熊本市中心部で進む『桜町再開発』 延16万平米超えのビッグプロジェクト!

熊本市の中心的な繁華街をなす中央区の桜町では、
延床面積約16万平方メートルにも及ぶ「桜町地区第一種市街地再開発事業」が進行しています。

既存機能だったバスターミナルに加え、商業施設、シネマコンプレックス、ホテル、公益施設(ホール、会議場・展示場)といったMICE機能まであらゆる施設がまとまった、
総事業費755億円の巨大再開発プロジェクトです。

九州地方で高速バスなどを運行する九州産交HDと九州産交ランドマークといった民間会社が共同で出資した「熊本桜町再開発株式会社」が再開発の主体となっています。

文字や数字で見ただけでも、地方都市(ましてや100万人以下の都市)にしては異例の大規模な事業であり、以前から注目はしていました。
念願叶い現地の状況をこの目で見ることができましたので、レポートします。

本当は熊本駅改札内の状況のあとにこの記事を更新する予定にしていましたが、
コメント欄で思いの外この再開発の話題が上がっていたので、こちらを先に更新することにしました。

スポンサードリンク

【熊本桜町再開発株式会社】:熊本都市計画 桜町地区第一種市街地再開発事業


完成イメージ(上記HPより)

【桜町地区第一種市街地再開発事業】
高さ59.88m、地上15階・地下1階
建築面積:2万7,000平方メートル
延床面積:16万400平方メートル

■用途
・バスターミナル
・共同住宅(マリモ「ザ・熊本ガーデンズ」、159戸)
・商業施設(約140店)
・シネマコンプレックス(TOHOシネマズ熊本)
・ホテル(リゾートトラスト「ホテルトラスティ プレミア 熊本」、205室)
・公益施設(熊本市「熊本城ホール」、2,300席 会議場・展示場)
・保育所
・事務所
・駐車場


(上記HPより)

分譲マンションにショッピングモール並の店舗数を備える商業施設、そして2,300席のホールやホテルを始めとするMICE(マイス)機能まで、ありとあらゆる集客施設を集めた施設です。

広島駅南口Bブロックの再開発ビル「ビッグフロント広島」ですら延面積は12.5万平方メートルですから、
”本当にこれが熊本にできるの!?”と驚いてしまうほど、モンスター級の規模を誇る再開発です。

各層にオープンテラスがある構造も、”コンセプトに留めず、よく実際に作った(作る)な”と感心しますね。

 

熊本駅から路面電車で移動し、辛島町で下車しました。
東側から望む、再開発ビルです。

鉄骨の躯体にたくさんのクレーンが生えています。地上の工事が始まって既に6~7階あたりにまで到達しています。
この距離でもかなりの規模感を感じます。

 

北西側から仮バスターミナル越しに見る再開発ビルです。

元々はビルを建てている敷地に九州産交が運営するバスターミナルがありましたが、工事のため、隣接する敷地のビルを解体し暫定的なバスセンターとして運用しています。

完成時は、敷地東側(こちら側)に隣接する南北の車道を「シンボルプロムナード」とし、
撮影場所の花畑公園と合わせて歩行者主体のオープンスペースが整備される予定となっています。

ヒトが創る賑わいといった面でも注目なポイントです。

 

もう一度、南東側から。

南側の路地を東から西に向かって進んでいきます。
しかし、引きで見ると本当に巨大です。

 

南東の角に整備されるのは地上15階の分譲マンション、「ザ・熊本ガーデンズ」(145戸)です。

 

このマンションは、我らが地元不動産のマリモが分譲しました。公式サイトでも大きく紹介されています。
【株式会社マリモ】:ザ・熊本ガーデンズ

既に全戸完売しているようですね。

 

マンション(+ホテル)が入る15階建ての建物は、南西側の公益施設と直結します。

 

 

 

南西側に立つ「熊本城ホール」です。

 

【公式】:熊本城ホール

公式サイトも既にできております。

メインホールは2,300席と大きなものです。
広島文化学園HBGホールでやっと2,000人ですから、このクラスのハコが街の中心にできる熊本は羨ましいです。

 

本当側から見る熊本城ホールです。

このクレーンの数には圧倒されました。

熊本城ホール2019年12月の開業予定
マンションや商業施設など、ホール以外の施設2019年夏の完成予定となっています。

 

