広島駅南口Cブロック再開発 2017.04(Vol.40) 『エディオン蔦屋家電』開業!

4月14日、広島駅前に開業した複合施設「エキシティ広島」に、
“エディオン蔦屋家電”がグランドオープンしました!

「エキシティ広島」は広島駅南口のCブロック地区市街地再開発事業で完成した施設の名称です。
高さ167.97m、地上46階・地下1階の住宅棟「グランクロスタワー広島」と、地上11階の商業棟が2016年12月に竣工しました。

その商業棟の1~3階に地元家電量販店大手のエディオンがカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の協力を受けオープンさせたのが、「エディオン蔦屋家電」です。

14日のオープン後、速報版として更新しております。

4月14日、広島駅南口に完成した再開発ビル「エキシティ・ヒロシマ」に、全国で2店舗目となる エディオン蔦屋家電 がグランドオープンしました! 仕事の帰り、閉店時間も近かっ

今回は改めて、お店の感想などを再開発施設・周辺状況と合わせてレポートします。

スポンサードリンク

3月に更新した時の状況です。

広島駅南口で行われてきたCブロック地区市街地再開発事業、(愛称:『EKI CITY HIROSHIMA(エキシティ広島)』)は2016年12月に竣工しました。 高さ167.97m

 

広島駅南口駅前広場から、BとCの両再開発ビルを。

正面のBブロックにビックカメラ、左手マツダスタジアム方面にエディオン蔦屋家電という、
2店舗が対峙する光景になりました。

 

撮影は土曜日に行っています。

 

オープン後初めて迎える週末。人々が次から次へと1階の入口を出入りします。
カープの試合がなくても非常に多くの人通りがある場所になりました。

 

上の画像の入口から、店内へ。

入った瞬間から木材や植物を多用した温かみのある店内の雰囲気に驚かされます。
コーヒーのいい香りもして、いきなり蔦屋ワールド全開です。

1階の入口付近にあるのが、上の写真のイベントスペースです。

オープニングを飾るイベントは、ミニチュア写真家である田中達也氏による作品の展示。
店が入るエキシティ広島をモチーフにした作品もあります。

 


参考(1月撮影)

こういった常設のイベントスペースが各階あるのも大きな特徴です。
2階のスペースではプレイステーションVRの体験会が開かれていました。
3階は中央部にトークショーなどができる広めのスペースが設けられており、開業日は”アンバサダー”に就任した元サンフレッチェ広島の森崎浩司さんが登場していました。

【エディオン蔦屋家電  オフィシャルブログ】:エディオン蔦屋家電グランドオープンしました

 

その他、売り場の雰囲気は全開の速報記事やツイッターで書いているとおり、
これまでの家電量販店の常識を覆すものです。
その家電が使われる場面を想像し、本や雑貨をあわせてオススメしてくれる商品ディスプレイ。
しかもその商品達は、こだわって選ばれたオシャレで見たことのないようなものが多く、
歩くたびに新しい発見があって本当に楽しいお店です。
明るさを落とした照明が非常に落ち着いているので、カフェで購入した飲み物を手に一休みできるようになっています。
こういった来店者の特別な体験をしてもらう、家電を買ったあとのライフスタイルを売るというのが蔦屋家電です。

これだけのこだわりの詰まった店内に置かれる商品、価格帯はやはり全体的に少し高めになっているように感じました。
ニュースで耳にしましたが、値引きも行わない方針だそうです。
家電を買うという目的だけならここでなくてもいいわけですね。
Bブロック「ビッグフロント広島」にビックカメラがオープンしました。
当初、ビックカメラとエディオンが駅前に進出して、熾烈な競争が繰り広げられるのかと心配になりましたが、
コンセプトもターゲットも全く違う2店になったのではないかと思います。

 

今はまだオープン直後ということで珍しさからお客さんでごった返している状態ですが、
問題はこういった展開が受け入れられ長く継続していくことができるかどうか、です。
イベントスペースを備えているのは他のお店にはない大きな強みだと思うので、
多種多様なイベントをたくさん企画し、それを大きくPRして知ってもらうのが大事ではないかと。

4月だけでもこれだけのイベントが予定されています。
【公式】:イベント | エディオン蔦屋家電

5月2日には、ジャズのこんなインストアライブも行われるそうです。
これは行ってみたいです。

【エディオン蔦屋家電  オフィシャルブログ】:エディオン蔦屋家電 CARPJAZZ with河村貴之”Carp”Quartet

 

