アパグループ、元イズミ本社跡地に大規模ホテル建設へ

既にコメントでも頂いておりますが、今朝の中国新聞によりますと
全国でホテル展開するアパグループは南区京橋町のイズミ本社ビル跡に600以上もの客室を備えるホテルを建設すると発表しました。
広島においてアパホテルは猿侯川対岸約150mにある「アパホテル<広島駅前>」に続き2棟目で、
600室以上の客室は広島県内では最大規模のホテルとなります。
 
 
【中国新聞】:イズミ本社跡にアパホテル
 
20140208apahotel_chugoku-np.jpg
(2014年2月8日付 中国新聞朝刊紙面より)
 
 
【アパグループ】:総合都市開発のアパグループ 広島駅南口に大型ホテル開発用地取得
 
 
まず最初に振り返っておきますと、
イズミは昨年11月に広島駅北口二葉の里地区に新本社を竣工、1階に食品スーパーのゆめマートを開業させました。
二葉の里土地区画整理事業 2013.11(Vol.12) ゆめマートOPEN!デッキ工事も着手へ。
 
旧来の社屋は駅の南側、京橋町の城南通り沿いにありました。
 
201307izumi.jpg
 
 
201309kyobashi-1.jpg
 
 
201311kyobashi-4.jpg
 
建設中の建物は昨日竣工した京橋町再開発のフロンテージ広島。
右奥のグレーの建物が元イズミの本社となります。
 
新本社に移転後の12月の時点で、このビルと敷地はアパグループに売却されていたのですがこのブログでは紹介しきれていませんでした。
 
 
ここに県内最大となる600室以上のホテルをアパグループが建設するというのが今回のニュース!
3月中旬にも解体工事に着手し、今年8月頃着工。
2015年末の開業を目指す
とのこと。
 
 
グランドプリンスホテル(高さ91m、地上23階)の534室をも上回る規模ですから、やはりこのホテルも高さと階数が気になりますね。
 
ただおそらくこちらはビジネスホテルに近い形態になると思われますので、
一つ一つの部屋は比較的小さくその分階数が大きくはならないことが考えられます。
敷地も城南通りから見れば狭小に見えますが、実はL字型になっていて裏の再開発が行われていたあたりから見ると倍程の長さがありますし。
1年数ヶ月という短い工期も気になりますね。
 

大きな地図で見る
 
 
ちなみにひろしま地図ナビによればこの敷地の容積率は600%でした。(建ぺい率は80%)
 
高さ69mの京橋町再開発ビル(住宅ですが)よりは確実に高くなると思います。
100mいけば御の字ぐらいですかね。
付近には広島駅前Bブロック、Cブロック、稲荷町のパークハウス駅前通りなど建設されていますから
駅南側の高層ビルの密集度はかなりのものになりそうです。
 
 
それにしても近頃開業が全く無いことはなかったですが、そろそろ供給過剰気味なのかと感じ始めていた矢先、
こんな大規模ホテル建設の話は驚きました。
広島駅徒歩圏内で利便性は高いですが、他のホテルも含め維持していくことができるかという不安はやはりどうしても感じてしまいます。
 
同時進行でますます観光とビジネスに力を注いでいく必要がありそうです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

15 件のコメント

  1. 通りすがり 返信

    600室以上という部屋数と敷地面積からして高層ホテルになりそう?と思ったのですが、アパホテルの平均を調べてみるとそうでもなさそう。。
    予想階数は16-18階程度と予想します ^_^

  2. りゅーいち 返信

    仙台のアパヴィラホテルが丁度同じくらいの規模(610室・13,000㎡ 65.5m)
    ですから同じようなものができるのではないでしょうか
    高さはそれなりでも存在感のあるものができるといいですね。

