広島南道路(広島高速)建設工事 【江波地区】 2014.03 もう通れそう?

今日の深夜2時頃、瀬戸内海の伊予灘を震源とする大きな地震がありましたね。
私の住む広島市でも震度4の揺れを観測したそうで、その時間はまだ起きていましたが久々に恐怖を覚えました。
今回はまだ大きな被害が無くてよかったですが、近い将来に東南海巨大地震も危惧されています。
心の準備も必要だと実感しました…。
1周間はまだ余震のおそれがあるようですから気をつけましょう。
 
 
さて、今回も開通を間近に控えた広島高速3号線・広島南道路です。
昨日更新した吉島地区に続き、本川を挟んだ西側の江波地区を紹介します。
広島南道路(広島高速)建設工事 【吉島地区】 2014.03 開通目前!平面部も大詰め
 
江波地区は昨年12月に訪れたのが最後です。
広島南道路(広島高速)建設工事 【江波地区】 2013.12
 
 
昨日の記事の流れを加味し、東側から紹介していこうと思います。
まずはこちらですね。
 
201403kousoku_eba-1.jpg
 
本川に浮かぶ、江波大橋(一般道部分)と本線の本川大橋(高速道路部分)です。
まさに昨日の終わりの方に紹介した橋を今度は江波側から見ています。
 
撮影地点の護岸は以前までは高架橋の真下は入れないようになっていましたが、ここが開放されました。
 
201403kousoku_eba-2.jpg
 
 
このような構図で撮ることができます。
 
201403kousoku_eba-4.jpg
 
 
江波大橋のこの絶妙な曲線が美しいです。
 
201403kousoku_eba-3.jpg
 
 
同じ護岸から西側観音方面を。
 
201403kousoku_eba-5.jpg
 
こちらもかなり壮大です。
手前の空き地は、吉島~江波間の一般橋梁を建設するための用地です。(第二江波大橋?)
しばらくはこのままですね。
 
 
護岸を去り、江波地区最初の交差点へ向かいました。一般道の江波大橋の西詰めにあたります。
 
201403kousoku_eba-8.jpg
 
ご覧のとおり信号機の設置や舗装が進み、また一歩完成に近づきました。
ここは「かきうち通り交差点」という名称になるようです。
 
 
交差点から江波大橋の方を見てみました。
 
201403kousoku_eba-6.jpg
 
今にも通行できそうですね!
江波大橋は暫定的に対面通行ですが、江波地区の平面部は完成4車線での供用開始となります。
吉島方面からやってきた車は画像中央の作業車両のあたりから、橋脚の反対側へ分岐・移行します。
 
 
それではここから西側の舟入通りに向かって進んでいきます。
 
高架の北側と・・・
 
201403kousoku_eba-7.jpg
 
 
高架の南側の様子です。
 
201403kousoku_eba-9.jpg
 
高架・平面ともに完成間近です。
特に平面部は他の地区と違って完成4車線での整備なので、変貌ぶりが際立って感じますね。
 
 
舟入通りまでたどり着きました。
 
201403kousoku_eba-10.jpg
 
舟入通りと交わる交差点は「江波本町交差点」。従来の名称を引き継ぎます。
画像右手が広島電鉄の車庫がある北側です。
やはり交差点部分の遮音壁は透過タイプになるのですね。
標識には「国道2号線」の表記もありますが、吉島から観音に至るこの平面一般道部分も「国道2号線」です。
混乱を招かないと良いのですが…。
 
