ICカード『PASPY』が25年3月で廃止へ 代替はQRコードとICカード併用へ

ついに具体的な廃止のスケジュールが明らかにされました。

維持管理にコストが掛かるとして廃止する方針が示されていた広島都市圏の交通系ICカード「PASPY」について、
2025年3月までに廃止し、新規開発するアカウント登録方式のQRコード決済に移行させる方針が明らかになりました。

自動改札機で運用している新交通アストラムラインは
定期券の登録も含めたICOCAでの一本化をJR西日本と合意したことを公表。

PASPYの導入からおよそ15年。
広島の交通利用体系が早くも大きく変わろうとしています。

 

21日の中国新聞の記事で、広島電鉄の椋田社長は 広島都市圏で利用できるIC乗車券PASPY(パスピー)を広電としては将来的に廃止し、代わりにスマートフォンを使ったQRコード決済の

 

PAPSY(パスピー) 2025年3月に完全廃止

【PASPY「パスピー」 公式サイト】:交通系ICカードPASPYのサービス終了について

  • サービス終了目処:2025年3月までに順次終了予定
  • サービス終了理由(抜粋):機器の老朽化による更新に多額の投資が見込まれており、システムの維持が困難になっていることから、PASPYのサービス終了の方針を決定したものです。
  • 払い戻し等の取り扱いについて:後日詳細が決まり次第お知らせ

 

 

【広島電鉄】:スマートフォンに表示させたQRコードや新たな交通系ICカードを認証媒体とする新乗車券システムの開発に着手します

  • 広島電鉄、日本電気株式会社(NEC)、レシップ株式会社(レシップ)の3社で、スマートフォンに表示させたQRコードによる乗車券システムの開発に着手する。
  • 利用者の情報は固有IDでクラウドサーバ側で管理し、機器側で処理を行わないためシステム全体のコストダウンが可能。
  • 自らのアカウントを利用してスマートフォンやPC上からチャージや定期券の購入が可能。アカウント登録時にクレジットカードや銀行口座と紐付ける。
  • スマートフォンを持っていない利用者については、専用の新たな交通系ICカードを提供し利用してもらう。
  • 乗継割引や共通定期など各種割引サービスも実装予定。
  • 2024年10月からのサービス開始を予定する。

 

【広島高速交通】:アストラムラインにおけるICOCA及びICOCA定期券の発売について

  • アストラムラインにおけるICOCA及びICOCA定期券の販売についてJR西日本と合意。
  • 連絡定期券の導入についても検討。
  • 2024年度の開始を予定。

 

【中国新聞】:【Q&A】パスピー廃止へ、広電の新しい乗車券システムとは

  • アストラムラインや他のバス事業者なども含め、全てで使えなくなる
  • 銀行口座やクレジットカードからのチャージを基本とし、現金チャーチは広電の窓口でのみ可能。車内では不可。
  • ICOCAやSuicaを使えるかどうかは未定。
  • 読み取り反応速度はサーバーと通信する分時間はかかるが1秒以内を目指す。(PASPYは0.2秒)

 

ということで、ついに廃止に向けた具体的なスケジュールと、その後の方針について明らかになってきました。
パスピーは県内の交通事業者らで作る協議会により運営されていますが、その中心的な役割を担ってきた広島電鉄が抜けるとなれば、やはり存続は困難であり、現在30以上の事業者に導入されているPASPYそのものが廃止されることは避けられないようです。
中国新聞のQ&Aによると、加盟する32社全てでPASPYは使用できなくなることが記載されています。

 

 

QR化移行に思うこと

以前から書いているように、ICカードの利便性やスピードは他に変えられず、存続の道を探るべきという立場ですが、
ここまで方針が決まっているのであれば、今後覆ることはそうそう無いでしょう。
もはや、新システム下でいかに利便性やスピードを保つことができるか、覚悟を決めて考えるべきですね。

 

とはいえ、現段階での情報では色々と気になることだらけです。

気になった点をいくつか。

①通勤通学で利用する定期券もQRコードで運用するのか?