  3. 鐘梨 返信

    アパグループでもブランドによって一部屋あたりの面積も変わりそうですね。
    ※2のりゅーいちさんが挙げてらっしゃるブランドより格下のものが京都駅徒歩五分の場所にありますが、
    イズミ本社跡地よりも一回り小さな土地に515室で11階だそうです。
    http://bb-building.net/tatemono/kyoto/k012.html
    L字の敷地のままの建物にしたら、その気になれば15階に届かずとも600室は稼げそう。
    新聞記事にはわざわざカッコ書きで“「アパホテル」を建設する”と書いてますが、
    これがもしそのまま同グループのブランド名を表すようだと、仙台よりは京都のそれに近くなるかもしれません。
     
    もっとも、管理人さんが貼って下さっているリリースんは、ブランドまで明言されてないんで予想の範疇を出てませんがね。
    せっかくなら既存の同グループの駅前ホテルとは違ったモノが出来たほうが面白いんですがね。

  4. 元鉄 返信

    左右両隣の雑居ビルも一体的に再開発されないかな。。。

  5. タミー 返信

    レポートお疲れ様です。民間の地元企業は、再開事業に対する行動が迅速であり、なおかつ、後々まで街づくりに適切な方向性を示唆して先を選定してくれているように思えます。
    広島が、支店(ブランチ)経済都市から、本社・本店(ヘッドオフィス)経済都市へと進化していることを、強く感じます。
     
    エールエールA館の福屋百貨店(中区胡町)、Cブロックのエディオン(中区紙屋町)、東区二葉の里のイズミ、駅ビル東隣のイズミ所有のビルに入居しているフタバ図書(西区観音)の地場企業四社が現在広島駅周辺に集結して再開事業の中心的存在となっています。西区横川のフレスタや、同じく西区の長崎屋(スパーク)、海田町のユアーズ、東広島市の大創産業(ダイソー)なども各地で再開事業や他社が撤退した跡に入居するなどで街づくりに貢献しているようです。
    意思決定が広島都市圏内で行われている為、迅速な対応が可能であり、再開事業の決定までに掛かる時間が非常に短く、当然完成も予想以上に早くなっています。
    かつて広島の街を3B、バス、ブリッジ(橋)、ブランチ(支店)と言っていましたが、今では、ハイウェイ(高速道路、本来は公道の意味)、ヒル(2千フィート610m以下の広島市街地近郊の小山・丘)、ヘッドオフィス(本社・本店)の3Hに変わりつつあります。
     
    マツダも平成26年3月期予想営業利益1800億円、純利益1100億円に上方修正し、いずれも過去最高で、更に復配も決定したそうです。そろそろ再開事業にマツダも参加して頂きたいと期待しています。一年間の純利益の半分だけでも物凄いビルが出来ますからね。
    イズミ本社跡地にアパホテル、600室との報道、結構な事だと思います。間髪入れずに再開事業がどんどん進んで行くことが理想的だと思います。
     
    広島駅周辺だけでなく、山陽本線沿線の各駅周辺が、来年春開業する白島新駅も含めて、大きく変化する予感がします。
    レポート楽しみにしています♪
    宜しくお願い致します!!

  6. ペーロケ 返信

    アパホテルの600室程度を「大規模」と呼んでいいかどうか不明ですが。。。
     
    地図上で測ってみたら敷地面積はおよそ2000㎡。
     
    http://www.mapion.co.jp/m/route/34.392381646219754_132.4744643383783_10/?env=0&area=css174ynw659csr490ynv709cst526ynu559cst851ynu971css688ynv638cst201ynw177
     
    ちなみに、仙台は610室で20階、延床は約13,000㎡、ただし、敷地面積が10000㎡の中にいくつかの棟があり、その一つがアパホテルという形態のためか、アパホテル分のみの敷地面積、建築面積がわかりませんでした。
    http://www.maeda.co.jp/works/report/genba/24/index.html
     
