広島駅南口Bブロック再開発 2013.11 (Vol.9) 西側も…

広島駅南口Bブロック再開発 2013.10 (Vol.8) ビックカメラ看板登場。
 
 
まずはやはり駅ビルの6階から全体です。
 
201311bblock-1.jpg
 
 
奥の大きなクレーンが目を引きますが、正面の西棟建設予定地でもこのように大規模な掘削工事が始まりました。
 
201311bblock-2.jpg
 
 
 
この様子を上からじっくり眺めてみようとエールエールの屋上まで上がりますが、この時愕然としてしまいました。。
 
201311bblock-3.jpg
 
前回心配していたことが現実になってしまいました。
大規模修繕工事に突入したようで、建物の大部分が工事用のネットで覆われてしまいました。
これから数ヶ月間は残念ながらこのような風景しか見られなさそうです。
一応これでも見やすいように修正してあるのですがね。。
 
 
こちらが地上52階の西棟の予定地です。
 
201311bblock-5.jpg
 
崩落防止の梁を設置している最中ですね。地下2階分の開削が始まります。
 
 
こちらは東棟予定地。一歩先行しているこちらはコンクリートが打設されているように見えます。
 
201311bblock-4.jpg
 
 
 
地上に降りて猿侯川を越えた南側から見ます。
 
猿猴橋。
 
201311bblock-8.jpg
 
 
 
さらに東側へ。
 
201311bblock-7.jpg
 
 
201311bblock-6.jpg
 
Bブロック東側で稼働しているクレーンと、広島駅の巨大クレーンを合わせて撮ってみました。
広島再開発のビッグプロジェクトトップ2が並んで見えます。
もうしばらくすればCブロックも着工ですし、いかに駅周辺で集中しているかが実感できます。
駅前大橋線、駅ビル建て替え、北口5街区などもこれから期待したいです。
 
あ、エールエールの状況がどうなってるかお分かりいただけると思います。。(^_^;)
しばらく視界が悪くなるのは残念ですが、基礎が終わって上屋工事に入っている段階で修繕されるよりは良かったと考えるべきですかね。
まだ先は長いです(笑)。次回も進捗を楽しみにしておきます。
 
 
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:広島駅南口Bブロック地区市街地再開発事業

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

7 件のコメント

  1. のり 返信

    工事が進んでいて安心しました。広島市はカープが2013年は3位で躍進出来良かったです。広島駅前再開発がほぼ完成する2016年には広島カープも今年の楽天見たいに日本一になって欲しいです。

  2. タミー 返信

    レポートお疲れ様です。いつも楽しく拝見させていただいています。
     
    駅ナカの工事は大枠の鉄骨が組み立てられてきたので凄い迫力ですね。
    Bブロックは基礎工事の段階なので、これから大枠が組み立てられて行くことを想像するだけでとてもワクワクしてきます。
    広島都市圏ではオフィスの需要はあるが優良物件が少ないとの新聞記事がありましたが、Bブロックにはオフィスのスペースも広く確保されているそうなので、そちらにも期待したいところです。
    景気が上向いてきて、成長した地場企業への出入り業者もかなり増大しているようなので、他の地域からの出入り業者の為のオフィスの需要が拡大したものと思われます。地場企業の成長に呼応する形でオフィスの需要が拡大しているのは当然の結果だと思います。
    裏を返せば、地場企業が弱体化すれば用済みで、去ってしまうものなので、オフィスの需要は広島都市圏の経済状況次第と言えると思います。
     
    私は、再開発が急速に動き出したこと自体が、広島都市圏の経済状況が上向いてきていることの証しであると思っています。
     
    民間レベルのスピードに地方公共団体が全く追いついて来れていないもどかしさはあります。広島は日本の縮図と言われており、国レベルでようやく民間の後追いが出来だした感じがするので、地方レベルの広島でも地公体の後追いに期待したいと思います。
     
    これから、駅ビルやJR広島支社ビル、二葉の里などがどうなっていくのかを考えると、地場企業の更なる成長がその鍵を握っていると思います。
     
    これから寒くなりますが、風邪などひかれないように気をつけてレポート頑張って下さい。
    楽しみにしています!

  3. ろっきー 返信

    いつも楽しく拝見させていただいています。すでにご存知かもしれませんが、広島駅南口Bブロックに係わる環境影響評価準備書というものがあり、インターネット上で閲覧できます。20,21ページに代表的な眺望点からのフォトモンタージュというものがあって、縮景園とか新幹線車内からBブロックがどのように見えるかが検討されています。

  4. むーばす 返信

    やはり上から覗くと大きさを実感します。
    鉄骨が組みあがり始めたら圧巻でしょう。
    毎回レポートお疲れ様です。

  5. かっちゃん 返信

    それにしても某パチンコ店の我が儘ぶりだけが目立つ・・・
    この姿勢で協力していると平気で言えるのが・・・

  6. タミー 返信

    今朝の新聞各紙が、一斉にヤマダ電機の赤字転落を報じていますが、新聞社によってこれだけ温度差があるのも興味深い。まず親ヤマダ的な日本経済新聞では、「ヤマダ、経常利益78%減」4~9月価格戦略を見直し 営業利益の赤字転落についてはちょろっと触れているが文面はヤマダ擁護に終始している印象が強く、ヤマダ電機、ケーズHD、エディオンの3社比較の表ではヤマダ電機が黒字を保っている経常利益だけを発表しています。次に、反ヤマダ色が鮮明な産経新聞では「ヤマダ電機苦境」出口見えぬ消耗戦、ヤマダ電機赤字転落として同じく3社比較の表ではヤマダ電機だけが赤字になっている営業損益と最終損益の両方を用いて赤字転落転落を強調している感じです。
    無関心の朝日新聞にいたっては、横端の欄にヤマダ電機赤字転落とだけ触れており他の2社については全く触れていない。
    エディオンは本社登記は大阪なので大阪バンザイの朝日新聞が黒字転換を報じても良さそうなものですが?紙面を占拠しているパナソニック擁護の記事が痛々しいだけの印象です。 パナソニックの復調が本当であれば日本経済にとっては大きな朗報だと言えると思いますが?????
    エディオンの本店登記は広島市中区紙屋町であり、納税場所は原則本店登記場所なので大阪にはメリットがなしということだからでしょうか?
     
    Bブロックのお隣、Cブロックの1階から7階までを確保するエディオンの黒字転換、4~9月売上高実績3500億円、(14年3月期売上高見通し7350億円)、常利益39億円 (77億円)営業損益+28億円、最終損益+29億円(産経新聞には14年3月期見通しが出ていない)という報道は広島の再開発なとってはこれもまた大きな朗報と言えると思います。
    それにしても新聞報道は各社偏り過ぎでは?????

  7. ヒラ社員 返信

    毎度のレポートお疲れ様です。広島が欧米人からすると京都を凌ぎ「外国人が「歩くだけで幸せ」と絶賛する日本の街(AERA)」となった今、個人住宅が大部分を占めるBCブロックには洗濯物を干せない規制をかけて欲しいです。可能ならば低層階にはベランダの花壇を入居条件にして欲しいです。玄関の印象は個人住宅も都市も同じです。環境影響評価基準書は見ていないですが。将来はデルタをベネチアのような「浮かぶ都市」に演出して欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。