専用のカードや乗車券が要らずスマホさえあればサービスが利用できるQRコードは、
観光客、特にインバウンド受け入れには確かに相性がいいです。
様々な事業者を横断的に案内しまとめて予約・決済までもを可能にする「MaaS」の考え方は、欧州で広く普及しています。

MaaS(Mobility as a Service)

MaaS(マース:Mobility as a Service)とは、地域住民や旅行者一人一人のトリップ単位での移動ニーズに対応して、複数の公共交通やそれ以外の移動サービスを最適に組み合わせて検索・予約・決済等を一括で行うサービスであり、観光や医療等の目的地における交通以外のサービス等との連携により、移動の利便性向上や地域の課題解決にも資する重要な手段となるものです。

(国土交通省『日本版MaaSの推進』より)

 

広島都市圏でも2020年3月から、広島電鉄が提供するサービス「Mobily」で
路面電車の1日券や空港リムジンバス、シェアサイクルなどをアプリ1つで予約・購入が可能です。
現状は乗務員にスマホの画面を見せるだけの運用になっています。
QRコードを用いた新乗車券と統合されるものと思われます。

ということで、観光客向けはQRコード、定期利用者は従来のICカードのように棲み分けを行うのかと思っていましたが、
お知らせの記載を見るとそうでもなさそうで、
定期券利用者もQRコードに移行させる方針があるようです。

以前も書いたように、
【裏表を気にせず、財布やスマホケースに入れたまま高速に通過できるICカード】
VS
【取り出してコード画面を開いて必ずその面をかざさなければならないQRコード】
では、運賃収受時間でICカードに優位性があるのは明らかです。

 

 

②ICカードではクラウド化できないのか?(QRコードである理由は?)

専門家ではないので詳しいことは分かりませんが、決済や残高管理をサーバー側で処理することで、機器側のを低コスト化に繋がるのであれば、
その手段はQRコードではなくICカードでもいいのではないか、という疑問です。

というのもJR東日本のSuicaが全く同様に、センターサーバーで処理する方式への刷新を計画しており、より柔軟なサービス開発やコスト削減によるエリア拡充を目指しています。

Impress Watch】:クラウド化するSuicaが目指す未来【鈴木淳也のPay Attention】

 

仮に、QRコードにこだわる理由が、将来的な観光MaaSとの統合、サービス拡充だけが目的なのであれば、
それは別の手段でサービス提供を行い、ICカードの利便性を取るべきと感じます。
機器にQRコードを提示するのではなく、電停等に掲示したQRコードを読み取る方式にすれば、車両側の機器としてはICカードリーダーに一本化できます。

 

 

③結局、SuicaやICOCは使えるのか?

一番重要なところではないかと思うのですが、なんとまだ決まっていないとのこと。

ただし、スマートフォンを持っていない人向けには”専用のICカード”を用意するようなので、これを使ってSuica等が利用できる可能性はあります。

Suica等を使用が目的ではなく、スマホを持っていない人にICカードを提供するという点も非常に中途半端です。
余計に、”じゃあICカードでいいじゃん?”と思ってしまうのです。

 

いっそのこと現金利用者・スマホ非利用者はについては券売機方式にして、ワンタイム式のQRコードを発行し、乗車してもらう方が統一感もあり分かりやすいのではないでしょうか。

券売機は非常にシンプルなもので、QRが印字されたレシートのような乗車券を発行するイメージです。
Suica等利用者については、自動改札機感覚でICカードをタッチすると決済完了し、即時発行されるQRコード乗車券を持って乗車してもらう。
このようにすれば、全ての利用者が乗車時と降車時に同じ動作をすることになり、
全扉のセルフ乗車を導入する際の不正防止にも繋がります。

 

 

④アストラムはQR乗車券に参加せず、ICOCAにスイッチへ

アストラムラインは、QRコードは採用せずICOCAのシステムに乗り換えることが明らかになりました。
通勤時間帯などは特に多くの利用者が集中するため、QRコードをかざして自動改札を通るという行為は現実的ではありません。
資料にはJRとの共通定期券も検討するとしています。例えば、新白島駅で乗り換える、五日市→本通(アストラムライン経由)という定期券も発行可能になるのでしょうか。