    イズミ跡地で建築可能で、比較的近い規模でイメージしやすい物件は、アパホテル歌舞伎町でしょうか。
    敷地1000㎡とイズミの半分くらいですが、538室で15階建、延床は約8,400㎡
     
    http://www.apa.co.jp/newsrelease/news/20120928.html
     
    規模的には歌舞伎町より大きく、仙台よりやや小さいくらいとすると、延床はおよそ12,000㎡くらいでしょうか。歌舞伎町より敷地面積に余裕があるため、12~13階建てでも可能な気がします。
     
    ちなみに、市内他ホテルの規模を張っておきます。これらと比較して、アパホテル600室部屋数こそ多いものの、延床面積で比較すると決して大規模ホテルとは言い難いことが分かると思います。
    (出典:Re-urbanization -大阪再都市化- http://saitoshika-west.com/)
     
    NTTクレド基町ビル(リーガロイヤルホテル広島)
    階数:地上35階、塔屋1階、地下2階    
    高さ:150.0m    
    敷地面積:21,800.76m2 ※施設全体
    建築面積:14,002.54m2 ※施設全体   
    延床面積:165,785.99m2 ※施設全体
    竣工:1994年3月
     
    グランドプリンスホテル広島
    階数:地上23階、塔屋1階、地下1階    
    高さ:91m    
    敷地面積:28,423.23m2  
    建築面積:7,579.59m2  
    延床面積:49,069.44m2
    竣工:1994年07月
     
     
    アクティブインターシティ広島 ホテル・オフィス棟
    階数:地上21階、塔屋1階、地下1階
    高さ:96.5m
    客室:238室
    敷地面積:6,468.28m2
    建築面積:5,522.42m2
    延床面積:48,362.80m2
    竣工 :2010年09月
     
    名称:ANAクラウンプラザホテル広島
    階数:地上22階、地下2階
    高さ:85.2m
    敷地面積:5,152m2
    建築面積:3,917m2
    延床面積:35,063m2
    竣工:1983年
     
    ホテルグランヴィア広島
    階数:地上22階、塔屋1階、地下1階
    高さ:85m
    客室数:406室
    敷地面積3,749m2
    建築面積3,010m2
    延床面積32,124m2
    竣工:1987年7月
     
    中町三井ビル(三井ガーデンホテル 広島)
    階数:地上24階、塔屋1階、地下1階
    高さ:86.3m
    延床面積 :17,804.62m2
    竣工:1989年6月
     
    オリエンタルホテル広島
    階数:地上23階、塔屋1階、地下2階
    高さ:91.40m
    客室数:227室
    敷地面積:1,798.06 m2
    建築面積:1,334.768 m2
    延床面積:14,544.32 m2
    竣工:1993年10月

  7. ペーロケ 返信

    >かつて広島の街を3B、バス、ブリッジ(橋)、ブランチ(支店)と言っていましたが、今では、ハイウェイ(高速道路、本来は公道の意味)、ヒル(2千フィート610m以下の広島市街地近郊の小山・丘)、ヘッドオフィス(本社・本店)の3Hに変わりつつあります。
     
    3Hの意図、特に「ヒル」の意図をもう少し詳しく教えて頂けませんか?素人考えでは610m以下の山の存在が必ずしも都市に必要なものとは思えないのですが。だいいち、高さが中途半端だし。むしろ広島ほどの山に囲まれた都市は成長するにあたってハンデになるような気になります。逆に神戸などは「ヒル」の定義を超えた山が背後にありますが、それを街づくりに積極的に生かしていますが、広島はそれほど生かしているとは思えないし。。。

