JR廿日市駅南北自由通路 新設工事 2015.02(Vol.3) 駅舎完成イメージなど

201502hatsukaichi-7.jpg

 
 
 
広島県廿日市市のJR廿日市駅では、2018年度の完成に向け南北自由通路を建設し駅を橋上化する工事が行われています。
広畑裕一郎のがむしゃらブログ】:JR廿日市駅自由通路等新設工事の施工にかかる説明資料(PDF, 353KB)
 
前回の状況です。4ヶ月ぶりとなりました。
JR廿日市駅南北自由通路 新設工事 2014.10(Vol.2) 仮駅舎へ
 
 
南側から全体を撮影しました。
 
201502hatsukaichi-9.jpg
 
前回取材した昨年10月から、これまでの駅舎が閉鎖され仮駅舎での営業が行われています。
今回確認したところ、旧駅舎の姿は完全に無くなっています。
 
 
工事の仮囲いには廿日市橋上駅の完成予想図が掲示されていました。
 
201502hatsukaichi-10.jpg
 
このような鮮明なイメージは初めて目にします。
デザインも細部に変更が加えられているようです。木材港を持ち「木工の町」を掲げる廿日市市らしく、内外装にふんだんに木が使われています。
広電廿日市駅にも通じるデザインですね。
 
 
改札の中に入りました。
 
201502hatsukaichi-8.jpg
 
 
201502hatsukaichi-1.jpg
 
 
201502hatsukaichi-2.jpg
 
建設される自由通路と重なる部分ではホームの上屋が撤去されました。
旧駅舎の姿は無くなり既に橋上駅舎の基礎工事が始まっています。
下りホームへは仮駅舎からそのまま真っすぐ行き来するようになりました。
 
 
跨線橋へ上がる階段から元の駅舎のあたりを見てみます。
 
201502hatsukaichi-6.jpg
 
 
 
北側もこのとおりです。
 
201502hatsukaichi-3.jpg
 
今後の変化が楽しみです。
 
 
駅の北側では自由通路にあたり北口駅前広場等を整備する「廿日市駅北土地区画整理事業」が行われています。
駅の跨線橋から少し眺めてみました。
 
201502hatsukaichi-4.jpg
 
 
201502hatsukaichi-5.jpg
 
画像奥を真横に走る市道「畑口寺田線」からまっすぐ廿日市駅北口に向かう街路が、アスファルトで舗装され形になってきました。
歩道のタイル舗装も行われていますね。
またこの広い区画の西側に残っていた高さ十数メートルの地山が完全に切り崩されました。
順調に進んでいるようです。
 
 
 
駅の南側の広電廿日市駅から廿日市駅に向かって整備される県道「廿日市駅通り線」の状況を。
 
201502hatsukaichi-11.jpg
 
 
201502hatsukaichi-12.jpg
 
用地を取得して手付かずだった状態から、道路の路盤を整備する工事が始まっていました。
完成すれば国道2号線から廿日市駅へのアクセスが向上します。
 
 
最後に日々訓練が行われている新型車両227系を。
 
201502hatsukaichi-13.jpg
 
新型車両はもちろん、広島駅といい、西条駅といいあらゆる面でJRのブラッシュアップが集中的に行われています。
広島シティネットワークの格が、その名に恥じないものへと一気に向上していますね。
ただ、廿日市駅は朝のラッシュ時に運行される快速「通勤ライナー」の通過駅です。
この橋上化工事を期に、架線を撤去して実質使い道がほとんど無くなった真ん中の線路のスペースを使用して、2面4線のホーム構造にしようという案は無かったのかなと思ってしまします。
北側も区画整理中で比較的用地は確保しやすかっただろうに…。
現状での快速の本数が圧倒的に少ないのは事実ですけどね。
 
 
JR廿日市駅の自由通路は2015年度末、南北駅前広場を含む全体の完成は2016年度末になる予定です。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

6 件のコメント

  1. 匿名 返信

    廿日市市の中心地は、宮内串戸駅や広電廿日市市役所前駅に移っている印象です。

  2. bob 返信

    おお~廿日市橋上駅舎イメージパース発表されたんですね。
    高校時代はこの駅にはよくお世話になり思い入れの深い場所で実に感慨深いです。
    それにしても鯉党さんの言う通り敷地に余裕があったはずなのに2面4線のホームを前提で作られなかったのは確かに残念ですね。
    近未来広島 新作作りました。マツダさんが景気良さそうなので提案の意味を込めてます(笑)
    今回はかなり理想の姿が描かれており一層駅前ビル郡の迫力が増しております。
    良かったら御覧になってください。
    http://youtu.be/_8FeEE00_IU

