可部線 “復活”区間新駅のイメージ公開 線路跡を歩いて感じた事など

広島市とJR西日本は2017年春の開業を目指し、廃止された可部線の一部、約1.6kmの電化延伸事業を進めています。

今年の初めに安佐南区の土砂災害被災地を歩いた同じ日、その延伸区間の状況も確認してきました。
土砂災害から半年 被災地を歩く

かなり遅くなってしまいましたが、今回はその報告をしていきます。

【広島市】:JR可部線の電化延伸区間について、鉄道事業の申請が許可されました!

kabesen-keikaku.jpg

今月6日、市とJRは駅舎の設計が完了したとして、改良される可部駅と新設される2つの駅の駅舎のイメージパースを公開しました。
【JR西日本】:可部線電化延伸区間の新駅について

今回はこのイメージパースも合わせて紹介していきましょう。

まずは現在の可部線の終点である可部駅です。
文章の構成上、改札の中である可部駅のプラットホーム内から紹介していきます。
現在の可部駅のホームは上の概略図中の「改良前」のように”コの字型”になっており、
1番線・2番線が行き止まり、3番線が廃止区間へ続く構造となっています。

201501kabesen-1.jpg

可部駅の3番のりばから西側のバスターミナルや改札の方を撮影しています。
隣の2番線には広島行きの電車が停車しています。現在ほとんどの電車は2番線に停まり広島方面へ折り返しているようです。

可部線の電化延伸を期に終点駅でなくなる可部駅は、西側の保線スペースにホームを増設した相対式ホームに改良されます。
上の画像でいえば、撮影しているホームが上り広島方面のホームに変わるということですね。

行き止まりになっている1・2番線です。

201501kabesen-2.jpg

改良後は完全に無くなってしまうのでしょうか。

このホームの突き当りとなる改札口です。

201501kabesen-3.jpg

西口へは現在列車は通ることのない線路を横断して行き来するようになっています。
開業後は見えている2本の線路がそれぞれ上り・下り線になりますが、市やJRは構内を横断する跨線橋を建設する計画があるそうです。
跨線橋は駅の東西を結ぶ自由通路として機能します。

線路を横断して西口広場へ移動しました。

201501kabesen-4.jpg

1kabe-image.jpg

正面が現在の改札口です。ホームは画像右側に伸びています。
公開されたイメージパースがほぼ同じ角度だったので並べてみました。
自由通路の階段もイメージには描かれています。
“自由通路”とは言っても上りと下りで別々の相対式ホームになるので、天神川駅や今春開業する新白島駅のように方面別で改札口は別々の構造になりそうです。(橋上駅とは違います。)
イメージ図をよく見ると、案内板には跨線橋を渡らず右に進めば「JR線」と描いてあります。(終点方面)

可部駅西口全体です。

201501kabesen-5.jpg

国道54号線「可部街道」が面しバスターミナルが整備されています。
可部は横川との間で日本で始めての乗合バスが運行されたという歴史があり、
駅前広場の上屋もその横川駅(画像)と通じるものがあるデザインになっています。

ここから、電化延伸区間に向けて進んでいきます。
54号線可部街道は可部駅を過ぎるとすぐに廃止された可部線の軌道を跨ぎ北進する構造になります。
西側から線路跡と可部街道が交差するポイントを振り返りました。

201501kabesen-6.jpg

この時点では終点駅付近まで柵で囲まれているだけですが、今月13日から新しいレールを引くための土台工事が始まっているようです。
【中国新聞】:可部線延伸区間の土台工事始まる

最初に載せた概略図にもあるように、しばらく進むと県道267号線の南側に沿って西へ向かうルートになります。

201501kabesen-7.jpg

奥に見える高架橋は国道54号線「可部バイパス」です。

少し路地に入り線路跡を見てみます。

201501kabesen-8.jpg

今回の可部線電化延伸事業では、新たに3箇所に踏切が設置されます。
画像はその内の一つ(最も可部駅側)です。
国交省は原則として踏切の新設を認めていませんが、住民からの要望が強かったことや廃止区間の復活であることを受け許可が降りたようです。