運賃が統一されるわけではないのでそれだけ料金はかかりますが、
乗り換えを行っている利用者にとっては乗車券が1枚で済むことになります。

気分的にもJRから本通が少し近くなるかもしれません。

 

以上、思うことをまとめてみました。

駅ビル建て替えと合わせて行われている駅前大橋線の整備。
まさか開業時にはPASPYが廃止されているとは夢にも思わなかったです。

運賃収受の所要時間像、利便性の低下など懸念事項は大いにありますが、
決済処理のクラウド化により柔軟な運賃設定が可能となるのは大いに期待すべきところかと思います。
先日報道のあった、広電の時間変動運賃も、このシステム変更がなければ不可能です。

これから開発を進めていくので、様々な利用者の意見を踏まえ、可能な限り利便性を保った体系となることを望みます。

【中国新聞】:広電、時間帯・曜日で運賃の変動検討 バスと電車

35 comments

  1. メソ Reply

    まーた広電アンチでコメント欄が荒れますね。
    今回の取り組み、私は非常に良いと思います。

    新システムの概要を見る限り、これは運賃収受ではありません、利用者の乗車区間管理です。
    乗降時は誰(アカウント)がどこからどこまで乗ったかを記録するに留め、運賃収受はサーバー上で定期券や年齢等の紐付け情報に基づいてゆっくりと処理するものになると考えられます。

    SUICAやICOCAではダメなのかとありますが、新方式のICカードやQRコードは個人認証の手段に過ぎず、その読み取り機に要求される仕様も大きく異なることになりそうですから難しいと思います。

    スピードについては全扉乗降が拡大すれば殆ど影響は無くなると思います。乗降客が多い電停については、電停自体の方で対応した方がいいでしょう。

    • はっちゃん

      以前にも述べましたが広島電鉄社はコンプライアンスが不十分ですよね。今日も運輸局から改善命令が出る始末。褒め上げる記述も必要ですが厳しく意見する記述も取り上げて欲しいです。

  2. TARO Reply

    >②ICカードではクラウド化できないのか?

    ぶっちゃけ可能。
    ただし、SuicaやICOCAは「カードに乗せている情報と車載機、改札で決済をしよう。」てシステムだったのに対して、広電が導入しようとしているシステムは「○○から○○まで使用した」っていうデータをだけ送って、決済自体はサーバで行うので、正直、高いライセンス料を払ってまでICカードを作る必要性はない。

    • TARO

      あと、観光客が使えないと不便では!?って声あるけど、広島に住んで無い自分的に、実家に帰って感じるのはスマホのバーコード決済とかVISAタッチとかを導入してくれた方がありがたいです。
      そっちの方がカード側にポイントつくし。

  3. AKI Reply

    電停に到着する前にQRコードを用意するようどれだけアナウンスをしても
    直前まで用意しない人ってのは無視できない割合で存在すると思うし
    朝夕の通勤時間帯で生じるストレスに対する不安は拭えませんね
    ICOCAの対応に期待かな

  4. 懸念 Reply

    SuicaやPASMOが使えるようになってから3年。
    広島以外の方も気軽に広電やアトムに乗れるようになって良かったと思っていたのに、
    今回の発表は非常に残念です。

    QRコード決済はやめて欲しいです。
    これ以上乗り降りで停車時間が伸びるのは勘弁。

    アトムがICOCA導入という点は良かったと思います。
    これを機にアトムの券売機でSuicaなどがチャージできるようになれば
    便利になりますね。

    QRコード決済ではなく、
    ほかの事業者もICOCA導入は厳しいのでしょうか。
    JR西日本のプレスリリースで、小型のICOCA読み取り機開発の記事がありましたが、
    あれで充分だと思います。

