存じの方も既に多いかもしれませんが、
JR西日本は2017年度までの中期経営計画をまとめ公表しました。
この中で広島都市圏への新保安システム導入と車両の新製がついに明記されました!
JR西日本】:JR西日本グループ中期経営計画2017
この中のPDF13スライド目(左下ページ数では12ページ)、西日本各エリアの事業計画に記載されています。
JR西日本グループ中期経営計画2017(PDF形式 17.8メガバイト)
 
ページの下部に書いてある、2017年度までの主な投資先をここにまとめてみますと、
新保安システム
車両更新(広島地区
新駅(白島)
可部線延伸
広島駅開発
広島鉄道病院新築移転
■新たな豪華列車
■駅改良・店舗開発(下関、新山口、徳山)
■岡山エリアCTC化
 
このように広島地区へのものが多数あり、
まさにようやく広島にも投資の順番が回ってくるんだということを感じますね。(白島や可部線は行政のタイミングがたまたまかぶったとも言えますが)
 
「広島駅開発」が明記されたのも一安心ですね。
同じ資料の11ページ、新幹線の事業戦略にも「駅設備リニューアル(広島)」と書いてあります。
一連の橋上駅新築工事の一環でしょうね。
「広島駅」というスポットにわざわざ来たいと思われるような様変わりを期待したいです。
この間には広電駅前大橋線の広島駅乗り入れの議論にも決着が付き、駅ビルの建て替えも現実のものとなっていてほしいです。
鉄道病院に関してはまた別の記事で書きます。
 
さて待望の新型車に話を戻しまして、
今回公式に「新保安システムと新製車両導入」が発表されました。
新安保システムというのは五日市駅等で試験を行なっている「ATS-M」というものですね。(詳しくは分かりません(笑))
車両についても「新製」と書かれているので、関西で走っていたものがこちらに流れてくるのではなく広島向けにJR車両を製造する事になりそうです。
2017年度までの中期経営計画なので、どんなに遅くてもそれまでには広島で営業運転する姿がみられそうです。
簡単には信じられませんが(笑)、これは本当にありがたいことですね。
2度目になりますが、“やっと広島の順番が回ってきた”!
今後広島駅開発も含めて非常に楽しみにしたいです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

27 件のコメント

  1. カナデ 返信

    ついにこの日が来ましたね!夢にまで見た新型車両の“新製”投入が明記されて感無量です。
    さっそく祝杯をあげました(笑)
    仰る通り、広島に価値を見出しての投資ではなくて単に国鉄型の老朽化と部品確保の都合による「順番」の投資でしょうが、それでも故障続きの国鉄型ばかりの現状からは脱却できるので、広島に活力を取り戻す良いきっかけにはなると思います。
    JR広島駅一帯の活性化を期に、市と県の対立で失われてしまった10年余りの後れを少しでも取り戻してくれることを願います。

  2. ナボ 返信

    JRの発表を見ました。やっと車両を更新してくれるので素直に嬉しいですよ。あとはどのくらい更新してくれるのでしょうかねー、気になるところです。通勤で利用している可部線の車両も更新してほしいです。冬はともかく夏に扇風機が壊れた車両に乗りたくないし。あの暑さはもう勘弁です。あとは広島駅の改良工事。完成が待ち遠しいです。

  3. 小五郎 返信

    ほらねほらね鯉党さんカナデさん!!←テンパってますww
    西も甘く見ては行けないですよッフォフォフォフォフォフォフォオフォッフォオッフォオ!!!!!←文字で喜びを表せないw
    僕が問い合わせた通りになるとは夢にも思ってませんでしたったタタタタツァッタtsタッタツァs!!
    すいません。良い年してふざけてしまいました。
    いや、本当に感無量です!!実は泣いてます!!
    あと鯉党さんその画像撮影したのコンデジじゃないですか?金曜日じゃないですか??
    鯉党さんを見てしまったかもです^^

  4. きゆう 返信

    更新お疲れ様です。
     
    新車両の導入は以前から色々と言われてきていましたが、
    広島地区への車両“新製"という点に自分も一安心です(^o^)
     
