ハイウェイウォーキング!【太田川大橋編】 巨大アーチを間近に

201403highway1-17.jpg

 
 
本日16日、開通目前の自動車専用道路広島高速3号線・広島南道路を歩く、
開通記念ハイウェイウォーキングが行われました。
 
私自身も待ち望んだこのイベント、もちろん朝から参加してまいりました。
10km以上は歩きました。今はとにかく足が痛いです…
それでも何度も下から見上げてきた私にとっては、可能なら毎週やってほしい位の面白いイベントでした(笑)
早速紹介していきたいと思います。
 
掲載したい写真が多すぎるので、記事を【太田川大橋編】と【広島高速吉島-観音編(仮)】の2つに分けて紹介していきたいと思います。
 
 
まず今回は太田川大橋編です。
昨年5月、台船による巨大アーチ架設工事が行われた太田川大橋を含む、広島市が整備する広島南道路高架部(「都市高速観音料金所」から西側)をまとめます。
広島南道路(広島高速)建設工事 【西部地区】 2013.05 巨大アーチ架設!
 
 
今回のイベントの入口です。
 
201403highway1-1.jpg
 
観音ランプの入口のスロープを上っていきます。
ここのランプウェイや看板など以前訪れた時とはまた大きく完成に近づいておりました。
この様子はまた別途、高速レポの【観音地区】で紹介します。
 
 
ドキドキです。
 
201403highway1-2.jpg
 
観音~商工センター間は広島市が整備する無料区間なので料金所はもちろんありません。
 
 
スロープを上りきると・・・
 
201403highway1-3.jpg
 
きました!本線合流部分です。
すぐに太田川大橋のアーチが飛び込んできます。
 
太陽が西側に傾くと逆光になってしまうので、迷わずあのアーチへ向かいました。
 
201403highway1-4.jpg
 
商工センター、果ては岩国まで広島高速1・2・3号線から行くことができるようになりますね。
真新しいアスファルトと相まって本当に美しいです。
 
 
201403highway1-19.jpg
 
 
ここからは撮影時間はバラバラです。
アーチの北側を商工センター方面へ進んでいきます。
 
201403highway1-14.jpg
 
大空に突き出るアーチが綺麗です。
 
 
近づいてみます。
 
201403highway1-5.jpg
 
こう見るとトラスが力強くドッシリとした印象もあります。
 
 
2つのアーチが繋がる部分。
 
201403highway1-6.jpg
 
橋脚に繋がるコンクリートブロックにしっかりと接続されています。
 
 
2つ目のアーチを過ぎると今回のイベントの西の終点にたどり着きます。
 
201403highway1-7.jpg
 
 
201403highway1-10.jpg
 
 
 
ちょうどこの付近の中央分離帯が、以前下から見上げた楕円の穴が開いているところですね。
 
201403highway1-11.jpg
 
下から見上げた様子はこちら。
 
 
ここから北側を見れば、庚午橋の立体交差や太田川放水路の岸壁など。
 
201403highway1-9.jpg
 
護岸の歩道から毎回写真を撮っていたものです。
護岸から撮影したものがこちら。
 
 
行き止まりですので、引き返して吉島方面へ進んでいきます。
 
201403highway1-12.jpg
 
こういった標識も新鮮です。江波、吉島地区にはランプはありませんので
この観音ランプで降りて平行国道から向かうことになります。
 
 
真っ白なアーチが美しいですが、夜間は宇品大橋のようにライトアップはされるのですかね。
 
201403highway1-8.jpg
 
 
最初のアーチの東側まで戻りました。ここから観音料金所方面。
 
201403highway1-13.jpg
 
ご覧のとおり今回もかなりの人出でした。ニュースによると1万人の市民が参加したそうです。
 
 
この辺りから、道路の南側を見てみました。
 
201403highway1-18.jpg
 
現在は広島ヘリポートとして利用されている、旧広島西飛行場の滑走路跡です。
本当にすぐそこです。こうやって見ることもあまりないですね。
滑走路の短縮とセットで高架方式が採用されましたが、開通を前に廃港・ヘリポート化されています。
 
 
観音ランプまで戻ってきました。
 
201403highway1-16.jpg
 
右側のランプウェイが入場してきた場所です。
商工センターから観音ランプまでは4車線での整備なので、高速道路としてかなり立派ですし開放的です。
 
 
 
料金所の方へ進みます。途中振り返り太田川大橋の方を撮ってみました。
 
201403highway1-15.jpg
 
旧飛行場付近では高さが抑えられているので、かなり高低差があります。
平面でも緩やかにカーブを描いており、今回のウォーキングで最も感激した光景でした。
 
 
あと100mほどで都市高速観音料金所ですが、今回はここまでです。
観音以降はまた明日記事に致します!