可部バイパスの高架下まで移動しました。

201501kabesen-9.jpg

延伸工事を手がける広成建設の事務所や掲示板が設けられています。
工事が始まっていることを実感しますね。

ここから200m足らず進んだ付近に中間駅が新設されます。

201501kabesen-10.jpg

県道を挟んだ北側にはホームセンターや食品スーパー、ドラッグストアが立地しています。

工事車両の出入口になっている所が、中間駅の駅舎になりそうな感じです。

2chukan-image.jpg

201501kabesen-11.jpg

中間駅の南側には、某宗教法人の巨大な施設が建っていました・・・・・

近くには広島北税務署が面する割と大きな交差点があります。

201501kabesen-12.jpg

ここも新設踏切の一つです。

この交差点を過ぎると、これまで進んできた道路(県道267号線)の状況が一変します。

201501kabesen-13.jpg

道路の拡幅が完了しておらず、終点駅付近では歩道はおろか中央線も無くなり、大型車同士ではすれ違うのが難しいほどの細さになってしまいます。
所々で用地買収されている箇所もありましたが、終点駅まで拡幅しようと思えばまだまだ時間が掛かりそうな状況でした。

中間駅から700m弱、終点駅付近に到着しました。

201501kabesen-15.jpg

201501kabesen-18.jpg

3syuten-image.jpg

終点駅イメージパースに見られる屋根の曲線は、古くから地域を流れる太田川をイメージしているそうです。

周辺の様子ですが、これより北側の山にまとまった住宅団地(亀山地区)があるとはいえ、終点駅付近はかなり閑散としています。
個人的な予想を超える”何も無さ”でした。

終点駅予定地付近から、南側の県営荒下住宅跡地を眺めます。

201501kabesen-16.jpg

201501kabesen-17.jpg

かつては数十棟の長屋建ての住宅が立ち並んでいた場所です。
ご存知の通り現在では、老朽化した安佐市民病院(安佐北区可部南)の移転候補地に挙げられています。
昨年2月には病院の移転新築に関連する補正予算案に関し、移転に賛成派と反対派で議会が真っ二つに割れ、議長の判断で否決になるという事態も起きました。

私の率直な印象では、市民病院を移転でもしなければ延伸区間の採算が取れないのではないかと心配になりました。
一戸建ての住宅が並び近くに安佐北区役所や店舗も立地する”中間駅”までなら納得できるのですが…。

ただ、県営荒下住宅跡地の環境にも着目しなければなりません。
地図で見ても分かる通り、跡地は蛇行する太田川の北側に広がります。
一般的に蛇行する河川では外側程流速が早くなりますし、堤防もほとんどの区間で未整備です。
(いずれ整備はされると思いますが)
いくら区画整理をして堤防整備や嵩上げを行ってもリスクがゼロではないのは、昨年の大規模土砂災害を見れば明らかです。
川の南側にそびえる山の土砂が崩れて麓の川を塞いでしまえば、外側の荒下地区に川の水が流れこんで来る可能性もあります。
どこに住んでいようが何らかの災害のリスクは付き物だということは理解していますが、あえてここに地域の基幹病院を新築するのはやめておいた方がいいのではないかと思うようになりました。
可部線以外のアクセスにおいても、たとえ県道の拡幅が実施されても劇的にアクセス性が良くなるわけではありません。

かと言って対案を示すのも難しいのは事実です。
現在地で建て替えをするには敷地の狭さから7年もの期間が必要になります。
費用も移転新築に比べ高くなるのは確実でしょう。

本来、まず県営荒下住宅跡地の活用策を決定させるべきではなかったかとも感じますが、延伸事業はすでにスタートしています
4月には広島市長選も控えており、安佐市民病院の問題は争点の一つになりそうです。
延伸の進捗状況とともに今後も注目していきたいです。

201501kabesen-14.jpg

【若林新三 WEBSITE】:JR可部線各駅のイメージ
【朝日新聞】:広島)安佐市民病院建て替え問題、本会議も移転否決

スポンサードリンク

16 comments

  1. Yusuke Reply

     自分は安佐北区在住ですが、やはり広島市の中で活気が一番ないように感じています。
    鯉党αさんもかかれていますがとても閑散としてますし、電化延伸事業をきに活気が出てくれればと思います。

