広島駅北に駿台予備校開校へ。中四国初。

広島駅北口、アクティブインターシティ広島のグランアークテラス北側に、
中四国地方では初めてとなる駿台予備校が開校することが分かりました。
 
【中国新聞】:駿台予備校が広島に進出へ (以下転載)

 大手予備校の駿台(すんだい)予備学校を経営する学校法人駿河台学園(東京)が来春、広島市東区光町に大学受験の広島校(仮称)を開校することが12日、分かった。中四国地方は初進出。予備校や塾が集積するJR広島駅周辺を舞台に、減少する受験生の獲得競争が激化する。
 
 広島駅北口を東西に走る二葉通り。「春」を目指す受験生が、駅から大手の代々木ゼミナールへ向かう道だ。通りから路地を入った区画で、駿台広島校の建設が進んでいる。
 
 計画では総菜店の跡地860平方メートルに、鉄骨8階建て延べ3530平方メートルのビルを建設する。500人規模の受験生を募り、来年4月に開校。他社の協力を得て寮も用意する。
 
 駿台は東京や大阪のほか、すでに福岡、仙台などにも進出。駿河台学園広報部は「広島市内には難関大への合格実績が多い高校があり、以前から開校を考えていた。利便性のよい土地が見つかった」と説明する。
 
 交通の利便性のよい広島駅周辺は「受験生の街」。駿台とともに「三大予備校」と呼ばれる河合塾と代々木ゼミナールが広島校を置き、他の全国チェーンや地場の学習塾もひしめく。河合塾の高卒生だけで生徒数は約800人。他の予備校も含めると相当数に上る。
 
 中でも大手の人気は根強い。「大阪の駿台に入りたかったけど、遠いから広島の別の予備校を選んだ」。医学部を目指して今月、岡山県内から広島駅前の予備校の寮に入った女子(18)は打ち明ける。
 
 少子化で受験生は減っている。広島県教委によると、県内の高校に通う生徒は昨年度7万9218人でこの5年間で約2千人減。それでも大手が進出する背景には、最大のPR手段である合格実績がある。


より大きな地図で 駿台予備校建設予定地 を表示
 
記事の方にも書いてある通り、これで3大予備校と呼ばれる河合塾、代々木ゼミナール、駿台予備校が揃うことになりますね。
これらも含めて広島駅周辺はさらに塾・予備校の集中が進むことになります。
特に広島駅南口西側の城北通り沿いはかなり密集していますね。
北口を見てもつい昨年、若草町再開発のホテル棟1・2階に四谷学院広島校が開校しました。
商業・業務・(住宅)がメインの再開発がこれから進む中、少し多すぎるような気もします。
 
とはいえ、「大阪の駿台に入りたかったけど…」という声を聞くと、学生にとっては重要な問題なんだと感じます。
恥ずかしながら予備校というものに行ったことがないので、”寮を備える予備校”に結構驚きました。。
今後も駅周辺の「受験生の街」は健在なようですね。
 
鉄骨8階建て、延床面積3530平方メートルの予備校ビルは、来年4月開校予定です。

スポンサードリンク


 

12 comments

  1. タミー Reply

    広島の予備校といえば、広島YMCA学園と広島英数学館でしたが、河合塾と代々木ゼミナールが進出して両方共予備校ではなくなってしまいましたね。
     
    ついに駿台まで進出とは!
     
    どの業界も厳しいですね。

  2. JUN Reply

    若者を呼べるコンテンツではありますよね
    この駅前の若者たちを紙八に送るためのインフラとして駅前大橋線を早急に取りかかってほしいです
    まぁ予備校生が遊び呆けていたらそれこそ本末転倒ですが…w

  3. 元河合塾生 Reply

    河合塾や代ゼミにも寮がありましたね
    学生が減って、今はただの賃貸マンションになったりしてますが

  4. Reply

    学習塾・予備校業界も消耗戦です
    広島は生徒数に対して校舎が多いのは明らか。
     
    そんな中、校舎を新築して開校とはかなり驚きです。
    リスクは高いです

  5. おつか Reply

    僕は河合塾広島校で浪人していた経験があるのでこのニュースはとても嬉しいです。
     
    全部が予備校ではありませんが
    南口には河合、欧州、東進、代ゼミ現役館、長井ゼミ。
     
    北口には代ゼミ浪人館、四谷、駿台
     
    とすごく都会っぽくなってきたなぁと嬉しいかぎりです。
    これでB.Cブロックもできたらさらに都会の玄関っぽくなりますね(^^)

  6. 通りすがりの人B Reply

    はじめまして。普段からこちらを拝見しているのですが、今回初めてコメントさせていただきます。
    私は関西の駿台に通っていましたが、当時、岡山から新幹線で通学している子がいるという話を聞いたことがあり、「あっ、広島や岡山にはないんや」と思ったことをこの記事で思い出しました。私は予備校がひしめく方がアーバンだなって思っているので、大手の駿台の進出は広島にとって、また中国地方の学生にとって大きなことだなと感じています。
    ちなみに去年広島に行き、広島駅周辺や八丁堀・紙屋町をぶらぶらしてきたので、このブログに書いてることが少し分かって楽しいです。また来ます。