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

5 件のコメント

  1. カッツー 返信

    個人的には西飛行場跡地がどのように利用されるのか、大変興味があります。
    やっぱり遊園地がいいのかなーっと思ったりしています。
    フェラーリが次なるフェラーリパークの建設予定地を探しているようなので、
    広島をと言いたいところですw。
    もっと広島には一年を通して人が集まり、楽しめる場所が必要だと思います。
    世界遺産だけでは、歴史や文化を堪能して終わりといった感じになります。。。
    そういった意味で、遊園地は跡地利用の対象になってもいいのではと思いました。
    広島にあるフェラーリのディーラーが世界で最も優れたディーラーとしてイタリアのフェラーリから表彰されましたし、フェラーリが広島に注目してくれないかなと思ってますw。

  2. らっち 返信

    本題とは関係ない話なのですが、凄いですね、広島ブログ第一位ですよ! 僕が昔、参加していたときは100位にすら入ったことなかったのに(笑)
    基本、僕のブログと同じ系統のブログと思っているのですが、この差は何なのでしょう?(笑)
    ともあれ、頑張って下さいませ!

  3. ペーロケ 返信

    ほんと、羨ましいですね。
    私が気づいたときには受付が締め切られていたので、私も参加したかったですね。
    抽選ということもあって、涙を飲んだ人も多いのでは?

  4. むーばす 返信

    私が学生の頃、過ごしたエリア(南観音・江波・舟入)を、今回は違った角度からの目線
    で見る事が出来るようになるなんて想像がつきませんでした。何より都市高速が通ること
    自体、夢のようです。
    このたび鯉党さんの渾身のレポートでそれを目にすることが出来たことに感謝申し上げます。
    次の機会に広島を訪れた時にはぜひ、この高速道路を走ってみたいものです。
     
    それにしても「街づくり日記」が広島ブログのダントツ一位とはすごいことですね。
    それだけ皆さんの関心の高さがうかがわれますと同時に、鯉党さんのブログの企画の
    すばらしさとその分析力や取材力の確かさが感じられ見ていて飽きません。
    だから毎日見てみたいという気持ちにさせられるのだと思います。
     
    私も当地で地域ブログに参加したことがありますが、ベスト10位くらいになったのが
    精一杯でした。継続してタイムリーに更新することが何よりなのですが、今はもう
    更新すること自体もしなくなってしまいました。順位に一喜一憂するとダメですね。
     
    私達、県外組にとっては、広島の“今”と“未来”を知ることの出来る唯一の場であるこちら
    のサイトを、これからも無理のない範囲で運営を行ってもらえると幸いです。
    鯉党さん、いつも本当にありがとうございます!!

  5. 鯉党α 返信

    コメントありがとうございます。
    「広島ブログ」週間ランキングですが、一週間経たない内に1位を獲得することができました。(今日で一週間ですが)
    これは他でもなく応援してくださる皆様のおかげでございます。
    心より感謝致します。
    趣味で始めたブログですがこれからも皆様のために、"今の広島"を追いかけて行きたいです。
     
    >カッツーさん
    せっかく広くて騒音もあまり気にしないでいい場所があるのですから、やはりレジャーで利用できるテーマパークのようなものが良いですね。
    先日Eタウンでそのディーラーが取り上げられていましたね。
    フェラーリが進出するなら万々歳です(笑)
    そうでなくても地元でマツダという個性的なメーカーがあるのですから、見て乗って体感できるクルマのテーマパークなんてのも面白そうです。
     
     
    >ペーロケさん
    そうなんですね。。
    もう少し大きくこのブログで告知していればよかったです…申し訳ないです。
    枠は一応2000人あったようですが、実際どのくらいだったのかは分かりませんね。
    参加した印象では、地元住民8000人ってホント?という感じだったので、抽選で選ばれた人はひょっとするともう少し多いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。