    もしくは「JR東日本の地域連携ICカード」のJR西日本版の登場があれば良いのですが。
    気になる方は「JR東日本の地域連携ICカード」で調べて見てください。

  5. アセトアルデヒド Reply

    結局ICOCAになってしまったか
    路面電車やバスの乗り継ぎの複雑な処理に対応していて隣の山口県の事業者とも調整しやすいnimocaが広島には合っていた気がするが、JRとの連絡運輸を優先したんだろうか

    • 備後民

      記事の本題とは少しズレますが、山口県内のバス事業者でnimocaを導入しているのはサンデン交通だけで、中国JRバス、宇部市営バスはICOCAを導入しています。
      また、ICOCAも乗り継ぎ割引に対応しており、nimocaとICOCAにスペック上の大差はありません。加えてJRとの連絡もしやすいので、アストラムラインはICOCAを選んだんだと思います。

  6. 中区民 Reply

    とりあえず廃止が発表されましたが、廃止まではあと数年ありますので、その間に何とか利用者が不便にならないことを祈ります。
    広電のライバルであるJR西日本のICOCA導入なかなか考えづらいですが、例えば福岡の大手私鉄である西鉄が発行しているnimocaは、
    九州のみならず遠く離れた函館市電でも導入されています。
    nimocaも含めなんとか様々な選択肢があると思いますので、慎重に検討していただきたいものです。
    広電でSuicaが使えなくなるという点が一番あってはならない事だと思います。

    コロナで利用者が減ったからPASPY辞めますと言ってる場合ではないと思います。
    利用客あっての交通インフラです。
    利用客がそこまで多くない広電本社前の電停を
    公共の車線を潰してまでデカいの作ってる場合じゃないです。

    芸備線の存続問題等、広島県の交通インフラは危機を迎えていると思います。

    これからの交通インフラが心配です。

  7. @ Reply

    アストラムラインはICOCA定期の発売が決定されたようですね。
    こちらは連絡定期券の発売も検討されているようなので、こちらが実現すれば1枚でJR線とアストラムライン線を定期利用できるので利便性が向上すると思います。

    PASPYが廃止されることは残念ですが、もう決定されたことは何を言っても仕方ないので、これからはどうすればQRでもより良い方法で利用できるかの議論を活発化させる方が重要だと思います。

  8. チャム Reply

    やって見て色々課題が出てくると予想します。
    一つ目は新しいICカード機材導入に採算が取れないのでパスピー廃止との事ですが、逆にQRコードしようにおいて手間さを感じ、車通勤へ流れてしまい、利用者減少で新機材導入額より赤字になるのではないでしょうか?(本末転倒)
    二つ目はスマホを持ってない方にはICカード利用とありますが結局、採算を抑えるならばJRとアストラムライン方式のICOCAへ統一になり、利用者もそちらを希望される方が多く出ると予想します(通勤利用者中心)

    QRコード形式否定も肯定もしませんが、実際毎日、スマホ本体+簡易充電器+予備の中のバッテリー本体を持ち歩かないといけなくなるかも知れませんね(もしもの時に備えて)
    毎日QRコードを使う方になりますと、スマホの充電消費も早く、バッテリー本体も通常より早く交換になるかも知れませんね。

    これもあくまで予想になります。

  9. QRコードは難しい Reply

    航空機の搭乗改札を想像すれば良いですよね。必ずもたつく場面に遭遇します。そのため、スタッフが数名常駐していますし、改札機も複数台あります。

  10. Shima@北海道 Reply

    他の地域から広島を訪れて、SuicaやPASMO, ICOCCAやkitacaが使えないとすごく不便に感じると思います。交通系ICカードは全国各地の公共交通機関で使えるのが当たり前になっていますから、広島だけそこから離れるのは解せないです。

  11. サビオ Reply

    もし、Suicaが使えなくなったら、通勤は車になってしまいます。月極駐車場高いな〜

  12. さとみ Reply

    スマホやカードを使わなくて生体認証で支払い出来たらいいのに

  13. ちなみに Reply

    ゆくゆくは、Suica,icoca,PASMOに集約されるような気がする。

    • デスソースを全身で受け止めたい!

