相生通りに大規模オフィスビル! 広島八丁堀共同プロジェクトが始動

2014年に入って最初の大きなニュースです!

日本生命保険相互会社(日本生命)と広島電鉄は、中区八丁堀の「日本生命広島第二ビル」と「第二広電ビル」を
共同で一つの複合オフィスビルに建て替えることについて合意しました。
2018年1月(平成30年1月)の竣工を予定します。
(コメントとツイッター両方で教えていただきました。ありがとうございます。)

スポンサードリンク

【日本生命保険相互会社 / 広島電鉄】:(仮称)広島八丁堀共同プロジェクトについて(PDF, 約470KB)

hatchobori_office-image.jpg
(仮称)広島八丁堀共同プロジェクト 完成イメージ(上記PDF資料より)

ビルの概要としましては、高さ約80m、地上17階・地下1階の鉄骨造。(一部鉄骨鉄筋コンクリート造)
敷地面積は2577平方メートル、延床面積は2万5516平方メートルにもなります。
構造は耐震性に優れた制震構造を採用し、備蓄倉庫などの防災機能も備えます。
ビルには129台を収容する駐車場も含まれるとのこと。

建設地はこちら。


より大きな地図で (仮称)広島八丁堀共同プロジェクト を表示

201106hatchobori-1.jpg

201106hatchobori-2.jpg
(どちらも2011年6月撮影)

まだきちんとした画像がありません。
解体され現在駐車場になっている朝日会館は道路を挟んで西側です。
画像で大きく写っているのが第二広電ビルとなります。

以上概要をまとめてみました。

これはビックリしました。
朝日会館跡地でもなく、先日紹介した損保ジャパン東京建物広島ビルでもなく、
このような形で八丁堀の既存ビル2棟を解体した上での複合ビルとは。
意表を突かれたとはまさにこの事ですね(笑)

ビルの規模も大きいです!
高さ80mは稲荷町から本川町まで相生通りで最も高いビルになります。
高さ約60mの広島トランヴェールビルディングでかなり存在感を感じていますから、完成すれば通りのイメージがさらに変わりそうですね。

延床面積を見てみても、2万5500平方メートルとこの周辺ではかなり大規模なものとなります。
参考までに、
広島トランヴェールビルディングが約2万9000平方メートル
広島ビジネスタワーが約2万8400平方メートル
ですから、これらと肩を並べるオフィスビルとなります。

広島電鉄としては広島市中心部ではトランヴェールビルディングに続く2棟目のオフィスビル新築事業となりますね。
その時もそうでしたが、老朽化した中小規模のいくつかのビルを合同で一つの複合ビルに建て替えるというのはまちづくりとしても景観的にも良い土地の利用法ですよね。

トランヴェールビルディングは「広島紙屋町プロジェクト」として計画が立ち上げられ、
地上と地下の商業施設とともに、オフィスフロアは満室で開業を迎えました。
支社支店の縮小などによりオフィス需要は減りつつあるとは言われていますが、
同時に市の中心部ではオフィスとして最新の設備を備えたビルが不足気味な傾向も見られます。

「複合ビル」とありますからビジネスタワーのようなオフィスオンリーのビルにはならないのでしょうね。
第二広電ビルにはタリーズコーヒーと旅行代理の”たび館”、日本生命広島第二ビルには広島銀行八丁堀支店が入っていますから、
少なくともこれらのテナントは再び新ビルの路面店で営業するものと思われます。

このスクラップアンドビルドで中心部もさらに生まれ変わって存在感をアピールしてほしいです。

もちろん、(仮称)広島八丁堀共同プロジェクトはこのブログで定期レポしていくつもりです。

6 comments

  1. オノレッド Reply

    再開発らしい再開発計画って久しぶりですね。
    ここ最近建つのはマンションばかりで、広島にはもうオフィスビルは建たないのかと心配していたところだったので、このニュースにはかなりテンション上がってしまいましたw
     