    後は、広島駅開発と併せて発表されている三ノ宮駅建て替え
    との兼ね合いがどうなるかですね・・・
     
    相変わらず計画の延期、凍結などが心配ではありますが、
    JR側が遂に明文化したことは大きな一歩であることは間違いないでしょう。
     
    あと、どうでもいいことですけど、ATSは『保安システム』ですよー。
    安保システムだと日米安全保障のイメージがしちゃうのは・・・自分だけですかね?(^_^;)

  5. Mr.鉄ヲ 返信

    ようやくですね。
    ここ最近JRはダイヤがよく乱れますね。
    特に車両故障による遅延、運休は許しがたいです。
    新型車両の導入でダイヤの定時制確保、可能であれば所要時間の短縮も図ってほしいです。
    真のJR西日本になるのが待ち遠しいです。

  6. syunji 返信

    やっべ、中国新聞のニュース見てからテンションマックスです。
    呉線や可部線、白市以東には乗り入れないんですかね。

  7. 小五郎 返信

    カナデさん>>
    早速記事読ませて頂きました。『同支社管内に新型車両が入るのは約30年ぶり。』ってwwww本当に放置されてたんですねw
    『現在走っている115系車両と順次、入れ替える。』とありますが113はどうするのでしょうかね?出来れば末期色から餌食にしてもらいたいものです。

  8. 清盛くん 返信

    私の私見ですが、JR西日本が、今日に至るまで、
    広島支社の山陽、呉、可部線において、
    JR形車両の導入を、転用さえ凍結し、
    国鉄型車両ばかりを使用してきたのは、
    不採算ローカル線を多く抱えて経営環境の厳しさが言われ続けてきたのに加えて、
    広島空港のアクセス鉄道の建設の方向性が、
    長きにわたって定まらず、それゆえに、
    将来の空港新線開業後の、
    山陽線列車ダイヤや運行体系などが描けない状況での、
    国鉄型車両の取り替えが困難な状況が続いてきた事が、
    最大の要因だったと思います。
     
    このたび導入するであろう新型車両は、
    さしあたり、まず、
    広島県内の山陽線(糸崎~広島~岩国間)、
    呉線、可部線の列車に集中導入する事になるのではと思います。

  9. 鯉党α 返信

    >カナデさん
    乾杯!
    広島だけ国鉄時代だった状態から脱皮できますね(*^_^*)
    おっしゃるとおり、この新型投入が街の活気が戻るきっかけとなって欲しいです。
     
     
    >ナボさん
    本当に嬉しいですが、更新のペースは気になりますね。
    いっぺんにというのはもちろん難しいでしょうが、おっしゃるような問題を抱えた車両が多いでしょうからよく検討してほしいですね。
     
     
    >小五郎さん
    テンション上がりますね!
    お問い合わせの件は本当にお見事でした。
    撮影したのは先週4日の月曜日ですね。。ソニーのミラーレスの一眼使ってます。
    このカメラ使っててメガネかけてる人がいたら是非声をかけてください(笑)
    ページ番号は一応PDFファイルでのページ数のつもりだったんですが、誤解を生む可能性もありますね。訂正しておきます。
     
     
    >きゆうさん
    お古が何処かから下がってくるのとは違いますからね(*^_^*)
    関西では三ノ宮や天王寺で駅の再開発をするようですが広島がこの流れで同時に行われるのはありがたいですね。
    あ!保安システムでしたね…お恥ずかしい。。
    私もそのイメージでした(笑)訂正しておきます。
     
     
    >Mr.鉄ヲさん
    車両故障で遅れるのはイラッとしますね。私もよく分かります。
    営業の最高速は少しは早くなるのでしょうかね。宮島への観光でも重宝されますから時短も図られれば良いですね。
     
     
    >カナデさん(7)、syunjiさん、小五郎さん、清盛くんさん
    情報ありがとうございます!中国新聞から来るとは思いませんでした(笑)
    14年度ということは2015年3月の改正で、ということに何でしょうかね。
    ある程度編成数が揃うまでは糸崎-岩国以外での運用はないのかもしれませんね。呉線可部線などでも新車が早く見られるようになるといいのですが…。

  10. TasCen 返信

    ほんとに良かったですね!
    念願叶って本当に嬉しい
     
    それと記事内にある、「さらに豪華な車両…」ぜひとも広島⇆宮島シャトルなども設定してくれれば…そこまでは流石に無いですよね。
    でもそれくらい、広島人に希望を与えてくれる 一大ニュースでした。
    これからも動向を見守って行きたいと思います!

