駅前線、勾配4.5%は広電側から

路面電車駅前大橋線について広島市にメールで質問をしていました。
ちょうど1週間前になってしまったのですが返答がありましたので紹介します。
しかしめりみりさんのブログの内容とほとんど同じものだったので簡単に済ませたいと思います。
(勝手にリンクを貼らせてもらってすみません…)
 
市が試算する4.5%という勾配について、
広島電鉄から運行できる最大の勾配が4.5%と聞いているため。
 
3月末にも打ち出す広島市の方針と、広島電鉄の主張が異なる場合の対応について、
基本方針については広島市が最終的な決定するものの
運行事業者等の意見を踏まえる必要があることから、広島電鉄とは協議調整のうえ決めることになる。

 
検討委員会第2回開催資料【5/6】(PDF形式です)に関して
高架案の断面図で橋脚が地下広場の上端までしかない(地下広場を貫通するのではなくて)ことについて
概略検討の中で地下広場の下を改良するなどの対策を考えいるが、
現時点では概略検討の段階であることから、課題については今後詳細な検討を進める中で整理していく。

 
 
まとめてみるとこういう内容でした。
広島電鉄が最大4.5%まで登れると言っているのなら勾配に関してはクリアしたことになりますね。
「登れない」という意見は矛盾します。
 
3つ目の回答にしてもそうなのですが、
本当にまだ概略の部分しか検討されていないようですね。
(1案に絞る段階なので当たり前といえば当たり前ですが…)
 
ますます高架が実現可能に見えてきました。
広電の動きが気になりますが、どうにか高架に決まって欲しいです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. めりみり 返信

    ご紹介ありがとうございます。めりみりです。
     
    やはり、私が聞いた時以上の情報は広島市からは出てこないようですね。
    正直なところ残念です。
     
    おっしゃるとおり、(広島市いわく)広電は4.5%まで可能だと考えているそうなので、勾配に関しては広島市が示したどの案も問題ないんですよね。
    そのなかでも地下案が最も厳しい条件なのは私の方でも計算しているとおりです。
     
    広電の越智社長の発言の真意は本当にわかりません。どの角度から見ても矛盾しています。
    しかし、新聞できっぱり言っているので、「地下以外にしたくない」こと自体は広電のホンネだと思いますが……
     
     
    HIROTOさんが高架の地下構造について聞いてくださっていますが、これはとても興味深い問題です。
    私は広島市の示した絵の通りにつくるのは不可能じゃないにせよ非常に困難だと考えています。
    簡単に言いますと、地下広場の下に杭を打つ場合、素直に上から掘り進めていって、上から杭を入れるというわけには行かず、大変ややこしい工事が必要になりますので。
    (地下広場の床に穴を開けた上で柱の下まで数m掘り、その空間を基地にして掘削機を入れて掘り進め、穴が硬い地盤に達したら、短い鉄筋を入れていって穴の中で溶接して30mほどの鉄筋を十数本つくり、最後にコンクリートを流し込む、という具合でしょうか)
    それと、既存の柱を補強して、柱の上に橋脚を支えるための梁を作る作業もあります。
     
    (なお、私の案では、地下広場にある柱を避けた位置に杭を打つように考えていますので、通常の工法で対応できます)
     
    またこの問題についても、もう少し考えてみたいですね。

  2. HIROTO 返信

    >めりみりさん
    ですね。今日の中国新聞には3月末ではなく今年夏までに最終決定するとありましたね。
    しっかり議論してとにかく遅れないように開業させてほしいものです。
     
    広電の姿勢は二葉の里までの延伸に相当こだわっておられるように見えます。
    自分が全てお金を出すならまだしも、ここは広島市・JRが説得して欲しいですね。
     
     
    なるほど~。
    やはり市が試算した案は不十分な点が多いですね。とりあえず3案を比較するために適当に作ったのかも(笑)
    広島市の方ももっと詰めたところまで考えていただきたいですね。

  3. GK 返信

    最終決定延期になったようで残念です。(しかもたった10行と小さい扱いでしたし…)
     
    私としては二葉の里に延伸すると言ってもバスターミナルからさらに駅北部地域、特にソレイユ方面に延伸するのであれば路面電車を敷くことの需要が見込めるだろうと思うのですが、バスターミナルまでの1区間だけで終わらせてしまうのであれば広島駅自由通路とペデストリアンデッキに動く歩道を整備したほうが費用対効果の面で得策だと思っています。
     
    広電も市ももっと手の内を公開すればいいと思うんですけどね…特に地下案にかかる費用の試算が双方で大きく異なっているわけですし。

  4. HIROTO 返信

    >GKさん
    申し訳ありません。2月に頂いたコメントですが返信漏れでした。。
    牛田や府中方面への延伸が見込まれるなら期待したいということですね。
    確かに仮に地下案で決定したとして二葉の里までだけなら物足りないというか書く方面から広島駅へ通ずる新たな路線を期待したいものですね。広電もその計画をはっきりさせた上で地下案を主張して欲しいです。
     
    概算の段階ですから難しいのかもしれませんが是非とも予算の内容を明かして議論をするべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。