  2. デキャンタ Reply

    いつも拝見しております。
    少し論点が病院問題に偏りますがコメントさせて下さい。
     
    延伸の問題点を取り上げて頂いて嬉しく存じます。計画当初より終点駅には疑問を感じておりました。延伸自体は賛成ですが、やはり需要を考えても、周辺環境の整備費用を考えても中間駅までと思います。
    また、公共交通の利便性が向上すれば車通勤人口が減少し、公共交通機関利用者が増加すればCO²削減にも繋がりますので中間駅までは大賛成です。
     
    広島市としては荒下住宅跡地を有効利用したい一心なのでしょうが病院移転ありきの計画自体が無理があり、また、病院移転に関しては検討期間も短く結論を急ぎすぎ失敗しました。医師会も反対していましたし。
    終点駅周辺の整備費用(災害対策も含)は決して安いものではありません。安佐市民病院は県北部~島根県西部の方々も利用する基幹病院です。
    一度流れた病院問題ですし建替、移転どちらにせよ市民の納得がいく議論が必要です。いくら急いでも現状の公共事業過多の環境では事業を決定しても竣工までに相応の期間が必要になると考えられますので。
     
    また建替の場合、市営可部中島アパートと地権者が取り纏めをしてくれた南に隣接する土地も含め一体として整備することで駐車場不足問題も解決すると考えています。しかし、現在地の公共交通アクセスの問題は中島駅移転を考えなければ無理でしょう。バス停は比較的近くにありますが、病院という性質上、高齢者の需要が高いため乗降性、座席数の点からやや不安が残ります。
     
     
    移転地の周辺整備費用も含めた金額であればどちらも差がない(推測)ので本当に活発な議論が望まれますが、結局新市長と議会との関係次第でどっちにでも転ぶ問題なんでしょうね(笑
     
    長文大変失礼しました。

  3. 匿名 Reply

    これまでこの件はあまり関心はなかったのですが、いろいろ問題があるんですね
    勉強になりました

  4. タミー Reply

    取材、レポートお疲れ様です。
     
    ラジオの交通情報で可部、加計分かれ交差点の渋滞情報が最近ではあまり聞かれなくなったそうですね。
     
     島根県出雲地方への国道54号線「雲州街道」と島根県石見地方への入り口となる国道191号線からの「石州街道」が交わる宿場町として栄えてきた可部の街も、広島自動車道、中国縦貫道、浜田自動車道、松江自動車の開通によりハイウェー時代の陰の部分を象徴する街となってしまった感じは否めませんね。
     
     更に、付近に山陽自動車道の広島インターチェンジがあり、一つ手前にアストラムラインとの乗換駅の大町駅が出来た緑井駅を始発・終とする便が大幅に増え、大型商業施設が複数進出した緑井地区に人の流れが移った様に思えます。
     
     延伸後のダイヤが延伸先の終着駅行きを主流にするのか、可部駅止まりを残すのか、緑井止まりをどうするのか等が非常に気になります。
     
     現代社会では変化のスピードが恐ろしく速く、交通の要衝の街は人の流れによってガラリと変わるので街づくりが非常に大変だと思います。
     
     雲州街道、石州街道、更には山陽道に変わる高速道路網が集中する西風新都の開発に拘る財界や市も、考え方の一つとしては的を得ている様にも見えますが、更に変化のスピードが増すとどうなるのでしょうか?
     どうしても、可部線延伸も西風新都開発と同様に、胡散臭さが充満していると思ってしまいます。
     
     取材・レポート頑張って下さい。
     宜しくお願い致します。

  5. ヒロさん Reply

    安佐市民病院の移転問題ですが、公的な大病院の場合、患者の大多数が難病患者・障害者・高齢者ですから完全なバリアフリーが難しいJR・バスではなくて自家用車、タクシーでの通院が多数です。駐車場の増設が可能であれば現在地での建て替えがベターかなと思いますね。
     
    記事にもありますが、災害リスクが高い場所の場合、災害時の入院患者の避難の問題がありますのでプラスαのコストがかかる場所よりリスクが少ない現在地の方がそちらの面でも良いのかなと思います。トータルコストでの比較をするべきでしたね。
     
