夜のJR姫路駅北側広場 大胆なまちづくりに感動

JR姫路駅は平成元年から平成22年にかけて前後区間の連続立体交差事業が行われました。
これに伴い高架駅となった姫路駅の北口では、駅ビルの新築や駅前広場の拡大など元の地上駅時代の敷地を使った大規模な開発工事が行われています。

【姫路市】:姫路駅北駅前広場の整備について

himeji_hiroba-image.jpg
駅前広場イメージ図(上記姫路市HPより)

これまでに新しいJR駅ビル「piole姫路(ピオレ姫路)」の建設や、地下街のリニューアル、姫路城を望む眺望デッキの建設など一部駅前広場の整備などが行われています。
また姫路城へ繋がる目抜き通り「大手前通り」の姫路駅側を公共交通専用とする大胆な施策も、2年前から開始されました。
【姫路城】:大手前通りの整備について

この大手前通りの再整備や”西側の街区”を加えると、総面積約3万平方メートルの国内最大級の駅前広場に生まれ変わる予定です。

今回関西方面へ出かけたのも、これを見るのが大きな動機の一つでした。
完全に日が暮れてからの様子になってしまいましたが紹介していきます。

まずは新しい駅ビルの西側にできた眺望デッキ、通称「キャッスルビュー」です。

201408himeji-10.jpg

ちょうど中央コンコース(自由通路)の北側出口へ、門のように”コの字型”に建設されました。
ルーバー状になった木材が照明に照らされてかなり上質な雰囲気を感じます。
骨格となる黒い鉄骨は姫路市を支える「鉄鋼製品」をイメージしており、天上や床などの木材は地元の姫路市安富町産の杉が使用されているそうです。

展望スペースとなっている2階へ移動します。

201408himeji-3.jpg

笑ってしまうほど凄いです!
都市の喧騒を感じさせない美術館にでもいるかの様です。

このデッキは昨年6月に完成しているようですが、まだ木の香りが残っていました。

201408himeji-1.jpg

デッキの屋上には太陽光パネルも設置されています。
大手前通りの延長線上となっており、デッキからは世界遺産の姫路城を眺めることができます。
この時は時間が時間でしたのでそれほどでもありませんでしたが、昼間、とりわけ大型連休ともなると多くの人がここ訪れるのではないでしょうか。

デッキから見る北口駅前広場と、突き当りにそびえる姫路城です。

201408himeji-2.jpg

この通りの先に見える最初の信号からこちら側が公共交通(バス・タクシー)専用となり、マイカーの進入が制限されている区間です。
車線が減らされて大幅に歩道が拡張されているのが分かります。
姫路駅に向かってきた車両は駅の手前で右(画像左)に折れ広場西側の乗降ステーションへ入っていきます。

「キャッスルビュー」から広場北西に建つ山陽電鉄の「山陽百貨店」(山陽姫路駅)までは、円弧状の連絡デッキで結ばれています。

201408himeji-4.jpg

右下に見えるのがバス乗り場です。まだ工事は続けられており、完成時にはこのデッキから直接のりばへ降りられる階段・エレベーターも設置される予定です。

上の画像で正面に見えるビルが建設中の「姫路ターミナルスクエア」(HIMEJI TERMINAL SQUARE)
神姫バスが建設する高さ約42m、地上9階、延約1万3000平方メートルのオフィスビルです。

1階は一般車の乗降場、2階以上は商業・オフィスのテナントエリアとなります。

201408himeji-5.jpg

当然こちらのデッキと接続します。2015年春の完成予定です。
【Walker47 [ウォーカーフォーティセブン]】:一夜で見参!神姫の新ターミナルビル

連絡デッキから見る、新しい駅ビル「ピオレ姫路」と「キャッスルビュー」です。

201408himeji-6.jpg

巨大な壁面を使ったLEDのイルミネーションが行われています。「キャッスルビュー」の雰囲気が素晴らしかっただけに、少しやり過ぎ何じゃないかと思うほどでした。。(^_^;)

地上6階・地下1階のこのビルの目の前には、地下1階レベルまで掘り下げられたサンクンガーデン、通称「キャッスルガーデン」が整備されています。

201408himeji-9.jpg

201408himeji-11.jpg

201408himeji-12.jpg

壁面は石垣、ちょっとした水路も設けられています。
ご想像の通り、姫路城の外濠をイメージしておられるようです。地質上、広島には真似できませんね…(笑)

駅ビルと反対側(北側)にも店舗の入口が見えますが、高架化前の駅ビルを運営していた会社による商業施設「フェスタ」、地下街「グランフェスタ」の入口となります。
【GRAND FESTA(グランフェスタ)】:フロアガイド