  8. タミー 返信

    ペーロケ様
    広島で山と言えば、縮景園の借景である筈の二葉山ですが、美的感覚の相違なのか地元民である私にも良さが判りません。ここで私がイメージしているのは武田山から鈴ヶ峰に続く茶臼山連峰です。ご指摘の通り、この高駿な連峰は長らく広島の市街地の広がりを阻止し続けてきました。しかし今では高速4号線のトンネルが開通して、更に市当局が異常なまでにアストラムライン西風新都西広島線の敷設に執念の燃やしいます。五日市から石内バイパス、更にアストラムライン沿いに迂回すると茶臼山連峰を一周することが出来ます。昨日私は所要で松山市に行き空き時間で城山まで行きました。松山の街は市街地がこの城山を取り囲んでおり、東側には、松山大学、愛媛大学とがあり、若い学生さんを多数見かけました。私はこの松山と岡山にも住んでいたことがあり、私自身や家族が検定試験を受ける為に街中にある大学に幾度なく足運びその都度、若い学生さんの活力を体感しその必要性を痛感しました。
    私は学生の頃から山歩きが好きでよく茶臼山連峰を尾根伝いに歩き素晴らしい眺めを楽しんだものでした。かつては大茶臼井山頂に無線台があり専用のロープウェイもありました。旧市民球場からもよく見えていました。連峰の麓、中腹には修道大学、市立大学とがすぐ近くに、経済大学も比較的近くにありますがそれぞれが孤立しており全く連携が取れていない様子です。遊歩道やトンネルなど、そして尾根伝いに遊歩道を整備して無線台跡に「知の峰」のシンボルとなる施設を建設してロープウェイもアストラムラインの開通に合わせて復活させる位しないと、広大跡地で腰砕けになった知の拠点構想をカバーすることが出来ないように思えます。
    先月スポーツゴム製品のミカサが本社・工場をコンビニのポプラの本社・配送センターがある西風新都より更に奥の安佐北区久地に移転されたように市当局指導推奨?による西風新都方面へ執着は尋常ではなく将来的には規模は違いますが、市街地が松山のように茶臼山連峰を取り囲んでしまうことも十分考えられ、中心となる茶臼山連峰「ヒル」(小山・丘)がキーワードとなると言えると思っています。
     
    それにしても茶臼連峰での宅地化は驚くばかりで安佐南区山本の東亜祇園ニーュタウン春日野は特に目立ちますね。
    あまり説明になっておらず申し訳ありません。

  9. ペーロケ 返信

    >タミーさん
     なるほど、松山を想定されていましたか。別の街を想定されているかと思っていたので、案外身近な都市が出てきて意外です。松山は私も学生時代を過ごした街で個人的には思い入れが強いのもありますが、松山にとって山は邪魔なものではなく、神戸同様「ヒル」をうまく活用している街ですね。
     まずは、松山城は市内のだいたいどこからでも見れるので、ランドマークとしてかなり存在感があります。初代城主加藤氏が当時松前にあった城から勝山に移り、そこを中心とした街づくりをした結果です。しかし、松山の「ヒル」は、松山城だけではない、他の山もうまく活用している感がありますね。例えばJR松山駅の西にある大峰ヶ台には、パルテノン神殿のような展望台が印象的な松山総合公園があります。眺めがすばらしいのはもちろんですが、松山城が「和」であれば、総合公園は「洋」と、見事にバランスを取っており、市民の憩いの場として最高の環境でした。あるいは、松山城に比べたらはるかに標高が低く、おそらく20mくらいの小さな丘が道後温泉の南にありますが、ここには中世の豪族、河野氏の居城であった湯築城がありました。ここも10年ほど前に復元され、歴史公園として整備されています。
     松山は街中を見渡せば面白い街です。城北地区は樋又通りや上一万通り(通称:貧乏通り)には学生街が発達しており、安くてボリュームのある店が軒を連ねます。一方、メインストリートの大街道も道幅が広く、ベンチやオシャレな電話ボックスなどが置いてあり、歩いていて楽しいモールです。大通りにはマッチ箱のような坊ちゃん列車が走り、普通の路面電車も「ことばの力」なんてのが書いてあったりして、見ていて飽きません。実質的な代表駅と言っていい松山市駅ですら大観覧車がのっかており、町全体を見渡すことができます。東京ラブストーリーで有名になった梅津寺パークはつぶれましたが、特定のテーマパークを必要としない、街全体がテーマパークといってもいいくらい、町中に娯楽が溢れた街です。
     