  3. タミー 返信

    ブログ更新お疲れ様です。
     
     広島シティーネットワーク内の山陽本線沿線各駅で再開発事業が進み、新型車両導入、新白島駅開業による南北に走るアストラムラインとの接続で、山陽本線が広島都市圏の東西の大動脈としての役割が期待されます。
     鯉党α様が指摘されておられる様に快速列車の少なさはやはりどうみても不自然です。
     広島シティーネットワークの東西両端となる白市・岩国には空港があり新幹線との競合上JRが快速便の整備には消極的であることは以前から問題視されています。
     現状の、「広島への移動は新幹線が主な足」ということが外国人観光客を呼ぶには皮肉なことに逆にプラスに働いている様な気さえします。
    逆に言えば「新幹線があるじゃないか」なんでしょうけど。「山陽本線があるじゃないか」も同様ですね。
     路面電車の件もそうですが、空港とのアクセスの問題も現状維持でも当面は何とかまわりそうなので先送り的な対応が垣間見え、それが延々と都市の活性化を大きく妨げている様に思えます。
     
     bob様の映像素晴らしいですね。
    あべのハルカスにシャープの本社を入居させ関空から商用で訪れる方々に配慮をとの構想(シャープの経営危機でお流れ)を 思い出しました。
     マツダは現状の好景気が続けば来期にも無借金企業になるとの見通しとの報道もあり、今後はダブつく資金をどう投資にまわすのかに注目が集まりますね。
     外国からの商用客への配慮となれば広島空港国際線の充実も重要課題となるので、空港民営化+アクセス改善の事業にも積極的に投資して頂きたいと思います。
     JR山陽本線に対抗出来る交通手段が出現すればJR側も対抗措置を取らざるを得ないので、競争原理が働き、山陽本線がより活性化されることと思います。
     そうなれば本社移転のメリットもありかも知れませんね。
     
     昨年は、広島高速3号線(広島南道路)の開通により広島市街地の南側の東西道路が繋がり、北側の山陽自動車道とで山陽本線を挟んで東西の動脈完成しましたが、今年はその山陽本線の活性化で更に東西の交通が充実されますね。
     贅沢を言えばキリがありませんが今後も豊かで快適な街づくりをして頂きたいと思います。
     
    14日が本当に楽しみですね。今年はゆめタウン廿日市の開店もあり、廿日市の街にも注目ですね。
    レポート楽しみにしています。宜しくお願い致します。
    長文失礼大変しました。
     
     
     

  4. M.T 返信

    廿日市駅を2面4線にする案ですが、緩急接続を行うという意味なのでしょうか?
    それとも、今後快速を導入する際に退避させるために?
    廿日市駅は旧市街地の中心にありますが、乗降客は既に隣の宮内串戸に抜かれてますからね。
    単純に退避させる為なら、新幹線駅みたいに本線を通過線にして2面2線でいけるかと。
    緩急接続と追い越しを同時に行うなら、五日市・宮島口・大竹辺りの2番線を活用するとか。
    いずれの駅も両方から進入できる様になっているのかどうかは知りませんが。
     
    ただ、JRがそこまでやるかというと、やらないと思いますね。
    関西地区みたいに競合するライバルがいるならともかく、広電宮島線とは競合してないですから。
    昔のような快速なら意味もあろうかと思いますが、今の快速じゃ快速って言っていいものかどうか…
     
    五日市までの各駅と宮内串戸・宮島口・大竹・岩国くらいでいいのではと思いますが。
    実際に80年代の快速は停車駅はそのくらいでしたから。

  5. おばさん丸 返信

    久々に、廿日市駅を利用しました。きれいになるのは歓迎していますが、なんと人間の事を考えていない工事なのでしょう。セブンイレブンのところから駅に入るのもすごく分かりにくいし、その道路と、トイレに行く道が
    工事用白い板でふさがれていて、駐輪場から入るのも、ぐるっとおおまわりして駅まで歩道もない車も多い、道を通る必要があります。
    せめて、トイレと駅に入るの所の工事用白い板を撤去すべきではありませんか。何のためにあの板が必要なのでしょう。早急に撤去されるようお願いします。

  6. blk 返信

    >>5
    仮設駅舎と旧跨線橋、仮店舗の撤去が済めば、撤去されても良さそうなものですが、
    最悪、北側の工事が終わるまではこのままかもしれませんね。
    とりあえず、JR西日本に苦情を言ってみるのもいいかもしれません。
    電話掛けにくいならばJR西日本のサイトにメッセージが送れるページがあるので。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。