  7. 浜野タタミ Reply

    優等生の私にとって、コストコやらHMなんかよりもずっと大きなニュースです>駿台広島進出
    何せ今まで、地方校は旧帝大のある都市だけでしたからね…
    あと、今は駿台福岡校あたりから、広島の別の地場予備校(鴎州とか長井とか)に教えに来てる講師が割といるのですが、
    こうした人々は、駿台広島校が出来たらどーなっちゃうのかしら?と思ったり…
    今後は広島のマーケットでライバルになっちゃいますからねぇ…

  8. あたる Reply

    就活ではグリーンアリーナで開催される合同企業説明会に、山口や島根、岡山さらには四国からも新幹線や高速バスで大学生が集まってます。
     
    それだけ広島はこの地方のコアとなる都市のはずです。
     
    なので受験生にも同じように、近県各地から集まれるだけの選択肢があって然るべきですね!
     
    …国立に落ちて某S道大学で飲み会だらけのお気楽大学生活を送った僕が言うコトではないですが笑

  9. むーばす Reply

    当時、YMCAに通っていた私は浪人が決まり、河合塾に入塾しました。
    いまはその場所にはありませんが、河合塾進出から始まった広島駅周辺の
    予備校集積は、沸点まで来たようですね。
     
    ちょうど大学時代に住んだ名古屋も駅周辺が駿台や代ゼミなどの予備校街と
    なっており、広島と状況はそっくりかと思います。
     
    本来なら予備校は一部の有名大志望の選抜クラス以外は、その街にある複数の
    大学に行きたくて、そこの予備校に入るというケースが多いように思うのです。
    それに対して、広島は広大や市大、県大など国公立校はありますが、私大が量質
    ともに十分ではなく、たぶん私大志望の浪人生はほとんど県外へ進学することに
    なると思うのですが、そのあたりが例えば福岡市などとの違いのようです。
     
    福岡には九州各地から福岡の大学に入ることが前提で、浪人学生が集まっている
    ようなところがあります。親不孝通りの存在がその代表でした。

  10. よしだ Reply

    あまりの驚きと嬉しさに、初コメントしています。
     
    浪人経験のある私としては、「一安心」といった感じです。「これでやっと揃った」と。
     
    中四国の中枢(経済や政治だけでなく、中四国全体の浪人生にとっても広島は中枢です)でありながら、三大予備校の一角が欠けているということには、甚だ物足りなさを感じていましたからね。
     
    個人的な意見を申し上げますと、予備校業界は決して下火ではありません。
    日本の景気が持ち直して、親の収入増につながれば、子供の浪人(つまりは浪人覚悟の難関大特攻)に“GOサイン”を出しやすくなりますからね。
     
    しかも近年、大手の予備校がこぞって高校生向けの指導に力を入れ始めている上、高校そのもに授業(もしくは授業のノウハウ)を供給し始めているのです。指をくわえて滅亡を待つほど予備校業界は愚かではありません。既存の市場規模が小さくなれば別の市場を探す、というのは、一般の企業と同じです。
     
    広島は人口規模のわりに進学実績が思わしくなかったですから、駿台進出が受験生のレベルアップにつながることを期待しています。「えらそげ」な話に聞こえるかもしれませんが、トップレベルの大学を卒業する人間が増えるということは、それだけ日本のトップに立つ広島人が増えるということです。広島がこの先ますます、日本(そして世界)の中で輝きを増すためには、「エリートの教育」というのも、大事な大事な「街づくり」の一環なのです。
     
    長々と失礼しました。

  11. 鯉党α Reply

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    いやー正直、特に少子化のこの時代に予備校というものを甘く見ていました。
    有名予備校を望む声は以前も今もかなり強くあったんですね。
    駿台予備校の進出が改めて大きいことに思えてきます。
    これで広島の"学び"の面で一層はずみがついてくれることを願いたいですね。

  12. 広島YMCAのOB Reply

    駿台が広島に還って来ましたね。駿台はかつて、1999年3月を以て事務所が広島から撤退。
    広島会場での講習は廃止となりました。
     
    2014年4月、今度は季節講習だけではなく「駿台予備学校 広島校」が開校とのこと。模試と講習でお世話になった広島人として嬉しい限りです。
    素直におめでとうございます、と言いたいです。
     
    パワーアップした駿台を広島県、及び、中国地区の受験生に見せて欲しいです。
     
    個人的なことですが、こう言った事って現実にあるんだな、と改めて驚いたことが有ります。
    実は私は高校生の時は、通年は広島YMCAで講習は駿台に通っていました。この二社は経営上、全くもって無関係でした。
    今年は広島校開校に先立ち、模擬試験と14年ぶりに復活した広島会場での講習が通っていた広島YMCAで開催される、とのこと。
    こういった接点ができるとは、驚きを隠せないばかりです。世間は狭いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。