白島新駅建設工事 Vol.2 連絡橋工事本格化 2013.04

今年1月に着工したJRとアストラムラインの結節点となる白島新駅の様子です。
 
hakushima_image-2.jpg
完成予想図広島市ホームページより)
 
 
南西側から。
201304hakushima-2.jpg
信号機が新しい(仮設)ものに変わっています。
前回は中央分離帯の緑地に立つような状態でしたが、
中央分離帯の部分の地面に穴が開けられています。
 
その中央分離帯から南を見ます。
201304hakushima-4.jpg
南側の中央分離帯でも作業が始まっていますね。
ちょうどこの真下がアストラムラインのプラットホームになります。
ホームの端は画面真ん中の3台ある投光機から、奥に十メートル程行った所まで。
更にそこから先に非常階段の出口が出来る予定です。
 
東側から。
201304hakushima-5.jpg
 
 
北側。
201304hakushima-3.jpg
大きなクレーンが一台停まっています。
 
 
こちらは国道54号線の西側の歩道から在来線・新幹線が交わる部分です。
201304hakushima-1.jpg
目に見える変化はここが一番早いと思います。
看板にある通り、西側歩道-新駅連絡通路-東側歩道(JR改札口)を結ぶ連絡通路が出来る予定です。
画像のところには連絡通路の階段とエレベーターができます。
下部工事が6月末までの工期ということは、実際に橋桁が架かるのは今年の夏頃となりそうですね。
(今年春の予定だった気がしますが)
 
 
新駅の開業は2015年春の予定です。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

7 件のコメント

  1. タミー 返信

    白島進駅、いよいよ実感がわいてきますね。
     
    やはり、新駅周辺に商業施設が出来てくるのでしょうか。
     
    JRとアストラムラインとの直結で、単なる乗り換え客の通過点になってしまうか、これからの課題だと思います。
     
    影響を一番受けると思われる横川地区ですが、今日、フレスタがカジル横川本店に続く第二弾カジル岩国をオープンするそうです。既存の食品スーパーのフレスタをショッピングモール形態のカジルにグレードアップし売り上げ増加を狙うとのことで、今後も機会次第で、カジルを展開したいとのことです。
    同じく、横川発祥の二葉図書も、様々な形態で店舗を展開しているように、横川からの発信は横川が常に抱えている危機感からのように思えます。
    己斐にアストラムラインが延伸されるとますます苦しくなる横川地区です。五日市、新井口(商工センター)、西広島(己斐)、横川と広島駅までの三陽本線各駅のサバイバルに新たに白島新駅参戦となると横川地区の危機感もMaxですが、横川地区には特に頑張っていただきたいと願っています。
     
    勿論、白島新駅や各駅周辺が発展することが広島の都市としてのボリュームアップに大きく貢献すると思っています。
     
    そして勿論、まち(街?)とよばれる紙屋町・八丁堀の中心地区と再開発が進んでいる広島駅周辺地区とがそれぞれの特色を生かして、それら全てが一体で都市全体の求心力を増加させることに期待しています。
     
    駄文、失礼致しました。

  2. タミー 返信

    訂正
    白島進駅→白島新駅
    二葉図書→フタバ図書
    大変失礼致しました。

  3. まさやん 返信

    白島新駅は大町駅のように
    重要駅にはなるがあくまで
    乗り換え駅としての役止りだと思います
     
    大町も周りに飲食店などほぼない
    殺風景です
    次の駅緑井は商業盛んです
     
    なので白島新駅と横川も
    このような関係に収まるのではないでしょうか

  4. JUN 返信

    白島新駅が開業します本通りからのアストラム延伸の需要が高まりそうです
    せめて市役所前、出来るなら千田まで延伸してほしいです
    市の見込みでは利用客数が横川に匹敵するみたいなのでとりあえずは白島新駅に期待です

  5. みやこびと 返信

    乗り換え駅である白島新駅の場合、駅周辺の商業施設に期待するより、むしろ駅ナカ施設の発展に期待したいところです。しかしながら、残念なのは、あのデザインに収まったことです。仮に、乗降車数が今後、増大するようなことがあった場合、駅ナカのテナントを供給できれば、出店者および家主側にとってもメリットがあるのではないでしょうか。京都市営地下鉄が最近、駅ナカに力を入れているようですが、成城石井やコンビニ、パン屋スイーツなど、多種にわたり攻勢をかけて上々な様です。やはり、広島、何か、"おしい"ですね

  6. 鯉党α 返信

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    大町駅の利用客数は可部線、アストラムともに結構な数があったと記憶していますが駅の周りはあまり栄えていないようですね。
    白島駅も同様に山陽本線沿線→中心部など乗り換えの需要が非常に高い駅になりそうです。
    とはいえ大町と比べても周辺の人口はかなりの差がありますし、朝夕のラッシュ時などはアストラムには乗らずバスや徒歩で中心部へ向かう人も少なくないでしょうからね。
    将来的には市営住宅の再開発も無いことはないでしょうから、可能性は秘めていますね。
    駅ナカをつくるには少し物足りないデザインになってしまいました…

  7. タミー 返信

    確かに駅中の需要はありそうですね。ビジネスチャンスを逃してはいけませんね。(そういう自分も気付いていませんでしたが…)
    以前にも書きましたが、広電の白島線を白島新駅まで延伸させて八丁堀へのアクセスとするという提案を何かでされていたのを見たことがありますが、 都心部に都市高速を充実させて都心内の一般車両の通行を制限して交通量を大きく減らし、アストラムラインを都心部に於いても主力の交通機関として、路面電車はその補助に徹するというのが理想的あり、それなら白島線延伸もありだと思います。
    いつまでも「惜しい広島!」ままではダメ・ダメ・ダメ「やるね広島!」に成長しないといけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。