     そうした松山の生活を経験し、広島に移住して感じたのが、テーマパークはもちろん、娯楽が非常に少ない街ということです。松山以上に山に囲まれているものの、山は削って団地を作るもの、という認識しかないのでしょうか。城下町なのに、市内どこからでも城が見えるわけではない。中心部には平和公園という巨大な公園があるにはありますが、娯楽というには重すぎる空間であります。なんだか、悲劇的な歴史が未だに市民の娯楽まで奪っている状況から抜け出せないでいる、と感じます。呉ポー、ナタリー、ニュージーランド村まで閉鎖したため、広島市内から最も近いテーマパークは福山市の「みろくの里」という状況。観覧車といえばマリーナホップのみ。あとはせいぜい安佐動物園くらいでしょうか。カープ、サンフレ以外は、本当につまらない街です。
     
     そんなつまらない街を打破するためには、「ヒル」の使い方がうまい松山より学び、そこいらじゅうにある山を活用するのも一案。例えば、標高差を生かし、仕事帰りにナイターで滑れる人工スキー場を作るとか、武田山にあったとされる佐東銀山城を復元し、どこからでも見えるランドマークとするとか、夜景スポットを本気で整備して、車で行ける道路と広い駐車場を作り、木に遮られず風景を眺められる展望台、あるいは子供が遊べる遊具やら図書館、カフェなどを作るとか。そうしたら歴史好き、夜景好き、カップルが集まり、やがては晩婚化、孤立化、少子高齢化の解消に繋がるというのは飛躍しすぎでしょうか。
     
     ちなみに、私は歴史が好きなのですが、先日、吉田郡山城に行きました。毛利元就の墓は森の中にあり、あとはひたすら山道。本丸跡に辿り着いたら、建物の跡地が平たくなっているだけ、森の中なので見晴らしがいい所もすごく限定されていました。以前、「毛利元就」が大河ドラマに取り上げられたにもかかわらず、こんな状況で放置され、非常に勿体ない。河野氏は毛利元就に敵いませんでしたが、現在の吉田郡山城と湯築城で比較すると、湯築城の圧勝です。中国の覇者が根拠としていた城がこれじゃあ情けない。本当は吉田郡山城も復元して欲しいところです。

  10. 鯉党α 返信

    >皆様へ
    コメントありがとうございます。
    おや。全国の建設例を見てみると客室数は同程度でもそこまで高さがないものが多いですね。
    勉強不足でした。
    本当にその気になれば15階程度で600室稼げてしまいそうな感じなのですね。
    期待が高過ぎるのも禁物なので60mくらいと思っておいたほうがいいかもしれません。
    タミーさんのおっしゃる民間企業のほうがまちづくりに敏感であるという内容には同意です。
    おっしゃるイズミやエディオンが典型的ですよね。
    広大跡地も今は民間で動き出しました。
     
    タミーさん、ペーロケさんのコメントを拝見していると松山に行ってみたくなりました(笑)
    市内の殆どの場所から松山城が見えるとは羨ましいですね。
    広島市内においてHillや夜景が当てはまるところを考えると竜王公園が浮かびました。
    ただ現状ではレジャーで人気のスポットとは程遠いですね。特に夜は。。
    子供が遊ぶ所はあるのでもう一度ここを娯楽の観点から手を加えることも必要かもしれません。

  11. タミー 返信

    武田山の銀山城復元も是非実現して頂きたいですね。
     
    郡山城跡へは一度訪れてみたいと思っていますが未だに行ったことがありません。
     
    話がそれて恐縮ですが、銀山城と同様にその毛利氏の古戦場にもなった厳島ですが、宮島の管弦祭には昔、嵐の中、広島市江波と呉市阿賀の漁船が管弦船を救助したので、江波と阿賀の船が管弦船を先導して祭りを構成しており、廿日市市・広島市・呉市の3市が協力してもっと積極的に祭りを盛り上げるべきだと思っています。
    世界遺産で行われるメインイベントでストーリー的にもピッタリなのに、3市の連携や広報活動が上手くいっているとは言い難い気がします。
    また、伊予鉄道の街づくりに於ける貢献度をみると、広島電鉄の不甲斐なさを実感せさるを得ません。どちらが政令市の私鉄かわかりません。
    伊予鉄道は地元の方が熱意を持って開業されたのに対して、広島電鉄は大林が開業したインベーダー的企業で本社の事情に振り回され経営者が変わっても名門意識だけが強く地域に貢献など現場の社員にはあったかも知れませんが、経営陣にはあまりなかった企業風土のように見えてしまいます。
     