「キャッスルガーデン」を経由して、駅ビルの地下と地下街・商業ビルが直結していることになります。

駅ビルはこれくらいにして、公共交通専用となった大手前通りに少し足を伸ばしてみました。

201408himeji-8.jpg

突き当りが「キャッスルビュー」などがある姫路駅北口です。
専用区間の車道は雰囲気のある石畳となっています。
地下道の出入口や建物側の照明灯が、元々片側4車線だった名残ですね。
広くなった歩道でオープンカフェなどが開ければさらに良さそうです。

もう少し北側に進んだ「白銀交差点」から姫路駅方向です。

201408himeji-7.jpg

「一般車進入不可」の看板に警備員も立って、ドライバーに注意を促しています。

姫路編は以上です。
バスターミナルとオフィスビルの完成をまだ残していますが、素晴らしい“まちづくり”を見せてもらいました。
一般車の進入規制という大胆な計画を実現させたことに拍手です。
よく市民の理解を得られたものですね。
きちんとした迂回路(内々環状線)及びそこからのアプローチを確保したこと、そして何より姫路城を誇りに思う市民の気持ちがあるからこそなのでしょうか。
この駅前広場の整備を見ると、“世界遺産の城のにふさわしい駅前にする”という強い意思を感じますよね。
ただ、人の欲というものは尽きないもので、景観面でデッキから見える建物の看板がもう少し控えめなら良いのになと少し感じてしまいました。。

同じ世界遺産を持つ広島。こういった議論は官民で割と盛んに行われているとは思います。
一貫したコンセプトと実行力をぜひ見習いたいものですね。

今回、改修工事が進み真っ白な天守閣がお披露目された姫路城は夜になってしまったので断念しましたが、
工事が完全に終わる来年春以降に駅前の進展と合わせてまた見に来たいです。

なお姫路駅北の駅前広場の東側では、街区をA~Cブロックに分けて民間による開発が予定されています。
プロポーザルによりそれぞれの街区の概要とパース図が公開されました。
【姫路市】:キャスティ21コアゾーンの開発事業者の募集結果について

姫路市初の超高層ビル(ホテル)などが計画されているようです。

スポンサードリンク

7 comments

  1. 姫路のしっぽ Reply

    広島市出身、姫路在住のしっぽと申します。いつも楽しく読ませていただいています。私は10年前に姫路に来たのですが、当時は地上駅でした。現在は立派な高架駅に生まれ変わり、広く開放的になった駅前広場に生まれ変わりました。姫路にもイオンリバーシティ、イオン姫路大津と郊外型大型ショッピングセンターがあるため、「駅前には行かないでしょ」という意見が大半だったのですが、観光客含め、家族連れの姿も少なくありません。姫路駅は、地方で郊外型ショッピングセンターとの差別化に成功した良い例だと考えています。
    鯉党さんご指摘の一般車締め出しについては、さほど反対意見はなかったように思います。これは一般送迎のエリアを別途設けるなど、対策がしっかり考えられていたためと思われます。個人的な実感としては、歩行者の姿が圧倒的に増えたと感じます。駅前の芝生広場に座って談笑している人達を見るたびに、にぎわい・活気づくりは大成功だな、と実感します。都市規模の違う広島にそのまま当てはめるのは無理がありますが、「10年以上の長期的なスパンで街づくり、にぎわいづくりを考え、やりきった」という点は大いに見習うべきです。

  2. 王 長一郎 Reply

    実は私も青春18きっぷで、先月姫路に行ったばかりです。
    それで、どこかでコメントしようと思っていたのですが、さすが鯉党さん、やはりしっかり押さえられてますね。
    ありがとうございます。
     
    ここ数年の姫路駅の変貌ぶりには驚きます。
    いつの間にか高架になっていたり、駅前に展望デッキができていたり、駅舎も立派になったりと。
    昔の狭苦しい駅ビルの地下で土産物や御座候を売っていたころとは見違えるようです。
    今回、駅前に降り立つと、半地下の広場、曲線を描くペデストリアンデッキなどに感嘆。まったく素晴らしいですね。
    半地下広場から繋がる地下街も、通常の地下街とは趣きが異なり、外から建物に入っていく感じが新鮮でした。
    また、お城へと続くアーケードも賑やかで、よく見かける地方都市のさびれたものとは違います。
    やはり世界遺産へのプロムナードということなんでしょうかね。
    駅周辺も含めると長い年月がかかりますが、広島もぜひ元気なうちに、新しい姿を見ることができますように。
     
