ザ・パークハウス広島駅前通り 2013.11(Vol.8) ほぼ完成。特徴的な外壁

こちらも完成間近となっております、南区稲荷町の「ザ・パークハウス広島駅前通り」の様子を見てきました。
前回9月末に撮影した時に初めて外観が顕になっているのを確認しました。
ザ・パークハウス広島駅前通り 2013.09(Vol.7) 外観あらわに。
 
 
さて今回は。全景です。
 
201311parkhouse-2.jpg
 
360度ほぼすべてのシートが外されました。
南側のカーブを描いた特徴的な外壁が見えるようになりましたね!
前回見た北東側の濃いベージュの色合いと打って変わって、白を基調とした丸みを帯びた外観です。
 
 
201311parkhouse-3.jpg
 
 
 
こちら側から見るとまるで別のビルのように感じるほど、全く違います。
 
201311parkhouse-5.jpg
 
 
201311parkhouse-4.jpg
 
駅前通りに並ぶビル街がカッコイイです。
 
 
少しだけ角度を変えて。
 
201311parkhouse-6.jpg
 
中央のパークハウスの隣にぽっかり空いたスペースが中国ろうきんの新ビル(55m)建設予定地となります。
さらに左奥には昨晩取り上げた、京橋町地区市街地再開発事業「フロンテージ広島」が見えてみます。
 
 
上の画像で見えている敷地西側の路地から見上げます。
 
201311parkhouse-1.jpg
 
立体駐車場も完成していました。
 
 
最後に、相生通りの稲荷橋手前から。
 
201311parkhouse-7.jpg
 
雰囲気も変わりましたね。
稲荷町といえば広島電鉄駅前大橋線の付け替えの起点となる場所ですから、これからも度々訪れる場所になりそうです。
 
ほぼ完成しましたが、竣工した頃にもう一度足を運んでみます。以上です。

スポンサードリンク


 

2 comments

  1. むーばす Reply

    曲線を生かした広島にはなかったデザイン。
    個人的に一番気になっていた土地が
    ようやく活性化しました。
    引き続き労金ビルも楽しみです。

  2. かっちゃん Reply

    このビルに続いて駅前通の西側が綺麗になるといいですね。
    低層ビルも早く再開発されて景観のいい通りになって欲しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。