広島赤十字・原爆病院 新棟建設工事 2014.10(Vol.2)

広島市中区千田町の「広島赤十字・原爆病院」では、戦後の増築・改築による手狭さと施設の老朽化に対応するため、病院再整備事業を進めています。
中心となるのは新しい病棟の建設で、これまで平面駐車場だった病院の敷地の東側に
免震構造の地上11階・塔屋1階、延床面積約2万5000平方メートルの新棟が2015年8月に竣工します。
既存の施設も高度専門医療に対応すべく改装を行い、2017年2月のグランドオープンを目指しています。
【広島赤十字・原爆病院】:新棟建設のご案内
【中国新聞】:原爆病院を大改修 新棟も建設 128億円かけ1月から
 
 
前回は、初めて訪れた6月の様子です。
広島赤十字・原爆病院 新棟建設工事 2014.06(Vol.1)
 
 
 
201410redcross-1.jpg
 
南東側から撮りました。
手前の電停は「日赤病院前」。
タワークレーンとクローラークレーンが1基ずつ登場しました。
 
 
東側から。
 
201410redcross-2.jpg
 
 
201410redcross-5.jpg
 
仮囲いの透明部から覗いてみましたが、基礎工事はほぼ終わったようでほとんど見えなくなりました。
いよいよ地上部の工事ですね。
 
 
南西側から。
 
201410redcross-3.jpg
 
右奥の高層ビルは「トータテ広島ガーデン・ガーデン」のノースタワー
 
 
広島赤十字・原爆病院の新棟は2015年8月末の竣工、2015年9月末運用開始の予定です。
 
最後に、東千田公園から広島ガーデン・ガーデンを合わせて。
 
201410redcross-4.jpg

スポンサードリンク


 

1 Comment

  1. ヒロさん Reply

     日赤がようやく建替えですね。昨年建替えた大学病院共々、ようやく4基幹病院に相応しい施設になるといいですね。古い建物の場合、バリアフリー対応になっていなかったりしますので、高齢や障害のある患者には朗報だと思います。
     
    広島駅北口の高精度放射線治療センターもそうですが、着工から完成までが早いですね。これから増々、重要性が増す施設だと思うので期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • メールアドレスは個別に返信をご希望の場合などにご入力ください。(メールアドレスが公開されることはありません。)
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。