エディオン蔦屋家電、外から。

 

大州通り側にも2箇所の出入口が設けられています。
東側の出入口は蔦屋家電の中にショップインショップの形で入るテナントの一つ「モトベロ」に直結しています。
電動アシスト自転車の専門店で、入口にはすぐに市場ができるように数台の自転車が用意されています。

 

大きく引き返して、再び広島駅側の商業棟北側に新設されたエスカレーターです。

 

 

完成してすでに稼働しています。
今年はまだ野球観戦に行っていませんが、観戦客の利用は現状では少ないでしょうね。。
エスカレーターを登ってすぐのAゲートはエディオン蔦屋家電につながっています。
入口にはシンボルアートが掲示されています。

 

2階デッキを東側へ進んでいきます。

 

 

前回まで工事中だった愛宕踏切側に降りる階段が完成し、開放されました。

 

今年度中に、上の画像(エキシティ広島側の終点)から愛宕踏切に架けられている歩道橋の間を繋ぐための工事が始まる予定です。

広島市は、市道の混雑対策として計画した広島駅~マツダスタジアム間のペデストリアンデッキについて 沿道に多数の店舗が出店し「カープロード」として親しまれていること等を受け、 規模

この歩道橋からマツダスタジアム方面へは2018年度着工する予定です。
計画では当初スタジアムのプロムナードまで繋ぐ予定でしたが、
規模は縮小され、踏切の車道を超える程度のものになりそうです。

 

エキシティ広島側から踏切前の交差点を撮りました。

 

この交差点も、再開発によってこの通り改良されました。
右折・左折車線が追加されましたね。

これでエキシティ広島に関する工事は完了し、ほぼすべてのお店もオープンしました。
商業棟8~10階に入居する、スパ&フィットネス「ゼクシス」も4月1日にグランドオープンしています。
希望者が続出し、現在新規入会を停止しているほどの人気だそうです。
【公式】:フィットネス&スパ ゼクシス広島

 

華々しい船出になりました。
これからも街の成長を見守っていきたいです。

 

店内はあまりおおっぴらに撮影できないので、もっと店内の様子が知りたい方はこのあたりを。
【家電Biz】:エディオン蔦屋家電、広島にオープン 新しいライフスタイルの提案に注力

いや、一度お店にお越しください(笑)

紹介した以外にも、エレベーターホールの壁面が、広島に縁のあるアーティストの方によるイラストが描かれていたり、
高級感のあるエスカレーター、トイレにはダイソン製の蛇口、、紹介しきれません!


この記事をシェアする

10 件のコメント

  1. まさの 返信

    DブロックやEブロックも設定して駅周辺をさらに再開発してほしい

  2. 鐘梨 返信

    更新お疲れ様です。

    新聞記事を見ても思いましたが、
    あえて懸念を挙げるなら、やっぱり、実際に買ってもらえるか、ですよね。
    これはビックカメラ含め既存のすべての家電量販店が抱える課題ですが、
    ディスプレイと言うかギャラリーというか、展示場として活用されるばかりで実際の買い物は実店舗でないアマゾンその他インターネットサイトを利用されるという。

    人によっては「ネットで安く買わないのは情弱がやることww」と嘲笑するでしょうか。

    スマートに買い物に出かけてスマートにその場で買うのか、
    ある意味、
    広島人の気っ風の程度ひいては広島人の経済力も試されているように思えます。

  3. ケン 返信

    エディオン蔦屋家電でじっくり品定めして見て、買う商品が決まったら、品番控えて安いビックカメラで買う。。。そんなことになりそう、というか自分ならそうしちゃうな。
    同じ物買うんだからそりゃ安いほうがいいと思っちゃう。

  4. はっちー 返信

    都市別平均年収

    東京    592.5万円

    名古    581.8

    神戸     568.5

    広島     543.9

    京都    531.3
    大阪    523.7
    仙台    512.8
    福岡    510.7

    札幌    477.5

    広島は他の政令市と比べてお金持ってますので、これは当たると思います。
    楽しみなお店ですね。

  5. 安芸区民 返信

    初手で地元に馴染めるかが最大の課題だと思います。基本的に広島人は家電とかも値切らないので店員の対応が良く品も良いと認めれば購入して常連になる層はいると思うし、その層をどれだけ取り込めるかが勝負になる気がします。店舗の魅力はありそうなので期待ですね

