謹賀新年 今年の広島

あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い申し上げます。
 
 
コメントでもいただきましたが、日本全体にとっても2013年は政権転換で景気回復が本格的に始まった一年でした。
地元マツダやイズミはかなり好調な業績を上げています。マツダは株価が1年前に比べて4~5倍ですか。
4月に消費税の増税が控えています。デフレ脱却の道半ばでやることではないと今でも思っていますが
日本、そして広島には素晴らしい民間の力があります。財政出動や金融緩和も続きますし”成長”で乗り切りたい、乗り切るしか無いですね。
 
 
ここで2014年の広島。
予定されている出来事を簡単にまとめてみます。
 
まずは道路。
 
201312kousoku_seibu-4.jpg
 
私も何度も足を運んでいる広島南道路・広島高速3号線が吉島~商工センター間が3月に開通します。
1号線と2号線にも接続するのでマツダの工場周辺や山陽自動車道と商工センターが一気に近くなります。
ようやく3号線が全通することになりビジネス的にかなり意味のあることでしょう。
 
同じく3月になると思いますが、東広島・安芸バイパスの中野~瀬野西間も暫定2車線で開通します。
海田地区が一部平面のままですが海田大橋を含むと瀬野西~商工センターまで大きな東西の軸が形になります。
市内通過交通による渋滞の緩和に大いに期待したいですね。
 
交通量分散による広島空港アクセスバスの定時性確保のためにも山陽道以外の東西軸は必要不可欠ですので、
来年度からすぐにでも瀬野西以降の延伸をお願いしたいものです。
 
これらよりは少し早い、2月8日には可部バイパスが三入2丁目~大林3丁目も開通だそうです。
 
 
 
続いて公共交通。
 
今日の中国新聞朝刊のトップインタビューによると、広島電鉄は2014年度中もさらに3編成、新型超低床車両の導入を決めているそうです。
 
2013hiroden1-3.jpg
 
今年度内(2014年3月まで)に市内線専用の3両型の車両が増備される予定で来年度も同じ車両になります。
塗装は上のアニバーサリーレッドとは異なるもの。既に1編成は試運転を始めているようですが機会があれば写真に収めたいものですね。
合わせるとこの1000形は2015年3月までに8編成揃うことになります。
費用を運賃に転嫁するかどうかという課題は残していますが、投入のペースは早いですね。
 
広電に関してもう一つ。
広島市は広島駅南口広場の再整備に伴い、路面電車駅前大橋線高架乗り入れを検討しています。
廃止になる電停付近の住民向けに説明会はこれまで8回開かれたそうです。
松井市長は決定時期にはこだわらないとしていましたが、中国新聞によればこの2013年度中にも最終決断をしたい意向であることが分かりました。
広島の発展において大きな課題となっているルートの改善。住民の方にはどうかご理解を賜りたいです。
年度末となる3月4月あたりは注目しておきたいですね。
 
JR西日本は昨年、広島向けに2014年度にも新型車両を導入することを明らかにしました。
試運転期間などもあるはずですから、2015年3月投入だとしても早ければ今年中に姿がお目見えとなるかもしれません。
期待したいです。
 
 
 
再開発面。
 
広島駅とその周辺の大規模再開発は今年も大きく進捗することでしょう。3月にはCブロックの着工が予定されています。
 
201312bblock-9.jpg
 
 
201312hiroshimaeki1-16.jpg
 
マツダスタジアム周辺集客施設の東側は昨年ルネサンスやコストコがオープンしましたが、
分譲マンションがまもなく竣工予定です。
この完成をもって東側の開発は全て完了し一段落です。
西側の動きも注目したいですね。
 
北口の二葉の里地区では未売却の5街区が今年5月の入札で売却先が決まります。
JRと一体的に再開発するのか、どんな施設ができるのか非常に楽しみです。
 
旧広島市民球場跡地などが候補とされているサッカースタジアム検討協議は今年秋に最終的な結論が出され広島市に提出されます。
広島市は一応結論として出されたイベント広場案と比較するため、球場跡地への調査費を14年度予算に計上するそうです。
 
そのサンフレッチェ、元日の今日国立競技場で天皇杯決勝が行われましたが、
2試合連続PKを戦ったということもあってか敗れてしまいましたね。。
それでもこのハードなスケジュールの中、準優勝までよくやってくれました
お疲れ様でしたと言いたいです。
 
昨年ようやく初めてCS出場を果たしたカープは、今年は選手もファンもまだまだ上を目指して戦っていきたいです。行けるはずです!
 