商店街の「サンロード新市街」から見る再開発ビル。

熊本の最も賑わう繁華街は、まさにこの再開発を起点として北東側に広がります。
立派な駅舎に対し利用客が少なく感じた熊本駅とは対象的に、こちらの繁華街の方は多くの人で賑わっていたのが印象的でした。

そこに誕生しようとしている桜町再開発。
繁華街と相乗効果が生まれればいいですが、あまりにもてんこ盛りな施設でここで用事が完結してしまう可能性もあり、古くからある商店や百貨店の高島屋、鶴屋、それからパルコなどの小売大手もかなり警戒を強めているでしょうね。
バスターミナルを内包しており交通結節点であることも大きな強みです。

 

もう一つの交通結節点である熊本駅でも、前回ご紹介したように駅ビルを建て替える大きなプロジェクトが進行中です。

先日、といっても7月になりますが、休みを使って九州の方に行ってきました。 旅のメインは、火の国 熊本です。 福岡・博多は何度も行ったことがありますが、そこから先はほとん

こちらもファッションや雑貨、飲食の専門店街に、シネコン、ホテルと、内容は桜町再開発とほぼ同等の機能を備えます。JR九州も必死ですからね。
桜町再開発の完成から2年弱遅れた2021年春の開業予定です。

都市内の2つの核でそれぞれ大型施設を建設し、お客の引っ張り合いが始まります。熊本凄いな…。

70万という人口を考えてもかなり攻めたまちづくりであり、勢いを維持したまま共存共栄を図るのは結構大変なことでは無いかと思います。
回遊性を高める意味では、広島と同様に駅前と中心部のシームレスな連絡は重要です。

熊本駅ではこの繁華街や熊本城方面へ行くための、もっと明確で分かりやすい案内があってもいいのになと思いました。

 

ともあれ、マリモも参画する再開発は1年後の2019年夏には完了します。
その頃また訪れてみたいと思いました。

21 comments

  1. Ψくん Reply

    最近の広島の再開発が70万都市のこの再開発よりわくわくするもの少なくてどうすんの?ただでさえホールが少ない上にアーティストに他都市ほど来てもらえない現状考えればわが地元もやるべきなのに(作ったところでスルーされることはあるけど) あんな感じのランドマークになる建物がマジでほしい

  2. TOM Reply

    熊本にこれほどの再開発が進行してたなんて、初めて知りました!
    本当に大都市規模の再開発ですね。
    羨ましい!
    九州はインバウンドで、福岡を始めすごく勢いがありますね。
    長崎でも、150メートル級のホテルとサッカースタジアムが一体になった再開発が進行中ですよね。
    広島は、土地柄インバウンド(中国系)の影響は少なく欧米人も日帰り観光がほとんど。さらに利権の関係?で再開発が遅く、本当にもどかしいです。
    新井口の国際展示場案やスタジアムの計画もありますが、いつになるのやら…
    広島の都市のポテンシャルはもっともっとあると思います。
    この熊本の様に、民官が一体になって度肝を抜かれる様な再開発を期待したいです!

  3. まさ Reply

    広島も熊本の攻めた再開発を見習ってほしいものです。そごう本館は建て替えか、古くさい外観を含め全面リニューアルしないのかな?

  4. 広島出身の関西人 Reply

    九州は都市間競争が激しいから福岡あたりの再開発に触発されて思い切った計画を立案して実行できるだけの空気というか雰囲気があるのでしょうね。

  5. まさし Reply

    全てが新しくなればいいってもんじゃないと思う。その都市の伝統や歴史が感じられるものもあっていいと思う。そごうに関してはあのデザインはそんなに古臭く感じないし、歴史を感じる建物が少しは残らないと薄っぺらい都市になるような気がします。

  6. 広島人 Reply

    むやみやたらに高層ビルを乱立すれば良い訳でもないですしね。
    広島は都市の規模的にも福岡や札幌にはどう足掻いても及びませんから自然と歴史との融合をコンセプトに広島らしいまちづくりをしていけば良いと思いますよ。

  7. ああ Reply

    広島は3大都市圏以外の都市の中では、最も経済力のある都市ですから、
    それに見合った高層化はしていくべきでしょう。特にリニアができて東京が
    近くなる広島駅周辺は、ビジネス的に拠点性が高まっていくので、駅直結に
    して、できるだけオフィスを集積させるべき。北口のJR支社ビルの記事の
    ところで述べましたが、東京や大阪にあるような200M近くの超高層複合ビル
    が広島にも1つはほしいところ。県庁の土地はJRから遠く、アクセスが
    いまいちでオフィスを集積させるのは厳しいので、建てるとしたら
    やはり北口の支社ビルの土地だけでしょうね。

