可部線延伸開業は2016年春に。1年ずれ込み。

2015年春の開業を目指していた可部線の電化延伸路線ですが、
調整の難航により一年ずれ込んだ2016年春になる見通しであることが分かりました。
延伸は廃線になった路線の復活で、踏切の扱いなどを巡って
国交省への事業許可申請の提出が遅れていました。
 
【中国新聞】:可部線延伸区間開業16年春に (以下転載)

 広島市の松井一実市長は15日の記者会見で、広島市安佐北区のJR可部線可部―旧河戸間の電化延伸に関し、JR西日本から国土交通省への事業許可申請が「1、2週間以内に出る状況だ」と述べた。開業時期は、当初計画より1年遅れの2016年春にずれ込む見通しを示した。
 
 電化延伸の事業主体は、市やJR西日本などでつくる可部線活性化協議会。運行の前提となる国交省への事業許可申請について、松井市長は「最終の詰めの作業をしている段階」と手続きを急いでいることを強調した。
 
 当初は15年春のダイヤ改正に合わせた開業に向け、今夏までに許可申請し、秋に着工する予定だった。だがJR側の「廃線復活は全国初で慎重に検討している」との理由で許可申請がずれ込んでいた。
 
 このため開業時期も16年春の改正時に遅れる見通しとなった。松井市長は「(大規模な)ダイヤ改正は年1回。1回乗り遅れるため開通は少し後になると思う」と説明した。
 
 電化延伸計画の対象となっている可部―旧河戸間は、03年11月末に廃止。周辺の人口増を踏まえことし2月、市とJRが電化による復活で合意した。中間駅と終点駅を新設する。総事業費は27億円。国から3分の1の補助を受けて市が負担する。

 (ここまで)
 
 
記事の中にもありますが、廃止路線の復活というのは全国でも初めてのこと。
1年先延ばしは非常に残念ですが受け止めるしか無いですね。
今後はこれ以上先延ばしになどならないように、申請認可・着工まで調整を続けていただきたいです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

1 件のコメント

  1. 初代・毛利元就 返信

    あんな郊外の端っこの部分を延伸して、利用者が見込めるのか?無駄な事業だろ。このあたりは自家用車を所有している家庭がほとんど。そんな地域に廃止線を復活させて喜んで何になるのか?事業費30億円も投資して無駄!!それに見合う効果なんて、ほとんど無し。安佐北の土建屋の仕事を増やしてあげるだけの事業になるのは目に見えている。誰が利用する?みんなが利用できる事業か?違うよな。広島市長も都市計画担当者も、こんな郊外の端っこの部分ばかりに固執しているから、広島の交通整備がいつまでたっても他都市に遅れるんだよ。可部線はJR可部までで十分。こんな効果の無い事業を検討するくらいなら、JR可部線と芸備線が最接近する場所で芸備線と連結する事業をJR西日本と協議し、検討したほうがいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。