 
皆様にとって今年が良い一年になりますことをお祈りしております。
今年も広島の街づくりにより特化したブログとホームページになるよう頑張ります。
 
改めまして今年も宜しくお願い致します!

スポンサードリンク


 

13 comments

  1. JUN Reply

    明けましておめでとうございます。
    2013年の地場企業の話題といえばやはりMAZDAですねー
    CX-5から始まった魂動デザインとSKYACTIVE TECHNOLOGYで進化したMAZDA第6世代車種の売れ行きが好調なのと円安により株価は5倍超、通期の純利益も過去最高になると言われまさに復活を遂げました。
    2014年はデミオとロードスターも発売されると予想されているので益々期待出来そうです。
    もうひとつマツダの魂ともいえるロータリーエンジンがレンジエクステンダーとして復活するという記事を年末に報道されたのも最近の株価上昇に繋がったのではないかと思っています(*^^*)

  2. タミー Reply

    改めてまして、明けましておめでとう御座います。
     
    昨年は一昨年末から続く円安、株高も幸いして、広島の経済にとっては、まさにV字回復の年となり、これまで長年滞っていた再開発事業が続々と動き出しましたね。
     
    今年は広島の経済が回復から更に発展進化へと飛躍の年となる予感がして、それに伴って再開発事業の方も更に加速度を増しそうで、本当にに楽しみです。
     
    ブログの更新、レポートをとても楽しみにしています。
    今年もどうぞ宜しくお願い致します。

  3. ヒロさん Reply

     明けましておめでとうございます。
     
    今年は、松井市長に大きな決断を迫る年になりそうですね。広電の駅前大橋線とサッカー専用スタジアム問題についてはベターな選択ではなく、ベストな選択をして欲しいと思います。
     
    交通インフラについては記事にもある都市高速3号線と東広島・安芸BPに大いに期待したいですね。不完全な形ではありますが、ようやく2号線の自動車専用道のBPが完成します。物流機能の強化と都心部の渋滞緩和に期待が持てそうです。引き続き、未完成部分の早急な具体化を急いで欲しいです。
     
    再開発や跡地利用等も、これから本番を迎えるものが多いですね。ややもすると他都市よりも遅れていた都市インフラ整備ですが、反転攻勢が出来る武器が増え、ようやく戦えるようになったと思います。
     
    民の力を背景に、今年の広島がどこまで進むのか楽しみです。毎回の更新を楽しみにしています。頑張って下さい。

  4. がんも Reply

    あけましておめでとうございます。
     
    駅前大橋線ですが、北口への可能性をスルーしての結論になりそうですね。
    先に完成するアストラムと山陽本線の結節駅影響が気になりますが、
    もっと気になるのが、広島市民や肝心の利用者の声というか盛り上がりの無さです。
     
    もっと、一般人も人任せにせず声を出して行くべきだと思います。
    まぁ、それが広島的なところでもありますが。
     
    いつも参考にさせていただいております。
    今年もよろしくお願いします。

  5. スーパーフライャーズ Reply

    明けましておめでとうございます。
    今年も広島の発展が大きく進む年になりそうですね!
    駅前も然り、街中も然り、
    これからも楽しみに拝見させていただきます。
    お身体におきをつけて貴重な情報を発信してください。

  6. ライン Reply

    明けましておめでとうございます。
    今年は広島にとって良い年であって欲しいですね(^^)
    年末他の都市を訪れ、感じたのは
    人口や需要の違いもありますが
    やはり若者向けの施設が多いですね。まあ最近は広島もH&M や
    ゼロゲートなど色々できましたが、まだまだ広島は少ない気がします。去年は駅前の再開発が進みましたが、今年は市街地の中層ビルに再開発計画が出てきたらいいなと思います。