    • ぐぐぐ

      広島は3大都市圏以外の都市の中では、最も経済力のある都市ですから

      具体的な数字が見たいんですけど、どこを見たら良いか、教えて頂けませんでしょうか。

    • 社会系

      最低時給という具体的な数字があります。
      東京、大阪、名古屋といった都市圏の次が、広島という順番です。

      官公庁も、東京、大阪、名古屋、広島という序列で、広報などに記載されます。

      広島は、大阪、名古屋同様、支店経済都市であり、本店経済都市でもあります。
      本店経済都市という意味では、日本では、これらの都市に限られます。

      本店経済都市による経済力から、可能になっていることは、
      カープ・サンフレッチェ(スポンサー)、50階建マンション(富裕層)などです。

    • ぐぐぐ

      ああさん、コメント頂きましてありがとうございました。
      確かに、最低時給(最低賃金)は、広島が他の地方圏と比較して高いのは事実ですが、平均所得や物価指数を考慮しなければ意味はありません。
      官公庁の各種データについても、経済力が大きい順に並べているとの但し書きがなければ、判断の根拠にはなりません。
      また、本店経済都市という御主張も、広島の状況はそのとおりかもしれませんが、他の都市圏との比較がありませんので、具体的なところは不明です。
      要するに、ああさんがそれらを総合的に見て、広島の経済力が三大都市圏に次ぐものと判断されたということかと思います。
      私が知りたかったのは、都市の経済力を計る具体的なデータであって、個人的な考えではありません。
      ああさんは、他の記事で具体的な根拠がなければ説得力はないとコメントされているようですが、私も同じ考えです。
      この記事についてはこれ以上コメントしませんが、もしもっと具体的なデータをお持ちであれば、ご教示頂ければと思います。
      色々と、ありがとうございました。

    • 社会系

      コメントは「社会系」が行いました。「ああ」さんではありません。

      具体的なデータという「量」だけで経済力を判断することは、
      客観的にはなりますが、単に消費する量が多いかが分かるに過ぎません。
      これだと、イギリスやフランスより、中国やインドが格上になってしまいます。

      広島は、土地面積の制約から、大量消費都市にはなれないです。
      1人当たりの経済水準が高い都市になればいいのです。
      世界で言えばイギリスやフランス、日本で言えば京都を目指せばいい。

    • ぐぐぐ

      もうコメントしないと書きましたが、先のコメントに誤りがありましたので、一部訂正させて頂きます。
      私はああさんにお尋ねしていましたので、当然ああさんからのコメントと思い込んでいましたが、社会系さんのコメントだったんですね。確認もせずああさんに対してコメントしてしまいまして、大変申し訳ありませんでした。
      ああさんのコメントを引用して、具体的な根拠がなければ説得力はないと書きましたが、ああさんからのコメントではありませんでしたので訂正させて頂くと共に、ああさんにお詫び申し上げます。
      また、よろしければ具体的なデータをお示し頂ければと思っています。
      なお、社会系さんからのコメントにつきましては、先のコメントのとおり、社会系さんはいくつかの事例から総合的に判断されて、広島の経済力は三大都市圏に次ぐものと考えておられるということで認識しております。
      ああさん、社会系さん、管理人さんにご迷惑をおかけいたしまして、申し訳ありませんでした。
      また、コメントをお読みになった皆様に対しても、お詫び申し上げます。

  8. 天草四郎鳥肌 Reply

    熊本出身東京在住のものです。桜町再開発のレポートありがとうございます。東京にいるのでこういう熊本の情報が分かりやすく見られるのは嬉しいかぎりです。みなさんのコメントを見たら熊本の再開発から広島の再開発の話に広がっていっているのを見て、広島のかたたちは本当に広島のことが好きなんだなと思いました。きっと住みやすい街なんでしょうね。 3回ほど熊本から広島へ車で遊びに行ったことがあります。日本の中で好きな街のうちのひとつです。ぜひみなさまいちど熊本へもお越しくださいませ。

  9. オッス!オラ、全斗煥! Reply

    高島屋は熊本にはありませーん(;´д`)

