謹賀新年 2022年の広島を『おりづるタワー』から展望

2022年、令和4年。

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

晴天に恵まれた新年の休みに、原爆ドーム横の「おりづるタワー」に行ってみました。
ここから見える景色とともに、今年の広島の動きを簡単に整理してみたいと思います。

 

 

【公式】:広島おりづるタワー

おりづるタワーといえばこの景色。

 

新型コロナウイルスの影響で、国内の修学旅行も近場に変更されるなどして
平和公園を訪れる人々も少なくなっていましたが、このところは再び生徒を乗せた観光バスをよく見かけるようになっていました。

 

おりづるタワーにも、久々の帰省となった方々でしょうか。家族連れで賑わっており嬉しくなりました。

ここは「映え」ポットですね。

 

南西側。

 

大手町や平和大通りのビル群がなかなかのボリュームです。

左から2番目の「明治安田生命広島ビル」は建て替えに向けて解体工事に着手しました。
今年、開発に関する計画が発表されるかどうか注目です。

明治安田生命広島ビルが解体工事に着手 再開発へ 2021.11(Vol.1)

 

東側。

ひろぎんホールディングス本社ビルが昨年完成しました。
この写真の中に大規模再開発計画の予定地が2つ。

本社ビルの向かって右側(南側)が、本通3丁目地区市街地再開発。
目下に広がる地区一帯が、紙屋町2丁目2番地区市街地再開発。いわゆる「サンモール周辺再開発」。

本通3丁目は昨年公表され、紙屋町2丁目は2016年に公表されました。
どちらも密集した繁華街で権利者も多数おられます。
新たな動きが今年あるかどうか、注目ですね。

更新頻度が落ちており申し訳ございません。 来月はじめ頃まではやはりバタバタしておりますが、ネタが古くならないうちに時間を見つけて更新を重ねていきますので、よろしくお願いいたします
今年の4月に書いた、紙屋町2丁目(サンモール周辺)の再開発について。 『サンモール』など建て替えへ! 紙屋町再開発準備組合が発足 7月9日、中国新聞から続報がありました。

 

 

北側に目を移します。
広がるのは旧広島市民球場跡地と、サッカースタジアム建設予定地を含む中央公園。

 

いずれも、民間活力を活用した「Park-PFI」制度を用いて、にぎわい創出を目指すこととなりました。

サッカースタジアムは、いよいよ今月末=2022年1月末に起工式を執り行い、2月初旬にも着工します。
2024年の開業を目指します。

【中国新聞】:サカスタ起工式は1月末 広島市、2月初旬に着工

広島市は旧広島市民球場跡地に関して、計画しているイベント広場について、 整備等を行う事業者を「NTT都市開発」を代表とする企業グループを特定しました。 合わせて、公募結果と
広島市は中区中央公園西側の芝生広場に、サッカースタジアムの整備事業を進めています。 完成後はJリーグサンフレッチェ広島の新たな本拠地としても利用されます。 2021年3月に広場

 

広島城方面。

中央公園の東側にあたる「三の丸」についてもPark-PFIを活用し憩い・賑わい空間創出を目指す事となりました。

広島市は中区の中央公園内にある中央図書館など計7つの施設について、 再配置及び移転・統廃合の方向性をまとめました。 現在の市中央図書館と併設する映像文化ライブラリー、こども

一方で、天守閣は耐震性の不足により2025年度に閉館することが昨年末明らかにされました。
松井市長により天守閣は木造復元を目指す方針が示されています。

 

北東方面。

 

広島駅方面ですね。
2本のタワークレーンが顔を出していますが、あちらは広島駅南口で建設中の広島駅南口計画(仮称)。日本郵政による19階建てオフィスビルです。
本体が見えるかと思いましたが、メルパルクに隠れてギリギリ見えませんね。
今年秋の完成予定で、都心では八丁堀の「スタートラム広島」以来の大型オフィス供給となります。

この写真の方面に写っている基町地区では、基町相生通地区再開発が、
八丁堀地区では、八丁堀3・7地区再開発が計画中です。

広島市中区の相生通りに面する朝日会館跡地および北側の市営基町駐車場一帯で検討されている再開発プロジェクト。 北西側に隣接する中国電力基町ビルまで含めた約10,000平
昨日明らかになった広島市中区の「広島YMCA」を含む一帯を再開発する「広島八丁堀3・7地区市街地再開発事業」。 1.2ヘクタールの対象地に建つ老朽化した建物を再開発し、 オフィ

昨年の報道では、どちらも今年度中=2022年3月末までの都市計画決定を目指すことが伝えられています。
紙屋町・八丁堀地区再興の目玉、大注目です。

 

最後は八丁堀交差点からの画像ですが、こちらも結局どうなったのか注目の「天満屋八丁堀ビル」。

外壁の修繕工事が始まっているようです。
コロナの影響を大きく落とす世の中ですが、情勢の変化があったのでしょうか。
今年は何らかの発表がほしいですね。

広島市中区八丁堀の「天満屋八丁堀ビル」6階に入居していたユニクロ広島八丁堀店が、 2021年8月1日をもって閉店となる事が分かりました。 「契約が満期を迎えるため」と理由を説明

