祝竣工!広島大学跡地再開発 『hitoto広島 The Tower』 2020.05(Vol.18)

新型コロナウイルスの新規感染者数はひとまず落ち着きを見せるようになりました。
緊急事態宣言の解除、及び休日を含む外出自粛要請の解除に伴い、
当ブログでは三密を避け、「新しい生活様式」に沿った最小限の取材を再開します。

 

旧広島大学本部跡地(中区千田町)の再開発プロジェクト「hitoto広島」の中で、
ランドマークとなる超高層免震タワーマンション「hitoto広島 The Tower」が2020年4月に竣工しました!
広島を含む中四国地方では2番目となる、高さ178.08m、地上53階で、
一棟で665戸を供給する免震構造の分譲マンション
です。

【公式】:hitoto広島 The Tower|広島大学本部跡地に誕生するタワーマンション

大学跡地の「知の拠点」再整備として「hitoto広島」にはこれまでに若者向け交流施設、自動車ディーラー、病院、スポーツクラブなど複数の施設が整備されてきました。
この「hitoto 広島 The Tower」の完成をもって、すべての施設が整ったことになります。

 

前回の状況です。

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

Sponsored Link

 

市内のどこからでも見えるランドマーク

デルタの南部に立つ約180mのタワーなので、
広島市内のあらゆるところから確認できる存在となりました。

敷地内だけでなく、離れたところから近づきつつ、その姿を紹介していこうと思います。

国道2号、舟入地区から。

 

西広島バイパスの舟入出口を走っていると、ちょうどこの写真の様に正面にタワー群が見えてくるんですよね。

 

国道2号の新住吉橋から一本下流側に架かる「住吉橋」。

味のある橋梁とのコラボです。「都市」らしいです。

 

住吉橋を渡り、住吉町をそのまま南下。
駅前通りの一部である「南大橋」までやってきました。

1年前、6月にも同じ南大橋まで訪れています。
その頃は44階を構築中でした。

広島市中区千田町の旧広島大学本部跡地では、「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」として 三菱地所レジデンス他、10の企業グループによる再開発プロジェクトが行われています。

 

橋を渡り、駅前通りを進みます。左手は広島赤十字・原爆病院ですね。

 

遠近感がおかしくなるくらいの高さですね。
このくらいの距離から見たときの、各階が積み重なった積層の感じがたまりません。

 

さらに近づくと日赤病院の前、電車通りとの交差点からこのような景色を目にすることができます。

トータテ「ガーデンガーデン」とのトリプルタワーです。
高さは左から100.2m、74.25m、178.08mです。

 

西から近づいて現地に到達してしまったので、こちらは東側から。

比治山の富士見展望台からです。
手前味噌ですが、広島は川と山が近くにあって本当に綺麗ですね。

 

公開空地も完成!見上げると大迫力のタワー

さて、旧広島大学本部跡地の中に入っていきます。

 

西側の門から入り、東千田公園の中央部からタワーを見た様子です。
以前までは工事のため、高い囲いで仕切られていましたが、撤去され敷地が見えるようになりました。

 

住民の共用コミュニティプラザやタワーエントランスに至る公開空地。

おおおお!なんという豊かな空間でしょう!
これは凄いですね。子供を持ってこういうところで暮らせたらな…と憧れます。

 

共用施設の「コミュニティプラザ」

 

【公式】:コミュニティプラザ

パーティーが開ける共同キッチンやキッズスペース、音楽スタジオなども備えます。
こうした施設をタワー内に内包するのではなく、敷地の中に専用の建物を作って緑を愛でながら楽しめるのがこのプロジェクトの強みですよね。

 

オブジェ。

何を表しているんでしょう?

 

まだ閉鎖されていますので、通路部分を進んでみます。

何度見てもこの開放的な空間は凄いですね。
広島駅前の2棟の超高層は、駅前の複合再開発ということで、商業棟が付帯したりペデストリアンデッキに囲まれていたりしますが、
こう広々とした土地にタワー単体が建つ姿が本当に新鮮です。

 

エントランス部。

 

この建物は基礎免震構造を採用しているので、地震の際には建物ごと独立してゆっくり動いて揺れを吸収します。
その揺れの干渉を防ぐ部分は水路になっているのも非常に洒落ていますね。

 

見上げるとこの圧倒的な高さ。

 

南側から。

千田小学校などがある街区とのアクセス導線になっています。

 

南側の居住者エントランス。

左右に並ぶ樹木は、旧広島大学時代からそのままの位置に継承された「アメリカフウ」です。
左手には散歩もできる「サウスガーデン」が整備されており、緑豊かです。

 

国道2号側から。

どこから見ても圧倒的な高さのタワーマンション。
それでいて都心に立つ建物としては右に出る者はいないほど豊かな緑に囲まれたロケーションの素晴らしいタワマンが完成しました。

この「hitoto 広島 The Tower」の完成によって、「hitoto」プロジェクト、古くは「知の拠点」再生計画と称された旧広島大学本部跡地の再開発に一つの区切りが付きました。
途中時代の荒波に流され「知の拠点」とまでは呼べるか微妙なところに落ち着きましたが、
都心に人々が集まり交流する呼び水にはなるのではないかと、
公園で遊ぶ子どもたちを見ながら思うところです。

被爆建物の旧理学部1号館は、減築して保存される事になりましたし、
今後も人が交流し、大学があったことは忘れないようなエリアになっていくことに期待したいです。

夜の演出もひと味違う!

