球場の命名権更新。今後も「マツダスタジアム」に

stadium-gate.jpg

 
広島市は2014年3月で期限の切れる広島市民球場のネーミングライツ(命名権)に関して、
期間終了後5年間もマツダに売却することを決めました。
 
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島
この名称は2019年3月末まで引き継がれることになります。
 
【中国新聞】:球場命名権 マツダに売却 (以下転載)

 広島市は30日、市民球場(南区)の来年4月から5年間の命名権を、現在の命名権を持っているマツダに売却すると発表した。愛称も「MAZDA Zoom―Zoom スタジアム広島」(略称マツダスタジアム)を引き続き使う。
 
 命名権料は年2億2千万円、5年総額11億円。新たな契約期間は2014年4月1日から19年3月31日までとなる。マツダは、球場来場者が100万人を達成するたびに実施している、社会福祉団体への福祉車両の贈呈など社会貢献活動も続ける。市とマツダは10月上旬に、次期の契約を交わす。
 
 市は今回の公募から、命名権取得者が、契約期間満了時に市と契約更新を協議できる優先交渉権を設けた。マツダが更新を希望した上で今回の「年2億2千万円、5年契約」を基準とする交渉が成立すれば、19年4月以降もマツダが命名権を持つことになる。
 
 市民球場は、広島東洋カープの本拠地として09年3月に完成した。市は維持修繕費を賄うために命名権制度を導入。08年10月の初公募時は2社が応じ、年3億円を示したマツダが14年3月末までの権利を取得した。契約期間満了に伴う今回の公募には、マツダ1社が応じていた。

 (ここまで)
 
これはホッとしました。コロコロ名称が変わるのは好ましくないですからね。
開業時はイズミとマツダが応募しましたが、今回の期間満了に伴う公募にはマツダ1社のみだったようですね。
「だよな」と思う反面、県立総合体育館(グリーンアリーナ)のように公募しても入札する企業がないような所もあることを考えると、ありがたいと思わなければなりませんね。
年間2億円以上球場のために資金を提供するマツダと、それだけ大きな影響力を持つ広島カープ。
できればこのまま3期目も4期目もずっと名称はこのままになってくれるよう願いたいです。
 
 
それにしても新球場完成から来春でもう5年ですか。早いですね…(^_^;)

スポンサードリンク


 

16 comments

  1. ヒロさん Reply

    最初に聞いた時は、「なんか、変な名前」と思いましたが、慣れると違和感なく感じるから不思議です。マツダが続く限り更新を続けて欲しいと切に願うところです。本当に良い球場だと思います。

  2. おもった Reply

    欲を言えば、競争してほしかったな。そして、長めの契約にしてほしかったよ。米国のボールパークのネーミングライツは、短いので10年、長いので30年で数百億円規模の契約金になるそうだから、巨大で立派なボールパークに変化するんだろうな。年5〜10億単位くらいになれば、マイナーチェンジして生きたボールパークであるマツダスタジアムになるんだろうけどね。

  3. 葉月 Reply

    公募がマツダ1社ってどうなんでしょうか。
    そもそもトヨタや日産でも手をあげることができたのでしょうか。
    最初から決まっていたと考えるのは穿った見方ですかね。

  4. MAKOTO Reply

    予想以上に宣伝効果が大きかったとマツダの幹部が言っているのに年3億円から年2.2億円に減額したのは何故でしょう。やはり競合がなかったからかそれとも更に長期的にマツダが命名権を取得する話がついているからでしょうか。次回更新時マツダに優先交渉権があるようです。それにしても何故減額か疑問は残ります。

  5. 大阪住みの広島人 Reply

    個人的には「ZOOM-ZOOM」は取っても良いんじゃないかと思うんですけどね。マツダはこの夏から「Be a Driver」というキャッチコピーを使いだしましたし、なにしろファンは「マツダスタジアム」と呼んでるので。こだわりなんでしょうか。

  6. のーてんき Reply

    葉月さん
    広島市民球場のネーミングライツ参加条件は、次の3点です。
    ・命名権料を支払う能力があること
    ・広島県内に本社、支店、事業所を有する法人。または、広島県内に住所を持つ個人、団体
    ・規制業種、業者に該当していない者。税金滞納していない者。入札参加資格が停止されている者
     
    ですので、広島県内に支店や事業所があって、毎年2億円支払える個人・法人ならだれでも参加できます。
    理論上は、広島県に支店や事業所を持つ日産もトヨタも入札参加は可能でしょう。
    (毎年2億円をドブに捨てられる広い心を持った個人も参加できるようですが(笑))
     
    ただ、日産もトヨタもそれどれ横浜と豊田市にネーミングライツを有するサッカースタジアムを持っていますので、
    わざわざ広島の一地方球場に入札参加するメリットはまったく無いと思います。
    企業によって、野球中心で行くのか、サッカー中心で行くのか、考え方が違いますし。
     
    それに、新幹線下りに乗ってると、広島駅近づくと見える
    「ようこそときめく広島へ MAZDA ZOOM-ZOOM スタジアム広島」という文字や
    広島駅構内にそここに宣伝している「マツダスタジアム」のJRの宣伝ポスターがあれだけあれば、
    5年たって定着しきってしまった今、他の企業はなかなか参加しずらいと思いますよ。
     