 
同じ江波本町交差点から、振り返って高架の北側を見てみます。
 
201403kousoku_eba-12.jpg
 
奥が吉島方面になります。
平面道路と副道の間にこのように石垣が見えます。
人も入れるようになっていますので、ちょっとした憩いの場になるのでしょうかね。
 
 
では、さらに西側へ進みます。
 
201403kousoku_eba-11.jpg
 
右手に見える山が皿山になります。
皿山の南側に沿っていくつかお店や民家があるのですが、そこまでは副道が傾斜で盛り上がって接続されるようになっていました。(前回
 
 
同じ場所を、一気に西側の気象館通りまで移動して撮影したものがこちら。
 
201403kousoku_eba-13.jpg
 
5mほどは高低差があります。
 
 
撮影している場所は、交わる道路の名称のまま「気象館通り交差点」という名称になりました。
南北の両側に非常に大きな看板もお目見えしています。
 
201403kousoku_eba-16.jpg
 
 
交差点から東側吉島方面を臨みます。
 
201403kousoku_eba-14.jpg
 
この周辺の仕上がり具合も見事なものですね。
 
 
ここを振り返ると、もう天満川が目前です。
 
201403kousoku_eba-15.jpg
 
将来はここに観音方面へのハーフランプも建設される予定なので、橋脚や橋桁も少し幅が広くなっているのが分かります。
ずっと奥には、「都市高速観音料金所」や太田川のアーチが見えますね。
 
 
天満川を渡る区間も一般道部分は暫定2車線に戻りますので、気象館通り交差点以降は対面通行になります。
 
201403kousoku_eba-17.jpg
 
ここから見る景色は毎回驚かされている気がします(笑)
こちらも今にも通れそうな仕上がりです。早く通りたいですねー。
 
 
天満川の護岸まで移動しました。振り返って東側吉島方面を見てみます。
 
201403kousoku_eba-18.jpg
 
標識の下が一般道部分。一番手前の道が、気象館通りと天満川の護岸を行き来できる歩行者道になります。
本線高架部はここでもガラスタイプのものが採用されていて開放的ですね。
 
 
護岸から観音方面を臨みます。
 
201403kousoku_eba-19.jpg
 
本線高架部が「天満川大橋」、一般国道部分が「観音大橋」という名称になります。
次回は観音地区のレポートをする予定です。
 
 
「高速3号線 3月23日開通」という看板も書かがられていたりと、各エリアで開通の足音が聞こえてきています。
 
今回は以上です。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. タミー 返信

    ブログ更新お疲れ様です。
     
    江波地区に都市高速道路が走るなんて一昔前では想像すら出来なかったので、広島での本格的なハイウェイ時代の到来を強く感じ、モータリゼーションの威力を痛感します。
    江波地区と言えば、以前にもコメントで書きましたが、世界遺産である宮島の厳島神社で行われる管弦祭で、呉市の阿賀地区と共に、江波地区の船が管弦船を先導する大役を許されています。これは、大嵐の中で江波地区と阿賀地区の船が命がけで管弦船を救助した功績によるものだそうです。今の広島市と呉市の一地区が廿日市市の厳島神社で行われる一大イベントに参加するわけで、ストーリー的にも大変強調すべき内容であり、もっと3市が協力して広報活動を積極的にしなければならないと思います。
    戦前は全国の漁師さん達が集まり海の安全を祈願したそうです。
    今回の地震の震度を見てもわかる通り、広島・山口・愛媛・大分は海で繋がっています。時代が水運から陸運、更にハイウェイへと変化して、山陰地方との交流が急速に密になってきている一方で、以前よりは瀬戸内海を挟んだ愛媛や特に大分とは疎遠になっているように感じます。水運・海運の見直しも広島の大きな課題の一つのように思えます。
    また、広島は都市高速道路の制度を利用して、実質バイパス・産業道路の充実を図って都市基盤の整備をしているように思えます。それはそれで大変有益であると思います。しかし、都市高速道路の本来の目的である都心内での自動車交通の緩和策も早急にすべきです。特に、路面電車との共存を図っていく方針であれば、都心内に於ける都市高速道路の整備は必要不可欠だと思います。
    江波地区の高速3号線のレポートを拝見すると色々考えてしまいました。
     
