広島駅北口広場再整備 2013.11(Vol.1) 閉鎖部は解体?

今回から広島駅北口(新幹線口)広場の再整備の状況を個別にレポートしていきます!
北口広場の再整備はペデストリアンデッキの建設の他、バス・タクシーとマイカーの混雑を緩和するために行われる、
「二葉の里地区土地区画整理事業」の関連事業です。
 
 
最初に若草町の複合施設「グランアークテラス」から広場全体を見渡してみます。
 
201311kita-hiroba-6.jpg
 
広島駅からホテルグランビア側と広場中央、シェラトンホテル側の3本が、
手前に見えている常盤橋若草線(二葉通り)の上空に建設されます。
その内のシェラトンホテル側のデッキは若草町地区市街地再開発事業の一環として2010年に整備されました。
 
2011deck.jpg
(2011年撮影)
 
 
ここから広場中央を通るデッキの終点あたりをアップで。
 
201311kita-hiroba-7.jpg
 
前回は基礎杭の打設らしき工事も行われていました。
13年度中の完了を予定する二葉の里の区画整理に合わせて道路の拡幅も進みます。
新しい歩道の輪郭も見えてきましたね!
 
 
近くから。
 
201311kita-hiroba-4.jpg
 
 
201311kita-hiroba-5.jpg
 
正面の地区が区画整理される二葉の里5街区になります。
時期・内容は未定ですがここの再開発で誕生する建物はデッキで直結されるような構造になる可能性が高いですね。
 
 
続いて広場越しの広島駅新幹線口を。
 
201311kita-hiroba-3.jpg
 
駅構内の橋上化工事のため稼働している大型クレーンの存在感がもの凄いです。
先日閉鎖された新幹線名店街の広場へ飛び出た部分は全体が防音シートに覆われました。
 
 
少し場所を変えて。
 
201311kita-hiroba-1.jpg
 
広島駅の自由通路・橋上化により新幹線駅舎が広場側へ増床されます。
増床される幅は現在の閉鎖された部分と同じくらいのはずですが、この調子なら一度解体されるのかもしれませんね。
ペデストリアンデッキはその増床部のさらに広場側から広がる形になり、
「広島駅」という駅名が書いてあるあたりの下を始点として自由通路に接続される形になります。
 
ちなみにこの角度は以前RCCでチラッと移ったデッキの完成予想図とほぼ同じ角度から撮っています。
 
hiroshimaeki_deck-image_2.jpg
(2013年11月2日放送、RCC「Eタウン」内より)
 
 
最後に広場西側のホテルグランビアが面する常盤橋若草線の様子も。
 
201311kita-hiroba-2.jpg
 
街路樹は撤去されて歩道の再整備が始まっています。
 
 
駅も新しくなり、ペデストリアンデッキも新設され、北口の新しい施設へ直結と。
楽しみで仕方ありませんね。
 
ペデストリアンデッキは今年度中にも建設工事が本格化する予定です。
これからも追いかけていきます。
 
 
 
 
追伸―
この場所のこと、皆様は何とお呼びでしょうか。
広島市の資料やメディア、道路標識までほとんどが「新幹線口」表記ですよね。
Wikipediaによれば新幹線開通と同時にJR西日本が改称したようです。
私はこの新幹線口にどうも違和感を覚えるんですよね(笑)
南北自由通路ができて分断されていた両地区がイーブンになるこのタイミングで「北口」に戻してほしいなと個人的には思います。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. タミー 返信

    レポートお疲れ様です。
     
    レポートを拝見すると、橋上の自由通路の工事が予想以上のスピードで進捗しているように見えるので、通路の幹線部分だけでも先行オープンして南北の一体化が、早く実現出来るのでは?と期待してしまいそうな勢いですよね。
    地下通路だけの現状では、南口と北口とは全く別の街となってしまっていますので、橋上の大通路がオープンすると二つの街がその瞬間から一つに合体する訳ですから人の流れも当然激変すると考えられます。
     
    北口側に予備校の駿台が来春開校する事で、若い世代の人々の往来が現在よりも更に増加すると期待されますので、若者好みの商業施設の進出も当然予想され、一昔前の北口のイメージとは遠く異なる異次元のエリアとなって行くように思えます。
     
    これから、二葉の里など北口側にどんな施設が出来るかによって客層も異なってくることなのでしょうが、多種多様な施設が出来る可能性を十分秘めているエリアであり、都心並みにあらゆる客層を対象とした商業施設が必要となると予測します。
     
    山陽本線沿線の新井口駅にあるアルパーク(広島都市圏内人気商業エリアNo.2)や天神川駅付近にあるソレイユ(同.No.3)などのJR利用の顧客層を狙うのもかなりの効果がありそうで、「えき」付近の商業エリアも広島都市圏内での人気商業エリアの争いに参戦してきそうですね。
    都市圏内での人気商業エリアに中央駅付近界隈がベスト5にも入っていない都市って皇居前に東京駅がある東京と広島くらいかも?それだけ伸びしろも巨大と言えるわけですが…
    これからの変化が本当に楽しみですね。
    レポート頑張って下さい!

  2. 田中 返信

    古い話ですが、新幹線が出来るまでは「北口」でした。
    田舎の無人駅かと思わせるような様相でした
    光町に国鉄グランドや自動車免許学校がありました。
    40年以上前の記憶です

  3. タミー 返信

    私は、タクシーの運転手さんに行き先を告げる時に北口側を「新幹線口」南口側を「表口」と言っていますが、確かに北口側に対して失礼な話ですね。
    両親などがまだ新幹線が開通していない頃「えきへ」とだけ告げると、普通に広島駅の南口に行っていましたが、市内には横川駅や己斐(現西広島)駅もあるのにと思ってしまい私は意地になって今でも「広島駅の新幹線口まで」と告げており、そんな自分に苦笑いしています。
     
    北口と南口でイーブン。確かにそうですね。年配者の方々が「えき」と呼んでいる南口側も含めて何か新しい愛称がつくのでしょうか?
     
    再開発事業を機会にあらゆることが激変する予感がします。

  4. ひろあき 返信

     広島鉄道病院の前の道、光町からも通行できるようになりましたね。

  5. 匿名 返信

    安佐口、安芸口とか
    光口、松原口とか
    色々考えてみたいですね。

  6. あたる 返信

    広島に住んでた頃、待ち合わせの時とか、「新幹線口」は言いにくいので「北口」って言ってました。
    ただ他県出身者と待ち合わせだと、「北って?」「路面電車がない方が北口!」って説明してました…。
     
    今住んでいる福岡の博多駅は博多口、筑紫口と地名由来の名称になっています。
    九州に地の理がない自分ですが、意外にすぐ覚えられました。街の様子からイメージ出来たからだと思います。
     
    広島駅もこの際、地名由来の覚えやすい名前にしたらいいかなと思います。
    ただ、二葉の里口は言いにくいので3文字くらいのシュッとした名称、何かないですかね笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。