最後に、日が沈んでから近くで撮影したものです。
御幸橋から。

 

タワーの最上部の軒のところが、このようにライトアップされます!
これはカッコいい!
ここまではっきりライトアップをしてくれるタワーは、今までの広島にはあまりなかったですね。

 

全周を光らせるだけでなく、四隅のみを点灯させるバージョンもあるとのことで、
チャンスが有れば写真に収めたいです。

 

ということで、「hitoto 広島」の全ての施設が完成しました。
18回に渡った定期更新もこの記事が最終回になります。

タワーは8月からオーナーの方々の入居が始まります。
その時点から”人様のお家”になるので、近くからの詳細な写真を撮影するのもこれがほぼ最後になります。

お疲れさまでした。

Sponsored Link

17 comments

  1. TERRA Reply

    入居前にhitotoを見れたのはとても貴重なエピソードになりますよ。
    それにしても、よく53階・178mのタワマンを建てたなと。
    2010年ごろまでは70万人レベルだった街並みが、今では人口相応の街並みへと成長しました。
    下手したら、ようやく48階・175mのタワマンを建てる札幌と張り合えるぐらい都会に見えます。
    ネガティブなコメントも書いた時もありましたが、本当は”高層化された広島”を願っています。

    • 社会系

      70万人レベルだった街並みというのは、広島駅地区の話であって、
      今では、広島駅地区も、人口相応の街並みへと成長したと言えます。

      都心(八丁堀、紙屋町)地区は、以前から、都会的だったと思います。
      それが古くなったので、都心も再開発が活発化しております。

  2. 世界のNK Reply

    最近、タワマンの問題点が指摘されることが多くなりました。ただ個人的には、容積率に少しでも余裕があるなら、建替費用を余剰容積率の売却で賄えるから、理屈上では資産価値を維持できるかも?なんて、楽観的に考えています。
    その意味で、このマンションの敷地がどこまでなのか、気になります。見た目どおり広いなら、それ以外は、緑も多く都心にも近く、本当に最高の住環境だと思います。
    知の拠点というキャッチコピーは的外れだけど、本当に良いものなら、永く広島のシンボルとしてそびえ続けて欲しいです。

  3. サンフレサポ Reply

    広島大学跡地から見た写真、横浜のランドマークタワーみたいでとてもカッコいいです。
    広島の夜景ももっと華やかになりそうですね!

  4. 社会系 Reply

    50階以上のマンションがあるのは、
    川口・東京23区・川崎・横浜、大阪・神戸、広島です。

    ネガティブになることはないと思いますが、
    コロナショックで、今後日本において、新たに、50階以上のマンションが建つことは無いでしょう。

  5. たわわまん Reply

    なんでこんな場所にタワーなのかと批判的な意見も見受けられますが、今後、人口減が予想される自治体は「如何にして人を中心に集めるか」ということが重要になります。
    人口減=税収減となれば市内の隅々までインフラ整備を行っていくことは難しい。だからこそ、広島市も立地適正化計画に基づいて集約型都市へ移行しようとしています。
    そうした中で、都心でありながら自然を感じられるマンションというのはとても少なく、今後の人の流れからも長期的な需要が見込めます。
    広島の新たなランドマークであるとともに、住居者にも長く愛されるマンションになってくれることを期待します。

  6. CCレモン Reply

    コロナ禍の影響で最悪なタイミングで竣工してしまったわけだけど
    広島は豪雨災害になりやすい土地柄、人口の都心回帰は都市防災の面をとっても重要
    ただタワマンを買える金持ちがいるのか?と今の現状少し疑問は残るが、三菱地所さん
    中心に頑張って欲しいと思う
    そんな中、地元創業のカルビーが五日市港に大規模な投資をしてくれるそうな!
    これは広島にとってうれしいニュースです。
    この積み重ねが広島を復活させてくれる起爆剤になると思う
    年季の入ったマツダの本社工場も、そろそろ次世代の工場とか期待したいんですがね・・

    • TERRA

      カルビーの工場移転はすごいですね!
      JFE呉製鉄所の操業停止で岡山に流れる人が出るかと心配しましたが、これで一安心です。
      人口120万人越えを願いますよ。

