球場跡地、「緑地広場」+「文化・芸術」組み合わせの方針

広島市は旧広島市民球場の活用策について、これまで議論されてきた内容を踏まえ
「緑地広場」と「文化・芸術機能」を組み合わせた活用策をまとめる方針であることが分かりました。
なお、今後進むサッカースタジアム建設議論の中で、建設候補地として選ばれれば再考することも辞さないとのこと。
【中国新聞】:サッカー施設の再考余地残す (以下転載)

 旧広島市民球場跡地(中区)の活用について、市が外部有識者たちによる跡地委員会の最終報告に盛り込まれた三つの機能案のうち、「緑地広場」「文化芸術」の二つを組み合わせた活用策をまとめる方針を固めたことが17日、分かった。サッカースタジアムを柱にした「スポーツ複合型」は今回の活用策から外す。松井一実市長が今月下旬の方針公表に向け最終調整している。
 
 一方、市中心部へのサッカー専用スタジアム建設を求める署名が37万人集まったことを受け、市や広島県、広島商工会議所は官民の協議会で建設に向けた議論を4月以降に始める予定でいる。その中で建設候補地に球場跡地が挙がれば、市は再考を拒まない姿勢だ。
 
 広島都心の好立地にある球場跡地は7ヘクタール。2012年2月に解体を終えた。松井市長は11年4月の就任当初から活用方針を「若者中心のにぎわいの場」としてきた。活用策への市民の関心は高い。
 
 「緑地広場」「文化芸術」を組み合わせた活用策では、ホールやギャラリーなど中規模の集客施設を設ける一方、催し会場に使える緑地を比較的広めに取る。市幹部は「市中心部の将来的な街づくりの選択の幅を残す必要がある」とする。
 
 松井市長はスタジアムの建設地について、球場跡地を含む市中央公園(約43ヘクタール)一帯を候補として検討する考えを示していた。今月7日の市議会予算特別委員会で「スタジアム建設はしっかり議論するが、跡地の方向性は3月中に示して、みなさんに考えてもらう」と説明していた。
 
 球場跡地の活用をめぐっては、秋葉忠利前市長が緑地広場を中心とした計画を09年1月に作成。松井市長が就任後に白紙に戻し、経済、文化、スポーツなどの団体代表による跡地委員会を設置した。
 
 跡地委がことし2月に松井市長に提出した最終報告では、ふさわしい機能として「緑地広場」「文化芸術」「スポーツ複合型」を挙げ、施設整備を組み合わせた計6パターンの案を示した。松井市長は報告を基に活用策を決定し、13年度から基本計画作りに入るとしていた。

検討委員会が示した6案の時点で100%満足する活用案は無いだろうとは思っていましたが、
それでも「緑地」+「文化芸術」は一番現実的な選択ではないかと個人的には思います。
【広島市】:委員会の開催状況
(第7回 最終報告)
A-1案:「緑地広場機能」を主たる機能とし、「イベント広場」を主とする案
A-2案:「緑地広場機能」を主たる機能とし、「スポーツチャレンジフィールド」を主とする案
B-1案:「緑地広場機能(イベント広場)」と「文化・芸術機能」とを組み合わせた案
B-2案:「緑地広場機能(スポーツチャレンジフィールド)」と「文化・芸術機能」と組み合わせた案
C案 :「文化芸術機能」を主たる機能とする案
D案 :「スポーツ複合型機能」を主たる機能とする案

 
“救い”ではないですが、中央公園へのサッカースタジアム建設が挙げられていることに私は託したいと思います…。
以前から主張しているように中央公園広場と球場跡地(集客)の役割の交換です。
今回球場跡地へのサッカースタジアム議論の余地も残されたようですが、
ここに造る場合、ピッチ全体を掘り下げる手法をとるため建設費が跳ね上がりますし(試算では190億円超)
敷地が限られるので収容人数は2万~2万5000しか入らない施設しか出来ません。
色々な団体からの横槍も考えられます…
中央公園へのサッカースタジアムが結果として現実になれば、球場跡地は緑地広場がメインであっても私は文句はありません。
 