  11. りゅうのすけ 返信

    キハ120以来の新型車両がついに広島にやって来る!
    でも、30年ぶりと言うと、キハ120はカウントしてないのか。
     
    製造から半世紀経てる車輌すら現役・・・(今年度中には廃車のようですが)
    JR西日本の貧乏性と言うべきか、怨念のようなものを感じなくもないですね(苦笑)
    あとはどれだけのペースで更新していくのか。
    体質改善車なんかはまだまだ走りそうな悪い予感が・・・

  12. カッツー 返信

    こんにちは。
    新型車両が運行する区間を見て思ったのですが、白市-岩国というのは、jr西が将来広島駅から広島空港までアクセス鉄道として新型の電車を導入するということに決めたのではないでしょうか?
    岩国にも空港がありますし、羽田ー成田のように国内と国際空港(岩国と広島空港)の間で移動がスムーズに行くようになるのも夢じゃないかもしれませんね!

  13. 鐘梨 返信

    >14 カッツーさんへ
    JRによるアクセス鉄道は難しいでしょう。
    広島空港は羽田線が主力であり東京行き新幹線と競合します。
    仮に補償も無しにJR経営陣がアクセス鉄道を了承しても、
    先のドル箱競合を理由にJR経営陣は株主等に対する背任に該当するとして民事だけでなく刑事でも訴えられるでしょうね。
    一応、JR西日本は営利を求める株式会社ですから……
    仙台のソレは、JR東日本と仙台空港の路線が全面的に競合しないからこそ実現したわけで。
     
    広島空港は羽田ほど就航便数が多いわけではないので、仮に岩国と連携をとるにしても、
    羽田・成田の様に国内・国外による棲み分けを行なってもメリットを見込めません。
    寧ろ、中四国地方の人口分布を考えれば広島空港へ国内外全ての路線を対象に一点集中で投資をすることで、
    それこそ近隣の岡山・米子・出雲・岩国の空港から客を奪って潰す勢いで集中投資をした方がメリットがあるように思えます。

  14. りゅうのすけ 返信

    カッツーさん
    白市~岩国は広島シティネットワークの両端ですから、この区間での新型運行は自然な流れだと思います。
    新幹線を持っているJR西日本が空港への配慮を考える事はないと思います。

  15. 匿名 返信

    JR西日本が来年度を目処に広島地区に新型車を投入するということで私個人としても楽しみです。この場を借りて私個人の考えを述べてみたいのですが。これからはJR西もJR九州を参考にして経済性ばかりを求めた車両ではなく。抽象的ではありますがあの地域にいけばあの車両がみれるといった、外見は勿論の事ですが車内も豊かな空間を持った車両にしていくべきではないのでしょうか。
    かのJR九州の車両をデザインを手掛けた水戸岡鋭治さんがこう言ってました。旅はなにも新幹線や特急列車だけではない普段利用している通勤電車も立派な旅なんだと。
    長くなりましたすみません。

  16. むーばす 返信

    みなさん、新製電車の登場ニュースにかなりの盛り上がりを見せているようですね。
    確かに日本全国見渡しても国鉄時代の車両が幅を利かせている都市エリアは広島くらい
    でしたから、歓びもひとしおであることは良くわかります。
     
    しかしながら、現実を見てみると山陽本線以外は単線ローカルがつながるだけという
    貧弱なネットワークをなんとかしてもらいたいものです。
    特に芸備線は電化もままならず、都市型路線とは言いづらい状況です。
    せめて山陰方面への特急列車が走っていればまだ体裁はいいのですが。
     
    可部線も延伸は認められましたが、距離は短くいわば盲腸線です。
    呉線は三原までつながっていますが、スピード感が足りません。
    電車のみならず路線網もグレードアップする処方箋が何とかなりませんかね。
    常々時刻表を見ると思ってしまいます。ひとりごとですいません。

