“東急ハンズの上”にサロンシネマが移転 映画館復活

既にご存じの方もおられるかと思います。
かつて広島東映・広島ルーブルが入居した広島東映プラザビル8階(1~7階は東急ハンズ)に、
序破急が運営する「サロンシネマ」が、現在の鷹野橋から移転することが分かりました。
閉館時の2スクリーン計436席から約230席まで減らし、ゆったりとした座席空間を確保します。
デジタル映写機なども導入し、今年9月中旬のオープンを予定するとのこと。
 
【中国新聞】:サロンシネマ 八丁堀に移転
20140624saloncinema_chugoku-np.jpg
(2014年6月24日付 中国新聞朝刊紙面より)
 
 
201406tokyuhands-1.jpg
 
 
東急ハンズのあのビルに、映画館が復活します。
最高な立地ながら東映の閉館以来使われないでいたのは非常にもったいないと思っていました。
「八丁座」、「シネツイン本通り」と、序破急が運営する映画館が八丁堀周辺に集中する事になり、連携してPRがしやすくなりますね。
 
東映プラザビルへ移転しても、やはりアート系作品や自主制作映画の上映が中心となるようです。
年に1,2回程度しか映画館に行かない私が言えたものではないのですが、
街なかで広く支持され定着していくためには、郊外シネコンで上映するような一般の映画も積極的に上映してほしいです。
それでは郊外のシネコンに勝てずに今の現状があるのは承知の上ですが…。
 
近年では都心回帰の動きも見られます。
序破急が運営する映画館が八丁堀に集中することになるので、それぞれの映画館ごとにターゲットを絞った映画を上映するようにすれば面白いのではないでしょうか。(”サロンシネマは若者向け”とか)

スポンサードリンク


 

4 comments

  1. おもっち Reply

    チケットブースを一階に置くのか八階に置くのか、はたまた両方併用なのかで違ってきますが、一階に置くのならば左側だけでなく、右側にも置くと便利ですね。スクリーン数が二つあることから、左右に分けた方がお客様の行列を分散出来て混乱回避が出来そうな気がします。
    二重扉はそのまま使って頂きたいですね。光漏れに効果がありますから。
    八丁座のように喫茶室があれば良いと考えます。二階に“ハンズカフェ”があるのでタイアップになるのかな…?

  2. 鯉党α Reply

    >おもっちさん
    コメントありがとうございます。
    営業していた頃は1階のみでしたっけ?販売ブースが多いに越したことはないですね。
    序破急運営下の新たな試みですから、様々な工夫があることに期待したいですね。

  3. 変態迷惑野郎 Reply

    若しハンズの八階が無かったらサロンシネマはどうなっていたのだろう?アルパークシネマは元々眼中に無かったのでしょうね?座席数減らす事無いのに何故減らしますか?減らした分テーブルが無かったら暴動モンダド!乱文悪しからずご了承下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。