今後はもうひとつの機能「文化芸術」機能を何にするかを考えなければなりません。
検討委員会の最終報告では1200席のホールにギャラリー、そしてアニメ・マンガ拠点や映像ライブラリーなどが想定されています。
詳細はこちらのPDF40枚目を参照↓
旧広島市民球場跡地の活用について(最終報告〈案〉)(13.78MB)
 
広島市中心部の主なホールを挙げてみると
広島文化学園HBGホール…2001席
上野学園ホール…1730席
広島国際会議場(フェニックスホール)…1504席
アステールプラザ…1200席
などあります。
私は市内には“同規模”のホールは幾つもあるのにまた一つ増やすのかと疑問に思います。
以前も書きましたがそれなら一回り大きな3000人規模のホールや
若者の賑わいということを重視するなら1000人以上収容できるライブハウス
または広島に存在しない演劇・ミュージカルを専門とした劇場などがふさわしいです。
 
 
また今月下旬に市長から方針の公表があるようですので、今後も注目したいですね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

17 件のコメント

  1. Mr.鉄ヲ 返信

    これを機に劇団四季の専用劇場を建設していただきたいです!!

  2. 浜野タタミ 返信

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD060QO_Z10C13A3MM8000/?dg=1
     
    江波地区の三菱の敷地の大部分が、B777の航空機工場になる、という記事です。
    西飛行場跡地のコンセプトの一つに「雇用創出」が挙げられ、委員会に三菱重工が入っているので
    西飛行場跡地の一部は三菱の工場に転用されるかもしれないですね。
    市民球場跡地とは話がズレますが、跡地活用というカテゴリなので取り上げて見ました。

  3. JUN 返信

    文化芸術案にはライブハウス、劇場、神楽殿、ホール、情報ライブラリーなどがありましたよ
    後はアニメ・漫画などのサブカルコンテンツとか
    大手町に面しているので相乗効果がありそうですね
    今回の決定は正解だと思います
    サカスタ派さんたちのサカスタ建てたい気持ちは分かりますが少し冷静になってほしいですね。市民球場跡地ではこじんまりしたスタジアムしか建てれませんから

  4. MAKOTO 返信

    サッカー専用スタジアムですが中央公園に建てる必要性は全くありません。Jリーグはシーズンをヨーロッパのように秋、春制を検討しています。そうなると過密日程が解消され試合は殆ど土日の昼間になるでしょう。昼間の試合なら宇品地区でも私の第一推薦の新井口駅地区でも人はさばけると思います。年間僅か20試合の為に中央公園に建てる必要はありません。

  5. tiki 返信

    これ以上、緑地や文化芸術ホールを増やしてどうするのか…。
    これこそ箱物行政の極みですよ。
    既存の施設を有効活用してから議論すべきで、全くの論外ですね。
     
    跡地には旧広島市民球場と同等のこじんまりとしたスタジアムが最適だと思うし、どんな日程でも現状では宇品地区は人をさばけないと思います。年間20試合でも安定的に集客できるし、文化芸術・イベントでは集客ビジョンが見えてきません。
     
    経済効果と広島の歴史の流れから、旧広島市民球場跡地にはスポーツ複合施設以外ないと思います。
    市民のアンケートでも半数近くがスポーツ複合施設を望んでいます。
     
    中国新聞のミスリードの記事みたいですし、最後の最後まで可能性が消えない限り、実現に向けて行動し続けますよ。

  6. むーばす 返信

    この問題は本当に難しいですね。
    まずは文化施設の中身ですね。
    どんな機能を盛り込むのか。
     
    現在ある中央公園の施設を
    スクラツブアンドビルドする
    とし、今までと同じでは芸が
    ない。現代のカルチャーニーズ
    に合致したもの。
    新たな可能性を感じさせる施設
    コンセプトがなくてはいけない
    でしよう。
     