  7. 東から寿人 Reply

    これぐらい海が近いと眺望も良さそうですね。
    広島市内は中心部が北西部に偏ってるので狭っ苦しく思えます。原因は鉄道を通す際に騒音云々で地元住民が中心部を通す事に反対した為ですが。
    当物件の駐車場はほぼ戸数分は用意されてるみたいです。広島らしくクルマ中心の都市設計をして頂きたいものです。

  8. サンフレッチェ大好き Reply

    親馬鹿ではないですが広島市は政令指定都市の中では一番美しい大都会と思います。平和大通りから川辺に建ち並ぶ中高層ビルの風景は圧巻です。電柱の地中化や広電の電線の改良(燃料電池等々)が進めば美しさが増しますね中央公園にサッカースタジアムが出来て紙屋町八丁堀の再開発が順調に行けば広島市は真の百万都市になりますね。

    • TERRA

      紙屋町・八丁堀の再開発が終われば、真の100万都市レベルではなく札幌レベルになりますよ。
      超高層ビルが数十棟に、60m級も数十棟。
      これは60m以上が84棟の札幌と同じレベルです。

  9. hima Reply

    タワマン自体には大きく賛成できないですが、都心回帰とコンパクトシティ化が課題である広島にとっては大きな一歩だと思います。中心部に新たな活気をもたらしてくれることを願っています。
    こうやってみると、遠くから見てもわかるくらい、非常に存在感がありますね。
    蛇足ですが、まだ「新型コロナウイルス感染拡大の影響が続いています。このブログでは三密を避けた最小限の取材に加え、…」のディスクレーマーを入れておいたほうがいいと思います。もちろん気を付けていらっしゃると思うのですが、人によっては緊急事態宣言が終わったからって外をフラフラしていると見受けられる可能性もあるので。

    • 鯉党α Post author

      ありがとうございます。蛇足の部分、おっしゃるとおりですね。
      追記いたしましたm(_ _)m

  10. ああ Reply

    近くの広電本社が移転するらしいので、跡地には同じようなタワマンで
    いいと思います。
    低層階は高齢者、単身者向きの賃貸で、中高層階は分譲にすれば、
    いろんな世代の住む、成熟した街になります。

  11. ペンギン Reply

    個人的に、宇品大橋を渡りながら見えるhitotoが大好きです。

  12. むーばす Reply

    最初にこの計画でコンペにて選ばれた時の提案書を見ると、
    【広島ナレッジシェアパーク 知を育み、定着させ、
    持続させるまちづくり】
    [事業計画案の概要[]
    施設名:①ナレッジシェアファーム
    学生の就職・アルバイト・ボランティア活動支援窓口
       ベンチャー支援オフィス、医療福祉人材サポートS
       CG・WEBクリエイター養成スクール 他
    施設内容:学生・留学生向け賃貸住宅(111戸)
    延床面積:6,300平方メートル
        ②ナレッジシェアプラザ
          多目的ホール
          350平方メートル
        ③分譲マンション
          分譲住宅(665戸) 地上53階 地下1階建
          82,500平方メートル
        ④ナレッジシェアコミュニティ
          シニア向け住宅、託児施設、オープンカフェR 他
          4,800平方メートル
        ⑤スポーツクラブ
          スポーツクラブ
          6,900平方メート
        ⑥病院
          脳神経疾患専門病院
          6,700平方メートル
        ⑦カーライフパーク
          カーディーラー
          1,200平方メートル
    以上のように記載されていました。

    私は二番目に書かれている施設こそが
    この全体計画のキモになる重要な役割を
    持っているのではとひそかに期待を
    していました。計画の二番目ですからね。

    ところが完成形をこちらで拝見すると、
    どうもそれは単なる勘違いであり、
    この施設はマンション住人のための共用
    施設であるということがわかりました。
    どこをどう見ても一般利用のことなど
    書いてないからです。大型のマンション
    計画にはありがちな共用施設のプラン
    と寸分違わないからです。一般的に
    この手の施設は維持費がかさみ、そのうち
    使われなくなるそうです。

    マンションの販売サイトには堂々と
    このマンションの大きな利点のひとつ
    としてかっこよく紹介をされています。

    どうも「ひろしまの『知の拠点』再生プロジェクト」
    という名前にはあまり相応しくない、単なる
    超高層マンションプロジェクトを広島市は選んだ。
    壮大なシナリオにまんまと騙されたいう結末に
    落ち着いたということで理解をしています。
    広島大学跡地の遺伝子を引き継ぐ最も素晴らしい
    再活用計画という夢を見させて頂きました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

【お読みください】

  • お名前(ニックネーム)は必須入力となっています。
  • いただいたコメントは管理人が承認しますので、表示されるまでお時間をいただく場合がございます。
  • スパム対策のため日本語が含まれないコメントは投稿できませんのでご注意ください。