  6. 安芸の鯉人 返信

    エディオン蔦屋家電の後も街の目玉になる斬新な建物が期待
    出来るが、もっと視野を広げると、近くの海ではクルージングや
    魚釣り、山歩きやサイクリングといった遊びも可能です。首都
    東京は魅力一杯の大都会ですが、健康的な遊びという点では
    限定的です。街の中だけでなく環境も含めて広島をアピールしては
    どうでしょう。総合点という評価ではトップクラスに位置する!

  7. タミー 返信

    取材、レポートお疲れ様です。

    いつも楽しく拝見させて頂いています。
     
     先週末、出張先の松山から、私事の急用で急遽広島に帰省することとなり、フェリーで呉まで車を乗せクレアライン・広島高速3号経由で帰り、翌日駅前Cブロックのエディオン蔦屋家電を覗いてみました。

     これまでの広島にはなかった華美なイメージが強く、大阪在住時代に感じていた梅田駅周辺に集中してる阪急グループの各商業施設が持っている独特な華美な感覚に類似したものを直観的に思い出しました。これは好み(嗜好)の問題なので、良し悪しが人によって異なると思いますが、今の広島で受け入れられるかどうかを判断することは、私の様に長年広島を離れている者には難しいところだと思います。

     半世紀前までデルタとそのごく周辺地域で50万人そこそこであった人口が100万人をはるかに超えている現在では、つまり他地域から流入した人々の方がはるかに多数を占める「現在の広島人」感覚と原(先)住民の感覚とでは異なると思います。一部では「老害」と表現されているのもこの現状から生まれる感性の違いに原因があるように感じます。

     エディオンでは紙屋町の本店本館を建替え準備をされている様なので、この駅前の店舗と、新装される本店とをどう棲み分けされるのか、同様に近日、郊外においてレクトとして蔦屋と新業態に取り組むイズミがメインテナントである紙屋町サンモールの再開発にどう取り組まれるのか大変興味深いところです。

     今後の広島の街づくりにとって、福屋百貨店が八丁堀本店(高級路線)と広島駅前店(やや大衆路線)とを上手く棲み分けているように、エディオンとイズミの2社が広島駅周辺、紙屋町、八丁堀、や郊外の各地域をどの様に棲み分けをするのかその方針によって大きく影響される様に思えます。

     紙屋町といえば伊予国(現愛媛県)の伊予屋九郎左衛門が天正19年に紙商を始めたのに由来するとのことで、近年、瀬戸内経済圏を提唱している広島銀行(本店紙屋町)も本店建替えを表明しており、松山からのフェリーの中でこちらのブログを拝見しながら色々と考えさせられました。

     本社、本店経済がいよいよ街づくりにその真価を問われる時が来たようで非常に希望が膨らみます。

    P.S. レクト、25日~27日近隣地域の方々へのプレオープン、28日グランドオープンだそうですね。
    こちらも非常に楽しみです。

    レポート期待しています。宜しくお願い致します。

     

  8. エンジニア 返信

    広島駅再開発が順調で何より、特にCブロックに関しては
    地元高校生が「あんまり好きじゃない、暗いしジメッとしているし」というボヤキ
    を耳にしてただけに、コレだけの劇的な生まれ変わりようには風通しが良く晴れ晴れとした
    部屋にいるような心地よさすら覚えますね。

  9. 通りすがり 返信

    エキシティ2階の屋外に友元神社が移転していて、二葉の里の東照宮から御神体を戻す儀式が先週末に行われていました。
    https://carp.ho2.info/archives/60654 (参考)
    あと、二葉の里の広テレの工事現場の西よりの塀に「CBRE」っていう新施設の広告が描かれていましたよ。橋上化で南北自由通路&中央改札になると駅の裏も表もなくなるでしょうから、今週末に南北自由通路が開通すると、相乗効果で駅一帯がますますにぎわいのある場所になっていきそうですね。北口側は特に神社仏閣などの歴史的な建物と新しい施設が並んでいますから、何か新しい物語が生まれていきそうな雰囲気があって楽しみです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。