    金沢21世紀美術館や仙台メディアテーク
    など、街を変える力を持った全く新しい
    発想を持つ施設の誕生に期待をしています。
     
    また商議所ビルとPL教会は移転を前提に
    緑地公園計画を作ることをしないと
    緑地の魅力が半減することも最初に
    確認事項として謳って欲しいと思います。

  7. JUN 返信

    こども文化科学館の年間来場者数はサンフレの年間来場者数と同等みたいですよ
    文化施設は集客できないというわけではないです
    委員会の文化芸術案にも色々なコンテンツが明記されています
    ホールは建て壊すことは出来てもスタジアムは数十年は無理です
    市民球場跡地に建てるのはサンフレにも市にもリスクが大きすぎます
    2万~2万6000人程度じゃ国際試合も誘致できないし稼働率も今と変わりません

  8. RH 返信

    Zeppができると良いなぁ。
    ホールでは無くて大型のライブハウス。音楽も広島に根付く最も重要な文化の一つですよ。

  9. KtJ's Blog 返信

    跡地の方針は「広場+文化芸術施設」へ

    2013年3月18日付中国新聞記事 より。 まあ、行政側からすればそんなにおかしな選択じゃない。跡地委員会で出た文化芸術施設(延床面積20000平方メートル程の建物)はちと盛りすぎだろうと

  10. Huro 返信

    せっかく文化芸術施設を造るのなら、世界中の建築雑誌やサイトに紹介されて、建物だけでも人を呼べるような建築デザインにすべきですね。
    中途半端な何処にでもあるデザインならやる必要ないと思います。
    サッカースタジアムは中央公園が最適じゃないかなあ。
    横川駅もJR白島駅も使えるし、バスセンターからも歩いて行ける。アクセスとしては素晴らしい立地ですよね。

  11. ロマン 返信

    広島にはクラシック音楽専用の音響の良い、200−300席規模のホールが見当たらないので、これを機に検討を進めてほしいです。
    文化芸術は、スポーツ同様、生涯教育として人が生きていく上で必要不可欠だと考えますし・・・。
    大規模なものは、既に過剰にありますから、そこをつつかれると痛いですが(汗)。

  12. 鯉党α 返信

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    広島市があまりはっきりしないせいかいろいろな意見があって難しいですね。。
    文化施設に関して言えば情報ライブラリー、マンガ拠点などが盛り込まれているということは、ある程度図書館や美術館を建て替えることまで考えての事なんでしょうかね。
    せんだいメディアテーク等は本当に成功した文化施設と言えますが、いまいち存在感の薄い中央図書館などはこの跡地活用を期に注目される施設へと生まれ変わって欲しいと思いますね。
    Huroさんがおっしゃる建築デザインも非常に重要な要素だと思います。広島には"遺産"系しかないですからね…
    本当におっしゃるように建築雑誌に紹介されるような現代建築を極めた外観のものをお願いしたいです。
    しかし2年以上検討委員会を設けた今でもこれだけ様々な意見があることを市長には知っていただきたいものですね。。
     
    >浜野タタミさん
    情報ありがとうございます。
    その記事を見て西飛行場跡地かと私も思いましたが、今日の中国新聞によると江波工場に新設されるようです。
    トリプルセブンの一部を広島で造るなんて…!

  13. F 返信

    > MAKOTOさん
    Jリーグの秋春制移行議論は欧州スケジュールに合わせることを目的の1つとしていますが、
    欧州は逆に春秋制移行の声も出ていますので、今後どうなるかは分かりません。
    そもそもJリーグの秋春制には反対しているクラブ&サポが多いんですが。
    ちなみに秋春制日程についてですが、降雪を考慮してウィンターブレイク(1,2月)を入れれば、
    現在よりも過密日程になります。平日夜開催も増えますので、交通の便がより重要となりますね。
     