  7. inaji Reply

    明けましておめでとうございます。
    昨年はいろいろと動きがありましたが、今年からもいろいろ活発になればいいですね。広島駅周辺再開発やJR新車とカープには本当期待したいですし、サンフレも3月から切り替えてやってもらいたいところです。
    今日宮島参拝し護国神社に本通りと行きましたが、どこも人であふれかえってました。この活況の良さでは広島の発展は民間主体では期待できると改めて確信しますが、球場跡地や新サッカースタジアムなど行政もしっかりしてもらいたいところです。
    ということで今年もしっかりブログも拝見いたします。よろしくお願いします。

  8. カナデ Reply

    新年あけましておめでとうございます。旧年中は大変お世話になりました。
    今年は我々鉄道ファンにとっては歴史的な年になりそうです(笑) 駅前大橋線の決断が改めて今年度中に収められたのは嬉しい限りです。広島駅ビルの建て替えと併せ、100万都市の玄関口にふさわしい空間になってもらいたいですね。
    あとは再開発全体の方針ですが、マンションと病院建設が異様に目につくので、これらはそろそろ一区切りつけて、もっと若者が集える施設が駅周辺に欲しいと思います。それこそボールパークタウンに当初予定されていたラウンドワンなどが嬉しいです。サッカースタジアム議論も英断をしてもらいたいと思います。
    とまぁ気になる点を挙げればキリが無いぐらいめまぐるしく動き始めた広島の再開発。私も出来る限り追っていきますので、本年もよろしくお願いいたします。

  9. 浜野タタミ Reply

    あけましておめでとうございます。
    本年も、続々と続く広島のまちづくりに負けないよう頑張っていきたいです。
    個人的には、IKEAやH&M等の数倍、駿台の広島進出と三菱の航空機産業の広島地区移転に期待を寄せているところです。
    駿台については、地方都市にはこれまでいわゆる旧帝大のある都市にしか存在しなかったところ、少子化が進む逆境の中、広島進出が実現したことを高く評価したいです。
    何度か言及している通り、広島は18歳以下の人口比率が比較的高く、また大学進学率、東大京大合格率も近畿圏に次いで高い土地柄、そういった市場の特性が評価されたものと考えています。広島で生まれ育ち学んだ若い世代が、未来の広島・日本・世界を引っ張っていく日を夢見ています。
    また、三菱重工については、昨年「風立ちぬ」という映画にも描かれた通り、名古屋港に面する飛島・大江地区が航空機産業の拠点であるところ、先方では最新機種の787型やMRJの生産に注力することとなったことから、広島の観音・江波地区にて(橋梁事業を撤退させ)777型、767型の生産を集約させることとなったものです。
    呉のIHI等も航空宇宙産業に力を入れているとのことで、部品や人的資源の地元調達、特に広島港東部に集中する自動車部品メーカーの新たな事業展開が期待され、間もなく完成する広島南道路(と一体化する呉道路)がこれに活用されることを想像しています。
    観光面でも、大河ドラマが終わり観光客の落ち込みが懸念されていましたが、蓋を明けてみれば、宮島の観光客数は、平清盛イヤーを上回り過去最高を記録するなど、好調を維持しているようです。
    長文となってしまいましたが、本年が大広島の更なる飛躍の年になることを期待しています。よろしくお願いします。

  10. のーてんき Reply

    ソシオタワー中町の東側のビル
    足場が組まれており、ビルを解体するようです
    またマンションに変わるのでしょうか?
    それとも東隣のコインパーキングと一体化して
    何かを建てるのでしょうか?

  11. のーてんき Reply

    小町にある第二有楽ビルの取り壊し作業が始まりました
     
    平和大通りの戒善寺の西側にあるビルです
     
    平和大通りはオフィス需要が減少してるのが実態なので
    ここもマンションにたて変わる可能性がありますね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。