中国労働金庫本店 新築工事 2014.09(Vol.6) 窓ガラス取り付け

201409roukin-4.jpg

 
 
 
 
広島市南区の稲荷町交差点に面する広島東署跡地に建設中の中国労働金庫本店の様子です。
市内に点在する関連事務所を集約します。
【URBAN HIROSHIMA 街づくりデータベース】:中国労働金庫本店
 
前回はこちら。
中国労働金庫本店 新築工事 2014.08(Vol.5) 外装材!
 
 
約1ヶ月ぶりとなりました。
まずは南西側から全体です。
 
201409roukin-9.jpg
 
 
201409roukin-5.jpg
 
ガラスカーテンウォールの取り付けが始まりました!
 
 
建物西側の窓ガラスに、京橋町地区市街地再開発事業の「フロンテージ広島」が写りこみます。
 
201409roukin-6.jpg
 
 
 
続いて南東側から。
 
201409roukin-7.jpg
 
台形型のビルですので角度によって違った印象になります。
 
 
高さも増してきていますね。
 
201409roukin-8.jpg
 
撮影した先週末の時点で13階か最上階の14階あたりまで到達しています。鉄骨建方は終盤です。
 
 
見上げました。
 
201409roukin-3.jpg
 
ところで完成イメージにあった、ビル東側の大きな庇が見当たりません。
ビルの設計を担当する株式会社あい設計のホームページを確認すると、トップページに現物の仕様に近いイラストがありました。
【公式】:株式会社あい設計
 
roukin-image2.jpg
(上記公式HPより)
 
かなりシンプルな形に変更されたようです。
これはこれで綺麗なのですが、あの斜めに切り込んだ大きな庇も実物で見てみたかったです…。
 
 
ビルの北側に周りました。
 
201409roukin-1.jpg
 
 
201409roukin-2.jpg
 
 
 
中国労働金庫の新本店ビルは2015年3月の竣工予定です。楽しみです。

スポンサードリンク


 


この記事をシェアする

4 件のコメント

  1. bob 返信

    いつも取材ごくろうさまです。それにしても最近洗練されたデザインのビルが広島にも増えてきましたね。喜ばしい事です。トレンドもあるのでしょうが、こういったガラスのカーテンウォールのビルが最近多い理由としてデザイン性もさることながらやはり建設時のイニシャルコストが窓面までコンクリート打つよりコストが安く付くのかも知れないですね。まあ軽量コンクリートパネルと言う安上がりな方法もありますがやはり安っぽいですしね。
    ガラスも最近は熱を以前よりより遮断するものが出来たりと冷暖房効率が素材のブレークスルーでランニングコストが抑えれるとかあったとは思いますが、いずれにしてもこの手のデザインのビルは都会的なイメージがして単純にかっこいいと思う次第です。

  2. タミー 返信

    地下ではなく路面電車が高架から降りて走る車窓から見える街並みの美観という課題に応えて頂いているので大変嬉しく思います。
    bob様のコメントを拝読するとコスト面からしても無理がないようなとのことなので、駅前通りと相生通りにこれから建設される物件についても、同様に手頃なコストで出来る工法を採用して、特に街並みの美観についての配慮をお願いしたいと思います。
     
    機能性の観点からすれば一般論では路面電車は地下鉄に到底かないませんが、近距離でしかも円滑な運行を可能にする事が出来れば、車窓から見える街並みの風景という付加価値を加味して地下鉄に対抗出来るようにも思えます。
    10年もかけて駅前大橋線を計画している現状では高い機能性を求めても無理な話であり、良い意味で視覚から訴える街並みの美観という観点からの街づくりという事も相生通りには大切な要素になって来ると感じています。
     
    中国労金本店、なかなかのもので、いいですね!

  3. 王 長一郎 返信

    うーん、やっぱり前のデザインのほうが、大胆で好きでしたね。
    斜めの庇と全面ガラスの個性的な顔でしたので、ちょっと残念。
    どうも広島の建物って、無難なデザインに収まってしまうようなのは気のせいでしょうか。
    駅前のマンション(タワー部分)も、最初はもっと「おっ!」と言うような感じもしましたけど。
    とは言え、労金さんにはお世話になっていますし(笑)完成を楽しみにしています。

  4. 鯉党α 返信

    コメントありがとうございます。
    一昔前のイメージですとガラスはコストも高く断熱性がない印象がありますが、最近は「Low-Eガラス」のような高性能なガラスが一般的になった上に経済性でも優位になってきているのですね。
    広電が走る相生通りを見てもハイビル21や鉄砲町ビル、トランヴェールビルなとデザイン性を重視したビルが増えてきました。
    だからこそこの労金本店は頭ひとつ抜けたビルになるかと期待していたのですが、あの大胆なデザイン出なくなったのは正直惜しいですね。。
    それでも地上14階まで外装が整えば必ず目を引く建物になりそうですし、完成を楽しみにしたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。