福屋近くのえびす通りにインポートブランド「エクセル」が今秋オープン。

以前ブログで紹介した中国新聞の記事の中で、
“中区堀川町のえびす通りに海外ブランド品販売の「エクセル」が出店を検討している”
といった事が書かれていました。
その時の記事です。
移転したソフマップほか、H&M、八丁堀の様子など
 
 
一応その予定地の様子を見てきたので簡単に紹介しておきます。
場所はここです。
 

より大きな地図で 【広島市】主要商業施設の新規出店状況 を表示
 
 
えびす通り西側から建物を見てみます。
 
ebis-xsell.jpg
 
右手の赤い壁のところが出店予定地です。奥に進めば中央通りですね。
以前までパチンコ店が営業をしていましたね。個人的には特にこういった中心部でパチンコが無くなり一般的な商業施設がオープンするのは喜ばしいことです。
まあ向かいにこれより大きな店があるんですけどね。
 
ブランド品は全く縁がありませんが「エクセル」は中国新聞の記事にもあるように、広島の流通大手イズミのグループ会社ですね。
【公式】:エクセル
 
分かりませんが、建物も元々イズミが所有してたりするのでしょうか。
店舗情報をみるとこれまで自社のゆめタウンが主な出店先だったので関東以外では珍しい試みなのかもしれません。
以前も書きましたがイズミは郊外中心ではなく、こうやって中心部での商業テナント業も成長させてほしいところです。
 
そしてこのビルのすぐ先には福屋南館1階「OPAQUE(OPAQUE)」が2008年に開業し営業中です。
福屋八丁堀店も含めてこちらとの相乗効果にも期待したいですね。

スポンサードリンク


 

3 comments

  1. チャックン Reply

    この辺りには、一気に色々な店ができますね。しかも、すみわけもちゃんと出来ているし、良いですね。
    この周辺は、一気に華やかに(賑やかに)なりそうですね。

  2. Kaz Reply

    パルコ、H&Mが若者向けゾーン(10~30代)、福屋が比較的上の層を狙ったゾーン(40代~)と考えると、OPAQUEやX-sellがその中間層(30~40代)を狙ってる感じで、きれいにグラデーションな配置になっているな~、と勝手に思いました。
    (もちろんその世代以外の人もそれぞれ行くでしょうが)
     
    若者だけ!年配層だけ!というのではなく、幅広い層が集まるエリアになりそうで楽しみですね。
    3世代でお買い物、なんて時は理想的なんじゃないでしょうか。

  3. 鯉党α Reply

    >チャックンさん、kazさん
    棲み分けは本当に良く出来てきたと思いますよね。
    ルイヴィトンなどの高級ブランドも福屋にありますし、対照的に(と言っては語弊がありますが)H&MやGAPと言った比較的手軽なお店も整ってきます。
    買い物が楽しい街になって欲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。