      使えますよ。今日もついさっきICOCAで広電に乗りました。

  14. メソ Reply

    >県外客が使いにくい
    アプリ一つのDL設定がそんなに手間とは思えません。スマホ持たない人用には窓口で新ICカード発行するでしょうし。
    10カード継続が県外客の利便性微向上だけなら、その巨額負担を事業者に押し付けるのは理不尽に感じます。

    >QRは時間がかかる
    スマホでモタモタQR表示も、財布からモタモタカード取り出しも大して変わらないと思います。いずれにせよ、ある程度は寛容になるべきと考えます。
    処理時間については、乗車処理はサーバーと通信で多少かかるでしょうけど、降車処理は車載システムで完結出来れば速いでしょうから詳細仕様が決まるまで判断は尚早と考えます。

  15. オッス!オラ、全斗煥! Reply

    このことを「広島ローカルの改悪」と捉えるか、「国内最先端となる技術の実験」と捉えるかで話の方向性は大きく変わるでしょうね。
    交通系ICカードがどれも使えなくなる!反対!ってのは解らんでもないけど、早くて3年後の話でしょう。新しいことに拒否反応を示す、そんなん広島じゃないと思うんですが。新しい技術が生まれることを期待しませんかね?

    で、QRコードを表示させるならその分バッテリーを食うとかもたつく人がいるから反対とかは正直反対の理由にすらならんと思うんですよ。もたつくのは個人の問題だし、高々QRコードを1回読み出すことにどんだけの電力を消費するのかと。

    オイラは賛成ですよ。3年後だから交通系ICカードについても方策を考えてくれることでしょう。明日からいきなりQRコードになる訳でもないし、長い目で見ましょう。

    • よく考えてください

      貴方は広電やバスに乗ったことが無いのでしょうか?
      JRやアストラムラインのような通常の駅で一個人がもたついたところつで、車両から降りた後の話となるわけですから貴方の仰るように大きな問題にはならんでしょうよ。
      ただし、
      広電やバスで一人がもたつくとその時間だけ車両が動けない即ち発車できない状態となります。
      広電なんかバスと違って追い越しが出来ないもんですから、一人がもたつくとその車両だけでなく後ろの車両も影響されて遅れます。
      これは全扉乗降が実現したところでリスク自体は減りません

    • オッス!オラ、全斗煥!

      >よく考えてください氏

      しょっちゅう使ってるし、その上で言ってるのですが、何か?
      もたつくのはQRコードでもICカードでも同じことですよ。

  16. 畑井 Reply

    わざわざICカードからQRにするのは不便すぎますね。ICOCA、Suicaが使えないようだとわざわざ駅前大橋線を新設する意味ないです。

  17. メイ Reply

    読取反応速度でPASPYの優位性があげられていますが、、

    ・下車時に残高不足がわかりその場でチャージするケース(慌ててチャージすることでもたつき時間がかかることも) 

    ・PASPYを財布等に入れたまま読み取ろうとしてエラーになるケース(財布の厚みや、財布の中でPASPY以外のICカードと重なってることが原因で。何度も読み取りを試みてもダメな場合も)などなど、

    現状ではPASPYの反応速度以前に、人為的な要因で時間がかかってる場面によく遭遇します。

    新システムの形態ではこういった問題は解消されるでしょう。QRコードの読み取り精度や速度も3年後には今より改善されているのではないでしょうか。多少楽観的過ぎるかもしれませんが。

  18. 岡畠宏易 Reply

    ICOCAが使用できるようになって、PASMOのような割引はないものの、ほぼ全国大都市の交通系で使用できることから、便利していました。コンビニなどでの決済にも便利でした。
    広電さんに聞きたい。なぜ、ICOCAではだめなのですか?
    費用の問題?機器の問題?プライドの問題?

