三井不動産、中町に19階建てマンション建設へ

201402nakamachi-4.jpg

 
 
現在、隣接した敷地でそれぞれ2015年8月と2015年2月の竣工を予定し建設しているGAパートナーズの「ソシオタワー中町」、アイレストホームの「アイレスト中町 サンテ・フェスタ平和大通り」ですが、
細い市道を挟んだ東側に、三井不動産レジデンシャルが地上19階建ての分譲マンションの建設を計画していることが分かりました。
 
アイレスト中町は地上19階建て、ソシオタワー中町は地上20階建てなので、
中区中町の非常に狭い範囲に60mクラスのマンションが3棟並ぶ事になります。
 
【広島経済レポート】:三井不動産 レジデンシャル平和大通りに19階建て分譲マンション建設へ (以下転載)

 平和大通り沿いの中区中町10-8の日本興亜損害保険ビル跡に、三井不動産レジデンシャル中国支店(中町9-12、大堀正博支店長)が、19階建て分譲マンションを計画している。三井ガーデンホテル広島の東隣に19階建て「アイレスト中町サンテ・フェスタ」と20階建て「ソシオタワー中町」の2棟が建設中の東隣。これで同大通り沿いに並んでいたオフィスビル3棟が、60メートル級の分譲マンションに建て替わることになる。

(ここまで)
 
コメントでまささんに教えていただきました。ありがとうございます。
 
 
三井不動産がマンションを計画する敷地は日本興亜損害保険ビルが建っていましたが、
前回の中町レポでこのビルの解体が始まっていることを確認しました。
ソシオタワー中町 & アイレスト中町 2014.02 2棟の東隣もマンションに
 
この中から予定地の画像をいくつか。
 
201402nakamachi-6.jpg
 
 
201402nakamachi-3.jpg
 
 
201402nakamachi-7.jpg
 
 
法令によって60mを超える建物は構造基準が引き上げられるので、コストを抑えるために59.○○mの19~20階のマンションが増えてきています。
特に平和大通りでの新規のマンションは60mクラスのものが当たり前と感じるほど増えてきていますね。
最近のものではライオンズ平和大通り、ソシオタワー中町、アイレスト中町、ウィングタワー平和大通り、
少し前のものだとルミナス小町、ライオンズ”タワー”平和大通り、ハウス・バーンフリート平和大通り。
これら全て平和大通り沿いに建つ19階または20階のマンションです。
 
三井不動産レジデンシャルのマンションが完成すれば、
3棟の60mマンションと、西側の三井ガーデンホテル(86m)の計4棟の高層ビルが横並びになりますね。凄まじいです。
 
前回のコメントも拝見しましたがやはり広島駅周辺の開発も見据え、
中心部のオフィスエリアの移り変わりを感じますね。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

2 件のコメント

  1. きちきち 返信

    三井の16階以上のマンションは久しぶり、縮景園以来ですね。
    ここ最近、三井三菱の財閥系のマンションが急増しているような。
    それだけ広島は市場価値があると判断されている証左でしょうか。
     
    この物件に名を連ねている「株式会社バルコム」が気になります。
    BMW販売のバルコム、不動産事業にも参入なのでしょうかね。

  2. 鯉党α 返信

    >きちきちさん
    パークグラン縮景園ですね。
    確かに三菱地所を筆頭に都心回帰を引っ張っている印象ですね。
     
    バルコムは確か数年前から不動産業も行なっていたと思います。
    賃貸業のイメージでしたが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。