広島橋上駅新築他工事 2013.06(Vol.18) 0番のりばなど

早いもので1年の半分が終わり、7月に入りました。
6月中に更新できなかった広島駅の様子です。29日に撮影しました。
 
前回の様子はこちら。
広島橋上駅新築他工事 2013.06(Vol.17) ホーム上の工事進む
 
今回は今まであまり触れてこなかった東側の様子を最初に紹介しておきます。
過去、国鉄宇品線のホームだった旧0番乗り場です。
 
201306hiroshimaeki2-5.jpg
 
山陽線下り電車が乗り入れる1番乗り場の東側に、現在の線路とは反対側に存在したのが0番乗り場です。
屋根の骨組みが、以前こちら側にも線路があったんだなと感じさせる形状ですね。
 
橋上化工事が始まる前まで駐車場として利用されてきましたが、
現在はこのように工事のための資材がずらりと並ぶようになりました。
 
201306hiroshimaeki2-6.jpg
 
 
 
続いて、4,5番のりば。
 
201306hiroshimaeki2-4.jpg
 
ホーム上に建てられる橋上施設の基礎工事は終盤に差し掛かっています。
 
 
飛びまして、9番乗り場から新幹線駅舎の方を見てみます。
 
201306hiroshimaeki2-1.jpg
 
以前はここに赤色の容器のようなものがたくさん置かれていました。(画像
 
このまま9番乗り場を西側横川方面へ進みます。
 
201306hiroshimaeki2-2.jpg
 
前回から派手に工事をしていた箇所です。
建設されるJR新跨線橋(自由通路でない)の延長線よりは少し西寄りに、
かなりの大きさの人工地盤のようなものが姿を現し始めています。
 
201306hiroshimaeki2-3.jpg
 
かなり見づらいですが、鉄骨で幅は3~40mくらいありそうです。
 
帰って調べてみると、在来線と新幹線の乗り換え時にも利用できる新たな店舗スペースとなる部分のようです。
【広成建設ニュースリリース】:広島駅自由通路整備工事 安全祈願祭
 
もちろん店舗ができるのは2階、跨線橋/自由通路レベルですから、この上にこれから地上部ができてくるのだと思います。
(1階は荷さばきスペースです。)
 
 
今回の更新は以上です。
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島橋上駅新築他工事 (南北自由通路・店舗増設)

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

3 件のコメント

  1. 浜野タタミ 返信

    もともと広島駅をあまり利用しないのですが、先日京都方面へ旅行のため利用しました。
    着々と工事が進んでいますね~☆
    ちなみに関西圏のJRでは、広島県のデスティネーションキャンペーン展開中で、そこらじゅうで「おしい広島県」「広島に染まる夏」の幟・ポスターなどを見かけました♪
    7月以降、観光客の方が増えそうです。

  2. たく 返信

    今日の中国新聞で、広島駅ビルの建て替えについて、改めて前向きな姿勢であることが明らかになりました。
    駅前大橋線の一日も早い着工を心から願います。

  3. Kaz 返信

    雨の日は工事中で一部のホーム屋根が削られている不便さをひしひしと感じますが、数年後のリニューアルを思い描いて我慢してます。
     
    ご存知だと思いますが、大阪駅のホーム屋根は全体を一体にしてデザイン性の高いものにしていますが、雨降りの日は少しでも風があると屋根の高い方にあるホームは雨がジャジャ漏れで、傘が必要になるそうです。
    風の強い日は半分ぐらいのホームが水びたしになるそうで、ただでさえ利用者が多いのに、みんな傘をさしながらブーブー言ってるそうです。
    もちろんワクワクする様なデザインであって欲しいですが、毎日利用する者にとっては、利便性を犠牲にする事の無いように願います・・・(今の完成予想図なら問題無さそうですね)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。