    お答えはないとは思いますが、本当に聴いてみたいです。

  19. 55 Reply

    PASPYも広島県内でも郊外に住んでいる者にとってはJRで使えない時点で、もう2010年くらいには払い戻ししていました。
    JRで使えない、チャージがクレジット対応していない(車内チャージだとタイミングを見計らう必要がある)

    何より、郊外に住んでいる者にとって、広電電車や市内のバスを利用するのって年に数回なんですよね。JRはカープ行くときや出張で使いますが…

    新しい仕様も、広電や市内バス等、限られたものだけでなく幅広く使えるものにして欲しいです…

  20. 釜柱 Reply

    パスピーが廃止になるということは最悪の場合ICOCAなどの交通系ICカードも使えなくなるということですよね。QR決済はダメとは思いませんがICカードを無くしてまでやることではないでしょう。ICOCA Suica使えるかは広電側から明言してないですから益々不安になります。

  21. 元広島市民 Reply

    元々、広島だけでしか使えないようなPASPYを導入する柔軟性のない発想が最悪。はじめから先発の全国のICカードと互換性のあるICカードにしておけばよかったものを!

  22. 広電大好き Reply

    私的には、パスピーを廃止して、ICOCAを広電・アストラムに導入するべきだと思います。
    そもそもパスピーは、維持費は莫大にかかるし、県外から来た人にはパスピーを持っておらずとても不便。
    QRコード決済を導入しても、広島県民だけで、県外の人はややこしく逆効果だと思います。

    アストラムのICOCA案は大いに賛成します。
    なぜなら、JRでほとんどの利用者が使っているし、全国展開。
    維持費もそんなにかからないと思います。
    不安ですが、広島県民として少し楽しみです♪(^^)

    • 日本の足を引っ張るな

      インフラの俯瞰的重要度を理解できない経営者に決定権があること自体が問題。
      他の自治体及び交通インフラ会社、国との連携がなければ、日本の生産性に影響を及ぼす様な重要度の高い問題である事を進言するべき。
      法整備が無ければ今までの日本の失策同様、重要度の計算ミスという単純な、先進国の中でも日本に多く付きまとう問題。

  23. 備後民 Reply

    国土交通省で運賃変動制も検討される中、非常に面白い取り組みだと思います。JR東日本も、Suicaのクラウド化を検討しているので、時代に沿った取り組みとも言えます。
    ただ、新システムでは会員登録&クレジットカードがメインで、現金チャージは車内では不可能など、クレジットカードに縁がない学生が考慮されていないように見えますね。
    それと、これは各地のMaaSサービスにも言えますが、観光客はわざわざ観光のためだけにために面倒な会員登録をするでしょうか。このあたりの課題はあるとは思いますが、非常に興味深いチャレンジだと思います。

  24. チャム Reply

    気がついてる方はいらっしゃると思いますが、最先端の技術ではないと感じます。

    広島県が感染予防対策で県内事業者に推奨してるコロナ感染者QRコード登録追跡システムの改良版をパスビーから置き換える形でしょう。
    現状は中々浸透していないもしくは事業者や登録者が少なく伸び悩んでるQRコード追跡システムを簡単に言えば広電が事業者として加わり協力し「どこからどこまで」を交通版として改良して使用するって事だと思います。

  25. チャム Reply

    追記
    あくまで憶測ですが、角度をかえてみると、県内に県外のどこからきたのか(旅行者や出張者)
    または県内のどこからどこまで移動したのか
    など、県内の人の流れ(感染ルート)を詳しくデータをとる広島県の事業に広電が交通版として協力するのかも知れませんね

  26. NOVA Reply

    広島空港のリムジンバスでSuicaが使えないようにだけはしないで欲しい!

  27. おさぽん Reply

    今のところ、新QR乗車券の導入は広島電鉄と広電グループ各社で、市内バスの広島バスや広島交通は態度を明らかにしておらず、広島バスや広島交通とは重複する路線が多数あるどころか、共同運行している路線もあるため、今後のこの2社の対応は非常に気になるところですね。
    アストラムラインのようにICOCAを導入するなら、広電は乗らなくなると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。