二葉の里土地区画整理事業 2013.09(Vol.9) イズミ本社ビル外観があらわに

広島駅北口二葉の里地区の様子を見てきました。
 
前回はこちら。
二葉の里土地区画整理事業 2013.07(Vol.8) 進む道路整備
 
広島駅北口といえばつい昨日も北口広場に関してイメージ図が公開されるなど話題に上りましたね。
広島駅北口ペデストリアンデッキのイメージとレイアウト案が公開!
 
 
 
二葉の里区画
二葉の里地区 周辺図
広島駅新幹線口エリアマネジメント推進調整会議PDFより(トリミング済み))
 
 
まずは二葉通りに面する2街区イズミ新本社ビルの建設状況から紹介していきます。
 
201309futabanosato-2.jpg
 
ご覧のとおり工事用のシートと足場が徐々に撤去され外観が見えるようになりました。
少し前にツイッターで一枚アップロードしましたが、あれからまた東西両面でシートが外されてきていますね。
 
 
二葉通り・駅西高架橋の交差点に近い南東の搬入口から少しだけ建物下部の様子も伺うことができました。
 
201309futabanosato-12.jpg
 
今年秋にイズミの食品スーパー「ゆめマート」がオープン予定です。
 
 
広島高速5号線出入口となる敷地の側道を通り北側から見てみます。
 
201309futabanosato-9.jpg
 
1階は同じく赤茶色に塗装されていますね。
そしてこの手前の空き地がイケアの出店予定地となります。
 
 
 
201309futabanosato-10.jpg
 
外観は完成予想図通り形も色も非常にシンプルです。この場所によく馴染んでいると思います。
コーナーにRをもたせているのは良いですね。
 
 
 
イズミ新本社ビルから広島駅のあたりを見てみますとこのような感じです。
 
201309futabanosato-11.jpg
 
区画整理の真っ最中ですからさすがにごチャついていますね。広島駅橋上化工事の巨大クレーンも見えてます。
左手前のグレーの大きな施設は下水シールドトンネルの立坑があります。
ここから東へ1200m掘り進める出発点となります。
今調べてみると今年1月から始まった掘削工事は7月末で完了したとのことです。
【広島市】:[東区二葉の里三丁目ほか4町]二葉の里地区下水道築造23-13号工事(下水道局施設部管路課)(平成25年8月更新)
 
 
イズミ新本社関連はここまでです。続いて道路整備について見ていきます。
先ほどの二葉通りの交差点近くの歩道に変化がありました。
 
201309futabanosato-1.jpg
 
どこが変わったのかというと、右手の駐車場と歩道との境界です。
以前までこの駐車場だけが歩道側にせり出すような形で取り残されていました。
いつ作業が行われたのかは分かりませんが駐車場はセットバックされ、奥のホテルグランビアや画像右端の中国ジェイアールバスのビルと同じラインになりました。
 
 
続いて交差点から北方面、高速5号線建設予定地の方向を。
 
201309futabanosato-3.jpg
 
この辺りも道路の整備が進んでいます。
鉄道病院へ向かうのに以前までは仮設の歩行者スペースを利用するような形でしたが、区画整理による歩道が共用を開始しました。
 
これら2箇所の画像はいずれも市が行なっている区画整理ではなく、広島高速道路公社が事業主となる整備です。
完了時期が違いますがこちらも整ってきましたね。
 
 
 
こちらは高精度放射線治療センター・地域医療総合支援センターの予定地となる3街区と、広島鉄道病院の境界となる区画道路3号線。
 
201309futabanosato-5.jpg
 
前回は完成間近の状態でしたがこのように開通しました。
 
 
奥から。
 
201309futabanosato-7.jpg
 
電線もなく非常にスッキリしてますね。
 
この道路の突き当りは5街区に突き当たるためT字路となりますが、左折方向の区画道路2号線は未開通。
現在開通に向けて整備が続いています。
 
201309futabanosato-6.jpg
 
光町のオフィス街からスムーズに行き来できるようになりますね。
 
 
 