    広島電鉄の力量不足がどれだけ広島の街づくりにデメリットをもたらせてきたかを、もっと謙虚になって頂きたいと思ってしまいます。
    近くに伊予鉄道さんがあるので、頭を垂れてそこから学んで頂きたいと思います。
     
    今朝、衛星放送を見ていると、モロッコのカサブランカの路面電車が映っていて、グリーンムーバと同じく5両編成の車両を2つ連結した長い車両で走っていました。気になって調べてみると2012年12月に開業したばかりで、街なかでは車を締め出したり、線路沿いに大きくかなり高さのある花壇を点点と置いて車の侵入を防いでいる様子が見れました。
     
    路面電車の見直しも、世界各地で進んでいることも実感し、広電と同様に路面電車を営業している伊予鉄を思い、広電にエールを送りたくなりました。
    広電が本当の意味で成長すれば広島の街づくりに大きく貢献することは誰の目にも明らかですから、その責任は重いと言わざるを得ません。

  12. 匿名 返信

    松山とかwそんな田舎町より娯楽がないとかつまらん冗談を。広島人のネガティブ自虐ぶりには、同じ市民として恥ずかしく思うね。自分の街をけなすのがカッコいいとでも思ってるんでしょうか?嫌なら出てけばいいのに。まあなりすましとかいっぱいいるんだろうけど

  13. タミー 返信

    松山を過大評価する必要はありませんが、過小評価するのは如何なものかと思います。
     
    松山は、広島と比較して街の規模に於いては半分程度にも満たない大きさの街であるとはいえ、全ての面で、広島の方が勝っているというわけではありません。
    良いところは、謙虚に学び、見習う姿勢が大切だと思います。
     
    広島人の自虐癖については、確かに考えものですね。
     
    うちわでの話であれば問題はありませんが、自虐を本気に受け取る空気の読めない他の地域の人間が居るとおかしなことになってしまいます。
    「そんなコトよそのアンタに言われたくない!」と思ってしまいますからね。そんな空気の読めない人間って、時々居るので、特に、広島以外の他の地域では自虐的な発言は慎むべきだと私も思います。
     
    しかし、広島の街づくりを本気で考えるならば、たとえ広島より規模の小さな街からでも良いところがあれば謙虚に学ぶ姿勢もまた重要ことだと思います。

  14. タミー 返信

    松山を過大評価する必要はありませんが、過小評価するのは如何なものかと思います。
     
    松山は、広島と比較して街の規模に於いては半分程度にも満たない大きさの街であるとはいえ、全ての面で、広島の方が勝っているというわけではありません。
    良いところは、謙虚に学び、見習う姿勢が大切だと思います。
     
    広島人の自虐癖については、確かに考えものですね。
     
    うちわでの話であれば問題はありませんが、自虐を本気に受け取る空気の読めない他の地域の人間が居るとおかしなことになってしまいます。
    「そんなコトよそのアンタに言われたくない!」と思ってしまいますからね。そんな空気の読めない人間って、時々居るので、特に、広島以外の他の地域では自虐的な発言は慎むべきだと私も思います。
     
    しかし、広島の街づくりを本気で考えるならば、たとえ広島より規模の小さな街からでも良いところがあれば謙虚に学ぶ姿勢もまた重要ことだと思います。

  15. 匿名 返信

    あーあ。
    こりゃ横にでかくなりますよ。
    いったとしても80mくらいでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。