 

今年も引き続き、岡山と行ったり来たりしながら、
現場の動きと報道レベルの動き両方追い続けていきたいと思います。

コロナの世の中を経験したからこそ、リアルでの交流も大事にしていきたいと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

7 comments

  1. むーばす Reply

    鯉党様そして、ここに集うみなさま、明けましておめでとうございます。
    家族で正月、一泊旅行で久しぶりの広島を訪れることができました。
    こちらで常に最新の情報に触れていたので、スムーズに短時間で巡る
    ことができました。目的は息子の大学見学とアウトレット訪問です。
    泊まりは鯉党さんお薦めのTHE KNOT 広島。とても良いホテルでした。
    初詣は初めて三滝観音に伺いましたが、その独特の風情に圧倒されました。
    今年も広島の発展を祈ってきました。クルマで通り過ぎる街並みは変化し、
    楽しみ多き一年となれば、広島もワンランク上の都市になると確信しました。
    鯉党様もどうぞお身体には気をつけて、岡山から取材活動を続けてください。
    実り多き一年となることを祈念いたしております。どうぞよろしくお願いします。

  2. すやすやピ~ Reply

    明けましておめでとうございます
    いつも楽しく拝見してます
    私も妄想で、
    広島に、できればいいな初夢

    1、カープミュージアム
    2、大茶臼山頂上に、360度見渡せる展望台
    3、西空港跡地南側に、通年使えるレジャープール(ファミリープール移設)、人道橋で、商工センターの改装する市場とつないで、回遊性をもたらす
    4、駅北イケアの跡地、1万人収容アリーナ、ドラフラ本拠地と、コンサートホール
    5、八丁堀天満屋跡地、高級ホテル、オフィス、商業施設の30階建位の複合ビル

  3. d.c.ss.mototsugu@i.softbank.jp Reply

    久しぶりに帰省しました、広島出身の私には再開発とても気になります、鯉党αさんや他の方の動画を見て再開発を追ってまいります。今年はヒルトンと郵政ビルと広電宮島口が完成するからとても楽しみです。

  4. BJ Reply

    市民球場跡地のあの汚いスタンドの一部はいつまで残すの?何十年もほったらかしにしたら劣化して逆に危ない。もういらんでしょ。少数の意見だけ聞いた結果があのありさま。なんでもかんでも残せば良いというもんではない。大阪球場跡地は今、なんばパークス(複合施設)ですけどホームベースがあった場所に普通にホームベースの模様(レプリカみたいなもの)を書いただけのものでシンプル。 もっと発想を柔軟にしたほうがいい。

  5. ヒロさん Reply

     新年明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。新型コロナウイルスのオミクロン株が爆発しそうな勢いの中、観光や広島のまちづくりにどう影響するのか、見定める1年になるのではないのでしょうか? 諸説はありますが23~24年頃に収束予測があるので、反転攻勢をかけるための準備の年になるかも知れませんね。また、時間に余裕が出来ればコラボも検討してください。岡山からの取材は大変だと思いますが、広島のまちづくりブログのトップランナーとして期待しています。

  6. ああ Reply

    あけましておめでとうございます。
    今年も楽しく見させていただくことになりそうです。
    上の複数の画像で思ったことですが、
    明治安田生命ビルは、隣のフコク生命ビルと一体開発して、
    NHKビルみたいな立派なビルにしてほしいなと。無理っぽいですが。
    サカスタ建設地の北側の低層アパートは、いずれ取り壊すと思いますが
    将来のサッカーW杯開催のため、空き地か広場にしておいてほしい。
    神戸のノエスタみたいに仮設スタンドで増席、拡張できるように。
    広島城は、2つの小天守を含めて木造での復元を実現してほしい。
    小天守2つは広島城だけらしく観光価値が高くなります。
    宮島平和公園に次ぐ第3の観光名所になれば、国際的な観光地として
    さらに認知され、成田羽田から入り広島空港で出るというルートも
    確立されそうです。地方創生の意味も込めた、国からの復元費用の
    補助を期待したいところです。

  7. タミー Reply

    明けましておめでとうございます。遅い挨拶で大変失礼致します。

    昨年は岡山へ転勤されて多忙極まる日々をお過ごしになられたこととお察しいたします。

    私自身も、家族を連れての岡山への赴任の経験があり、思っていた以上に広島と岡山という中国地方の両政令指定都市の繋がりを実感しましが、昨年の両県でのコロナ感染患者数の推移からも証明された感じで、何とも皮肉なものだと改めて感じました。

    今年は年始早々、岩国米軍基地に端を発した山口県との歩調等を見るに、隣接する東西南北(岡山・山口・愛媛・島根)との5県合計800万人の交流(人的・経済的)の在り方が益々重要になりそうな気がします。

    また、おりづるタワーから見るビル群も随分厚みが増してきたように思えます。

    今年も楽しく拝見させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。