路面電車の全扉乗降車両を拡大へ!円滑な運行に大きく前進

広島電鉄は、現在「グリーンムーバーLEX」で実施している全扉乗降制度を、
3月12日から順次、他の連接車両にも拡大させることが中国新聞の記事により明らかになりました。
引き続き対象者はICカード利用者とし、
2022年11月までに3連接と5連接の全54編成に対応します。

全ての扉からの乗り降りが可能となることで、降車のために混雑した車内を移動する必要がなくなり、
利用者の利便性向上や乗降にかかる時間の短縮に大きな効果を発揮します。

広島電鉄は、広島市内の路面電車について、 ICカード利用者は1000型「グリーンムーバーLEX」限定で、すべての扉から降車ができるサービスを始める事を明らかにしました! 5月1

 

どう変わる?導入拡大の概要

【中国新聞】:広電、連接車両も「全扉乗降」 12日から順次、中扉の降車可に IC乗車券対象

  • 現在はワンマン車両の一部が採用する「全扉乗降方式」を3両編成と5両編成の車両を始める。
  • 3月12日から11月にかけて、全54編成に導入する。
  • カード型IC乗車券の利用者が対象。
  • カード型IC乗車券の利用が9割に高まったこともあり全ての連接車両で導入を決めた。
  • 車掌は引き続き配置する。

(上記中国新聞ウェブサイトより)

 

 

長年の悲願が叶います!

ついに3連接や5連接の長い車両でも導入される日がやってくることになりました。
路面電車のLRT化の検討の中で、所要時間短縮のための施策の一つとして、
全扉乗降方式は本当に昔から議論されてきたものでした。

大幅に対応車種が拡大され、2022年から広島電鉄ではむしろ「全扉乗降」がスタンダードになります。
全国を見渡すと全扉乗降を廃止してしまう事業者もあった中、本格導入を決めた広島電鉄には大拍手を送りたいです。

 

1000形「グリーンムーバーLEX」で正式に全扉乗降が開始されたのは2018年5月でした。

一部の路面電車で『信用乗車方式』が開始 新たな課題など

こちらの記事でレポートしていますが、導入による効果はかなり感じています。
こういった新しい制度は多くのお客さんに浸透するのは結構時間がかかったりするものですが、
導入当初から比較的多くの方が制度を理解して中扉からICカードで降車される光景が印象的でした。

背景には”9割に高まった”とされるICカード利用率。
今の時代に電車の中で小銭をジャラジャラ探すのはストレスですしね。
従来の磁気カードの代わりとして、物理的で分かりやすいということで高齢者の方の利用率も非常に高いです。

ICカード利用率に加えて、いちいち車内を先頭まで歩かなくても降りられる
という単純かつ非常に大きなメリットは、利用者にはっきりとした実感があったのではないかと思います。

 

今回、宮島線等で用いられる3連接・5連接の長大車両では、
車内移動がワンマン車両と比較して増える分、利便性向上の効果も大きいと思われます。

紙屋町や八丁堀などの拠点となる電停では、降車の際に混雑した車内で乗務員のいる降車扉に行列ができる光景も珍しくありませんでしたが、
これからは近くの扉からピッとするだけで降車可能に。

利便性、速達性、定時性向上に寄与する全扉乗降の導入拡大はまさに悲願でした。

 

また、乗車と降車の扉が同じ扉でもOKとなることで、
将来的に部分低床車の導入によるバリアフリー化の推進の基礎にもなります。

10年後に日中全ての車両をバリアフリー化へ 広島電鉄『部分低床車』も視野に

上記の記事では、全扉乗車、つまり運賃収受をセルフ化する事による不正乗車の懸念と実情も少しだけ記載しています。

 

記事を読んで疑問だったのは、導入が拡大されるのは3連接・5連接の大型車両のみで、
1両の単車には対応させないのですね。
小さい車両なので妥協するということなのでしょうか?
定員が少ないだけあり混雑もしやすいので、将来的には単車にも導入していただきたいです。

 

広島電鉄は先日来の報道にあるとおり、ICカードPASPYの廃止と、
代わりとするQRコード乗車券の開発を明らかにしました。
乗降のスピードアップ、スマート化について、ようやく完成形に近づいたと思われましたが、
今度は新たな不安要素(QRコード)が加わったのですが、
11月からはICカード運用における全扉が始まるので、この状況をよく見極めて、
新しい乗車方式の検討に生かさなければなりません。

 

3連接・5連接の連接車両における全扉乗降制度は、
2022年3月12日から順次開始され11月には全54編成で対応となる予定です。

11 comments

  1. タミー Reply

    取材・レポ―トお疲れ様です。

    路面電車の連接車輛における全扉乗降制度の導入には期待が大きく膨らみます。

    欧州の古い街並では路面が石畳のままの地域が多いため、路面電車をバスに切り替えると、馬車だった時代と同様にガタガタして乗り心地が非常に悪く、かといって路面を変えるには費用面と景観上にも課題が多いこと等が主な理由で路面電車が今日まで存続した歴史背景があります。