    渋谷公会堂のネーミングライツの時ように、
    新規参入はかえってデメリットになるリスクもあるわけですし。
     
    しかし、マツダはずっとネーミングライツを取得し続けるのでしょうか?
    ここまでマツダZOOM-ZOOMスタジアムが定着してしまうと、どんなに経営が悪くなっても、
    マツダは市民球場のネーミングライツから撤退できないリスクがでてきているわけですが。
    企業のキャッチコピーも「ZOOM-ZOOM」から変えられないわけですし。
    昔は「心を動かす新発想」とか「新しいマツダ、はじめます」とかいろいろありましたけどね。

  7. のーてんき Reply

    正式名称とネーミングライツを比較してみました。
    ・広島市民球場 → マツダZOOM-ZOOMスタジアム
    ・広島県立文化芸術ホール → 上野学園ホール
    ・広島市文化交流会館 → 広島文化学園HBGホール
    ・広島市広域公園陸上競技場 → エディオンスタジアム(愛称:広島ビッグアーチ)
    ・広島県総合グラウンド → コカコーラウエスト広島総合グラウンド
    ・広島県立総合体育館 → ネーミングライツ無し(愛称:広島グリーンアリーナ)
     
    ネーミングライツのうち、マツダスタジアム以外が、いうほど定着していないのは
    市民球場だけ、最初からネーミングライツを募集していたからでなんでしょうね。
    上野学園ホールはいまだに郵便貯金ホールと言ってしまったり、
    広島文化学園HGBホールも厚生年金会館と言ってしまったりしていますし。
    こうしてみると、一番最初の名前って大事ですね。

  8. 匿名 Reply

    命名権のお金は確か大規模修繕用だったと思いますが、この5年間の15億円は何に使われるのでしょう?
    私が知らないだけでもう何かの工事で使われてるのでしょうか。

  9. 匿名 Reply

    マツダさん、ありがとう!!
    競合が無かったことに疑問を持つ人もいるようですが、それって単にいろんな会社が「2億円も払う価値は無い」と判断だけでしょ?マツダだって業績回復に必死で頑張っている途中で、そんなに余裕は無いはず。それこそ初回にマツダと競合したイズミは他の記事のように現在出店ラッシュで物入りな時期だから今回入札しなかったのではないかと。

  10. JUN Reply

    とりあえずはマツダで決まり一安心ですね
    ただ、「Zoom Zoom」じゃなくてマツダの次世代戦略でもある「SKYACTIVE」や「Be a driver」とか新しいキャッチフレーズを使ってもらいたいですね
    SKYACTIVEは自動車業界の革命ですからね
    「Zoom Zoom」のキャンペーンは10年以上前、小学生の時からやってたので未だに覚えています

  11. のーてんき Reply

    JUNさん
     
    今年から使われた「Be a driver」はあくまで、サブキャッチコピーで
    メインキャッチコピーは今でも「Zoom Zoom」だそうです。
     
    自動車メーカーは、結構キャッチコピーを変えてるイメージがありますが、
    10年以上も同じキャッチコピーを使っているのも、珍しいですね。
    初期のころは、ZoomZoomのテーマソングとかもあって、衝撃的でしたから・・・
    マツダ=Zoom Zoomはすっかり定着してしまったような感じがあります。

  12. 匿名 Reply

    正式名称が2代目「広島市民球場」であることも、多少は認知されてほしいなと思うのですが‥‥

  13. TARO Reply

    ※8の方
    ちょこちょことした修理や席のリニューアルとかにも使用されていると思いますよ。
    でもとりあえずはお金をキープしておかないと、エディスタの大型ビジョンみたいなことになってしまいますし…。

  14. JUN Reply

    のーてんきさんへ
     
    ビーアドライバーはサブだったんですね
    教えて頂きありがとうございます。
    市民球場の命名権効果は凄いですよね
    5年間で多くのプロ野球ファンにマツダを宣伝できたと思います

  15. 大阪住みの広島人 Reply

    JUNさん
     
    マツダの場合は球場のネーミングライツだけでなくオールスターゲームの冠スポンサーも務めているのが大きいと思いますね。
     
    東洋工業として慢性的な資金難に陥っていた市民球団を救済するべくスポンサーになってから早45年。
    これだけ長くプロ野球に関わり続けている企業も他に無いと思いますし、広島の人間として誇りに思います。
     
    だからこそカープはもっと上に居るべきチームなんですけどね・・・・

  16. 鯉党α Reply

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    命名権で得た収入はTAROさんおっしゃるように毎年保全・改修に使われていると、開業時新聞に書いてあったと思います。
    確かに年3億円から少し減額してるのが気になりますが、最初の5年は注目度も高いのでその分の割増があったと自分を納得させてます。。
    実際はどうか分かりませんが…。
    zoom zoomというキャッチコピーに関して、私は逆にマツダが今後ももっと使っていってほしいなと思うところなのですがね。マツダらしいというか。
    改めて考えるとマツダとスポーツの関わりは深いものがありますね。サンフレッチェも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。