    レポート頑張って下さい。とても楽しみにしています。

  2. タミー 返信

    今朝の日経、産経各紙に三菱重工業とIHIとが航空機エンジン部品の生産協力について協議しているという記事が比較的大きく掲載されていました。
    呉市にあるIHIからクレアライン・仁保JC・広島高速3号線で三菱重工業広島製作所が直結します。自動車部品関連企業が集積する広島市東部・府中町・海田町とも仁保JCで広島高速2号線・海田大橋で直結されて、自動車関連から更に航空機産業へと発展が期待されている広島都市圏にとっても非常に重要な朗報だと言えそうです。
    新しい地図を眺めていたら今回開通する広島高速3号線の側面一般道路の吉島通りから空港通りまでの区間が国道2号線となっています。 古い地図をよく見ると広島高速3号線の側道で宇品・出島間も国道2号線となっており、西広島バイパスからの国道2号線の高架工事の進捗状況が思わしくないことと無関係ではないように思っていましたが、航空機産業への道筋の為という発想もかなり高速3号線及び側道の建設実現に絡んでいるように思えてしまいます。
    造船が下火となってそれに代わる航空機産業の発展が本格化しそうで、今や広島都市圏の自動車関連産業と並んで基幹産業となっている流通業からの派生による食料品製造及び卸売企業の成長、自動車関連産業からの派生によるスポーツゴム製品やガラス製造に加えて、航空機産業の台頭は本当に心強く感じます。
    先日、新聞報道でも将来の人口減少による労働者不足への懸念から移民の受け入れを検討しているという記事があったようで、地方都市として経済成長が順調に推移すれば人口は堅調に増加するものと推察出来るものであり、モータリゼーションが急速に進行し経済が成長している地域に於いては、コンパクトシティーという発想は都心部分の再生という意味では一定の効果はあるものの都市圏全体の活力を失ってしまい、都市の老衰化を引き起す引き金となる危険性が高いと大変危惧しております。
    風潮的にモータリゼーションに乗った郊外の発展が都心の衰退を招くとして忌み嫌うようですが、郊外の成長が止まれば都市圏の老衰か始まってしまうことを念頭に置き、郊外の成長への反動としての都心回帰であると理解すべきだと私は考えています。

  3. たく 返信

    まずは、今回の地震で被災された方にお見舞い申し上げます。東日本大震災を思い出した方も少なくないでしょう。余震に気を付けたいものです。
    広島高速の値上げも発表されました。公共交通も値上がりますし、厳しい春となりそうです。
     
    広島ブログで、何と6位ですよ!たまげました!

  4. タミー 返信

    マツダの部品関連企業のデルタ工業と東洋シートの共同会社のメキシコ進出の報道があった後、今度は西区横川の広島アルミニウム工業がメキシコで2つ目の工場を建設することと、マツダのメキシコ工場が7月より2交代制となる旨の報道があり、1100円のベースアップ・一時金の満額回答と、明るいニュースが続々と入って来ています。超円高による毀損が他社と比較すると大きかった為にベースアップの回答額が期待外れだとする声も聞かれますが、その円高対策としてメキシコ工場の稼働が本格化し、タイでの増産報道と言い、来期も順調に飛躍出来る可能性を強く感じます。
    東広島市志和(中区三川町発祥)のマツダの部品関連企業であるヒロタニが福岡県飯塚市に進出してトヨタ自動車へも部品供給を予定するなど広島都市圏の企業の国内外での飛躍が現実化してき始めた印象を強く受けます。
    そんな最中の高速3号線の開通は非常に弾みがつくものと期待します。
    駅前Cブロックの着工が来月14日に決定し再開発事業も計画段階から実現へと本格化し、広島都市圏に於ける経済活動の活発化に伴い労働力の不足が懸念されるまでになってきています。
    漸く大きな車輪がまわり始めた印象が強く来年度はこれまでの復興段階から飛躍へと変化するものと期待しています。
    BCブロックの計画は景気が冷え切った頃の産物で今となっては内容が物足りない感じが強くしますが、その分二葉の里など他の再開発事業で実現出来るものと期待しています。
    「全ての事柄は経済から始まる」マルクスは言い過ぎだとは思いますが、「産業の発展が社会を豊かにする」とした、サン=シモン主義が単なる空想社会主義とは思えない気がしてなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。