    あとは朝日会館跡地に同程度のオフィスビルを建ててくれたらツインタワーとしてかなりの迫力になるはずなのですが…あそこはこのまま駐車場なんですかね。。。

  2. 鯉党α Reply

    >オノレッドさん
    純粋に民間のみの再開発ではトランヴェール以来でしょうかね。同じく興奮しました(笑)
    朝日会館跡地もいつまでも駐車場では情けないですから、そろそろ動き出してほしいですね。

  3. ビルフェチ Reply

    これは熱いですね!いろんな街の建物を見ていて思うのですが、景観に関しては非常に高い建物が散発的に2,3棟建つよりは、80mそこそこの高さの建物を中心に数が増えるほうがインパクトが大きいように思います。歩いていると80と100の違いってあんまりわかりませんしね(笑)今後もこれぐらいの建物や、建坪の大きな建物が増えると街が新しくなったなー、って思えそうですね。レポート期待してます!

  4. タミー Reply

    レポートお疲れ様です。
     
    個人的には同じ位の高さに揃った、オフィスビルが建ち並んだ相生通りの景観がとても気に入っていたので紙屋町交差点のトランヴェール(広電と三井)のような高さとボリュームは、時代の流れで、果たして相生通り全体がボリュームアップ出来るのだろうかと考えて、厳しいのではないかと勝手に思い込んでいました。しかし、今回の八丁堀での東急ハンズ隣の広電と日生とによるスクラップ&ビルドを聞くと広電の社運を賭けたプロジェクト、つまり相生通りを将来に亘って広島の中心街とする意気込みが強く伝わってきました。他のコメントでも書きましたが、金融再編成の時期に、相生通りにあった旧都市銀行7行全ての広島支店がメガバンク3行への統合に伴い(紙屋町交差点のトランヴェール向かいの旧日本興行銀行現在のみずほ銀行広島支店を含む)鯉城通りにあった旧都市銀行3行の場所へと行ってしまった為、相生通りから消えてしまっています。その分スクラップ&ビルドにおける仮営業オフィスの確保が相生通りで容易になっており、今がチャンスと踏んでいるようにも思えます。
    広電の本気は広島駅からのアクセス改善への意欲と私は前向きに受け取っています。
    しかし、相当の本格的なアクセスの改善なくしては相生通りの地位死守は叶わないとも思っています。
    即効性を求めて広島都市圏内でオフィスを構えるならば、現状では山陽本線沿線にするべきだと思わざるを得ません。
    それにしても、民間による競争原理は、街づくりを加速してくれそうでその威力を見せつけられたような気がします。私は広電は力量不足だと繰り返してコメントしていたので本当に面目ありません。広島人にとっては、まさに可愛さ余って憎さ百倍といったところで、お許し下さい。 広電次第では、広島のオフィス街は老舗・名門を自負する企業が相生通り・鯉城通りを中心とした「街(まち)」に、馬力のある比較的に新興の大企業やベンチャー企業は広島駅周辺から白島新駅更に横川駅へと続く「山陽本線沿線」へと二分化する可能性も出て来たような気がして大変楽しみになってきました。
    それには、やはり広島都市圏内の既地場優良企業や新興地場企業の更なる大きな発展が前提条件になるので、これらまだまだ厳しい道のりが待っており本当に大変だとは思いますが是非とも頑張って頂きたいと願っています。
     
    レポート楽しみにしております。今後も宜しくお願い致します。

  5. 匿名 Reply

     同じ高さのそろった景観が相生通りの良さでもある中で、突出したビルを建てるならば、もう少し単独で絵になるデザインにして欲しいですね。同じく相生通りにある高層オフィスビルのハイビル21のように。
    このあまりに無骨で角が立つデザインは隣のビルとの連続性があって始めて絵になるデザインのような気がします。これでは折角の景観が台無しのような気が・・・。私の思い込みでしょうか?

  6. 通りすがり Reply

    たいしたニュースではありませんが、
    日本生命広島第二ビルの駐車場でボーリング調査が行われていました。
    建替えのための調査でしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。