    しかし、今日の広島では路面の改良が進んでおり、1両の単車はバスに変えるべきです。乗り心地に問題がなければ、他都市の中古車両を無理やり使用し車両のリプレース費用を節約する以外に意義(正義)は全く見つかりません。

    しかし、バスを連接するとなると、安全上また乗り心地上も問題が多く路面電車の方が適していると思います。

    最近、横川線や白島線でも3連接の車両をしばしみかける様になりました。長年他都市で使用された中古車両が主力だった路線にも最新の連接車輛が導入され、強く街の進化を実感出来る様になりました。

    新型の連接車輛導入は輸送力アップの他、こうした街のイメージアップにも大きく貢献出来るので、今回の様な「乗降のスピードアップ、スマート化」による速達性の改良は路面電車存続の意義(正義)に寄与出来るものと確信しています。

    努力すれば必ず道は開け、怠ると淘汰されるのが世の常だと言えます。広電さんの本気に期待しています。

    今回のコロナ蔓延防止解除が本当に最後となって欲しいものですね。 市民の足として、そして広島を訪れて下さる国内外からの観光客の方々をおもてなしする路面電車の進化はとても頼もしく感じます。

  2. 広電大好き Reply

    お疲れ様です!
    やっと、広電の全車両に全扉乗降車両を導入ですね。
    通勤時間帯にとって、全扉乗降車両はスムーズに乗り降りができて、とても便利になると思います!!
    このシステムが早く広島電鉄に導入されていたら、広電名物の電車の渋滞も防げていたのでは・・・?と思いました。(笑)

  3. 名無し Reply

    ICカードpaspyの廃止を発表したばかりのタイミングで信用乗車制度を拡充するのは何ともチグハグ。
    新乗車システムの利便性向上を強く期待したい。

  4. 望月連 Reply

    広電素晴らしい。これで広島駅から中心部までの所要時間少し短縮される。駅前大橋線もできると思うとニヤニヤが止まらない。PASPY廃止は残念だけどこれから広電に期待したい。

  5. スラサン Reply

    観光客がこのためだけに専用カード買ったりアプリインストールして口座登録なんて話になりません
    せっかく駅ビル直結でJRとスムーズにが売りになるのに決済はバラバラなんて改悪でしかないですよ
    今後、全国の交通機関でアプリ1つでQR決済できるくらい足並みが揃うようなことになるまではSuica等全国普及してる決済方法は絶対に残しておくべきです。いきなり廃止ではなく段階的に進めるべきだと思います

    • Shima@北海道

      本当にそれは思います。
      おそらくスイカ等の全国的に使えるやつは残す方向になる筈だと思います。そうであってほしいです。

  6. メソ Reply

    >単車には対応させない
    単車は漏れなく高床車なんで、ハンデのある乗客を介助するシーンが増えるため、という可能性もあるかと思います。
    高床車でも長編成で車掌がいるなら対応可能かもしれませんが。

  7. TARO Reply

    チグハグでは無いよね。
    読み取りの速度に難があるなら、出口を増やして分散させれば良い。

    みんなQRって言うからスマホを開いて表示させて…って言ってるけど、そもそもこの仕組みだと都度都度新しいQRを発行させる必要ないよ。
    あくまでも個々人のIDを記録させればよい認証キーにさせるだけだから、紙に印刷されたやつでも良いのでは?と思ってる。

  8. kros Reply

    全然チグハグ要素がわかりませんが……
    ICカードにしろ、QRにしろ、全扉乗降は利便性改善に役立つわけで、支払い方法とは関係ないかと思います

  9. tncho Reply

    待望の全扉乗降拡大ですね!
    確かに単車だけ除外なのは残念です。
    詳しい人じゃないと全扉乗降出来る車両とそうでない車両の区別なんてできないですよね。(そりゃ注意書きを読めばわかるけど)
    公共交通は出来るだけ単純で分かりやすいルールで運用すべきです。

    バスに普段乗らず、路面電車に乗ったこともない人は世の中たくさん居て、その人からすれば乗る扉と降りる扉が違うこと自体驚きです。

    それだけにQR決済なんて独自ルールの採用は不安しかないです…。

  10. bob Reply

    全扉乗車ができない単車はいずれイベント用車両か路面電車博物館行きになり全廃させる計画じゃないですかね 現状では低床車両統一の妨げにもなります。
    丁度再開発予定の千田町の本社兼車両基地を博物館にすれば広電の新たな収入源になりますしね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。