  17. どくしゃ 返信

    「成長が見込める広島地区」
    「今後実施する広島地区の車両の大規模な老朽取り替え」
    JR西日本からこんな言葉が出る日が来るとは…。本当に感慨深いですね。
    これからのJR西日本の変革に期待したいです。

  18. カナデ 返信

    むーばすさん
    いえいえ、お気持ちはよくわかります。
    在来特急が欲しいところではありますが、陰陽連絡に関しては行政はバスでの連絡に満足しきっているようなので鉄道は残念ながらやる気0です。(まして今は尾道松江道に注力していますし)
    せめてエリア内の第二幹線である呉線の改良には手を付けてもらいたいですね。総事業費は200億円程度で、9割以上の区間で複線化用地は確保できているので、あとはやる気と予算さえあればいつでも着手できる状態です。海田市の高架化をやりたくないなら、せめて複線化ぐらいやってもらいたいものです。
    実現した暁には、宮島口~呉で観光特急「清盛」なんかを運行してもらえればなぁとか考えてます。

  19. むーばす 返信

    >カナデさん
     
    私の気持ちを受け止めていただける方がいらしてとても幸せです。
    ありがとうございました。やはり在来線のホームに停まっている
    特急車両がその駅の格を上げ、華やかさを演出してくれます。
    宮島口〜呉間の観光特急「清盛」という発想はとても面白く
    ワクワクすること請け合いです。
     
    山陽本線の寝台特急がなくなり、芸備線の急行もなくなり、広島駅
    にいわゆる優等列車が発着する光景がなくなっているのはなんとも
    さびしい限りです。それに替わる快速列車のみが都市間輸送の担い手。
     
    当地の髙松駅は赤字を抱えるJR四国の本拠地ながら、予讃・土讃線
    の他に、未電化の高徳線の特急列車が発着する上、サンライズ瀬戸
    という電車寝台特急が東京との間を結んでおり、地方の中核駅として
    は、とても恵まれた華やかな駅なんだということを改めて感じます。
    また県内の予讃・土讃線でも、快速サンポート号や対岸の岡山とを結ぶ
    快速マリンライナーが毎時、複数本数発着しており、一編成の車両連結数は
    特急・快速とも少ないながらも、立派に都市間及び近郊輸送を担っています。
     
    ぜひ車両の新製に合わせた広島シティネットワークの更なる飛躍に期待を
    したいと思います。JR西日本さん、くれぐれもよろしくお願いします。
    輸送としての役割も果たしており、

  20. 鯉党α 返信

    >皆様へ
    多くのコメントありがとうございます。
    やはり喜びの声は多いですね(^O^)
    路線の方はJRだけでできる問題ではないだけに、ハードルは高いですが空港鉄道、呉線複線化など検討は続けていただきたいですね。
     
    >17さん
    私もまったくそう思います!
    新型車ということでもちろんそれはそれで嬉しいのですが、
    例えば同じ225系でも少し顔のデザインを変えるとか、個性のあるものだと愛着も湧くと思うのですけどね。

  21. 名無しさん@ニュース2ちゃん 返信

    近畿地方の221系を魔改造して広島転入といった結果にならなくて
    良かったですね。
     
    老朽化隠しの真っ黄色車両ともようやくオサラバできるのか。
     
    それに合わせて、今よりも減便がワンセットというのもあるかもしれ
    ないですが。

  22. atsuharu 返信

    ここ最近のJR西日本は暗い話題ばかりでしたからね。
    久々に明るい話題が出てきてよかったと思います。

  23. 匿名 返信

    広島に新車両が投入されても廃車の為に送られてくる下関地区の現状は改善されないのでしょうね。JR九州の415系も小倉折り返して延命している状況。下関駅は改良されど新車にお目にかかるのは無理かな。

  24. 広ヒロ 返信

    >広島に新車両が投入されても廃車の為に送られてくる下関地区の現状は改善されないのでしょうね。JR九州の415系も小倉折り返して延命している状況。下関駅は改良されど新車にお目にかかるのは無理かな。
     
    利用客が増えることが見込まれる広島地区に新車両を投入するのは
    当然のことでしょうね。
     
    下関~新山口間は、乗客減少傾向ですし、、減便されないのが不思議です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。