    それはさておき、あれを巡る諸事情を知る者としては、やっと完成するかとの思いでいっぱいです。
    元々の交通センターの建て替えから始まり、そこに熊本市がMICE施設としてのホールを作ると決めたらバカなカルトにかぶれた連中が建設費と維持費だけ見て無駄遣いだと言い、市長選の争点に無理やり持ち込んだものの、あまりにお祭り騒ぎの度が過ぎて顰蹙を買い華々しく散ったのがつい昨日のように思い出されます(-_-#)
    その時に当選した市長がツイッターで有名な大西市長、熊本地震でも立派なリーダーシップで信頼を集めました。
    九州では福岡がメイン、熊本がサブの役割を引き受けています。バスも一日100往復と繋がりは深い、運命共同体です。

    残念ながら熊本は広島ほど都市の発展に理解ある人はいません。本当にいません。MICEの意味すら解ってない人々がゴロゴロしています。
    桜町再開発が熊本の活気の起爆剤になることを期待しています。

  10. オッス!オラ、全斗煥! Reply

    もひとつおまけに。
    福岡の再開発が多いように感じるのは、利害関係者が極端に少ないから、これだけです。福岡市と西鉄、あとJRくらい。利害が絡む場所は最初から開発しません。
    熊本は変化を極端に嫌うので(暫定すら嫌がる)、先ほどの話のように再開発を邪魔しようとするちんけな勢力がくだらん邪魔を入れてきます。

    広島はこれから開発が待っているので、個人的には広島の方を楽しみにしています。熊本は郊外SCとの戦いもあるし、再開発といっても直近のが2002年の鶴屋新館と日航ホテル(それぞれ県福祉会館と熊日新聞本社跡)、2017年のCOCOSA(旧ダイエー跡)程度で、桜町も駅ビルも「お前いい加減にしろよ」レベルで遅い開発だったことは付け加えておきます。

    なお、桜町再開発の旧交通センターは、百貨店(最初は伊勢丹&岩田屋)、ホテル、バスターミナル、地下街と商業施設は今以上に巨大でした。そこにMICE施設、映画館、マンションが加わっただけで、地元では「商業施設のテナント次第かな」と冷めた人が多いことも書いときます。

    別に貶めている訳ではないんですけどね。色々あってべた褒めを受け入れられないのです。

  11. hima Reply

    サンモールのあたりとか、こんな再開発をして欲しいですね。住宅棟の代わりに商業ビルを入れたりして。ただ高層ビル建てるだけの開発よりいいと思います。

  12. のーてんき Reply

    最初、桜町ってどこのことだろうか?と思いましたが、これって熊本交通センターと県民百貨店があったところですね。
    熊本は観光やビジネス、島原への経由地として、何回か行ってるので、町名より施設名のほうが、
    個人的にはイメージしやすいです。

    交通センターの敷地は、たしかにばかでかい印象を持ちましたし、県民百貨店の敷地とあわせた再開発なら、
    こんなに大規模になるのは納得です。

    でも、ここって熊本城の端だったと思うので、
    こんな高層で大きな建物を建てて、景観で問題にならなかったのでしょうか?
    熊本に行った時に熊本の人から、熊本市は熊本城ありきで開発が進むのと、
    白川もあるので、道路計画でもかなりぐにゃぐにゃと曲がると言う話は聞きました。
    そのときは、熊本市民は熊本城に思い入れがあるんだなぁと感じました。

    熊本ぐらいの大都市で、市街地にあれだけの土地が残ってたのは、奇跡に近いと思うので、
    うまく開発が進み、新しいランドマークになるぐらいに親しまれる施設になるといいですね。

    • オッス!オラ、全斗煥!

      高さ規制(石垣にかからない程度)はクリアしてますよ。

  13. 神楽坂 Reply

    こういうのが県庁跡地に出来て、そごうの向かいにあると、紙屋町も人通りが変わるのだろうかと思ったりして。。

  14. ぐぐぐ Reply

    社会系さん、ありがとうごさいました。
    ただ、私のコメントに関しては、都市の経済力を計る客観的なデータがあれば教えてもらいという趣旨であって、今後どうすべきかということについての考えを伺いたかったわけではありませんので、その点、ご理解頂ければと思います。

  15. はまっこ Reply

    熊本と言い、長崎と言い、素晴らしい再開発事業ですね。広島も、サッカースタジアムや大規模ホールなど併設の複合施設が街中に出来れば良いですね。マツスタの成功がありますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。