少し移動しましてこちらは3街区の北西の角、高速5号線の東側にできる街区公園予定地です。
 
201309futabanosato-8.jpg
 
以前まで大きな木が移植されたりと変化してきましたが、今回コンクリートブロックで区切られるなどだんだん公園に近づいてきましたね。
 
 
 
最後に若草町アクティブインターシティの南北を結ぶペデストリアンデッキから、二葉の里方面を見てみます。
 
201309futabanosato-13.jpg
 
左側が広島駅北口広場。画像中央、JRビルの前に緑のフェンスが並んでいますが、この辺りまで駅からのペデストリアンデッキが整備されます。
 
現時点では動きはありませんが、ここをまた始点として3街区・4街区の医療ゾーンや5街区支社ビル建て替え後の複合ビルとも接続されることを期待したいですね。
 
 
ざっと紹介してきました。今回は以上です。
ペデストリアンデッキは今年度中に工事に着手しますし、区画整理事業も今年度末までが工期です。
駅周辺の街づくりは始まったばかり。これからまだまだ追いかけて行きたいですね。
 
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:二葉の里土地区画整理事業

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. 匿名 返信

    だんだん再開発っぽくなってきましたね。あと昨日気づいたのですが、紙屋町の日興SMBCの隣のビルが空きましたね。建てかわったりすれば面白そうですが・・・立地が良いので動向が気になる場所の一つですね。

  2. のーてんき 返信

    いつも、更新ありがとうございます。
    二葉の里の再開発地区のうち、医療センターの入札が不調に終わりましたが、
    ニュースによれば、最低価格を引き上げて、再度、入札にかけられる運びになりました。
    このままだらだら行くと、工期の遅れが生じるため、苦渋の選択だったようです。
     
    事実、この業界の人出不足と資材価格高騰はハンパじゃあないんですが、
    いろんなところで入札不調が頻発しているようですので、
    しばらくは再開発や新規建設に影響がでそうですね。

  3. タミー 返信

    レポートお疲れです。
    イズミ本社の完成でここのところ影が薄かった光町のオフィス街がその名の通り再び脚光浴びそうな予感がします。
    イズミは熊本県でも新店舗の計画など重要な事業が多く九州新幹線の開業で広島駅から直行が出来るようになり、また最大店舗の高松店があり同じく重要な地域である香川県へも便利なので、中国四国九州地方で一括統括して事業展開するのには広島駅新幹線口の二葉の里は絶好の場所だと思います。
    周南市にも新店の舗計画があるとの報道もありましたね。
    やはり、第二バスセンターは必要だと思います。
    高速5号が完成しても、高速バスが発着で時間をロスしては効果がありませからね。
     
    それから、八丁堀の福屋南のパチンコ店跡にイズミがこの秋高級ブランド店のエクセルを開店するという報道も以前にありましたので、広域での事業展開や本拠地である広島都市圏でのゆめタウン廿日市、海島博跡地や呉そごう跡に加えて都心型エクルにも注目してみたいと思います。
    また、なかなか請負業者が決まらなかった呉市役所の建て替え工事も呉発祥の五洋建設が結局受注したとのことです。
     
    レポート楽しみにしています♪

  4. 鯉党α 返信

    >1さん
    トランヴェールの隣の隣のビルですかね?
    そうなのですね!これは必ず何かありそう。注目していきたいですね。
    近々確認してきます。
     
     
    >のーてんきさん
    昨日の記事にも書かせていただきました。
    なるほど。呉市の新庁舎も基本的には同じ原因だったんでしょうか。
    駅周辺では再開発が目白押しですが、今後まだ何があるか分かりませんね。。
     
     
    >タミーさん
    先日偶然ですが久々に光町を歩いて、こんなにオフィスがあったのかと改めて気づきました。
    ペデも出来てこれまでより行き来が楽になりますし、再開発もありでおっしゃるように再び注目されそうですね。
    5街区入札に関するニュースも先日ありましたが、利用しやすいバスセンターはあったほうがいいですね。
    それこそ光町や再開発地区へのオフィス誘致にも追い風になりそうですし。
    エクセルに関して記事にさせていただきました。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。