    JR可部線延伸ありきで利用者増対策で移転するのであれば、本末転倒だと思います。政争の具になっている現状も残念です。。政治の話題になりますが、現職の松井氏を民主や連合も支援すると思うので市議会の過半数を握ります。となると移転問題が進むと思います。
     
    長文、失礼しました。

  6. blk Reply

    仕事で54号で通りかかった時にカーブの辺りが見えて、路盤工事が終わってる様子が見えました。
     
    終点駅ですが、地図上から見ると団地が近いので無駄という程ではないと思います。
    中間駅はターミナルといった車が集められる状況には無く区役所や税務署といった公共施設の最寄り駅という感じですね。
    終端駅はまだ駐車場整備が出来そうです。
     
    安佐市民病院については現在地の約束が古くにあったという話を知り合いから聞きました。
    候補地移転すると太田川の対岸地域から遠くなるという欠点も有ります。
    ただ、移転しなかったらしなかったで交通の便が悪いという欠点を引き継ぐんですよねぇ……

  7. blk Reply

    可部駅に自由通路っていまいちピンと来てなかったが、上下線分離駅と割り切る訳か。
    そうすればホーム間で踏切や跨線橋も不要になるし。
    確かに、いっその事そうした方が良さそう。
    可部駅内での乗り換えは考え難いから。
     
    あとは、上八木、中島と2駅連続で列車交換不可能という巫山戯た状態を解消すれば、
    緑井を境にしたダイヤ格差を埋められるだろう。

  8. mac Reply

    これから本格的な人口減となる中、安佐北区の活性化は厳しいと思います。可部も20年前と比べて、劇的に変わってはいません。
    土砂災害の影響もあり、今後の発展は厳しいかと。病院移転問題にしても、現在、広島駅北口にがんセンターが建設予定であり、旧市内の病院も次々とリニューアルする中で、本当に新安佐北市民病院は必要なのでしょうか。財政上の問題もありますし。広島市がコンパクトシティーを目指すとき、安佐北の広大なエリアを含んだ都市整備の難しさを感じずにいられません。荒下地区に、アトムの西原あたりの沿線に見られるようなマンション群でも出来ない限り、延伸区間の採算は取れないかもしれません。

  9. 初代・毛利元就 Reply

    絶対に失敗するよ。まあ少し考えてみりゃ、わかるだろう。
     
    可部線の電化延伸なんて必要なし。今のままで良い。可部止まりのままでいい。
     
    どう見ても、今後の安佐北区を含め、可部線沿線の人口が増えるとは到底思えない。無謀な計画と断言していい。ここに投稿してくる人は甘く考えてないか?

  10. 匿名 Reply

    >>9
    JRが甘く考えてると思う方がどうかしてる。
    可部以降を廃線に追いやったJRが甘い訳が無い。
    少し考えてみりゃ、分かるだろ。
     
    可部線じゃなくて芸備線の話ならともかく。

  11. 神宮寺龍之介 Reply

    >ヒロさん
    仮に現職が再選しても、議会の会派構成が大きく変動しない限りは移転問題が動くことは無いように感じます。
    確かに現職は与野党から推薦貰ってますが、自民系の保守クラブ・市政改革ネットと関係が悪化しています。
    また民主系の市民連合も一時は上記の2会派が提出した辞職勧告決議案に賛成する可能性もあった程度の関係です。
    (実際は自民会派同士の内輪揉めに付き合いきれんとばかりに採決時に退席しましたが)
     
    この関係を踏まえると現職が再選しても、これらの会派が態度を変えるとは考えにくいかと。

  12. ヒロさん Reply

    神宮寺龍之介へ
     
    なるほど。民主系の市民連合は積極的な現職市長の与党にはならないのですね。新聞報道では、連合と政策協議云々と書かれていたので、「あれっ?」と思っていたのですが。
     
     
     
    安佐市民病院の移転は患者目線で考えてほしいのが希望ですね。供給過多の意見もありますが、この病院を廃止すると市北部・県北・県外の患者が市内の4大病院に流れ込み、検査入院でさえ3~6か月待ちの状態が悪化する可能性があります。高齢化によりむしろ、民間の小病院の方が供給過多になると思います。こういった大病院は、民間の病院で対応が出来ない患者の最終的な受け皿ですしね。