    どこかで、姫路城は白鷺城と言われるのも頷けるように生まれ変わっていましたが、
    天守閣の公開は来年3月からということで、外観からの見学でした。
    残念。
    大河ドラマの展示館は、しっかり見ましたけど。

  3. むーばす Reply

    私もこの夏、家族旅行で神戸に行った際に、途中、姫路経由で行きました。
    姫路城は内部の公開はまだなので入り口まで、クルマで神戸に行く際に駅前通り
    (大手通り)を通って、北口駅前手前から右折し、駅を迂回するように南口へ
    出ました。下車していないので、鯉党さんのレポートは参考になります。
     
    私もぜひお城が公開されたら、もう一度、駅前を含めて見学に行きたいと
    思いました。駅前の再開発が地方都市では飛び抜けた規模と伺っていたので
    興味を持ち、姫路まで足を運んだ次第、ちょうど覆いをはずした姫路城が
    白すぎるのではと話題にんっていた頃です。
     
    以前、行ったのはちょうどモノレールがまだ運行していた頃なので、すごく
    前です。お城周辺の感じは広島城周辺にはない、城下町らしさが漂って
    いてとても風情を感じました。姫路を選ぶなんてさすが鯉党さんだと思います。

  4. ヒロさん Reply

     出張レポートお疲れ様です。幹線道である大手前通りの駅付近の実質セミモール化は素晴らしいですね。こうした取り組みが可能となるのも迂回する環状道路の整備があればこそなんですよね。世界遺産を活かした都心全体をテーマパーク化した取り組みは、地方都市が生き残る上で大いに参考になりそうですね。
     
    駅前広場そのものが1つの集客施設なんですね。広島駅ビル建替えもこうした要素を取り入れたモノになればと思います。いたずらに規模や高さだけを誇っても継続的にテナントが入らないと意味有りませんし。街づくりの思想等は大いに参考になりそうですね。

  5. おもっち Reply

    姫路には、過去3度行っていますが大きく変貌しましたね。私が行ったのは《姫路文学館》《書写山円教寺》《姫路城》と駅前右手の4スクリーンの映画館、駅前左手のイベントホールです。

  6. タミー Reply

    他都市のレポート、興味深く拝読させて頂いております。
     
    姫路も随分変わりましたね。
    立派になった今でこそ言えますが、長らくモノレールの残骸が放置されており、広畑も鉄冷えで鉄鋼・造船が日本の国を支えていた主役の座から降りた街を象徴するかの様でした。
    その上、神戸、大阪へのストロー化も半端ない位置にあり、廃藩置県前は畿内ではなく山陽道、以後は近畿地方と地理的に微妙な街で大変気になる存在です。
     
    工業都市の住民がこれまでの稼いだカネを商業都市で消費するという構図から、稼いだカネを自らの都市圏内で消費させてカネの流出を防ごうとするブロック化の典型的な試みだと思います。
     
    大阪の商業施設が苦戦しているのは、姫路だけでなく、神戸や京都等もブロック化を図っていることが原因の一つであるように思えます。
    世界遺産の姫路城の存在を最大限に生かした街づくりをモタリゼーションの時代にどう上手く展開されるのかも大変注目しています。

  7. タミー Reply

    姫路を本拠地に主に郊外型店舗展開でベビー用品関係を販売している西松屋の好調があり注目していますが、2011年10月にマックスバリュー西日本の本社が広島市南段原に姫路から移転した件が気になります。
    旧姫路本社社屋の耐震性の問題から移転先を検討し、当時の日本経済新聞によると、広島市への将来的な地域行政機能や人口の集中に備えるとし、2015年2月期売上予想2,750億円、営業利益予想46億円の統括機能が広島市に移転されました。
    近畿地区の都市間サバイバルから、都心強化に走らざるを得ない事情は理解出来ますが、モータリゼーションのこの時代に郊外型の流通業の統括機能を他都市に流出させてしまうことは如何なものかとの見方がある一方で、疫病神を追い出して新たなステージに突入出来たと考える見方もあるかも知れません。
    広島としては本社移転を機に地場のイズミ、フジ(起源が広島で現松山市)との三つ巴で西日本に於ける郊外型流通業の一大拠点として一気に活気を帯びてきたので今後の広島の街づくりの方向性を考える上で重要な判断材料になると考えます。
    勿論、姫路が置かれいる厳しい環境の中で、並々ならぬ努力を払われていることに対しては強い敬意を持って拝見させて頂いております。
    見習うべきところを積極的取り入れて、広島の街づくりにあたって頂きたいと願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。