自由通路建設に向け安全祈願

広島駅の新自由通路着工に向けて本日関係者らで安全祈願を行なったようです。
NHK:広島駅自由通路工事安全祈願

JR広島駅周辺の再開発にあわせてあらたに整備される、広島駅の南口と新幹線口を結ぶ自由通路の建設工事を前に、関係者が集まって安全を祈願しました。
広島市やJR西日本があらたに整備する「広島駅自由通路」は、JR広島駅の2階部分を貫いて南口と新幹線口を結ぶ長さおよそ180メートルの通路です。
30日は広島市やJRの関係者らおよそ80人が集まって安全祈願祭を開き、JR西日本広島支社の杉木孝行支社長は「広島駅周辺のにぎわいの創出に大いに貢献できると考えています」とあいさつしました。
広島駅にはすでに、南北を結ぶ地下道の自由通路がありますが、あたらしい自由通路は在来線や新幹線への改札口も設けられるほか、駅の外側に設けられる歩行者用のデッキとも接続する計画です。
また通路沿いに店舗も作られる計画で人の流れが活発になり再開発が進む駅北側の二葉の里地区と南口の双方の活性化に役立つと期待されています。
自由通路の本体工事は今年度中に着工し5年後の平成29年度に完成する予定です。

もういよいよという感じですね!
当初の予定では2012年3月に着工すると言われておりましたが、「今年度」(12年度)という表記に変わってしまいましたね。。
まあこれは許容できる範囲でしょうか。開業予定の方は変わっていないようですし。
しかし自由通路(橋上駅)と駅ナカ商業施設(自由通路東側など)は事業主が違うので
商業施設の開業は平成29年度(2017年度)より送れる”かも”しれない、と言うことは頭においておきたいですね
■訂正
広島市に提出された広島駅商業施設拡張(広島新幹線名店街増床)に関する出店計画書を見直してみると、
商業施設の竣工・開業予定は2018年(平成30年)でした。
自由通路と駅の施設が開業しておよそ1年後の開業になりますね。
新幹線名店街増床工事の着工予定は今年2012年7月です。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

2 件のコメント

  1. 王 長一郎 返信

    先日、岐阜に行ってきました。
    岐阜駅が新しくなってから行ったことがなかったので、
    どんなふうになったのかと気になっていました。
    写真で見たことのある、駅前のぺデストリアンデッキも興味がありましたし。
    何といっても半円状になったデザインが目につきます。
    それを確認するため駅横の43階の展望台にも上がってみました。
    広島駅のデッキも、やっぱり個性的なデザインを期待したいのですが、
    今の絵だけでは、あまり期待できそうにないような気がします。
    駅は1階が自由通路で、2階に改札、ホームは3階になっていました。
    駅から出たところのデッキも、そこそこスペースがあり、
    ライブイベントもやってましたね。
    駅前広場に立つ、金ぴかの信長像には笑いましたけど。
    ただ、駅前のビルは、今の広島のBブロックに似たような、
    古い空きビルがあり、これから何かあるのか、
    このままなのかなとも思ったのですが。
    そういった点では、名鉄の駅前のほうが賑やかでしたね。

  2. 鯉党α 返信

    >王 長一郎さん
    岐阜駅がどんな駅か全く知らなかったのですが、おっしゃるような半円状のペデストリアンデッキが特徴的ですね。
    ここまでとは言いませんが、広島も観光客を驚かせる個性的なものにしていただきたいですね。
    岐阜シティタワーが気になりました。高層階にマンションを伴う複合ビルでも最上階は展望台とレストランがあるのですね!
    広島は展望タワーが殆ど無いのでBかCで実現して欲しかったのですが、どうやら無さそうで残念です。。
    見習えるものはどんどん見習って欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。