『グリーンムーバー・レックス』デザイン明らかに。ピッコロ・ピッコラ画像付き。

来春の消費税増税に伴う、広島電鉄の運賃値上げを報道する記事の中で、
まもなく投入される超低床車両1000形の増備車のデザインが明らかになりました!
【朝日新聞デジタル】:電車・バス値上げ検討 広島電鉄が2014年春から
 
greenmoverlex-image.jpg
(上記WEBサイトより転載、広島電鉄提供のもの)
 
 
デザインは、お世話になっていますカナデさんのブログでキャッチされたものと同様ですね。
今年2月に導入されたピッコロ・ピッコラとは全く違うテイストとなりました。
 
そしてやはり名称も緑が復活して「GREEN MOVER LEX」、「グリーンムーバー・レックス」になるようです。
以前から書いているように個人的にはピッコロ・ピッコラのレトロ調ワインレッドが一番良かったですが(笑)、
これはこれで似合っていると思います。黒く見える部分は深緑なのでしょうかね。
実際に早く見てみたい色です。
 
中国新聞の紙面版では増備される新車3編成は今年12月から順次搬入され
試運転などを経て営業運転に投入されていくようです。
今度はどの路線に入るのですかね。やはりまだ導入されていない3,5,6号線?
 
 
 
 
さてワインレッドカラーの広島電鉄1000形ピッコロ(1001)とピッコラ(1002)ですが、
先日日が暮れた横川駅で同時入線しているところを捉えることができました。
 
201311hiroden-2.jpg
 
かっこいいいいい!!(*゚∀゚)
横川駅のレトロな大屋根と非常によくマッチしてるように思います!
それでいながら近代的。個人的にはこれ以上ない光景でした(笑)
 
 
201311hiroden-1.jpg
 
 
ツーショットの時間はそれほど長く取れず…
 
201311hiroden-3.jpg
 
行ってしまいました。
 
 
1番ホームで出発を待つ1002号ピッコラ。
 
201311hiroden-4.jpg
 
1002号は現在マツダや東京大学などと共同で対自動車の安全実証実験を行なっています。
専用ラッピングです。
 
 
以上です。新しいデザインは来月から広島でお目見えということで、とにかく早く実物を見てみたいですね。
市内線もこれで低床電車の割合が増えてきます。楽しみにしたいです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

9 件のコメント

  1. タミー 返信

    レポートお疲れ様です。
     
    横川駅も随時雰囲気が変わりましたね。
    横川駅周辺界隈というとオッサンがガード下で一杯というイメージが強かったですが、旧国道から北側可部線下にかけて上を走る列車の音を聞きながらの一杯もなかなかいいものです。
     
    好みの問題もあるとは思いますが、広島でガード下と言えば横川ですよね。
     
    オッサンの街から若者の街に変貌しつつあると一部では囁かれているようですが、あのガード下の雰囲気は街づくりに是非とも生かして頂きたいと思っています。

  2. がたんごとん 返信

    こんにちは。横川駅、あの大屋根の下に2本同時に並んだ光景は、壮観ですね。
    あのワインレッド塗装はアニバーサリー仕様ということなので、いずれはLEXカラーに塗り変えられて、ピッコロ・ピッコラの愛称とともに、消えゆく運命なのでしょうかね…。
    1002号のITSラッピングは昨日剥がされたようです。

  3. 小五郎 返信

    一枚目の画像(グリーンムーバー・レックス)ですが、よく見ると車番が「1001」になっているので塗替えは濃厚だと思われます。

  4. inaji 返信

    まあピッコロ、ピッコラは前社長在籍時で広電100周年を記念したものでしたからね。何処となく関西の某鉄道会社を彷彿させる色ですが。
    しかしこのデザインは広電らしいのですが、好みわかれそうなデザインですね。
    でもこの車両の登場で広島の路面電車が本当に便利な乗り物になればそれはうれしいですけど。
    後は駅前大橋線だけですね。

  5. 鐘梨 返信

    GREEN MOVER LEX 面白いデザインですね。
    何故かは分かりませんが、すごく悪役ヅラって感じがして、
    私は好きです。
     
    ピッコロピッコラの色に関しては、
    単色LEDによって幕の色による系統識別が出来なくなった影響↓を考えれば、
    http://ab-hiroshima.com/f860 
    管理人様も仰ってるとおり系統ごとに使用車両を分ける方向に動くなら、
    塗り替えてしまうほうが合理的という見方もできますね。
     
    私個人の好みの問題としては、色違いも含め多くの種類の電車がある方が好みなので、
    その煩雑さを補うべく方向幕の色分けをしていた点はバランスをとることから高く評価していたのですが、
    昨今の単色LED化は多様さを消す点とひと目で判別しにくい分かりにくさから、あまり好きになれません。
    ピッコロピッコラのような深い赤系統というあまり広電で見られなかった色が消えてしまうようだと寂しいですね。
     
     
    やや話はそれますが、そもそもカラーLEDが導入できない理由でもあったんでしょうか、高すぎとか。

  6. たく 返信

    ピッコロもピッコラも浸透しましたし、七夕電車やカレンダーにも使われているので塗り替えられることはないでしょう。元来、広電は塗り替えを行わない傾向があります。
    LEXがどの路線に投入されるのか楽しみです。

  7. きよしさん 返信

    ワインレッドが塗装ならそのままでラッピングなら変わりそうですね。
    消費税+10円ぐらい値上げして設備投資して欲しいです。

  8. C-42 返信

    この濃い茶系の色、新しい建物にも古い町並みにも凄く映えるんですよね
    このデザインのまま濃い緑系や紺系の期待していたのですが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。