     
    個人的に、サッカー専用スタジアムは中央公園がベストだと思います。
    球場跡地は、管理人さんが書かれている緑地の役割交換に同意見です。
     
    それと、残したライトスタンドをどうするのか?という問題も…。
    私としては、思い描いたような"遺され方"とならなかった時点で
    完全撤去もやむなしと思っていますが、そう思わない方も多いでしょう。
    各種団体からの横槍だけでなく、この点もスタジアム建設の足枷となるような気もしますので、
    球場跡は回避した方が良いのかなと。もちろん規模などの問題もありますが。

  14. おもっち 返信

    サッカーアレルギーで観たり、聴いたり、読んだりしたら頭痛がしてパニックになってしまうなので、どうしたらいいのでしょうか?広島にたりないのは、演劇専用劇場とクラッシック音楽専用音楽堂がないことです。演劇専用劇場は、四季専用劇場とそれ以外の新劇や商業演劇などを上演できる中劇場に小劇場系や地元社会人のアマ劇団や学生演劇を上演できる小劇場を建設していただきたい。クラッシック音楽専用音楽堂は広島には広島交響楽団というプロオーケストラが活動しているので、広島交響楽堂を設立して応援していけたら、広島交響楽団もメジャーな世界的なオーケストラにしていきましょう。四季劇場はツイン劇場にして、ロングランミュージカルの8〜1000席の劇場とストレートプレイ用の3〜500未満の劇場が相応しいです。四季以外にも使えるよう別の劇場もあれば幸いですね。博多座や北九州芸術劇場や西鉄ホール、本多劇場、パルコ劇場、世田谷パブリックシアター、能登演劇堂のようなのを幾つかあれば良いですね。アニメ系は、広島市映像文化ライブラリーが老朽化で手狭になってきたので、抱き合わせて発展させたらどうでしょうか。場所も奥まったところではなくて、バスや電車通りの前にするべきです。

  15. タミー 返信

    三菱重工業広島製作所の記事には驚きました。
     
    IHI呉で、航空宇宙事業本部生産センター呉第二工場では、ジェットエンジンの部品を生産しておりロングシャフトについては世界一で世界の7割という話です。(専門的な事はよくわかりません)
    いつの間にか、かつての造船から航空機関連にシフト変えされていたとは!
    広島・呉は国が指定する航空機の生産の特別地域には指定されていなかったように記憶していますが、航空機産業が自動車と並ぶ地域の産業へと成長して行くことに期待します。
    造船が下火になって自動車産業だけの様相になっていたので新たな産業が必要だとは思っていましたが、これは本当に朗報だと思います。
     
    余談になりますが、サンフレッチェの前身の東洋工業(マツダ)蹴球部創設時頃は呉海軍工廠(IHI呉の前身)に全く歯がたたなかったという話を聞いたことがあります。
     
    広島広域都市圏として呉や岩国も広島と共に、かつての輝きを早く取り戻して欲しいものです。
    路面電車が出来た順番は、1岩国2呉3広島だったそうですが…

  16. のーてんき 返信

    以下は、個人的な超ぶっ飛びの妄想です(笑)
     
    この場におよんで、2022年ワールドカップの開催地であるカタールで
    W杯をすることに「暑いから」というイチャモンがついてきているようです。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130323-00000037-ism-socc
    もし、この「暑いから」という理由で、工程等が変更になった場合、
    2022年の候補地として立候補していた国は、異議を唱えることができる可能性があり、
    当然、候補地だった日本も、異議を唱えることができます。
     
    そうなった場合、2022年のW杯は日本で実施する可能性も少なからずありますので、
    都市(国立競技場のように)によっては、スタジアムの建て替えの機運がでてきます。
    妄想を入れると、広島にも専用スタジアム建設のチャンスがでてくるかもしれません(笑)
    2002年W杯では、FIFAから、広島でぜひ試合をしてほしいと懇願されてたわけですから。
    (個人的には、中央公園、商工センター、広島競輪場の候補地が無難かなとは思います)
     
    今回、市長が名言をさけた理由が、上記のドタバタを見越したものなら、
    その先見性にビックリしますが、まあ、こんな理由ではないでしょう(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。