  13. ヒロさん Reply

    12のコメントですが、神宮寺さんのところの「さん」が抜けいていました。
     
    神宮寺さん、すみませんでした。

  14. ペーロケ Reply

    >タミーさん
    >ラジオの交通情報で可部、加計分かれ交差点の渋滞情報が最近ではあまり聞かれなくなったそうですね。
     
     渋滞がなくなるのは単純にいいことじゃないでしょうか。それに、これは高速道路の影響というより、可部バイパスの開通による効果というべきでしょうか。私が広島に来た際には、南原峡入口まで可部バイパスが開通しており、そのアクセス道路との交差点となる、「三入の土居橋付近」という言葉を何度聞いたことか。それが、昨年全線開通してからは、通過交通がどんどんバイパスの方を流れていき、渋滞しなくなったと考えるべきでは?市内から可部に向かうと、太田川を超えたあたりで本線がバイパス側に付け替えられており、旧可部線(いや、可部線延伸予定線と言うべきか?ややこしいな~)を超える跨線橋の手前まで4車線化が完成しています。可部の市街地には通過交通が流れにくくなっていますね。
     
    >macさん
    >病院移転問題にしても、現在、広島駅北口にがんセンターが建設予定であり、旧市内の病院も次々とリニューアルする中で、本当に新安佐北市民病院は必要なのでしょうか。
     
     現状を知らない市内目線の意見ですね。私は安佐南区民ですが、こちらもたまにお世話になります。ここはとにかく駐車場が狭くて、外来なら時間帯によっては入るだけでも2時間待ちとかも珍しくありません。場所も微妙に可部駅から離れていて不便だし、もちろん、診てもらうのも結構待ちます。可部の人、それも病人が簡単に市内の病院まで通えるとでも思っているんでしょうか?

  15. blk Reply

    >>8
    亀山南2丁目や4丁目の団地なんて20年前から有ったけ???
    だとしたら可部線の廃線の時に、河戸駅存続と末端に新駅という話になってもおかしくなかった筈では。
    延伸復活が決まったのも、まさに亀山南2丁目や4丁目の団地が決定打になったと思うんだけど。
     
    あと、安佐市民病院の事だけど私もペーロケさん同様に旧市内居住者の意見だと思う。
    移転するしないに関わらず拠点総合病院は要るよ。
    広島駅北に癌センターが出来ても大病は癌だけじゃないしね。
     
    >>9
    国鉄時代じゃあるまいし。
    引く時は採算性について慎重でしょう。
    JR西日本が引くというからには当然計算づくでしょう。
    あと広島駅周りの改良や開発が進んでいるのも波及効果を見込んだ後押しになったかもしれません。

  16. タミー Reply

    ペーロケ様
     
    > 渋滞がなくなるのは単純にいいことじゃないでしょうか。
     
    仰る通りで、快適な街づくりをする上で渋滞解消は非常に重要課題ですよね。
     
    >これは高速道路の影響というより、可部バイパスの開通による効果というべきでしょうか。
     
    新しい地図で確認すると祇園新道→佐東バイパス→可部バイパスと整備が進んでいますね。
    整備に尽力された方々にも深くお詫び申し上げます。国道54号線は慢性的な渋滞のイメージが強くラベリングでコメントして仕舞ったことも重ねてお詫び申し上げます。
     
     高速道路網の整備も基本的な考え方は大掛かりなバイパスだと思うのですが、バイパスの整備に伴い旧市街地の衰退・荒廃は全国各地で大きな問題となっていますね。
     
    高度成長期、更にはバブル期にかけて無理に開発を広げようとして塩漬けになってしまった不良資産を、景気が上向いてきた今、損失を取り返そうとして、また同じ過ちを繰り返そうとしているのではないかと懸念して仕舞います。
     
    内向きに小さくなるべきだとは思いませんが、行き過ぎた私欲絡みで、必要以上に開発を広範囲に広げ過ぎるのは如何なものかと思います。可部線延伸の是非についての議論も興味深く拝見しております。
     
    駄文失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。